読み上げブラウザ用メニュー

環エネTOPICS

2019年11月21日
教員・研究者

松本 邦彦 助教

教員紹介

氏名 松本 邦彦
職名 助教
学位 博士(工学)
領域 共生環境デザイン学講座 都市環境デザイン学領域
領域HP

 

 

地域資源(歴史・文化・自然など)を活かしたまちづくり

普段自分たちが暮らしている地域について、じっくりと考えたことはありますか?東京や大阪のような大都市、京都や奈良のような観光地だけではなく、どの町にもそのまち特有の魅力があり、課題があります。地域の自然環境や社会環境(コミュニティや慣習)に影響を受けて家の建て方、まちの構造、景観などの地域の個性が育まれ、さらに産業や伝統・文化などの無形の要素も含めて地域固有の魅力を生んでいます。

しかし、生活様式の多様化や担い手不足などの要因で、その継承が危うくなっているものもあります。そのため私は、このような地域資源の価値を評価し、さらに将来にわたって保存活用するために必要な仕組みやルールなどを研究しています。また実際に地域の魅力を探るためのワークショップやツアーイベントも行っています。

文化的景観の保存および活用

文化的景観とは2004年の文化財保護法改正に伴い新たに生まれた、地域の景観そのものを文化財として保護する制度です。棚田や草地などが対象となっており、景観の美しさだけではなく、地域の暮らしや生業(産業)と密接に関わりながら、長い年月をかけて培われてきたシステムを含めたものが評価されます。そのため保全にあたっては、地域の生活や産業、コミュニティの仕組みも併せて考えることが重要になります。

地域の方々が中心となって大切に守りたい価値や作法(システム・ルール)を定め、現代の生活に即した一定のライフスタイルの変化は許容しながらも、景観を保全していくための手法について研究しています。

地域活動など(実際のまちづくりの現場を大事にしています)

  • 上町台地「オープン台地」
    歴史的・文化的資源の宝庫である大阪市の上町台地一帯の魅力発信を行う、オープン台地実行委員会のメンバーです。
    オープン台地(facebook)
  • いばきたデザインプロジェクト
    大阪府茨木市の北部山間地で、人口流出と農林業従事者の高齢化による、産業や環境保全の課題解決に向けて、茨木市役所ほかと、地域内外のさまざまな人たちが地域に関心を持ち、課題に取り組んでいくことができる「仕組み」をデザインする取り組みを行っています。
    いばきたデザインプロジェクトHP

論文・著書リスト

  1. 店舗へのコンバージョンが歴史的市街地の保全と活性化に与える影響-中国・武漢市タンファリン歴史的街区を事例に-,松本邦彦,澤木昌典,公益社団法人日本都市計画学会都市計画論文集,Vol.52, No.3, pp.1226-1231,2017年10月,学術論文
  2. 重要文化的景観選定後の保存体制における住民活動組織,松本邦彦,坂井亮文,澤木昌典,日本造園学会ランドスケープ研究,Vol. 80, No.5, pp.553-558,2017年04月,学術論文
  3. 歴史的風致維持向上計画における歴史的資源の位置づけに関する研究,松本 邦彦,朴 弘烈,澤木 昌典,日本造園学会 ランドスケープ研究,Vol. 79 No.5 635-640,2016年04月,学術論文
  4. 松本邦彦(分担執筆),小さな空間から都市をプランニングする,日本都市計画学会 都市空間のつくり方研究会編,2019年04月

受賞

  1. 公益社団法人日本造園学会 平成29年度奨励賞(研究論文部門)
  2. 公益社団法人日本都市計画学会 平成21年度論文奨励賞