卒業論文・修士論文

公開日:2020年08月09日 カテゴリー:お知らせ タグ:

卒業論文・修士論文

 

2018年度

修士論文
伊香 慶彦 農薬の残留特性を考慮した自己組織化マップによる作物分類手法の提案
杉之尾 大介 土地利用計画との連携を通じた化学物質管理
曽我部 隆幸 高感受性集団における室内アレルゲン曝露と喘息の用量反応分析
田渕 裕也 南海トラフ地震による浮き屋根式タンクからの揮発性化学物質流出を想定した急性曝露評価
藤岡 勝之 要因分解分析とDALYsを用いたPRTR対象化学物質の健康リスク変化要因の考察
堀本 祥平 リスク評価手法改善に向けた有害性及び排出・暴露特性に基づく化学物質類似度測定
許 佳捷 ゲーム・モデルによる公式・非公式チャネルを考慮した中国のリサイクルへの補助金政策の評価
卒業論文
岡﨑 祐樹 大阪市を対象とした自動車騒音による健康リスク評価 -大気汚染物質との比較に基づく考察-
濱本 翔吾 費用効果分析を用いた上水道管路の耐震化優先度評価 -柴島浄水場給水地域におけるケーススタディ-
平井 宏明 カンピロバクターを対象とした食品媒介性感染症リスクの定量的評価―食品中重金属のリスクとの比較を通じて―
福岡 春菜 産業廃棄物最終処分場の立地に関する紛争の要因構造分析
山田 湧也 ヒト健康影響・コスト影響の観点からみたLED照明への更新に関する評価
矢谷 元春 大阪市の建築物解体に伴うアスベスト飛散による将来健康リスク評価

2017年度

修士論文
河合 巧真 難燃剤アンチモンの製品使用・廃棄段階における将来大気中暴露濃度推計
北市 恭奨 蛍光管の適正回収および水銀排出抑制に資する市民意識評価と回収強化システムの構築
佐藤 尚機 QPPR-PBPKモデルによるヒト体内動態調整係数 (HKAF) の簡易的評価
住田 敬太 国際化と気候変動を考慮したデング熱感染リスクの評価
豊田 真弘 地震災害に備えた化学物質取扱事業所における流出防護策の普及に向けた評価:淀川流域を対象としたケーススタディ
吉増 純弥 ヒト健康・エネルギー消費低減の観点からみた最適なLED照明の代替行動・使用行動に関する考察
KONARA MUDIYANSELAGE GAYANI K. Evaluation and future policy scenarios for sustainable energy metabolic system in Sri Lanka
卒業論文
上林 建貴 食品ロスの発生抑制効果分析:吹田市におけるGHG削減量を対象として
高橋 宏輔 化学物質適正管理のための化学物質分類とリスク評価優先順位付与
高橋 直也 技術・社会シナリオにもとづく次世代自動車の最適車種構成の提案
程 藍 可処分時間の余剰を投入した農的活動による影響評価―LCCO2と土地の有効利用の観点から―
中塚 雄太 リスクトレードオフ事例の暴露人口に着目した類型化
松浦 誠 電力システムとの相互作用に着目した浄水場における自家発電機導入の優先度評価

2016年度

修士論文
阪本 悠佑 産業廃棄物最終処分場に対する意見書のテキストマイニングによる市民の情報ニーズ抽出
志賀 優貴 作物残留モデルを用いた国内農産物における残留農薬基準値超過確率の評価
轟 晃成 一般化された製品普及モデルを組み込んだマテリアルフロー・ストック由来化学物質のリスク評価方法の開発
眞鍋 優作 農作物中農薬残留試験の効率化を目的とした残留農薬特性を考慮したSOM による作物分類
Ibrahim Ghazi Analysis of Energy Recovery Contribution from Palm Oil Wastes to the Energy Mix of Indonesia and GHG Emission Reduction: A Case Study of Riau Province
卒業論文
伊香 慶彦 農薬登録合理化に向けた農作物分類手法の検討
杉之尾 大介 定量的基準を用いた土地利用計画によるリスク管理-ドライクリーニング店から排出されるPCE を例に-
曽我部 隆幸 曝露量を考慮したアレルギーの発症因子解析 ー喘息を対象にして―
田渕 裕也 地震災害を想定した化学物質流出による配水システムおよび産業への影響評価
藤岡 勝之 DALYs を用いたリスク評価手法に利用可能な有害性指標種の拡大と不確実性の考察
堀本 祥平 リスク評価手法改善に向けた有害性及び曝露特性に基づく化学物質分類
下垣内 秀行 DEHPを対象としたフロー・ストック解析によるライフサイクルマスバランス評価

2015年度

修士論文
赤坂 直人 気候変動適応策の支援に向けたヒト健康影響のDALY換算評価:ベトナムにおける下痢症を対象として
柴谷 一平 溶剤系塗料から水系塗料への代替に伴うリスクトレードオフ解析
多田 悠人 地震災害を想定した化学物質流出による浄水場の給水機能への影響評価:淀川水系のレジリエンスに着目して
畑田 智彦 化審法スクリ-ニング評価への多媒体環境動態モデルの適用によるフォ-ルズネガティブの定量的指標の開発
本地 祐也 自動車へのCFRP導入にともなうリスクトレードオフ解析
藪口 京介 静脈系インフラ連携によるバイオガス回収計画の立案と評価:兵庫県農村域を対象として
卒業論文
河合 巧真 自動車由来の大気中アンチモン曝露濃度推移の推定とリスク評価
北市 恭奨 水銀含有廃製品の回収システム強化による水銀の排出抑制効果の推定
佐藤 尚機 化学物質の精緻なリスク評価のための年齢別体内動態推定モデルの開発
住田 敬太 果樹を対象とした残留農薬推定モデルの構築:りんごを例にして
豊田 真弘 水道水質に注目した災害時における化学物質流出対策のプライオリティ評価:淀川水系を対象として
吉増 純弥 蛍光灯を比較対象としたLED導入によるヒト健康リスクの評価

