読み上げブラウザ用メニュー

環エネTOPICS

2019年11月14日
教員・研究者

福田 知弘 准教授

教員紹介

氏名 福田 知弘
職名 准教授
学位 博士(工学)
領域 共生環境デザイン学講座 環境設計情報学領域
領域HP

 

景観・温熱環境検討用AR/MRシステムの開発

主な研究対象は、環境設計工学、空間設計支援、計算機援用建築都市設計、人工現実・拡張現実・複合現実、メディアアーキテクチャです。

現実世界(リアルワールド)に現存しない設計対象モデル(バーチャルモデル)を融合させるAR(Augmented Reality:拡張現実)、MR(Mixed Reality:複合現実)技術を景観検討や温熱環境検討用に開発しています。環境設計による景観や温熱環境の変化を現場でリアルタイムに体験することが可能となります。近年では、現実世界と設計モデルとの関係をより正確に表現するためや、設計前後の環境変化を科学的に把握するために、DR(隠消現実)、AI(人工知能)、ドローン技術との統合を進めています。

 

論文・著書リスト

  1. Yuehan Zhu, Tomohiro Fukuda. Nobuyoshi Yabuki. (2020). Integrating Animated Computational Fluid Dynamics into Mixed Reality for Building Renovation Design, Technologies2020, 8 (1), 4.
    https://www.mdpi.com/2227-7080/8/1/4
  2. Daiki Kido, Tomohiro Fukuda, and Nobuyoshi Yabuki. (2019). Development of a Semantic Segmentation System for Dynamic Occlusion Handling in Mixed Reality for Landscape Simulation, Proceedings of the 37th eCAADe and 23rd SIGraDi Conference – Volume 1, pp. 641-648.
    http://papers.cumincad.org/data/works/att/ecaadesigradi2019_117.pdf
  3. Tomohiro Fukuda, Kazuki Yokoi, Nobuyoshi Yabuki, Ali Motamedi. (2019). An Indoor Thermal Environment Design System for Renovation Using Augmented Reality, Journal of Computational Design and Engineering, 6 (2), 179–188.
    https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S228843001830068X