HOME > 研究業績

研究業績

研究業績

山中研究室の研究業績はこちらを参照してください

特筆すべき研究成果

オハイオ州立大学、カルテックとの共同研究成果(高性能熱電材料の開発)が、Science 321, 554 (2008)に掲載されました。タイトルは"Enhancement of Thermoelectric Efficiency in PbTe by Distortion of the Electronic Density of States"です。

受賞・報道

  • Ga2Te3の自然ナノ構造と熱伝導率について報告した論文:Applied Physics Letters 93, 012101 (2008).が、Virtual Journal of Nanoscale Science & Technology (July 21, 2008)に選出されました。
  • 黒崎助教がサブリーダーを努める教職協同プロジェクト:プロジェクトC(http://www.frc.eng.osaka-u.ac.jp/projectc)が、第一回工学研究科長表彰を受賞しました。
  • 安達君と伊東君が、日本原子力学会関西支部学生賞をダブル受賞しました。
  • 本條君が楠本賞を受賞しました
  • 2007年2月、黒崎助手が第39回(平成18年度)日本原子力学会奨励賞を受賞しました。受賞タイトルは、「分子動力学法による核燃料物質の物性評価」です。
  • KUROSAKI Ken and YAMANAKA Shinsuke, Osaka University 100 Papers, 24 Graphics Selection, (Ag9TlTe5: A high-performance thermoelectric bulk material with extremely low thermal conductivity, Applied Physics Letters), Annual Report of Osaka University, Academic Achievement 2005-2006.
  • 2006年9月6日付け日刊工業新聞に、我々が取り組んでいる研究が紹介されました。「高速炉向け炉心制御技術・制御棒の寿命6倍」
  • 2006年2月3日から5日にかけて長岡技術科学大学にて開催された国際シンポジウム"International Symposium on Hybrid Nano Materials Toward Future Industries (HNM 2006)"において発表された藤金君の論文"Nanoindentation Examination of W18O49 Nanowhiskers Fabricated by a New CVD Method and SiO2 Nanoball"が"Young Researcher Award for Excellent Poster Presentation"として選出されました。
  • 昨年の"2005 MRS Fall Meeting"において発表された関本君の論文"High Temperature Thermoelectric Properties of LnPdX (Ln = lanthanide; X = Sb, Bi) Ternary Compounds"が、シンポジウムFの学生アワードとして選出されました。
  • 2005年6月に米国クレムゾン大学にて開催された国際熱電学会(ICT2005)において、黒崎助手がICT BEST PAPER AWARDSを受賞しました。受賞対象となった論文のタイトルは、"Thermoelectric Properties of Ternary Silver Thallium Tellurides"です。
  • 2005年8月に湘南工科大学にて開催された日本熱電学会において、黒崎助手と牟田助手がTSJ2004講演奨励賞をダブル受賞しました!受賞対象となった論文のタイトルは、黒崎助手が「チタン系ハーフホイスラー合金の熱電特性」、牟田助手が「SrTiO3の熱電特性に及ぼす酸素欠陥効果」です。
  • 2005年8月16日付け日刊工業新聞に、山中研究室の研究成果が発表されました。「効率よく熱を電気に! 阪大が新材料」