読み上げブラウザ用メニュー

環エネTOPICS

2019年11月14日
教員・研究者

藤井 俊行 教授

教員紹介

氏名 藤井 俊行
職名 教授
学位 博士(工学)
領域 量子エネルギー工学講座 量子システム化学工学領域
領域HP

 

バックエンド化学研究

エネルギーサイクルにおける燃料や廃棄物の処理・処分(バックエンド)に関わる基礎化学を研究しています。無機・有機溶液、濃厚電解質溶液、融解塩や溶融塩、液体金属、自然環境等の様々な液体系において、レアメタル、レアアース(ランタノイド)、アクチノイド、等の元素が示す化学的挙動を、分光分析、クロマトグラフィー、質量分析、放射化学的手法等を用いて調査することで、その反応メカニズムを解明し、先進的な分離精製法に展開することを目指しています。

同位体化学研究

化学交換系における同位体置換反応に着目した二相分配やクロマトグラフィー実験を行い、精密に同位体組成の変化を分析し、同位体分別を研究しています。多段反応系を導入した際の工学的な同位体濃縮効率を解析して性能評価を行い、安価で高効率な濃縮系を探求しています。さらに、量子化学計算により同位体分別を定量的に解析し、環境中における同位体比の偏位や生体内における同位体濃縮等のメカニズムを解き明かしていきたいと考えています。

論文・著書リスト

  1. Yuji Shibahara, Takumi Kubota, Toshiyuki Fujii, Satoshi Fukutani, Koichi Takamiya, Mitsuyuki Konno, Satoshi Mizuno, and Hajimu Yamana, Determination of isotopic ratios of plutonium and uranium in soil samples by thermal ionization mass spectrometry, J. Radioanal. Nucl. Chem., 307(3), 2281-2287 (2016).
  2. Toshiyuki Fujii, Emily A. Pringle, Marc Chaussidon, and Frédéric Moynier, Isotope fractionation of Si in protonation/deprotonation reaction of silicic acid. A new pH proxy, Geochim. Cosmochim. Acta, 168, 193-205 (2015).
  3. Toshiyuki Fujii, Akihiro Uehara, Yoshihiro Kitatsuji, and Hajimu Yamana, Theoretical and experimental study of the vibrational frequencies of UO22+ and NpO22+ in highly concentrated chloride solutions, J. Radioanal. Nucl. Chem., 303(1), 1015-1020 (2015).
  4. Hideo Harada, Osamu Iwamoto, Nobuyuki Iwamoto, Atsushi Kimura, Kazushi Terada, Taro Nakao, Shoji Nakamura, Kazuhito Mizuyama, Masayuki Igashira, Tatsuya Katabuchi, Tadafumi Sano, Yoshiyuki Takahashi, Koichi Takamiya, Cheol Ho Pyeon, Satoshi Fukutani, Toshiyuki Fujii, Jun-Ichi Hori, Takahiro Yagi, and Hiroshi Yashima, Accuracy improvement of neutron nuclear data on minor actinides, EPJ Web of Conferences, 93, 06001(5 pages) (2015).
  5. Toshiyuki Fujii, Frédéric Moynier, Janne Blichert-Toft, and Francis Albarède, Density functional theory estimation of isotope fractionation of Fe, Ni, Cu, and Zn among species relevant to geochemical and biological environments, Geochim. Cosmochim. Acta, 140, 553-576 (2014).