2014年度

修士論文
伊川 純慶 レジリエンス特性に基づくごみ焼却施設更新計画の立案と評価:近畿圏における広域連携を対象として
市川 淳也 物質固有調整係数の推定に用いる生理学的薬物動態/作用モデルの不確実性解析:クロルピリホスを対象として
伊藤 麻人 有機溶剤を対象としたSWEEsによる作業場の混合曝露評価法の開発と検証
岡崎 貴弘 化審法スクリ-ニング評価への多媒体環境動態モデルの適用によるフォ-ルズネガティブの定量的指標の開発
菅 洋輔 下水処理施設・ごみ焼却施設間連携での温暖化対策に向けた都市類型と連携効果分析
三浦 和真 メタアナリシスを用いた車室内におけるPBDEs及び代替物質の暴露濃度分布推定に関する研究
Duman Kamalebieke An emergy-based comparative study on Xinjiang China and Japan for economic and environmental sustainability during urbanization process
卒業論文
阪本 悠佑 DEMATEL法を用いた最終処分場における紛争の因果構造解明に関する研究 -管理型産業廃棄物最終処分場を例に-
志賀 優貴 日本茶の輸出促進を支援するための確率論的農薬残留評価モデルの開発
玉井 裕之 日本全土を対象としたトリクロロエチレンの暴露評価
轟 晃成 多属性効用関数法を用いたバイオ燃料導入政策の評価

2013年度

修士論文
石丸 智久 PBPKモデルを用いた同時曝露による代謝阻害のリスクレベルに基づく定量化手法の開発
岩井 達也 情報の価値指標を用いた労働暴露評価モデルの価値分析
金子 周平 廃棄物の処理・利活用オプションの変化がヒト健康リスクに及ぼす影響の評価:自動車破砕残渣(ASR)を対象として
竹端 哲郎 土地利用情報を用いた種の潜在的生息地の評価に関する研究:蝶を対象として
長田 悠佑 化学物質ならびに温室効果ガス排出量のヒト健康リスク等価換算によるトレードオフ評価手法の構築に向けた基礎的研究
松田 陽平 建築物滅失統計調査との整合性を踏まえた土石系廃棄物の将来需給推計モデルの構築
卒業論文
赤坂 直人 DALYによるマルチプルリスクの等価換算評価に向けた基礎的研究
柴谷 一平 溶剤系塗料から水系塗料への代替における経年的データに基づくヒト健康と生態系へのリスクトレードオフ解析
多田 悠人 災害時を想定した流出シナリオによる水道取水点における化学物質濃度の評価
畑田 智彦 共分散構造分析を用いた消費者の食品安全に対する情報ニーズの心理的要因分析
藪口 京介 農村域における下水処理事業・ごみ焼却事業の連携型更新計画の立案と評価:兵庫県を対象として

2012年度

修士論文
金海 泰秀 土石系廃棄物を対象とした地域スケールでの物質フロー・ストック推計モデルの構築
坂上 将史 自動車燃料代替を対象とした排ガス由来健康影響と温室効果ガス排出量とのリスク・トレードオフ分析
土屋 茂樹 大阪大学マイボトル・キャンペーンを対象とした飲料消費行動の実態調査と影響要因分析
中西 有紀 都市の土地利用に係る生物多様性の影響評価に向けた相関分析:蝶を対象として
濱田 隼人 労働暴露評価モデルARTを用いた作業場におけるトルエンの確率論的暴露量推定に関する研究
IBNU SUSANTO Application of System Dynamics Model for Evaluation of A Two-Year Moratorium Policy on New Forest And Peatland Concessions Under REDD-plus Cooperation in Indonesia: Case Study of Palm Oil Industry Sector
JAMTSHO TENZIN Development of multi-criteria evaluation model for urban water infrastructure in Bhutan to support the vision of Gross National Happiness
卒業論文
伊川 純慶 ごみ焼却施設の効率的運用・更新を通じたごみ処理広域化方策の効果分析:兵庫県を対象として
市川 淳也 PBPK/PDモデルによる不確実性係数の縮減効果に関する研究:クロルピリホスを対象として
岡崎 貴弘 化審法でのスクリーニング評価における暴露クラス類型化の改善手法の提案
菅 洋輔 エネルギー収支解析を軸とした下水処理施設とごみ焼却施設の連携型更新計画の立案と評価
三浦 和真 Deca-BDEおよびその代替物質のヒト健康リスク評価:自動車内暴露経路の追加を通じた考察

2011年度

修士論文
植田 純生 都市の緑地計画と連動した集約型都市設計モデルの開発
小島 直也 交通行動と環境リスクのトレードオフ構造への理解を促がす環境家計簿の設計と実地調査結果の評価
高石 昌幸 太陽光発電パネルのライフステージごとの有害物質排出量の将来推計と考察-リサイクル処理による資源回収を考慮して-
高久 慎太郎 都市更新を考慮した水利用システムの設計と導入効果のライフサイクル評価
望月 広祐 公益的機能に基づく森林管理モデルの構築と淀川流域圏における木質資源供給量の推計
渡辺 太郎 淀川水系を対象とした水環境中濃度推計に基づく医薬品リスクの管理方策の立案と評価
Leandro F.D. Figueiredo Governance in municipal-based agriculture and biomass energy systems: lessons from a Brazilian and Japanese comparative case assessment.
卒業論文
石丸 智久 GHG排出量とヒト健康リスクからみたバイオ燃料導入政策の評価
岩井 達也 化学物質管理制度の費用便益分析―推定結果の幅に注目して―
金子 周平 自動車リサイクル法下におけるASR再資源化の費用対効果分析
辻川 勝平 国内TFP事例を対象としたメタ分析と発展可能性についての考察
長田 悠佑 次世代自動車普及下での国内資源循環を考慮したマルチプルリスク評価
松田 陽平 農村域における地域内エネルギー自給ポテンシャルの評価~兵庫県但馬地区を対象として~

2010年度

修士論文
小城 崇 アンケート調査に基づいた自然共生型ライフスタイルへの転換要因の分析
榊原 健志 地域のエネルギー消費特性を考慮した下水汚泥燃料転換技術の導入支援モデルの開発
白枝 悠太 森林管理支援モデルの構築と林業再生に向けたシナリオ解析に関する研究
西垣 賢 食料自給率を考慮したバイオ燃料生産可能量の推計
前田 秀人 低炭素都市実現に向けた都市計画と省エネルギー計画の統合マネジメントモデルの開発
正岡 克 消費者選択の構造分析に基づく太陽光発電システム普及施策の検討
卒業論文
金海 泰秀 蓄電池の技術代替による資源消費量及び有害物質環境排出量の推計
坂上 将史 石炭火力発電を対象とした健康リスク評価に係る不確実性に関する研究
篠原 直人 化管法・化審法による化学物質管理体制の費用便益分析
中西 有紀 多目的性を考慮した水循環・代謝システム更新計画の評価
土屋 茂樹 ライフスタイルと地域環境のつながりの可視化による生活行動変容の可能性に関する調査研究
樋口 雄大 次世代自動車の普及が資源消費及び温室効果ガス排出に与える影響の分析

