読み上げブラウザ用メニュー

環エネTOPICS

2019年11月2日
教員・研究者

松井 孝典 助教

教員紹介

氏名 松井 孝典
職名 助教
学位 博士(工学)
領域 共生エネルギーシステム学講座 地球循環共生工学領域
領域HP
兼任:国際連合大学サステイナビリティ高等研究所 客員リサーチフェロー

 

人類は、自らの営みが環境や生態系に多大な影響を与える時代である人新世 (Anthropocene) に入りました。人口爆発とともに霊長類ヒト科の高齢化が全球レベルで進む中、気候変動への適応や生物多様性の復元といった、地球規模の課題への挑戦が求められています。

国際社会では、持続可能な開発目標 (SDGs: Sustainable Development Goals) を主軸として、現在の地球社会の延長線上にない変革 (Transformative Change) に向け、地球社会・地域社会を変革するための介入点と介入策 (Levers and Leverage Points) の模索が続いています。

今後トランスヒューマン技術の開発、地球外人類への移行、技術的特異点 (Singularity) などの破壊的な革新が予測される中、我々はどこへ向かうのか、共に考える旅を始めましょう。

論文・著書リスト

  1. Organizing the Challenges Faced by Municipalities while Formulating Climate Change Adaptation Plans, Iwami, T. Matsui, M. Kimura, K. Baba, and M. Tanaka,Sustainability,12(3) 1203,2020
  2. Local Energy System Design Support using a Renewable Energy Mix Multi-objective Optimization Model and a Co-Creative Optimization Process Renewable Energy,K Hori, J Kim, R Kawase, M Kimura, T Matsui, and T Machimura,Renewable Energy,2019
  3. Spatially Explicit Residential and Working Population Assumptions for Projecting and Assessing Natural Capital and Ecosystem Services in Japan, Matsui, C. Haga, O. Saito, S. Hashimoto,Sustainability Science,23–37,2019
  4. K. Tatebayashi, C. Kamiyama, T. Matsui, O. Saito, T. Machimura: Accounting Shadow Benefits of Non-market Food through Food-Sharing Networks on Hachijo Island, Japan, Sustainability Science, 2019
  5. ネクサス・アプローチに基づいたSDGsの目標・ターゲット・指標間の構造解析,松井孝典,川分絢子,岩見麻子,増原直樹,町村尚,土木学会論文集G(環境), 75, No. 6, pp.II_39-II_47,2019