発表業績

    Update: 2020.06

    2020

    Lisa Ito, Toru Yamaguchi, Akihiro Tokai, Yoshio Takahashi:
    Biogeography and Chemical Risks on Islands
    Encyclopedia of the World’s Biomes, 230-239, Ed. Michael Goldstein and Dominik DellaSala, Elsevier, Amsterdam, 2020/6.
    北本靖子, 小島直也, 東海明宏:
    高度浄水処理導入による消毒副生成物間のトレードオフ評価
    環境科学会誌, 33 (3), 42-53, 2020/5.

    2019

    Mianqiang Xue, Naoya Kojima, Liang Zhou, Takashi Machimura, Akihiro Tokai:
    Trade-off analysis between global impact potential and local risk: A case study of refrigerants,
    Journal of Cleaner Production , Vol.217, pp.627-632, 2019.
    青木幸生, 花井壮輔,小島直也, 東海明宏:
    推算モデルによる床用敷物含有化学物質の消費者暴露特性評価とその設定パラメータに関する考察,
    日本リスク研究学会誌,Vol.11,No.6,pp.37-50,2019.
    青木幸生, 小島直也, 東海明宏:
    分配動態モデルを用いたハウスダスト中のSVOC濃度の推算,
    室内環境,Vol.22,No.2,pp.145-157,2019.
    Antoine Francis Obame Nguema, Akihiro TOKAI, Hoa THI NGUYEN, Naoya KOJIMA:
    Analysing Factors Influencing Occupational Benzene Exposure Concentration in Loading Operations at Gasoline Storage and Distribution Facility in Developing Countries,
    Asian Journal of Applied Sciences , Vol.7, Iss.1, pp.36-48, 2019.
    Antoine Francis Obame Nguema, Akihiro Tokai, Hoa Thi Nguyen, Naoya Kojima:
    Occupational Health Risk Assessment for Benzene Exposure in Gasoline Storage and Distribution Facility: comparison between developing and industrialized countries for the period of 1986-2001,
    Asian Journal of Science and Technology , Vol.10, Iss.1, pp.9353-9363, 2019.

    2018

    Abdi Pratama, Akihiro Tokai, Kojima Naoya:
    Study of the incentive caused by the Scrappage program in accelerating old-car replacement in order to reduce gas emissions from gasoline passenger cars in Indonesia,
    Asian Journal of Applied Sciences , Vol.6, Iss.6, pp.444-454, 2018.
    LINKHoa Thi Nguyen, Aviso B. Kathleen, Dien Quang Le, Kojima Naoya, Akihiro Tokai:
    A linear programming input–output model for mapping low-carbon scenarios for Vietnam in 2030,
    Sustainable Consumption and Production, Vol.16, pp.134-140, 2018.

    Antoine Francis Obame Nguema, Akihiro Tokai, Ibnu Susanto Joyosemito, Naoya Kojima:
    Occupational Exposure Estimate of Benzene and the Effectiveness of Control Measure in Gabon’s Gasoline Storage and Distribution Facility,
    Asian Journal of Applied Sciences , Vol.6, Iss.6, pp.600-616, 2018.
    Abdi Pratama, Akihiro Tokai, Hoa Thi Nguyen, Kojima Naoya:
    Exploratory study of the idling driving effect on gas emission levels in a traffic jam environment Case Study of Jakarta Metropolitan traffic on gasoline passenger cars,
    Asian Journal of Applied Sciences , Vol.6, Iss.6, pp.403-414, 2018.
    Abdi Pratama, Akihiro Tokai:
    Passenger Vehicle Emissions in Indonesia: Future Projections,
    Journal of Sustainable Development, Vol.11, Iss.6, pp.222-235, 2018.
    Hoa Thi Nguyen, Naoya Kojima, Akihiro Tokai:
    An input–output linear programming model for assessing climate policy considering economic growth,
    Environmental Systems and Decisions, pp.1-15 (Online first).
    Hoa Thi Nguyen, Aviso B. Kathleen, Dien Quang Le, Akihiro Tokai:
    Main Drivers of Carbon Dioxide Emissions in Vietnam Trajectory 2000-2011: An Input-Output Structural Decomposition Analysis,
    Journal of Sustainable Development, Vol.11, Iss.4, pp.129-147, 2018.
    Leticia dos Muchangos, Mianqiang Xue, Liang Zhou, Naoya Kojima, Takashi Machimura, Akihiro Tokai:
    Flows, stocks, and emissions of DEHP products in Japan,
    Science of The Total Environment, Vol.650, Part 1, pp.1007-1018, 2019.
    Mianqiang Xue, Liang Zhou, Naoya Kojima, Leticia Sarmento dos Muchangos, Takashi Machimura, Akihiro Tokai:
    Application of fuzzy c-means clustering to PRTR chemicals uncovering their release and toxicity characteristics,
    Science of Total Environment , Vol.622-623, pp.861-868, 2018.
    Hoa Nguyen, Kathleen B. Aviso, Naoya Kojima, Akihiro Tokai:
    Structural analysis of the interrelationship between economic activities and water pollution in Vietnam in the period of 2000–2011,
    Clean Technologies and Environmental Policy , 20(3), pp.621-638, 2018.

