トップお知らせメンバー受験生へ研究活動学位論文就職先研究室行事研究室OBへリンクインデックス
学位論文(博士)
  • 池之上 翼, 河川を通じた137Csの供給が福島沿岸海域における海底堆積物中の137Csの長期的挙動へ及ぼす影響の評価, 2023
  • PINTOS ANDREOLI Valentina, Numerical Assessment of Land Derived Nutrients and Their Seasonal Circulation Patterns in Harima Nada , 2023
  • 李 昇運, Development of Generalized Multimedia Model for Analyzing Harmful Environmental Chemicals, 2023
  • Thongthammachart Tin, Study on Hybrid Approach Incorporating Machine Learning Algorithms and Chemical Transport Model for Estimating Air Quality in Japan and Thailand, 2022 【OUKA】
  • Gonzalez Olivardia Franchesca Giselle, Natural Ventilation Assessment using Computational Fluids Dynamics to Improve Air Quality in Urban Areas, 2021 【OUKA】
  • Nguyen Giang Tran Huong, Online coupled modeling and investigation of regional meteorology and air quality in the context of future climate and emission changes in Asia, 2020 【OUKA】
  • 浦西 克維, 化学輸送モデルとレセプターモデルによるPM2.5発生源寄与解析, 2019 【OUKA】
  • 公江 仁一, 琵琶湖の成層構造に対して気象変化が与える影響に関する研究, 2018 【OUKA】
  • Aiza Ceniza Cortes, Numerical Assessment of Solar PV and Water Retentive Pavement as Mitigation Strategies for Urban Heat Island, 2016 【OUKA】
  • 松尾 智仁, 連続的データ同化法を用いた室内環境の逆解析手法の開発に関する研究, 2016 【OUKA】
  • 西村 弘, 植生起源揮発性有機化合物とオゾンの相互作用に関する研究, 2015 【OUKA】
  • 荒木 真, 大気環境モニタリングネットワークの最適配置に関する研究, 2015 【OUKA】
  • Bangamu Hewa Appu Arachchige Kasun Tharaka Ariyadasa, Assessment of Potentially Hazardous PRTR Chemicals in Lake Biwa-Yodo River Basin of Japan by Using Multimedia Models, 2014 【OUKA】
  • 竹峰 秀祐, 有機フッ素化合物(PFCs)の汚染実態の把握、環境挙動解明、および汚染対策技術に関する研究, 2014 【OUKA】
  • 坂本 実徳, 広域光化学大気汚染を監視するための実態把握に関する研究, 2012 【OUKA】
  • 山口 太朗, クリーンルームにおける清浄環境を維持するための最適な設計・制御方法に関する研究, 2011 【OUKA】
  • 嶋寺 光, 霧水沈着を考慮した近畿圏における酸性物質沈着量の数値モデルによる評価, 2011 【OUKA】
  • 池島 薫, CG技術を用いた輻射計算の高速化手法の開発と実環境への応用に関する研究, 2011 【OUKA】
  • Kundan Lal Shrestha, Water Resource Assessment of Yodo River Basin Using Coupled Hydrometeorological Modeling Approach, 2010 【OUKA】
  • 石 世昆, 自動車排ガス由来ベンゼンの沿道濃度評価に関する研究, 2009 【OUKA】
  • 包 海, 森林植生からの生物起源揮発性有機化合物が光化学オキシダント濃度に及ぼす影響に関する研究, 2008 【OUKA】
  • Manohar Lal Shrestha, カトマンズ盆地における冬季高濃度大気汚染メカニズムの解析, 2005 【OUKA】
  • Esrom Hamonangan, 開発途上国の大気質管理のための排出負荷評価法に関する研究 −ジャカルタ大都市圏を例としてー, 2003 【OUKA】
  • 塩田 卓, 費用関数法を用いた測定値と数値解析の融合による室内空気分布の把握手法に関する研究, 2001 【OUKA】
  • 李 寅燮, 家庭用電気製品の親環境設計過程への画像流体計測の適用に関する研究, 1999 【OUKA】
  • 井上 義雄, 大気中石綿繊維濃度の高精度・自動化測定法に関する研究, 1999 【OUKA】
  • 近藤 明, 都市大気環境保全のための数値予測モデルの開発とその応用に関する研究, 1999 【OUKA】
  • 呉 銀珠, 境界適合曲線座標系を用いた都市大気熱環境予測モデルの開発とその応用に関する研究, 1999 【OUKA】
  • 李 虎, 酸性降下物による土壌酸性化予測手法の開発, 1997 【OUKA】
  • 李 相得, 都市キャノピ−層モデルを用いた地域大気環境シミュレーションに関する研究, 1996 【OUKA】
  • 柏木 法仁, 建築熱源環境システムの最適運転管理に関する研究, 1996 【OUKA】
  • 李 和云, 地域大気環境の数値予測モデルに関する研究, 1988 【OUKA】
  • 加賀 昭和, 空間電荷集塵機構の解析に関する研究, 1985 【OUKA】
  • 阪田 総一郎, 高勾配磁気集塵に関する基礎的研究, 1981 【OUKA】
  • 山口 克人, 室内空気分布に関する基礎的研究, 1979 【OUKA】