読み上げブラウザ用メニュー

環エネTOPICS

2018年7月24日
受賞・報道・出版

平成30年度優秀ポスター賞を受賞(量子線生体材料工学領域 博士後期課程1年・桐村 誠さん)

2018年7月14日に関西大学-千里山キャンパス-で開催された、第36回 関西界面科学セミナーにおいて、量子線生体材料工学領域(秋山研究室)博士後期課程1年 桐村 誠さんがポスター発表で優秀賞を受賞しました。

発表タイトルは「磁気力制御による新生血管閉塞療法に関する基礎的研究」です。本研究では、体内に投与した強磁性粒子を新生血管内に集積・凝集させることでがんの治療を行う、新生血管閉塞療法を提案しました。新生血管とは栄養と酸素の供給のためにがん組織が形成する血管であり、本手法では新生血管を強磁性粒子で閉塞させることでがん組織を壊死させることを目指しています。今後は、粒子を体内深部の新生血管に集積させるための回転磁場の設計を行う予定です。