    2017

    Maiko Ebisudani, Sayaka Kihimoto, Haruko Yamaguchi, Toyohiko Nakakubo, Akihiro Tokai:
    An Integrated Measurement Framework of City Resilience for Preparedness: A Case Study for Japan,
    Journal of Sustainable Development , 10(6), 106-13, 2017.
    LINK
    小島直也, Xue Mianqiang, 町村尚, Zhou Liang, 東海明宏:
    接着剤と合板のマクロなマテリアル・フロー分析に基づく室内ホルムアルデヒド濃度評価手法の構築と規制影響に関する考察,
    土木学会論文集 G (環境), 73(6), II_309-II_319, 2017/10.
    LINK
    Yuki Shiga, Haruko Yamaguchi, Tokai Akihiro:
    Estimating the probability of exceeding the maximum residue limit for Japanese tea using a crop residue model,
    Journal of Pesticide Science, 42(2), 32-38, 2017/4.
    LINK
    Xue Mianqiang, Kojima Naoya, Liang Zhou , Machimura Takashi, Tokai Akihiro:
    Flow, stock, and impact assessment of refrigerants in the Japanese household air conditioner sector,
    Science of The Total Environment, 586, 1308-1315, 2017/5.
    LINK
    Xue Mianqiang, Zhou Liang, Kojima Naoya, Machimura Takashi, Tokai Akihiro:
    Decabromodiphenyl Ether (DecaBDE) in Electrical and Electronic Equipment in Japan: Stock, Emission, and Substitution Evaluation,
    Environmental Science and Technology, 51(22), 13224-13230, 2017/10.
    LINK
    Mianqiang Xue, Liang Zhou, Naoya Kojima, Leticia Sarmento dos Muchangos, Takashi Machimura, Akihiro Tokai:
    Application of fuzzy c-means clustering to PRTR chemicals uncovering their release and toxicity characteristics,
    Science of Total Environment, Vol.622-623, pp.861-868, 2018/5.
    LINK
    Leticia Sarmento dos Muchangos, Tokai Akihiro, Hanashima Atsuko:
    Stakeholder analysis and social network analysis to evaluate the stakeholders of a MSWM system – A pilot study of Maputo City,
    Environmental Development, (Online First).
    LINK
    Ibnu Susanto Joyosemito, Tokai Akihiro:
    A Modeling Approach to Investigate Greenhouse Gas Emissions in the Indonesian Palm Oil Industrial Sector,
    Journal of Sustainable Energy and Environment, (Online First).
    Xue Mianqiang, Zhou Liang, Kojima Naoya, Machimura Takashi, Tokai Akihiro:
    Decabromodiphenyl Ether (DecaBDE) in Electrical and Electronic Equipment in Japan: Stock, Emission, and Substitution Evaluation,
    Environmental Science and Technology, 51(22), 13224-13230, 2017/10.
    LINK
    Dos Muchangos LS, Tokai A, Hanashima A:
    Data uncertainties in material flow analysis: Municipal solid waste management system in Maputo City, Mozambique,
    Waste Management & Research, Vol.35, Iss.1, pp.120-125, 2017.
    LINK
    中久保豊彦, 多田悠人, 東海明宏:
    地震に伴うPRTR対象物質の流出による浄水場機能への影響評価とその対策効果分析,
    日本リスク研究学会誌, 26(3), 131-140, 2017/2.
    Xue Mianqiang, Kojima Naoya, Liang Zhou , Machimura Takashi, Tokai Akihiro:
    Dynamic analysis of global warming impact of the household refrigerator sector in Japan from 1952 to 2030,
    Journal of Cleaner Production, 145, 172-179, 2017/3.
    LINK
    Robert G. D. Macnee, Tokai Akihiro:
    The development of a method to determine the burden of climate change on different health outcomes at a local scale: a case study in Osaka Prefecture, Japan,
    Environmental Systems and Decisions, 37(3), 309-319, 2017/3.
    LINK
    Leticia Sarmento dos Muchangos, Tokai Akihiro, Hanashima Atsuko:
    Application of material flow analysis to municipal solid waste in Maputo City, Mozambique,
    Waste Management & Research, 35(3), 120-125, 2017/3.

