読み上げブラウザ用メニュー

環エネTOPICS

2019年11月24日
教員・研究者

吉田 陽一 教授

教員紹介

氏名 吉田 陽一
職名 教授
学位 博士(工学)
領域 ナノ量子ビーム研究部門 量子ビーム材料プロセス工学領域
HP

 

フェムト秒・アト秒パルスラジオリシスの開発と超短パルス電子ビーム応用

新規な量子ビーム材料プロセスを実現するために、量子ビームが材料中に誘起する物理化学過程の解明を目指している。解明のためのツールとして、世界最高時間分解能を有するフェムト秒・アト秒パルスラジオリシスシステムを開発している。フェムト秒・アト秒の時間分解能を実現するために、フェムト秒・アト秒電子線パルスの発生方法、および、計測方法の研究・開発を行っている。また、これらアト秒高密度電子線パルスが誘起する新奇現象を探索している。また、超短パルス電子ビーム発生技術を電子顕微鏡・電子線回折装置に応用することにより、放射線化学、加速器科学、電子顕微鏡学の学際領域で新しい展開を目指している。

論文リスト

  1. J. Yang et al., Nucl. Instrum. Meth. Phys. Res. A 637, S24 (2011).
  2. T. Kondoh et al., Radiat. Phys. Chem. 84, 30 (2013).
  3. T. Toigawa et al., Radiat. Phys. Chem. 123, 73 (2016).