2009年度

修士論文
葛西 真志 化学物質管理におけるスクリーニング手法の評価
長井 幹之 生活者欲求の調査に基づく持続可能なライフスタイルへの転換要件の分析と行動変容によるCO2削減効果の評価
渡辺 真也 物質代替に着目した難燃剤リスク管理方策のあり方に関する検討―テレビ筐体を対象としたケーススタディ―
Suzan Shrestha Evaluation of Biomass Resources Potential as Renewable and Sustainable Energy in Nepal
Le Hoang Anh Structural Analysis of Relationship between Industrial Activity and Water Pollution
卒業論文
植田 純生 低炭素型の都市構造実現に向けた再集結拠点に関する基礎的分析
小島 直也 将来の都市構造変化を想定した旅客交通部門におけるCO2排出量推計モデルの構築
高石 昌幸 住宅用太陽光発電システムの普及拡大に伴う二酸化炭素および廃棄物排出量の将来推計
高久 慎太郎 地域で発生する厨芥類・下水汚泥を対象とした循環利用システムの導入効果の評価
望月 広祐 国産バイオエタノール生産事業のシステム分析と費用対効果の推計

2008年度

修士論文
乾 裕紀子 静脈系インフラの再編計画に基づく急速熱分解バイオオイル化技術の普及シナリオと温室効果ガス削減効果の分析
今西 正義 持続可能性指標による中国都市域でのエネルギー・物質代謝の評価
寺谷 悟 地球温暖化が水資源質に与える影響の因果メカニズムの構造分析
中久保 豊彦 都市・農村連携型のバイオマス循環利用による低炭素化効果を評価する物質・エネルギー勘定モデルの構築
横井 隆志 低炭素型都市形成に向けた土地利用およびエネルギー計画の統合を支援するシステム開発
張 煜 上海における低炭素型住宅・非住宅建築ストックの形成によるエネルギー消費量の将来推計
卒業論文
伊藤 有人 食糧増産のための農地転用がもたらす生物多様性損失の算出
小城 崇 製品へのカーボンフットプリント情報の付与が消費者行動に与える分析
白枝 悠太 発電に伴う環境・健康影響の外部性と地域特性を考慮した地域エネルギーシステムの最適化の基礎的分析
西垣 賢 輸送用バイオ燃料の導入拡大政策に伴うバイオエタノールの曝露推計および健康リスク評価

2007年度

修士論文
片山 賢 工場排熱を利用するオフライン熱供給事業の導入可能性および環境負荷削減効果の評価モデルの構築
古野間 達 資源循環型の静脈系インフラ構築を目的としたLCAモデルの構築-急速熱分解による下水汚泥の高度循環利用システムを事例に-
下田 潤 マネジメントシステム規格の発展段階における環境・品質管理・労働安全衛生の統合化に関する研究
寺西 慶多 ライフスタイルとの関係に着目した都市のコンパクト化による環境負荷削減に関する研究-京阪神都市圏の交通行動を事例として-
若津 宇宙 燃料用バイオエタノールの導入による影響の評価とエコロジカル・フットプリント指標の応用に関する研究
和田 直樹 中国都市部における家電消費形態がCO2排出及び物質フローに及ぼす影響の分析
Popovics Peter Nandor 日本の住宅部門におけるソーラー技術の普及促進戦略に関する研究-マーケティング戦略の役割と消費者行動との関係性の調査・分析-
卒業論文
葛西 真志 製品環境要求への部品製造業の対応行動の分析-自動車・電子部品企業を対象として-
金子 友美 ベトナムにおける発電に伴う外部費用の電源構成への影響分析
長井 幹之 省エネ性能のストック効果に着目した住宅に対する省エネ投資の世代間分担メカニズムの構築
平井 祐太郎 間接的貢献を考慮した各国の温室効果ガス削減割当に関する研究-産業部門、鉄鋼業をとりあげて-
渡辺 真也 小売店から流通するプラスチック製容器包装の3R施策検討を支援するツール構築に関する研究

2006年度

修士論文
梶谷 嘉則 土地利用施策による熱環境変化とCO2削減効果の評価
姜同 徹 マイクログリッドによる地域分散型エネルギーシステムに関する研究-エコエネルギーウェブ金沢のケーススタディを通して-
木村 雄二 シナリオアプローチを用いた持続可能なライフスタイルのデザインと製品環境政策の評価
齋木 由利 都市と農山漁村の共生・対流における都市住民の行動と農村資源の関係の分析
福島 聖威 環境中のPFOS濃度を説明する因子のマクロ分析
溝口 典仁 成熟度モデルを利用した組織のリスクマネジメント診断ツールの開発
Noppasan Muansang タイにおけるバイオディーゼル燃料の生産可能量の推計
卒業論文
中久保 豊彦 中国農村部の経済発展に応じたバイオマス利用の高度化による農村発展モデルの構築
松浦 洋平 大学生に対する体験型環境教育の効果把握~万博記念公園での資源循環型の公園づくりを事例として~
松原 礼子 持続可能な都市論に関する概念整理―コンセプトマップ手法の適用と活用へ向けての基礎的考察―
横井 隆志 廃棄物処理施設を拠点とした地域エネルギー供給の発達によるCO2排出量削減効果分析モデルの構築 ~横浜市金沢区を事例として~
張 煜 上海民生部門におけるエネルギー需要の将来予測及び温暖化対策によるCO2排出量削減効果のマクロ分析

2005年度

修士論文
小川 浩司 エコシステムサービスの発揮に着目した地域森林資源勘定の構築に関する研究
梶本 尚子 流域圏におけるエコシステムサービスに着目した都市‐農村連携型の農村再生シナリオに関する研究
酒井 康夫 鉄鋼産業を中心とした高度資源循環システムの廃棄物産業連関分析
白山 公大 高度技術産業分野における失敗知識活用型リスクマネジメントモデルの構築
田井 亜矢子 尼崎臨海地域における市民参加型まちづくりの推進を目的とした地域の魅力を高める回遊ルートのデザインに関する研究
辻 雄亮 流域圏での漁獲に着目したエコシステムサービスの需要供給バランスの評価に関する研究
王 朝聞 中国における固体廃棄物発生の現状と循環施策の効果の分析
卒業論文
古野間 達 地方小都市における活性化を目的とした牽引型のタウンマネジメントの調査分析-滋賀県長浜市を事例として-
下田 潤 環境効率性指標を用いた企業における環境経営戦略分析~ビール・紙パルプ業界を対象として~
寺西 慶多 居住者の意向を踏まえた都市のコンパクト化施策に関する基礎的考察
向仲 範晃 リスク分担型の費用負担に関する社会システムの構築~土壌汚染を対象として~
若津 宇宙 コミュニティ圏域における環境保全活動と住民意識・行動の変容に関する基礎的分析-福井市のまちづくり事業を対象として-
和田 直樹 中国の石炭火力発電設備の更新に関わる技術選択温室効果ガス削減効果と経済性評価