    2016

    中久保豊彦, 多田悠人, 東海明宏:
    地震に伴うPRTR対象物質の流出による浄水場機能への影響評価とその対策効果分析,
    日本リスク研究学会誌, 26(3), 131-140, 2016/12.
    LINK
    小島直也, 東海明宏:
    製品ライフサイクルを通して見た自動車由来の環境リスクへの気付きに関する調査研究,
    日本リスク研究学会誌, 26(1), 23-30, 2016/7.
    Robert G. D. Macnee, Tokai Akihiro:
    Heat wave vulnerability and exposure mapping for Osaka City, Japan,
    Environmental Systems and Decisions, 36(4), 368-376, 2016/12.
    Kojima Naoya, Tokai Akihiro, Nakakubo Toyohiko, Yusuke Nagata:
    Policy evaluation of vehicle exhaust standards in Japan from 1995 to 2005 based on two human health risk indices for air pollution and global warming,
    Environmental Systems and Decisions, 36(3), 229-238, 2016/9.
    Maiko Ebisudani, Tokai Akihiro:
    Application of Risk Perception Theory to Develop a Measurement Framework for City Resilience: Case Study of Suita, Japan,
    Journal of Sustainable Development, 9(5), 33-42, 2016/9.
    Ibnu Susanto Joyosemito, Tokai Akihiro:
    A Modeling Approach to Study the Pesticide Dynamics to Reduce Pesticide Residues in Japanese Green Tea,
    Journal of Engineering in Agriculture, Environment and Food, 9(4), 311-323, 2016/10.
    Muhammad Azmi, Tokai Akihiro:
    System dynamic modeling of CO2 emissions and pollutants from passenger cars in Malaysia, 2040,
    Environmental Systems and Decisions, 36(4), 335-350, 2016/10.
    Masuhara Naoki, Baba Kenshi, Tokai Akihiro:
    Clarifying relationships between participatory approaches, issues, processes, and results, through crosscutting case analysis in Japan’s environmental, energy, and food policy areas,
    Environmental Systems and Decisions, 36(4), 421-437, 2016/11.
    増原直樹:
    市区町村の環境政策分野における「計画の蔟生」現象の解明,
    環境情報科学 学術研究論文集 , 30, 19-24, 2016/11.
    Muhammad Azmi, Tokai Akihiro:
    Enrivonmental Risk Trade-off for New Generation Vehicle Production: Malaysia Case,
    Journal of Sustainable Development, 9(6), 132-145, 2016/12.
    Robert G. D. Macnee, 東海明宏, KIM Ok-Yeon:
    韓国と日本におけるマラリアによるリスクの比較分析:現況と気候変動下での将来健康リスク,
    日本リスク研究学会誌, 25(4), 189-198, 2016/2.

