読み上げブラウザ用メニュー

環エネTOPICS

2019年11月21日
教員・研究者

北田 孝典 教授

教員紹介

氏名 北田 孝典
職名 教授
学位 博士(工学)
領域 量子エネルギー工学講座 原子力社会工学領域
領域HP

 

核変換による放射性廃棄物処理

原子炉の運転で発生する使用済燃料には、燃料として再利用できる物質も多く含まれているが放射性廃棄物と呼ばれる“ゴミ”も含まれている。再利用されない“ゴミ”を原子炉の中に閉じ込める、あるいは、中性子などを用いた核変換により無害化する(放射能を無くす)までの時間を大幅に短縮し、環境中への“ゴミ”の放出を無くすことで、環境負荷の小さい原子力システムの構築を目指しています。

シミュレーションの高度化

原子炉の安全性は、原子炉の中で起こる核反応のシミュレーションにより予測されている。予測精度向上は原子炉の中で起こる現象のより正確な把握につながり、原子炉の安全性向上に寄与することとなる。このシミュレーションによる予測では、核反応の起こりやすさを表わす“核反応断面積”を用いて定式化された微積分方程式を様々な“解法”で解いている。シミュレーションによる予測精度向上には“核反応断面積”の精度向上、微積分方程式の“解法”の高度化が必要であり、“核反応断面積”の実験的検証や近似の少ない“解法”の導入など、シミュレーション結果の不確かさ評価を併せて実施しながらシミュレーションの高度化を進めています。

論文リスト

  1. Takanori Kitada, Atsushi Umemura, Kohei Takahashi : “Study on Nuclear Transmutation of Nuclear Waste by 14 MeV Neutrons,” Plasma and Fusion Research, Volume 9, 4405103 (2014).
  2. Takanori Kitada, Thanh Mai Vu, Noboru Dobuchi : ”Study on Neutron Spectrum of Pulsed Neutron Reactor,” Nuclear Back-enf and Transmutation Technology for Waste Disposal -beyond the Fukushima Accident-, Springer Open, 129-137 (2015).
  3. Thanh mai Vu, Takashi Fujii, Kazuhiro Wada, Tatsuya Kojima, Takanori Kitada, Naoyuki Takaki, Akinori Yamaguchi, Hiroki Watanabe, Hironobu Unesaki : “Accuracy of thorium cross section of JENDL-4.0 library in thorium based fuel core evaluation,” Annals of Nuclear Energy, 57, 173-178 (2013).
  4. Kenichi Yoshioka, Takanori Kitada, Yasunobu Nagaya : “Azimuthal flux distribution measurements around fuel rods in reduced-moderation LWR lattices,” Progress in Nuclear Energy, 1-9 (2014).
  5. Thanh mai Vu, Takanori Kitada : “Impact of Thorium Capture Cross Section Uncertainty on the Thorium Utilized ADS Reactivity Calculation,” Science and Technology of Nuclear Installations, Volume 2014, ArticleID 509858 (2014).

学生へのメッセージ

研究活動には多くの知識をうまく活用することが求められますが、想像以上に体力も必要です。なので、頭(知性)・精神(根性)・躰(持久性)を鍛えながら新たな可能性に挑戦していくことをモットーとして、何事にも楽しみ(を見つけ)ながら成長していきたい、、、ものですね。