2004年度

修士論文
石原 洋平 市民参加型の森づくりを通じた市民の意識・態度の進化を促す手段と効果の分析
栗栖 雅宣 流域圏でのエコシステムサービスに着目した水有機物系政策の立案と評価
杉谷 啓行 流域圏における生物保全施策の効果の予測と評価に関する研究
中館 崇 都市のコンパクト化におけるQOL(QualityofLife)評価システムの構築に関する研究 -首都圏を対象として-
山崎 裕貴 家電製品を対象とした部品リユース計画の構想支援と評価
卒業論文
岡田 昌大 発ガン性化学物質の地域レベルでの初期リスク評価のための暴露濃度推定モデルの構築
梶谷 嘉則 リスク対応事例調査に基づく企業のリスク管理のあり方に関する考察
神崎 雅也 EUの化学物質のリスク管理における予防的アプローチの意義~PBDEを調査事例として~
木村 雄二 持続可能な消費に資する家具・家電製品のサービスシステムを志向した既存のサービスシステムに関する調査分析
齋木 由利 生物多様性変化の抽出によるRegional-Scaleでの自然再生事業地のスクリーニング

2003年度

修士論文
大野 喜智 鉄鋼技術・インフラを活用した高度循環システムの資源生産性による評価
加藤 文昭 流域圏における政策立案ツールとしてのシナリオアプローチに関する研究
皐月 久美子 コンジョイント分析による家電製品の部品リユースの消費者受容性評価に関する研究
鈴木 あや子 食品廃棄物の再資源化システムの設計と評価に関する研究―コンビニ業界を対象として―
田嶋 俊樹 分散型事業所における環境マネジメントシステムの構築に関する研究
辰巳 清香 市民の行動を支援するPRtr情報提供に関する調査研究
山本 洋行 流域における木質系バイオマスの循環システムの計画とその評価
Leon Suematsu Mario Construction and Evaluation of Waste Tires Recovery System
卒業論文
小川 浩司 持続可能な森林経営を実施するための枠組みと施策の整理・分析
梶本 尚子 都市開発事業における自然共生型事業への転換による施策効果の評価
白山 公大 企業内外の情報活用を目指した環境情報共有フレームの構築
田井 亜矢子 尼崎の地域資源を活用したまちづくり計画の提案
辻 雄介 流域圏での自然共生施策による環境価値の経済的評価の枠組みの検討

2002年度

修士論文
浅野 彰浩 PCB処理を事例としたリスク・コミュニケーション・プラットフォームの運用と評価
高木 美穂 商店街で展開される地域マネジメントに関する研究
高橋 友幸 住宅・建築資材の地域循環システム-京阪神都市圏における再資源化施設の効果-
竹林 光昭 家電製品のエコデザインに関する調査研究-冷蔵庫を事例としたDfDおよびDfE-
丹治 三則 自然共生型流域圏の施策立案とその評価を支援する地理情報システム
任田 紘子 環境面から見た家電製品リース事業の社会実験の試行と評価
冨田 幸賞 流域圏における水文流出とその循環形成に関する調査研究
向井 肇 冷鉄源の有効利用による鉄鋼の循環システムの評価-銅の蓄積と転炉の有効利用に関するモデル分析-
卒業論文
石原 洋平 尼崎21世紀の森構想における市民参加システムのデザインと評価
栗栖 雅宜 武庫川流域圏における有機物資源リサイクルシステムの構築と評価
杉谷 啓行 GISを用いた都市化による植生および生態系への影響の分析
徳岡 潤 阪神地域における郊外開発に伴う自動車交通のもたらす環境インパクト分析
林 大祐 温室効果ガスの排出権取引の市場形成
山崎 裕貴 家電製品の部品リユースとマテリアルリサイクルの環境面の比較評価

2001年度

修士論文
秋田 大介 個人向け家電リースビジネスモデルの提案とその環境効率の調査・分析
受島 啓介 圏域における森林資源勘定の構築と循環型木材産業モデルの計画と評価
大石 晃子 地域の循環形成を促進する循環型産業開発事業の計画に関する調査研究
岡野 雅通 主体間の衡平性を考慮した環境会計による循環型社会システムの評価・支援手法の提案
森本 暁彦 大阪府能勢町の事例調査に基づくリスクコミニュケーション支援システムの構築
Kishor Parajuli 自動車ディーゼル排ガスの健康リスク評価
Cecilia Tiemi Makishi Eco-Efficiency Analysis of Plastidsused in Electrical Equipment Materials
Yabar Helmut Evaluation of environmental impact sand costs associated with municipal solid waste management in japan
卒業論文
大倉 智之 GISによる都市緑化の利用,景観,生態系保全機能の評価についての調査
加藤 文昭 米国での事例調査に基づく流域管理計画の評価システム
刈谷 宜照 PCの解体実験事業におけるリサイクルビジネスモデルの調査研究
皐月 久美子 廃家電リサイクルの実証実験を通じての製品・部品リユースリサイクルモデル
鈴木 あや子 家庭系有機廃棄物のコンポスト化利用におけるパートナーシップについての研究
辰巳 清香 大阪府能勢町の事例によるリスクコミニュケーションの心理的メカニズムの調査研究
前田 照文 海外におけるグリーン証書取引システムとその日本への導入に関する調査研究
山本 洋之 都市における建設木材副産物の分別・リサイクルシステムの計画と評価

2000年度

修士論文
生田 雄一 循環複合体における主体間連携の組織的要因に関する実証的研究
小岩 真之 製品連鎖マネジメントによる建築構造物の循環型社会システムの計画と評価
出口 美紀子 地域通貨のメカニズムに関する調査研究
徳永 拓 代謝効率を改善する都市環境の計画・評価システムの構築に関する研究
林 周 一般均衡モデルを用いた再生可能エネルギ-導入政策の評価分析に関する研究
平岡 信義 循環型を目指す現代社会における比較リスク評価研究
PHUONG THIENLIU Comparative analysis of Eco-Industrial Park Projects in the United States
松岡 泰成 分散型ガス供給システムを担うバイオガスの都市ガスインフラ導入に関する調査研究
幸 喜信 情報の持つ機能に着目した資源循環のマネジメントシステムに関する研究
山本 祐吾 産業機械製品の循環マネジメントシステムの計画とその評価-ポンプを指標製品とした循環戦略の環境及び経済的効果の評価-
卒業論文
浅野 彰浩 食品容器の循環形成に向けての社会経済政策とその評価に関する研究
大橋 孝之 環境報告書における情報開示特性の調査研究
北 義人 製造業における環境配慮型生産システムの実践についての調査研究
高橋 利英 食品工場群におけるメタン発酵処理システムの導入に関する分析及び評価
高橋 友幸 セメント産業を中核とする産業コンプレックスの形成による環境負荷の低減効果に関する研究
丹治 三則 環境保全型農業の評価指標体系に関する研究
辻本 純也 大阪市における環境に配慮した循環型都市構造の提案と効果の推計
任田 紘子 グリーン購入促進に向けた環境ラベルのあり方についての考察
野村 洋平 インターネットリサイクルの特性による分類及び主要な財のリサイクルシステムの考察
向井 肇 北九州エコタウンにおける循環複合形成の評価に関する研究

