読み上げブラウザ用メニュー

環エネTOPICS

研究 の記事一覧

2014年4月1日
研究

福島県内での実土壌・建材を用いた除染実験(量子線生体材料工学領域)

「セシウムの動態解析に基づく除染シナリオの構築と磁気力制御型除染法の開発」(H25-26環境省環境研究総合推進費(問題対応型 行政推薦課題 代表:秋山庸子准教授)委託事業では,福島大学,新潟大学と協力…

2014年4月1日
研究

自己組織化ナノ構造を有するシリコン系熱電材料(環境エネルギー材料工学領域)

環境エネルギー材料工学領域では、廃熱を直接電気エネルギーに変換できる熱電変換材料の研究に取り組んでいます。熱電変換は素子に可動部分がないため摩耗せず、信頼性が高く小型化が容易であるといった特徴を有して…

2014年4月1日
研究

様々な分子を細胞レベルでイメージングするレーザーイオン化質量分析装置の開発(量子ビーム応用工学領域)

物質を質量で分離する質量分析とイメージングを組み合わせて、様々な分子の空間分布を同時に測定する「イメージング質量分析」という手法がバイオ・医療の研究などに用いられるようになってきています。一般的にはレ…

2014年4月1日
研究

がん細胞だけを破壊する! 次世代がん治療のための「ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)装置」開発(量子反応工学領域)

ホウ素中性子捕捉療法(Boron Neutron Capture Therapy、以下「BNCT」)は難治療性のがん治療に革新的な効能を有する腫瘍選択性のある粒子線(放射線)治療の一つです。BNCTは…

2014年4月1日
研究

量子ビーム誘起超高速現象の解明(量子ビーム材料プロセス工学領域)

量子ビーム材料プロセス工学領域では、ナノ極限ナノファブリケーションを実現するために、時間・空間反応解析手法を用いて量子ビーム誘起超高速現象の基礎過程を解明し、量子ビーム誘起反応の制御方法の開発を目指し…

2014年4月1日
研究

国際核融合炉材料照射施設(IFMIF)における液体リチウム表面流に関する研究(システム量子工学領域)

国際核融合炉材料照射施設(International Fusion Material Irradiation Facility, IFMIF)は核融合炉での使用に適した材料を試験するための施設として建…

2014年4月1日
研究

原子炉運転実習(原子力社会工学領域)

京都大学原子炉実験所の臨界集合体装置を使用した原子炉実習をほぼ毎年実施しています。実習ではウラン燃料板を用いて集合体を組み立て、炉心に装荷し、安全に臨界とする方法や制御棒による核分裂連鎖反応の制御性能…

2014年4月1日
研究

原子力工学「導電性混相流体の熱輸送と動力学」(量子エネルギー基礎工学領域)

従来より導電性の高効率熱伝達媒質である液体金属は,重要な機能材料として注目されており,高速炉の冷却材として利用されています。当研究室では,人間の目には美しい鏡面に見える液体ナトリウムが真空紫外の波長を…

2014年4月1日
研究

核融合研究「乱流揺動と運動量・エネルギー輸送」(量子エネルギー基礎工学領域)

次世代のエネルギー源として期待されている核融合の研究は,欧州で建設が進んでいるITER(国際熱核融合炉)の核燃焼プラズマ実験で工学的成立性を検証する段階にあります。しかしながら,炉心プラズマ性能に顕著…

1 2