読み上げブラウザ用メニュー

環エネTOPICS

2019年11月14日
教員・研究者

佐藤 文信 教授

教員紹介

氏名 佐藤 文信
職名 教授
学位 博士(工学)
領域 環境資源・材料学講座 量子線生体材料工学領域
領域HP

 

 

目に見えない放射線を見えるようにする技術

福島原発事故以来、放射線に関するニュースが多く報道されています。その一方で、放射線を利用した”がん治療法”など、新しい技術も開発されています。そもそも、放射線は目に見えないので、その存在を知るためには、工学的な工夫が必要です。この研究では、放射線検出材料を利用した可視化技術を開発し、放射能汚染調査や放射線治療技術に役立てる事を目的としています。右下の写真は、放射線検出材料で作られた手の模型で、オレンジ色の蛍光の強さでどのくらい放射線が当たったかを調べる事が出来ます。

 

 

論文リスト

  1. Sato, T. Hashimoto, S. Tamaki, S. Kusaka, H. Miyamaru, I. Murata; “One-dimensional dose measurement with string-shaped photo-stimulated luminescence detector”, Radiation Measurements 124, pp. 137-140 (2019).
  2. Sato, Y. Toyota, N. Zushi, K. Shimizu, Y. Miyamoto, T. Yamamoto, T. Iida, and I. Murata; “Synthesis and characterization of spherical radiophotoluminescence glass detectors by melting method”, Radiation Measurements 133, pp. 1-6 (2018).
  3. Sato, T. Hashimoto, S. Tamaki, S. Kusaka, H. Miyamaru, I. Murata; “Development of string-shaped radiophotoluminescence dosimeter for high radiation field”, Radiation Measurements 111, pp. 1-5 (2018).
  4. Sato, T. Maekawa, T. Kariba, S. Kusaka, T. Tanaka and I. Murata; “Development of Isotopically Enriched Boron-doped Alumina Dosimeter for Thermal Neutrons”, Radiation Protection Dosimetry 177, pp.475-480 (2017).
  5. Sato, T. Maekawa, T. Sakiyama, N. Zushi, K. Shimizu, Y. Kato, I. Murata, T. Yamamoto, T. Iida; “Development of human hand phantom containing radiophotoluminescence material”, Radiation Measurements 85, pp. 18-25 (2016).