1999年度

修士論文
岡寺 智大 中国長江流域及び珠江流域における持続可能な産業構造転換による環境への影響評価
喜田 昌 応用一般均衡モデルによる産業製品の逆工場推進施策の評価研究
白川 達也 産業機械の使用履歴情報を用いた製品連鎖マネジメントの調査研究
山本 将 都市における食品関連有機副産物の転換技術の適正評価についての分析
金 哲 琵琶湖総合開発事業による効果の評価及び費用便益構造に関する研究
卒業論文
秋田 大介 非集計行動モデルを用いた大学内デポジット・リファンド・システムの調査研究
受島 啓介 都市構造物の木材の関する製品連鎖分析
大石 晃子 循環複合形成をめざした米国EcoIndustrialParkについての調査研究
岡野 雅通 企業の環境報告書を用いた環境会計システムについての比較研究
Kishor Parajuli 戦略的環境アセスメントの海外事例に基づく愛知万博のSEAの調査研究
近藤 辰一 食品工場集積地区における有機副産物の再資源化に関する調査研究
定藤 誠一郎 紙のカスケード型リサイクルについての一考察
町田 陽平 流通店舗の有機物残査の再資源化を促す消費者の選好と行動の調査研究
森本 暁彦 トランジットモールの計画事例調査とその導入条件についての基礎的調査

1998年度

修士論文
芦刈 義孝 大都市における「風のみち」形成要因の評価に関する調査研究
福田 峰子 WWWによる環境配慮行動支援システム構築に関する研究
村野 昭人 都市から発生する環境負荷のライフサイクル評価に関する研究
安田 宜夫 資源転換を核にした地域の物質代謝モデルの評価に関する研究
卒業論文
生田 雄一 企業間の環境対策に関するネットワークの形成段階における影響要因に関する調査研究
田邊 知 民生部門のエネルギー消費機器の更新が環境負荷削減に与える影響の評価研究
徳永 拓 インナーシティ問題に関する調査とその環境影響に関する事例研究
林 周 分散型エネルギーシステム導入可能性評価に関する調査研究
平岡 信義 大阪府下における産業廃棄物利用を主としたRDF化技術の導入可能性に関する調査研究
松田 圭洋 交通手段選択に与える発着地の地域特性の影響に関する調査研究
幸 喜信 廃棄物ゼロ事業の社会経済的影響に関するLCAによる調査分析
山本 祐吾 ユーザーメイドPCの消費選択行動に関する調査分析

1997年度

修士論文
庵原 一水 産業廃棄物の地域間相互誘発構造からみた処分量抑制と費用負担に関する研究
Maria Theresa Magampon Japan Inter-Industrial Energy and Material Intensity Analyses:AnInput-Output Approach
西川 隆清 近代土木社会基盤整備における共同性の発揮とその意義に関する調査研究-近代伊丹における土木社会基盤整備を事例として-
佐々木 曉一 意識成長を考慮した環境ワークショップのデザインに関する研究
松本 明 大阪空港周辺地区における環境改善の社会経済的便益の評価に関する調査研究
卒業論文
犬山 直輝 空港周辺の環境整備事業の費用分担に関する調査研究
岡寺 智大 アジアへの資本投資がエネルギー消費に与える影響に関する考察
角谷 晃 ニュータウン開発における緑地の生態ネットワーク特性の評価
北垣 剛史 沿岸域の環境改善事業のもたらす社会的便益の評価
喜多 昌 情報家電の廃製品回収システムの評価に関する調査研究
白川 達也 持続可能なまちづくりの提案のその後の進展の評価に関する調査研究
東 誠吾 エネルギー制約下における輸送サービスの最適な交通手段分担に関する分析

1996年度

修士論文
板垣 正明 地理情報システムの援用による都市の土地利用転換に応じた地域冷暖房導入の条件の評価に関する研究
後藤 忍 アーバンエコロジーパークを中心とした地区レベルの生態学的連続性の分析・評価に関する基礎的研究
玉村 学 買い物での自動車利用に与える環境配慮の効果の評価に関する調査研究
卒業論文
秋山 良樹 環境勘定上での物質投入と廃棄物発生の評価に関する研究
芦刈 義孝 北九州市都市環境計画における「風のみち」形成に関する調査研究
今井 克治 環境との関わりにおける「型」のシステム論的考察
大竹 一生 自然海浜サービスの経済的評価に関する調査研究
海田 貴之 機器ストックを考慮した家庭用電力需要モデルに関する考察
高田 浩史 環境NGOの活動促進要因に関する一考察
増原 直樹 食料消費に伴う窒素循環と農地生産性のモデル構築の試論
南 詠子 ワークショップにおける参加主体の意識変容プロセスに関する調査研究
山口 浩史 里山環境を保全したアーバンエコロジーパークに関する調査研究
安田 宣夫 環境保全活動におけるパートナーシップ形成に関する一考察

1995年度

修士論文
阿部 吉男 震災復興にむけた地域コミュニティの生活支援システムに関する調査研究
中村 信夫 地域連関に着目した琵琶湖淀川流域における環境勘定体系構築に関する研究
渡辺 謙二 被災企業の地域支援活動の促進要因に関する調査研究
卒業論文
庵原 一水 余暇活動に伴う環境負荷のライフサイクル評価に関する調査研究
岩川 剛史 都市廃熱の潜在的利用可能性に関する調査研究
佐々木 暁一 救援活動におけるボランティアの支援に関する研究-阪神大震災を事例として-
西川 隆清 京都疏水における環境意識の表出と行動の特性要因に関する研究
藤本 紘子 施設のライフサイクルからみた都市の水代謝システムの評価
松本 明 緑地のオプション・プライスとその決定要因についての基礎的研究
宮原 宏朗 産業連関分析を用いた日中間の相互依存と環境負荷に関する調査研究
森下 章仁 淀川流域における森林の便益と下流域への移転に関する考察

