読み上げブラウザ用メニュー

環エネTOPICS

2018年6月22日
受賞・報道・出版

平成30年度 土木学会関西支部 年次学術講演会 優秀発表賞 第Ⅵ部門 受賞(環境設計情報学領域 博士前期課程1年 阪本由佳子さん)

2018年6月16日(土)に神戸大学で開催された、平成30年度土木学会関西支部年次学術講演会において、環境設計情報学領域(矢吹研究室) 博士前期課程1年の阪本由佳子さんが「優秀発表賞 第Ⅵ部門」の表彰を受けました。受賞した論文のタイトルは「一様表面構造物のSfMによる3Dモデリングおよび局所画像の探索に関する研究」でした。

土木構造物の維持管理の各段階において、多くの写真が撮られます。その中で、トンネルの壁やタイルなどの一様な表面の構造物では、局所的な写真だけでは現場が特定しにくいような画像が増えてきています。

阪本さんの研究では、3Dモデルに局所画像の位置を表示するシステムの開発を目的とし、SfM(Structure from Motion)を用いて写真から3Dモデルを作成し、AKAZE特徴量を用いた画像マッチングにより同定した写真位置を3Dモデルに表示するシステムの開発を行いました。