研究実績

論文

  • Satoshi Takeda, Takanori Kitada. Bayesian Estimation of Cross-Section, Experimental Error, and Calculation Error: Comparison with Bias Factor Method. Nuclear Science and Engineering, accepted, (2022).
  • 三澤 樹、北田 孝典、中村 隆夫、竹田 敏、釜谷 昌幸、炉水環境中における疲労亀裂の発生・成長挙動に及ぼす温度の影響、保全学、Vol.20、No.4、77-82 (2022).
  • 磯 敦也、竹田 敏、北田 孝典、各国における原子力発電所に対する外部支援施設の支援内容の比較、日本原子力学会和文論文誌、2022 年 21 巻 3 号 p. 155-166.
  • 森山 稜太、竹田 敏、北田 孝典、各国における原子力発電所に対する外部支援施設の支援内容の比較、日本原子力学会和文論文誌、2022 年 21 巻 2 号 p. 71-81.
  • Satoshi Takeda, Takanori Kitada. Bayesian estimation for covariance between cross-section and errors of experiment and calculation, 163(1), 108589 (2021).
  • Satoshi Takeda, Ryosuke Shibano, Takanori Kitada. Cross-section adjustment method based on Bayesian theory for specific cross-section set, Journal of Nuclear Science and Technology, 58(9), 999-1007 (2021).
  • Satoshi Takeda, Takanori Kitada. Simple Method Based on Sensitivity Coefficient for Stochastic Uncertainty Analysis in Probabilistic Risk Assessment. Reliability Engineering & System Safety, 209, 107471 (2021).
  • Satoshi Takeda, Takanori Kitada. Individual adjustment of independent cross-section set based on Bayesian theory. Nuclear Science and Engineering, 195, 496-508 (2021).
  • Satoshi Takeda, Toshikazu Takeda, Sho Fuchita, Takanori Kitada, Development of an Improved Quasi-Static Transient Analysis Code Based on Three-Dimensional Sn Nodal Transport Theory for Fast Reactor, Annals of Nuclear Energy 143(2020).
  • Satoshi Takeda, Takanori Kitada, Feasibility study on burnable absorber for FORSETI to reduce productions of Pu238 and Pu241, Journal of Nuclear Science and Technology 57(1), 55-57 (2020).
  • Terushi Ishizawa, Satoshi Takeda, Takanori Kitada, Takao Nakamura, Masayuki Kamaya, Development of Fatigue Crack Growth Prediction Model in Reactor Coolant Environment, Journal of Pressure Vessel Technology, 140(4),041402 (2018).
  • Satoshi Takeda, Takanori Kitada, Pin-by-pin minor actinides transmutation analysis for heterogeneous minor actinides target loaded core by reconstruction of neutron spectrum, Nuclear Energy Science and Technology, Vol. 11, No.4, 329 - 344 (2017).
  • Satoshi Takeda, Michitaka Ono, Kazuhiro Wada, Takanori Kitada, Study on the Doppler reactivity worth considering thermal agitation in epithermal range for various types of nuclear fuels, Annals of Nuclear Energy, Vol. 96, pages 264–269 (2016).
  • Satoshi Takeda, Satoshi Ino, Kazuhiro Wada, Michitaka Ono, Takanori Kitada, Study on the impact of thermal agitation on Doppler Coefficient in epithermal range for Gd-bearing fuel, Science and Technology of Nuclear Installations, #5834614 (2016).
  • Noboru Dobuchi, Satoshi Takeda, Takanori Kitada, Study on the Relation between Doppler Reactivity Coefficient and Resonance Integrals of Thorium and Uranium in PWR Fuels, Annals of Nuclear Energy, Vol. 90, pages 191-194 (2016)
  • Satoshi Takeda, Satoshi Ino, Kazuhiro Wada, Michitaka Ono, Takanori Kitada, Study on the Doppler reactivity worth considering thermal agitation in epithermal range for various types of nuclear fuels, Annals of Nuclear Energy, Vol. 96, pages 264-269 (2016).
  • 藤川亮佑, 北田孝典, 中村隆夫, 釜谷昌幸(INSS), 316ステンレス鋼の低サイクル疲労き裂成長における環境効果, 保全学, Vol. 15, Num. 2(2016).

学会発表

  • Sohei Odani, Satoshi Takeda, Takanori Kitada, Discussion on variety of cross-section candidate obtained by cross-section adjustment method, 5th International Workshop on Nuclear Data Covariances (CW2022)
  • Yuma Yamamoto, Takanori Kitada, Satoshi Takeda, Taichi Takeishi, OPTIMIZATION OF MOX FUEL ASSEMBLY BASED ON GENETIC ALGORITHM FOR DISCUSSION ON PLUTONIUM CONSUMPTION, 29th International Conference on Nuclear Engineering(ICONE29)
  • 高尾 悠介,北田 孝典,竹田 敏,行動形成因子の相関が保全活動における人的過誤確率に与える影響,日本保全学会 第18回学術講演会
  • Yusuke Takao, Satoshi Takeda, Takanori Kitada. Impact of Correlation between Performance Shaping Factors on Their Multipliers, June 26-July 1, 2022, PSAM16 (2022)
  • Satoshi Takeda, Takanori Kitada. Bayesian estimation of cross-section and errors of experiment and calculation for accurate prediction of neutronic characteristics, Proc. PHYSOR 2022, Pittsburgh, Pennsylvania, May 15-20, 2022, American Nuclear Society (2022).