1994年度

修士論文
上田 大輔 土地利用特性を考慮した未利用エネルギー利用可能性評価に関する研究
菊本 壮永 電気自動車への転換・代替の可能性に関する条件分析
増井 利彦 環境配慮型マクロ経済指標の導入による炭素排出量の削減効果に関する研究
吉岡 哲 環境計画における《名づけ》概念の考察とその手法化に関する研究
Lai Chee Keong Emerging Discipline in Environmental Auditing and its Practice in Japan
卒業論文
板垣 正明 森林の機能とその環境価値に関する基礎的考察
植田 繁仁 交通需要マネジメントのためのモード選択特性に関する調査研究
後藤 忍 ミュンヘンにおける環境計画システムとその都市計画への反映に関する調査研究
進藤 誠吾 包装廃棄物の逆流通リサイクルシステムの実態に関する一考察
松本 真隆 親水空間の持つ環境価値の土地価格に対する反映の調査研究
玉村 学 自動車交通発生への都市空間特性が及ぼす影響についての研究
名波 敦 土地区画整理事業での環境保全・復元の実態に関する調査研究
村瀬 史郎 火力発電所の未利用エネルギー活用の可能性に関する調査研究
森石 雅行 ヘドニック分析による公園緑地の経済的価値評価
吉田 武史 都市近郊における市民農園整備のあり方に関する事例研究
吉田 陽介 生活環境指標の構成に関する一考察

1993年度

修士論文
内海 秀樹 コンフリクト解析に基づく地球温暖化防止行動の評価に関する研究
大西 悟 都市基盤の環境調和性評価に関する研究
卒業論文
阿部 吉男 心理的類似度からみた環境援助行動の分類に関する研究
泉 英明 銭湯を題材とした無目的型情報交流の特性に関する調査研究
落合 潔 ごみ分別行動の意識分析に関する一考察
客野 尚志 屋外心理実験を用いた触風景に関する基礎的研究
立川 日麻 ?
中村 信夫 持続可能性を考慮した経済指標構築についての一考察
渡辺 謙二 住民参加型公園づくりにおける参加主体の意識変化に関する研究

1992年度

修士論文
小木曽 正隆 製品の多品種化の実態とエネルギー消費への影響に関する研究
馬場 高志 ライフサイクルエネルギーに基づいた環境配慮行動支援システムに関する研究
松本 泰明 日本の輸出商品の二酸化炭素集約度からみた炭素税負担移転の先進国・発展途上国比較
卒業論文
我妻 正久 木材および紙消費による熱帯雨林への影響予測と植林の効果に関する研究
今井 達也 開発途上国進出日系製造業企業の公害防止技術移転に関する考察
上田 大輔 農村からの情報交流に着目した都市との交流活動に関する研究
大谷 朋之 人の生活の豊かさを表す指標の比較に関する一考察
菊本 壮永 都市住民の緑に対する満足度に関する一考察
西原 達也 パークアイランドシステム導入によるエネルギー消費削減効果とその社会的費用に関する研究
福岡 孝一 家庭ごみ収集の有料化によるごみ量削減効果に関する考察
増井 利彦 人口増加と食糧需給を背景とした開発途上国の環境と発展に関する研究
山中 敏也 街路空間での生活者の行動観察に関する一考察
吉岡 哲 街遊びイベントの企画・実施を通した「まちびとづくり」の評価に関する研究
坂田 博之 ため池環境事業を推進させるための住民を含めた組織づくりに関する一考察

1991年度

修士論文
佐々田 弘之 商業施設の郊外沿道立地による地価形成上の影響と対策に関する研究
寺下 晃 微量有害物質のリスクを指標とした製品のライフ・サイクル・アセスメントに関する研究
原田 弘之 一体性からみた「湾」の景観計画に関する基礎的研究 -近世の名所図会を題材として-
卒業論文
内海 秀樹 先進国の経済援助による発展途上国の環境改善効果に関する研究-システムダイナミックスを用いた二国間の経済循環モデルを用いて-
大西 悟 環境共生からみた都市システムの評価体系に関する基礎的研究
上山 隆徳 まちづくりにおける企業参加のあり方に関する研究-(社)奈良まちづくりセンターの活動を題材にして-
小池 陽介 市民を対象とした環境援助行動の否認要因に関する分析的研究
田代 晃一 日本詩歌にみる音風景のとらえ方に関する研究
徳田 圭三 渇水発生要因としての水需要構造に関する研究
光野 茂生 農山村活性化の支援策としての地域間交流に関する研究-清水市を事例として-
樋笠 敦之 連担性からみた建築物および街区の評価に関する研究

1990年度

修士論文
近藤 隆二郎 「めぐり」概念を用いた地域における意味生成に関する研究
八尾 哲史 地図遊びとまち歩きを通したまち環境学習に関する研究
沖浦 文彦 郊外住宅地における住居併用施設の形成手法とその「共」的役割に関する研究
卒業論文
浅田 英治 環境援助行動マニュアルにおける行動誘発効果に関する一考察
折田 謙一 高齢者の環境情報源としての潜在価値を生かした地域環境づくりの展開に関する研究
蔭山 高志 現代都市社会における多様な「生活リズム」の創出可能性に関する研究
小木曽 正隆 地球温暖化問題における政策協調としての排出権の割当と2国間取引に関する研究
奈良 賢一 環境にかかわる企業活動の展開に関する研究-企業・消費者の2つの視点から-
馬場 高志 環境倫理に基づいた近世農業にみる持続可能性に関する考察
松本 泰明 発展途上国の生産・貿易活動の及ぼす環境影響に関する考察-先進国への輸出を考慮して-
峯村 健司 路上の私的占有からみた路地、細街路空間の機能に関する調査研究
横井 智成 まちの玄関としての駅の機能に関する一考察
吉田 宏明 フロンガス問題における不確実性から見たリスクコミュニケーションに関する研究

1989年度

修士論文
門脇 あつ子 日常生活圏におけるインフォーマルな小集団の果たす役割に関する研究
菅 範昭 コミュニケーション論からみた環境援助行動に関する研究
山本 秀一 環境保全の便益評価に関する基礎的研究-Optionvalueの理論的解明とその適用について-
卒業論文
安達 一郎 里山の保全と活用に関する研究-大阪近郊森林を例にとって-
磯山 武司 農産物に残留する農薬のリスクに関する研究
北川 博章 六甲山における散乱ゴミ対策システムの再構成に関する研究
河野 栄一 街路空間におけるサウンドスケープの様式分析に関する研究
佐々田 弘之 区画整理地区の宅地化促進に関する研究
寺下 晃 廃棄物最終処分場を経由する有害物質のリスクアセスメントに関する研究-廃乾電池を対象として-
中越 秀造 都市代謝施設の市民への広報手段に関する調査研究-下水処理場のパンフレットを題材として-
原田 弘之 都市における市民農園のシステム化に関する研究
南口 哲也 都市内中小河川の「市民の水辺」化に関する研究
湯地 弘幸 都市内における自然的要素導入に関する調査研究-いきものの里を題材として-
福留 芳枝 環境教育における”場”のあり方に関する研究(平成元年9月卒業)

