読み上げブラウザ用メニュー

環エネTOPICS

2019年11月24日
教員・研究者

楊 金峰 准教授

教員紹介

氏名 楊 金峰
職名 准教授
学位 博士(理学)
領域 ナノ量子ビーム研究部門 量子ビーム材料プロセス工学領域
HP

フェムト秒超高速電子顕微鏡に関する研究

フェムト秒時間領域での原子や分子レベルの超高速構造ダイナミクスの観察は、物質科学研究者の長年の夢であり、新しい物質の創製・機能の発見に重要な役割を果たす。本研究では、最先端の高周波加速器技術を利用した時間的に100フェムト秒(fs)、空間的に1オングストローム(Å)の分解能を有する「超高速電子顕微鏡」を世界に先駆けて開発し、実用化する。

それを用いて、光励起で発生する超高速構造相転移過程や新規秩序形成過程、分子化学反応、生体物質構造変化などの素過程をフェムト秒時間分解・原子レベルで直接的に測定し、構造ダイナミクスや反応機構を明らかにすると共に、物質科学の新展開を切り拓く。

Ultrafast electron microscopy with relativistic femtosecond electron pulses

論文リスト

  1. Yang, Y. Yoshida, H. Yasuda, “Ultrafast electron microscopy with relativistic femtosecond electron pulses”, Microscopy, 67, 291-295(2018).
  2. Yang, Y. Yoshida, ”Relativistic ultrafast electron microscopy: single-shot diffraction imaging with femtosecond electron pulses”, Advances in Condensed Matter Physics, 2019, 9739241(2019).
  3. Yang, K. Gen, N. Naruse, S. Sakakihara, Y. Yoshida, ”A compact ultrafast electron diffractometer with relativistic femtosecond electron pulses”, Quantum Beam Science, 2020, 4, 4(2020).
  4. 著書 Yang, «Femtosecond Imaging», InTechOpen, 2020, Online ISBN 978-1-83880-052-9.
  5. 著書 Yang, Chapter 1: “Ultrafast electron microscopy with relativistic femtosecond electron pulses”, in «Electron Microscopy – Novel Microscopy Trends» edited by M. Arita, N. Sakaguchi, InTechOpen, 2019, Print ISBN 978-1-83881-882-1, Online ISBN 978-1-83881-883-8.