    2015

    Leticia Sarmento dos Muchangos, Tokai Akihiro, Hanashima Atsuko:
    Application of the Delphi Method to the Identification of Barriers to a Waste Management Policy in Maputo City, Mozambique,
    Journal of Sustainable Development, 8(6), 146-157, 2015/5.
    Leticia Sarmento dos Muchangos, Tokai Akihiro, Hanashima Atsuko:
    Analyzing the structure of barriers to municipal solid waste management policy planning in Maputo city, Mozambique,
    Environmental Development, 16, 76-89, 2015/7.
    伊川純慶, 中久保豊彦,東海明宏:
    レジリエンス特性を踏まえた災害廃棄物(可燃系廃棄物)処理の対策効果分析 -近畿圏における広域連携を対象として-,
    土木学会論文集G(環境), 71(6), Ⅱ_253-Ⅱ_262, 2015/10.
    「環境システム優秀論文賞」を受賞
    中久保豊彦, 東海明宏:
    ライフライン分野におけるレジリエンス定量評価方法の類型化に関する研究,
    土木学会論文集F6(安全問題), 71(1), Ⅰ_33-Ⅰ_40, 2015/11.
    小島直也, 東海明宏, 中久保豊彦:
    交通・発電部門における大気汚染影響を考慮した次世代自動車の普及によるリスク移転影響評価モデルの構築及びNOXを対象としたケーススタディ ,
    日本リスク研究学会誌, 25(3), 131-138, 2015/12.

    2014

    Le Hoang Anh, Tokai Akihiro, Nakakubo Toyohiko:
    Applying Value of Information Methods to Prioritize Elements for Water Quality Management with an Example of Linear Alkylbenzene Sulfonate in the Yodo River, Japan,
    Environmental Systems and Decision, 34(1), 110-123, 2014/4.
    Tokai Akihiro, Kojima Naoya:
    Risk communication in chemical sector in connection to the role of risk assessment,
    Journal of disaster research, 9(SP), 603-607, 2014/9.

    2013

    Nakakubo Toyohiko, Tokai Akihiro,Ohno Koichi :
    Comparative assessment of technological systems for recycling sludge and food waste aimed at greenhouse gas emissions reduction and phosphorus recovery,
    Journal of Cleaner Production, 32, 157-172, 2012/4.
    Le Hoang Anh, 東海明宏, 山本祐吾:
    ベトナムの経済的な活動と水質汚染の関係の構造解析,
    水文・水資源学会誌, 25(3), 139-151, 2012/5.
    中久保豊彦, 東海明宏,大野浩一:
    下水処理場とごみ焼却場の連携を軸とした静脈系社会資本更新計画の立案と評価,
    土木学会論文集G(環境), 68(2), 152-171, 2012/6.
    Nakakubo Toyohiko, Tokai Akihiro, Ohno Koichi:
    Comparative assessment of technological systems for recycling sludge and food waste aimed at greenhouse gas emissions reduction and phosphorus recovery,
    Journal of Cleaner Production, 32, 152-172, 2012/9.

    2012

    渡辺真也, 中久保豊彦, 東海明宏, 山本祐吾:
    産業界による自主的な化学物質管理を支援するリスク評価手法の構築:テレビ筺体に含有される難燃剤を対象としたケーススタディ,
    日本リスク研究学会誌, 21(4), 285-294, 2012/2.
    前田秀人, 中久保豊彦,東海明宏:
    低炭素都市の実現に向けた都市計画と省エネルギー計画の統合マネジメントモデルの開発,
    土木学会論文集G(環境), 36(1), 21-38, 2012/3.
    白井信雄, 正岡克,大野浩一,東海明宏:
    住宅用太陽光発電の設置者特性と設置規定要因の分析,
    エネルギー・資源学会論文誌, 33(2), 1-9, 2012/3.
    白井信雄, 樋口一清,東海明宏:
    飯田市民の環境配慮意識・行動の形成要因-環境施策等と社会関係資本に注目して,
    土木学会論文集G(環境), 67(6), Ⅱ_19-Ⅱ_28, 2012/3.
    Nakakubo Toyohiko, Tokai Akihiro,Ohno Koichi :
    Comparative assessment of technological systems for recycling sludge and food waste aimed at greenhouse gas emissions reduction and phosphorus recovery,
    Journal of Cleaner Production, 32, 157-172, 2012/4.
    Le Hoang Anh, 東海明宏, 山本祐吾:
    ベトナムの経済的な活動と水質汚染の関係の構造解析,
    水文・水資源学会誌, 25(3), 139-151, 2012/5.
    中久保豊彦, 東海明宏,大野浩一:
    下水処理場とごみ焼却場の連携を軸とした静脈系社会資本更新計画の立案と評価,
    土木学会論文集G(環境), 68(2), 152-171, 2012/6.
    Nakakubo Toyohiko, Tokai Akihiro, Ohno Koichi:
    Comparative assessment of technological systems for recycling sludge and food waste aimed at greenhouse gas emissions reduction and phosphorus recovery,
    Journal of Cleaner Production, 32, 152-172, 2012/9.

