読み上げブラウザ用メニュー

環エネTOPICS

2015年10月30日
受賞・報道・出版

五箇山合掌造り集落 世界遺産登録20周年記念 五箇山合掌造り集落 村上家3DCGムービーが完成しました(環境設計情報学領域 福田知弘 准教授)

五箇山合掌造り集落富山県から岐阜県にまたがる、五箇山・白川郷の合掌造り集落が世界遺産に登録されて今年は20周年。その流れを受けて、富山県南砺市と一般財団法人 最先端表現技術利用推進協会は連携して、世界文化遺産「五箇山合掌造り」を核とした「3DVRアーカイブス」(三次元仮想現実空間における記録の保存活用)構築に着手しています。本事業において、最先端技術との融合により、五箇山の価値の高い文化資産の継承や普及、啓蒙を目的としています。

今回はその第一弾として、国指定重要文化財である「村上家」の3DCGムービーを制作し、10月30日に開催される「五箇山合掌造り世界遺産登録20周年記念式典」の会場にて公開しました。当専攻 共生環境デザイン学講座 環境設計情報学領域の福田知弘准教授が監修を務めました。

このムービーは、豪雪地域の自然の中で生活するための合掌造りの構造や、そこで暮らす人々の独特の風習や生活の知恵などが、手に取るようにわかるように再現したもので、ホームページ等でも一般公開します。さらに、観光、学校教育、地域振興においても活用していく予定です。今後、このムービーで使用した3DCGデータを様々な形で活用し、「南砺3DVRアーカイブス」の構築を目指していきます。