  • Ryosuke Shibano, Hirochika Tanaka, Masato Ohara, Satoshi Takeda, Takanori Kitada, Comparison and Investigation of Production of Specific Nuclides by Different Fission Yield Data, International Conference on Physics of Reactors 2022(PHYSOR 2022)
  • 高尾 悠介,北田 孝典,竹田 敏,行動形成因子の相関が人的過誤確率に与える影響の評価, 日本原子力学会 2022年春の大会
  • 山本 祐真,北田 孝典,竹田 敏,竹石 太一, Pu 消費量に着目した遺伝的アルゴリズムに基づく MOX 燃料集合体の最適化, 日本原子力学会 2022年春の大会
  • 小谷 壮平, 竹田 敏, 北田 孝典, 高濃縮度ウラン燃料体系における増倍率誤差に寄与する断面積データの考察, 第9回 炉物理専門研究会
  • Kento Tsukamoto, Satoshi Takeda, Takanori Kitada, Takeshi Suminaga, Ryota Moriyama, DISCUSSION ON SAMPLING METHODS FOR FAULT TREE ANALYSIS (ASRAM2021)
  • 竹田 敏, 北田 孝典, 断面積調整法の適用において断面積及び共分散を全て調整する必要性に関する議論, 日本原子力学会 2021年秋の大会
  • 竹石 太一, 松田 拓朗, 竹田 敏, 北田 孝典, 転換比向上を目指した遺伝的アルゴリズムを用いる軽水炉用トリウム燃料集合体の最適化, 日本原子力学会 2021年秋の大会
  • Taichi Takeishi, Satoshi Takeda, Takanori Kitada, IMPROVEMENT OF CONVERSION RATIO OF THORIUM FUEL IN LWR BY ADDING NEUTRON ABSORBER, 28th International Conference on Nuclear Engineering(ICONE28)
  • Ryosuke Shibano, Tatsuya Kawano, Satoshi Takeda, Takanori Kitada, Yoshitada Masaoka(Nuclear Fuel Industries), Hiroaki Nagano(Nuclear Fuel Industries), Hideaki Hyoudo(Nuclear Fuel Industries) and Yasuhiro Kodama(Nuclear Fuel Industries), STUDY ON COLLAPSED CROSS SECTION FOR RADIAL REFLECTOR IN LWR, 28th International Conference on Nuclear Engineering(ICONE28)
  • 竹田 敏, 北田 孝典, ベイズ理論に基づく感度係数を用いた行動形成因子の係数調整手法, 日本原子力学会 2021年春の年会
  • 竹石 太一, 竹田 敏, 北田 孝典, 中性子毒物を用いた軽水炉トリウム燃料の転換比向上に向けた検討, 第8回 炉物理専門研究会.
  • Ryota Moriyama, Takanori Kitada, Satoshi Takeda, Satoshi Shinzaki, Tomomi Hanai, Takamasa Kurokawa, Masayuki Hijiya, Akira Yamaguchi, Jang Sunghyon, Comparison of off-site support among Japan and other countries, Asian Symposium on Risk Assessment and Management (ASRAM2020)
  • Takeshi Suminaga, Takanori Kitada, Satoshi Takeda, Akira Yamaguchi, Jang Sunghyon, Masayuki Hijiya, Takamasa Kurokawa, Satoshi Shinzaki, Tomomi Hanai, Sensitivity analysis on effectiveness of off-site personnel support for preventing severe accidents, Asian Symposium on Risk Assessment and Management (ASRAM2020)
  • 竹田 敏, 北田 孝典,独立した核データ群に対する個別の断面積調整, 日本原子力学会 2020年秋の大会.
  • 竹田 敏, 北田 孝典,感度係数に基づく事象間の相関に対する重要度評価, 日本原子力学会 2020年春の年会.
  • 磯敦也, 北田孝典, 竹田敏, Validation of New Fission Yield by Analysis of Post-Irradiation Examination, Reactor Physics Asia 2019 (RPHA19).
  • 大内浩生, 北田孝典, 竹田敏, Effect of Neutron Absorber on Production of Plutonium238 for BWR Assembly, Reactor Physics Asia 2019 (RPHA19).
  • 小川晃史, 山口光, 北田孝典, 竹田敏, 大岡靖典, 松岡正悟, 長野浩明, Modifification of MOC for Considering Double Heterogeneity due to Pu Spots in MOX Fuel, Reactor Physics Asia 2019 (RPHA19).
  • 川野達也, 北田孝典, 竹田敏, 大岡靖典, 松岡正悟, 長野浩明, Study on Effective Cross Section of Pu Spot in MOX Fuel, Reactor Physics Asia 2019 (RPHA19).