    更新中

    Updating

    2019

    4月

    Antoine Francis OBAME NGUEMA Occupational Health Risk Assessment on Benzene Exposure at Gasoline Storage and Distribution Facility in Developing Countries
    (発展途上国のガソリン貯蔵・流通施設におけるベンゼン曝露に関する労働衛生リスクアセスメント)

    3月

    Abdi Pratama Study of emission control for passenger car in Indonesia through environmental impact evaluation
    (インドネシアにおける乗用車排ガス規制の環境影響評価)

    2018

    10月

    NGUYEN HOA THI Input-output analysis for sustainable economicenvironmental system management in Vietnam
    (ベトナムにおける持続可能な経済―環境システムの管理に向けた産業連関分析の応用)

    2月

    戎谷 舞子 Application of an Integrated Measurement Framework for City Resilience through the Consideration of Multiple Risks.
    (マルチプルリスクを考慮した都市レジリエンスの実用的評価の枠組みとその応用)

    2017

    2月

    DOS MUCHANGOS, Leticia Sarmento 低所得途上国における持続可能な一般廃棄物処理システムの開発:モザンビークマプト市を事例として
    Robert Macnee 地域ならびに局所を対象とした気候変動による健康リスクの評価枠組みの開発
    Muhammad bin Azmi システム・ダイナミクス・モデリングを利用したマレーシアにおける乗用車保有に関する環境影響評価と将来計画立案
    増原直樹 地域環境政策過程における意思決定がパフォーマンスへ与える影響に関する環境政策論からの考察

    2016

    2月

    IBNU SUSANTO 農産物サプライチェインの環境評価:インドネシアのパーム油と日本の緑茶を例にして
    小島直也 トレードオフを考慮した乗用車排ガス由来リスク評価に関する研究

    2014

    3月

    Le Hoang Anh Priority setting of elements required for water quality management in developing conutries

    2013

    3月

    白井信雄 環境イノベーションの普及と地域環境力の形成」の相互作用を高める地域施策の研究~住宅用太陽光発電と長野県飯田市に着目して~

    2012

    3月

    和田 直樹 中国における革新的技術の導入と既存ストックの利活用に基づく資源・エネルギー管理戦略に関する考察
    中久保 豊彦 都市・農村間の物質代謝の改善に向けた静脈系社会資本更新計画の立案と評価に関する研究

    2011

    3月

    Thai Van Nam Establishing an ecolabeling scheme for industrial product categories in developing countries: A case study of Vietnam

    2010

    3月

    Dang Thanh Tu Evaluation of Biomass Resource Utilization Options in Mekong Delta, Vietnam

    2009

    3月

    土屋 智子 原子力技術とその利用に関するリスクコミュニケーションの社会的定着に向けた設計と評価に関する研究
    上田 泰史 サプライチェーンマネジメントによる製品環境負荷低減を行う事業者の対応行動分析に関する研究

    2008

    6月

    Abasolo Emma Payawan Ecosystem Services-Related Quality of Life Analysis in the Urban Areas

    3月

    古武家 善成 陰イオン界面活性剤LASの生態リスク評価とリスク削減効果に関する研究

    2006

    3月

    石川 聡子 住民・市民組織による環境保全・環境教育活動の分析を通じた地域における環境教育評価システムに関する研究
    丹治 三則 自然共生型の流域圏・都市再生を目的としたシナリオ誘導型の施策立案および評価システムの開発に関する研究

    2005

    3月

    Yabar Helmut Sector Based Material Flow Analysis: The Case of the Petrochemical Industry in Japan

    2004

    8月

    岡野 雅通 物質循環を志向する低環境負荷型社会システムの形成を支援する環境・経済統合評価フレームの構築と評価

    6月

    Khaled Mohamed Ahmed El-Lithy Assessment of Environmental Impacts Caused by Suburbanized Activities Growth in Basin Regions

    3月

    Sergio Jofre Eco-Evolution: An Evolutionary-Oriented Strategy for Sustainable Product Development
    今堀 洋子 サービス・ループに着眼した循環を基調とする社会システムに関する研究
    山本 祐吾 環境効率を高める汎用機械の製品連鎖マネジメントに関する研究