1988年度

修士論文
平林 良一 ゴルフ場で使用される農薬由来の環境リスクアセスメントに関する研究-水道水源流域の汚染に注目して-
卒業論文
沖浦 文彦 人間形成における居住空間の役割に関する調査研究
鹿野 豊彦 南洋材をめぐっての日本の需要と相手国の環境影響の評価に関する研究-地球規模で生じる環境破壊の視点から-
近藤 隆二郎 現代都市における境界概念の意味論的考察
五寶 光基 “境界”から見た関目「ゆずり葉ゾ-ン」評価に関する研究
寺島 淳一 洗剤使用の意志決定に関する研究
八尾 哲史 実践例からみた地域における環境教育のしくみに関する研究
松村 収 人を魅きつけるリサイクル社会についての調査研究-おもしろみから見たリサイクルの一考察-

1987年度

修士論文
桑垣 豊 都市空間型リスクの構造と市民参加
卒業論文
門脇 あつ子 公園管理における情報の役割に関する一考察-コミュニティ形成をめざして-
小谷 加代子 生活時間の豊さと戸外活動からみた都心居住者の生活実態に関する調査研究
佐藤 勝紀 環境を観る装置による学習と遊びの設計
谷野 裕子 歴史的町並みにおける生活面から見た景観及び景観操作に対する認識に関する研究-今井町を事例として-
畑中 直樹 快適環境づくりにおける環境資源と市民の関わりに関する一考察
大石 彰 テクノポリス開発におけるアメニティ基盤整備に関する調査研究
吉田 登 樹木保全をめぐる行政関与のしくみに関する一考察
上岡 寛昭 地域水環境に関するデータについての一考察

1986年度

修士論文
城戸 由能 雨水管理制御のReal-Time-Controlに関する基礎的研究
柴田 実 主体意志決定に対するコンピューター支援システムに関する研究-広域廃棄物問題に対するゲーミングシミュレ-ションの適用-
竹村 登 都市空間のリスク同定に関する基礎的研究
A.Santana Santos A Study about Capacity All ocation of Run off Facilities among NEYA River Sub-Basins-Application of Tank Model and M.C.A.Method-
卒業論文
河田 崇 総合設計制度に基づく公開空地の評価に関する研究-大阪市における事例-
田村 善彦 地域計画へのゲーミング手法の適用に関する研究
安田 誠司 水利用効用に基づく二元給水システム代替案評価-大阪府島本町を事例として-
平林 良一 環境リスクのマネジメントを支援するシステムの設計に関する基礎的研究-物質による健康影響を素材に-

1985年度

修士論文

修士論文
飯尾 丹奈子 双方向CATVによる地域環境づくりの促進機能に関する研究
白井 信雄 自然浄化型州路の浄化効率のシミュレ-ションと設計因子の評価に関する研究
花嶋 温子 ごみの分別・排出の社会的評価に関する研究
李 適宇 淀川の水質拡散とその水道水源に対する影響の評価に関する研究
卒業論文
池田 英治 AMeDASデータに基づいた降雨の移動・生成衰弱に関する研究
岡村 一良 累積流量モデルによる淀川の水質拡散に関する研究
木下 真 ごみ収拾に対する市民の評価に関する研究-吹田市を事例として-
高橋 徹 MUF法による二元給水の評価に関する研究
真木 康行 騒音によるストレスおよび生活行動への影響に関する研究
森山 真次 都市公園の建設が地区環境に及ぼす効果に関する研究
吉田 晋平 判別関数を用いた地方都市の発展・衰退に関する研究

1984年度

修士論文
川本 茂樹 モデルシミュレ-ションによる排水システムの代替案評価に関する研究
卒業論文
歌枕 悟志 住民の環境認知に関する調査研究
戒井 雅浩 都市の衰退期における工場跡地の利用構造に関する研究
藤岡 修 地表面温度による大気混合層の変化に関する研究
川島 孝夫 河床付着微生物群の挙動に及ぼす水理因子の影響に関する研究
北川 美宏 大学卒業者を対象とした人口移動構造に関する研究
木田 正憲 生活環境に関する住民意識の地域的特性に関する研究
城戸 由能 雨天時負荷流出解析のための降雨モデル化に関する研究
柴田 実 確率変数導入による個人暴露量モデル
菅尾 睦 水資源計画における情報提供効果
竹村 登 大都市圏の人口移動構造について-大阪市における事例研究-
冨本 幸宏 認知景観の評価に関する研究
村田 俊之 よい環境影響評価書案をさぐる-さかりやすさとは-
和田 聡 災害情報システムの構築に関する考察-防災の手段としての情報-

1983年度

修士論文
川崎 忠昭 市街地河川の環境整備に関する調査研究-岡山市西川緑道公園と堺市土居川を対象として-
森 尚樹 水資源開発におけるリスク管理と保険システムの適用に関する研究-琵琶湖開発を対象にして-
卒業論文
飯尾 丹奈子 ニューメディアを用いた地域情報システム改善の可能性-地域医療情報システムをモデルとして-
飯田 徹 心理的側面からみたゴミの廃棄行動に関する調査研究-都市近郊の野山を例として-
小川 真一 環境認識の用具としての環境家計簿に関する調査研究
川崎 幸一 市街地河川景観のS・D法による分析
倉本 聡 河床礫上の付着生物群集の現存量分布変化に関する考察
白井 信雄 河床礫上の付着生物群集の現存量分布変化に関する考察
谷村 武志 環境認識の用具としての認知地図に関する調査研究
花嶋 温子 広報手段としての映像情報の機能要素分析
浜 純一郎 市民広聴方式下でのコミュニティの組織と運営の変容に関する調査研究-掛川市を例にして-
木谷 好伸 地域産業連関に基づくウォーター・アナリシスの研究-滋賀県と大阪府の関係を中心として-
坂口 真章 住民意識からみた街区の環境質の評価に関する調査研究
花房 俊治 付着生物群に与える合成洗剤の影響評価-石けんとの比較にて-

1982年度

修士論文
浅田 浩司 工場の転廃用と跡地利用から見た土地利用変容過程に関する研究
江口 孝司 海面活性剤の環境中での運命予測に関する研究
新沢 秀則 資源管理における水・エネルギーの連関に関する研究-水の循環再利用を中心として-
間狩 泰三 付着微生物群を介した濁質流下過程に関する研究
三村 和久 DEPOSIT制度下における飲料缶回収の費用・便益分析
草薙 信照 エネルギー消費の増大に伴う歪み構造の一考察-交通の高速化と時間的影響の断面から-
卒業論文
川本 茂樹 雨天時の非点源負荷流出のモデル化とその適用性に関する研究
諏訪 道彦 住民意識の解析に基づく生活環境評価の計量化に関する一考察
中村 俊之 大阪市における水需要構造の分析-パーソントリップの導入の検討-

