日本リスク学会2019年度大会優秀発表賞を受賞

公開日:2020年11月24日 カテゴリー:お知らせ タグ:

日本リスク学会2019年度大会優秀発表賞を受賞

環境・エネルギー工学科学生  田中雄大さん(学部4年生)が、2019年11月22日~24日に東京工業大学岡田山キャンパスで開催された、日本リスク学会第32回年次大会において、口頭発表で優秀発表賞 (SRAJ Best Oral Presentation Award 2019) を受賞しました。

受賞論文

発表タイトルは「大阪府における地震が引き起こす化学物質流出事故の土壌圏への影響と対策オプション評価」です。内容は、地震によって事業所から化学物質が土壌中に流出した場合にどのような対策をとれば被害を最小化できるかを評価したものです。学術的価値、プレゼンテーションともに高く評価されました。

 

 

本科HP URL

 

Copyright(c) 2013 osaka univ tokai. All Rights Reserved.