    2003

    12月

    矢野 昌彦 環境と経済の両立に向けた事業所の環境マネジメントの発展段階に関する研究

    3月

    岡寺 智大 環境負荷の排出と産業連関に着目した流域管理に関する研究

    2002

    3月

    藤村 宏幸 循環社会を築くためのゼロエミッション技術の開発に関する研究
    村野 昭人 都市構造物を対象とする製品連鎖マネジメントのシステム構築とその評価

    2001

    9月

    田口 誠 環境計画システムにおける需要顕在化の手段としての表面選考法に関する研究

    2000

    3月

    李 承恩 都市域における指標生物を用いた生息空間の定量的評価及びエコロジカルネットワークの計画に関する研究
    後藤 忍 都市域における指標生物の生態ネットワークの評価モデルと計画システムに関する研究

    更新中

    Updating

    更新中

    Updating

    2018年

    修士論文

    伊香 慶彦 農薬の残留特性を考慮した自己組織化マップによる作物分類手法の提案
    杉之尾 大介 土地利用計画との連携を通じた化学物質管理
    曽我部 隆幸 高感受性集団における室内アレルゲン曝露と喘息の用量反応分析
    田渕 裕也 南海トラフ地震による浮き屋根式タンクからの揮発性化学物質流出を想定した急性曝露評価
    藤岡 勝之 要因分解分析とDALYsを用いたPRTR対象化学物質の健康リスク変化要因の考察
    堀本 祥平 リスク評価手法改善に向けた有害性及び排出・暴露特性に基づく化学物質類似度測定
    許 佳捷 ゲーム・モデルによる公式・非公式チャネルを考慮した中国のリサイクルへの補助金政策の評価

     

    卒業論文

    岡﨑 祐樹 農薬の残留特性を考慮した自己組織化マップによる作物分類手法の提案
    濱本 翔吾 土地利用計画との連携を通じた化学物質管理
    平井 宏明 >高感受性集団における室内アレルゲン曝露と喘息の用量反応分析
    福岡 春菜 南海トラフ地震による浮き屋根式タンクからの揮発性化学物質流出を想定した急性曝露評価
    山田 湧也 要因分解分析とDALYsを用いたPRTR対象化学物質の健康リスク変化要因の考察
    矢谷 元春 リスク評価手法改善に向けた有害性及び排出・暴露特性に基づく化学物質類似度測定

     

    2017年

    修士論文

    河合 巧真 難燃剤アンチモンの製品使用・廃棄段階における将来大気中暴露濃度推計
    北市 恭奨 蛍光管の適正回収および水銀排出抑制に資する市民意識評価と回収強化システムの構築
    佐藤 尚機 QPPR-PBPKモデルによるヒト体内動態調整係数 (HKAF) の簡易的評価
    住田 敬太 国際化と気候変動を考慮したデング熱感染リスクの評価
    豊田 真弘
    地震災害に備えた化学物質取扱事業所における流出防護策の普及に向けた評価:淀川流域を対象としたケーススタディ
    吉増 純弥
    ヒト健康・エネルギー消費低減の観点からみた最適なLED照明の代替行動・使用行動に関する考察
    KONARA MUDIYANSELAGE GAYANI K. Evaluation and future policy scenarios for sustainable energy metabolic system in Sri Lanka

     

    卒業論文

    上林 建貴 食品ロスの発生抑制効果分析:吹田市におけるGHG削減量を対象として
    高橋 宏輔 化学物質適正管理のための化学物質分類とリスク評価優先順位付与
    高橋 直也 技術・社会シナリオにもとづく次世代自動車の最適車種構成の提案
    程 藍 可処分時間の余剰を投入した農的活動による影響評価―LCCO2と土地の有効利用の観点から―
    中塚 雄太 リスクトレードオフ事例の暴露人口に着目した類型化
    松浦 誠 電力システムとの相互作用に着目した浄水場における自家発電機導入の優先度評価

