読み上げブラウザ用メニュー

環エネTOPICS

2016年8月18日
イベント

市民小フォーラム 「知りたいこと、伝えたいこと〜放射線被ばく影響の科学的考え方〜」のご案内

【開催趣旨】

「科学の信頼を取り戻すこと」、これが今回の福島事故の課題です科学への信頼失墜は、人類 の歴史に長く影響するでしょう。そんな思いから私たちは、科学者・市民・福島県外避難者、学生が一緒になって放射線の影響についての知識を、噂では なく、事実に基づいて調べてみようと 勉強会を始めました。その成果として5年がかりで出来上がったのが「放射線 必須データ32」 です。世界初といってもいいこの共同作業を通じて完成したこの本を手掛かりに、これからさら にたくさんの「分かりたい」と思っている方々と議論し、知識を共有していきたいと願っています。
その第1弾として、この活動を始めるにあたって皆さんの率直なご意見や「何が知りたい か」など意見交換を行いたいと以下のような企画を立てました。放射線の影響について様々な立場から、意見を交換し今後の活動につなげていきたいと希望 しています。これからみんなと手を つないで頑張ります! みなさんのご参加を心からお待ちしています。

【プログラム】

I.講演会 15:00-16:00 司会者:中島裕夫 (大阪大学助教)

1.初めの挨拶

嶋田一義(科学技術振興機構科学コミュニケーションセンター 調査役)
中野貴志(大阪大学核物理研究センターセンター長)15:00-15:05

2.「市民と科学者を結ぶ放射線コミュニケーションのネットワーク基盤構築」の趣旨と目的

坂東昌子(NPOあいんしゅたいん理事長) 15:05-15:25

3.「だれに、なにを届けるのか」

小出重幸(ジャーナリスト) 15:25-15:35

4.「今、知りたいこと、当時知りたかったこと」

佐藤勝十志(東日本大震災滋賀県内避難者の会世話人代表)
西本由美子(NPO法人ハッピーロードネット理事)15:35-15:45

5.コメント

「今知りたいこと、当時知りたかったこと」
土田理恵子(「放射線必須データ32」ファシリテーター) 15:45-15:50

「『放射線必須データ32:被ばく影響の根拠』では不十分なこと」
角山雄一(「放射線必須データ32」編集委員) 15:50-15:55

II.会場との意見交換会 16:00-17:00 司会者:角山雄一(京都大学助教)

会場から意見を募り、講演者や著者を交えて議論します。

日時:2016年8月28日(日曜日)15時~17時
場所:大阪大学中之島センター10階佐治敬三メモリアルホール
参加費:無料(ただし、懇親会参加の場合は3000円)
対象:放射線について科学的に理解したい方

*17時半から9F交流サロン「サロン・ド・ラミカル」にで意見交換会を実施します(会費3000円)。
*ご来場ご希望の方は下記フォームよりお申し込みください。お申し込みフォーム

HP:http://networkofcs.xsrv.jp/citizenforum.html

なお、上記フォーラムの担当者は真鍋勇一郎助教です。