1981年度

修士論文
冨尾 桂一 都市における水需要予測および水資源配分計画に関する研究-水配分のための最終需要に着目したウォーター・アナリシス-
東 研司 近隣環境区における環境施設の構成に関する研究-水・ごみ・緑のシステム代替案を中心として-
卒業論文
舟岡 昌範 流路境界の凹凸の分散・拡散に対する影響
森 尚樹 水管理施設による利害調整とその限界-瀬田川洗い堰を中心として-
猿谷 純 流域の水管理に関する比較研究-猪名川と多摩川の歴史-

1980年度

修士論文
河野 敬太郎 都市の衰退化要因としての地域資源の浪費過程に関する研究-尼崎市を例にして-
高市 信久 情報システムとしてみた環境政策-滋賀県合成洗剤追放運動を中心として-
堀正 真佐司 生活環境レベルにおける水環境整備に関する研究-水辺の複合機能の指標化を中心として-
Antonio L.Fernandez 多目的水資源計画に関する基礎的研究
卒業論文
浅田 浩司 コンビナートの公害・災害と行政施設の課題-徳山市における水銀汚染と集団移転について-
江口 孝司 地域社会との関係からみた砂防事業に関する一考察
新沢 秀則 与那国町におけるローカル・エネルギーとエネルギー分析
藤岡 諭 エネルギー消費量を指標とした下水処理活動の評価
間狩 泰三 乱流と社会的諸現象のアナロジーに関する基礎的研究
三村 和久 飲料缶のリサイクリングに関する一考察
森戸 和美 汚泥価値からみた水質別処理の有効性-寝屋川流域下水道計画地域をケース・スタディとして-
酒巻 和彦 農業用水を介したカスケード型水利用に関する基礎的研究

1979年度

修士論文
井川 雅義 都市用水利用の実態とその評価に関する研究
傍士 清志 陸域負荷の現存特性と流出機構
千頭 聡 沿岸域の環境管理に関する基礎的研究-海浜利用と汚濁制御-
板野 充司 境界条件に着目した海域での汚濁伝ぱに関する研究
石丸 尚志 廃棄物から見た都市の発展段階比較に関する研究
卒業論文
赤坂 則嘉 ため池廃止の現状とその背景
植松 久裕 鉛リサイクリングのエネルギー消費に関する調査研究
奥野 敏彦 西の湖周辺の地域整備事業に伴うコンフリクトとその解消
小木 正三 システム・ダイナミックスを用いた陸域からのりん負荷流出に関する研究-滋賀県守山市におけるケース・スタディを中心として-
佐々木 健児 干潟生態系及び利用実態からみた海岸開発-甲子園浜を対象として-
冨尾 桂一 大阪大学工学部における水循環計画およびその評価
原 裕康 滋賀県の合成洗剤追放運動に関する一考察
東 研司 情報からみた水道システムのあり方について
広瀬 博治 川の機能と利用に関する歴史的変遷-大阪市内主要堀川についての考察-

1978年度

修士論文
植野 和文 質的側面から見たsedimentationの調査研究
金子 泰純 水資源配分問題に関する一考察
田中 寛 水資源問題における多目的調整
三輪 信哉 閉鎖型環境における人間生態に関する研究
堺 伸 相互作用に着目した地域環境評価の試み-ケーススタディー、東条町-
卒業論文
池水 秀行 付着藻類と微細粒子の相互作用に関する調査研究
河野 敬太郎 都市廃棄物の重金属含有に由来する社会的費用とその評価に関する研究
新堂 晴彦 景観認知に関する一考察-景観を環境アセスメントにとり入れる方法と景観把握のための調査-
高市 信久 エコロジカルダイナミクスを用いた沿岸域における水質管理手法に関する研究
堀正 真佐司 都市排水の再利用計画-水資源の有効利用と水辺環境の創造-
松嶋 雅幸 宅地開発の水資源量に及ぼす影響について-猪名川流域を例として-
黒田 潤 感潮河川における濁質の挙動に関する研究
田部 康 凝集性微細粒子の輸送現象に関する基礎的研究-循環水路を用いての長時間実験-
松田 和彦 工業用水の需給と工業活動における水利用に関する研究

1977年度

修士論文
脇本 修自 Sedimentatiaonに関する一考察-時空間尺度からみた水との交互作用-
深野 二郎 廃棄物問題における計画調整に関するゲーミング・シミュレ-ションの基礎的研究
卒業論文
井川 雅義 水循環再利用モデルの評価に関する基礎的研究
石丸 尚志 廃棄物農地還元のための社会評価
板野 充司 沿岸海域における拡散シミュレーション
千頭 聡 沿岸域でのリンの循環に関するエコロジカル・ダイナミクス
鎮西 昌弘 都市河川の濁質挙動に関する調査研究
傍士 清志 都市域からの雨天時汚濁流出に関する調査研究
右田 順一 鉛の消費による環境内蓄積と用途評価に関する研究
岡村 政彦 オーバーレイ法による廃棄物埋立地の選定について

1976年度

修士論文
平松 功 活性汚泥法曝気槽の溶存酸素制御に於ける基礎的研究
室谷 憲男 市街地からの雨天時汚濁流出に関する調査研究
小幡 範雄 生態的物質循環からみた沿岸域の環境評価に関する基礎的研究
卒業論文
植野 和文 累積型指標による廃棄物処理の評価に関する基礎的研究
大方 耕二 用途別給水計画に関する二、三の考察
笹松 正広 矩型滞留性水域における水質の挙動
堺 伸 環境容量について-エントロピー的視点からみた人口飽和に関する考察-
宮内 潔 底泥からの栄養塩類溶出現象に関する二、三の考察
三輪 信哉 水循環システムについて
田中 寛 凝集性懸濁物質の浮流現象に関する基礎的考察

1975年度

修士論文
野村 克己 播磨灘を中心とした水環境の動態に関する研究
森 一英 エネルギーを指標とした高度処理の評価に関する一考察
卒業論文
脇本 修自 低流速時における都市河川の底泥掃流現象に関する研究
深野 二郎 廃棄物処理からみた都市と農村の結合

1974年度

卒業論文
室谷 憲男 路面の汚濁負荷量に関する調査研究
Copyright(c) 2013 osaka univ tokai. All Rights Reserved.