    2016年

    修士論文

    阪本 悠佑 産業廃棄物最終処分場に対する意見書のテキストマイニングによる市民の情報ニーズ抽出
    志賀 優貴 作物残留モデルを用いた国内農産物における残留農薬基準値超過確率の評価
    轟 晃成 一般化された製品普及モデルを組み込んだマテリアルフロー・ストック由来化学物質のリスク評価方法の開発
    眞鍋 優作 農作物中農薬残留試験の効率化を目的とした残留農薬特性を考慮したSOM による作物分類
    Ibrahim Ghazi Analysis of Energy Recovery Contribution from Palm Oil Wastes to the Energy Mix of Indonesia and GHG Emission Reduction: A Case Study of Riau Province

     

    卒業論文

    伊香 慶彦 農薬登録合理化に向けた農作物分類手法の検討
    杉之尾 大介 定量的基準を用いた土地利用計画によるリスク管理-ドライクリーニング店から排出されるPCE を例に-
    曽我部 隆幸 曝露量を考慮したアレルギーの発症因子解析 ー喘息を対象にして―
    田渕 裕也 地震災害を想定した化学物質流出による配水システムおよび産業への影響評価
    藤岡 勝之 DALYs を用いたリスク評価手法に利用可能な有害性指標種の拡大と不確実性の考察
    堀本 祥平 リスク評価手法改善に向けた有害性及び曝露特性に基づく化学物質分類
    下垣内 秀行 DEHPを対象としたフロー・ストック解析によるライフサイクルマスバランス評価

     

    2015年

    修士論文

    赤坂 直人 気候変動適応策の支援に向けたヒト健康影響のDALY換算評価:ベトナムにおける下痢症を対象として
    柴谷 一平 溶剤系塗料から水系塗料への代替に伴うリスクトレードオフ解析
    多田 悠人 地震災害を想定した化学物質流出による浄水場の給水機能への影響評価:淀川水系のレジリエンスに着目して
    畑田 智彦 化審法スクリ-ニング評価への多媒体環境動態モデルの適用によるフォ-ルズネガティブの定量的指標の開発
    本地 祐也 自動車へのCFRP導入にともなうリスクトレードオフ解析
    藪口 京介 静脈系インフラ連携によるバイオガス回収計画の立案と評価:兵庫県農村域を対象として
    名前7 題名7

     

    卒業論文

    河合 巧真 自動車由来の大気中アンチモン曝露濃度推移の推定とリスク評価
    北市 恭奨 水銀含有廃製品の回収システム強化による水銀の排出抑制効果の推定
    佐藤 尚機 化学物質の精緻なリスク評価のための年齢別体内動態推定モデルの開発
    住田 敬太 果樹を対象とした残留農薬推定モデルの構築:りんごを例にして
    豊田 真弘 水道水質に注目した災害時における化学物質流出対策のプライオリティ評価:淀川水系を対象として
    吉増 純弥 蛍光灯を比較対象としたLED導入によるヒト健康リスクの評価

    2014年

    修士論文

    伊川 純慶 レジリエンス特性に基づくごみ焼却施設更新計画の立案と評価:近畿圏における広域連携を対象として
    市川 淳也 物質固有調整係数の推定に用いる生理学的薬物動態/作用モデルの不確実性解析:クロルピリホスを対象として
    伊藤 麻人 有機溶剤を対象としたSWEEsによる作業場の混合曝露評価法の開発と検証
    岡崎 貴弘 化審法スクリ-ニング評価への多媒体環境動態モデルの適用によるフォ-ルズネガティブの定量的指標の開発
    菅 洋輔 下水処理施設・ごみ焼却施設間連携での温暖化対策に向けた都市類型と連携効果分析
    三浦 和真 メタアナリシスを用いた車室内におけるPBDEs及び代替物質の暴露濃度分布推定に関する研究
    Duman Kamalebieke An emergy-based comparative study on Xinjiang China and Japan for economic and environmental sustainability during urbanization process

     

    卒業論文

    阪本 悠佑 DEMATEL法を用いた最終処分場における紛争の因果構造解明に関する研究 -管理型産業廃棄物最終処分場を例に-
    志賀 優貴 日本茶の輸出促進を支援するための確率論的農薬残留評価モデルの開発
    玉井 裕之 日本全土を対象としたトリクロロエチレンの暴露評価
    轟 晃成 多属性効用関数法を用いたバイオ燃料導入政策の評価

    2013年

    修士論文

     

    卒業論文

    2012年

    修士論文

     

    卒業論文

    2011年

    修士論文

     

    卒業論文

Copyright(c) 2013 osaka univ tokai. All Rights Reserved.