  • Satoshi Takeda, Takanori Kitada, COMPARISON OF MULTI-UNIT DEPENDENCY BETWEEN UNITED STATES AND JAPAN, ASRAM 2019 (Gyeongju, Korea).
  • 磯敦也, 北田孝典, 竹田敏, 照射後試験解析による新たに評価された核分裂収率の妥当性についての検討, 日本原子力学会 2019年秋の大会.
  • 竹田敏, 北田孝典, 小池啓基, 左藤大介, 竹田敏一, 重み付き差分に基づくバイアス因子法, 日本原子力学会 2019年秋の大会.
  • 三澤樹, 北田孝典, 竹田敏, 中村隆夫(大阪大), 釜谷昌幸(INSS), 疲労き裂の発生・成長挙動に与える炉水環境中での温度の影響について, 日本保全学会 第16回 学術講演会.
  • Shogo HARADA, Takanori KITADA, Takao NAKAMURA, Evaluation of Fatigue Crack Growth at Piping of Austenitic Stainless Stell under Biaxial Stress, Pressure Vessels & Piping Conference 2019 (San Antonio, Texas, USA).
  • 西嶋悠介, 北田孝典, 竹田敏, 水蒸気を考慮した内部溢水PRAに関する検討, 日本原子力学会 2019年春の年会.
  • 牛原将太, 北田孝典, 竹田敏, ナトリウム冷却高速炉におけるボイド反応度の解析手法に関する研究, 日本原子力学会 2019年春の年会.
  • 竹田敏, 北田孝典, 牟田幹彦, 山口光, 大岡靖典, 松岡正悟, 長野浩明, 軽水炉における水の熱中性子散乱則データの違いによる核計算効果への影響評価, 第7回 炉物理専門研究会.
  • Satoshi Takeda, Takanori Kitada, Study on Suppression of TRU Production by Adding Poison Materials, Pacific Basin Nuclear Conference 2018 (PBNC 2018).
  • 竹田敏, 北田孝典, 藤村幸治, 藤又和博, 竹田敏一, MA含有ブランケット燃料を活用した固有安全高速炉の開発(3) 集合体均質化がナトリウムボイド反応度に与える影響, 日本原子力学会 2018年秋の大会.
  • 牛原将太, 北田孝典, 竹田敏, 高速炉体系におけるSP3の有効性検証, 日本原子力学会 2018年秋の大会.
  • 原田 祥五, 北田 孝典, 竹田 敏, 中村 隆夫(大阪大), 釜谷 昌幸(INSS), オーステナイト系ステンレス鋼の 二軸応力下における配管部疲労き裂進 展評価, 日本保全学会 第15回 学術講演会.
  • 竹田敏, 北田孝典, 環境負荷低減軽水炉を用いた核燃料サイクル概念構築(6)毒物(中性子吸収材)の添加による有害度低減(その2), 日本原子力学会2017年春の大会.
  • 牟田幹彦, 北田孝典, 竹田敏, Cheuk Lau, トリウム燃料装荷ABWR炉心によるプルトニウムの削減に関する検討, 日本原子力学会2017年春の大会.
  • Satoshi TAKEDA, Mikihiko MUTA, Hikaru YAMAGUCHI, Takanori KITADA, Yasunori OHOKA, Shogo MATSUOKA, Hiroaki NAGANO, Impact of Changing Thermal Scattering Law Data of H in H2O on Nuclear Properties for LWR, Symposium on Nuclear Data (Ibaraki, Japan).
  • Mikihiko MUTA, Takanori KITADA, Satoshi TAKEDA, Design of BWR Fuel Assembly with Thorium-uranium for improving the Control Rod Worth, Nuclear Energy Innovation to Carbon-Free World (Seoul, Korea).
  • 北田 孝典, 竹田 敏, 平岩 宏司(東芝), 千葉 敏(東工大), 環境負荷低減軽水炉を用いた核燃料サイクル概念構築 (3)毒物(中性子吸収材)の添加による有害度低減(その1), 日本原子力学会 2017年秋の大会.
  • 竹田 敏, 牟田 幹彦, 山口 光, 北田 孝典, 大岡 靖典(原燃工), 松岡 正悟(原燃工), 長野 浩明(原燃工), 軽水炉における水の熱中性子散乱則データの違いによる核計算結果への影響評価, 日本原子力学会 2017年秋の大会.
  • 中野 勇輝, 竹田 敏, 北田 孝典, ユニット間の相互影響を考慮した多数基立地サイトを対象とした動的な確率論的リスク評価手法に関する研究, 日本原子力学会2017年秋の大会.
  • Hikaru Yamaguchi, Kazumasa Kobayashi, Satoshi Takeda, Takanori Kitada, Study on Reduction of TRU by Adding Poison Materials, Reactor Physics Asia 2017 (RPHA17).
  • Kazumasa Kobayashi, Satoshi Takeda, Kitada Takanori, Study on Impact of Loading Thorium Fuel on Generation III+ Equilibrium PWR Core-characteristic, Reactor Physics Asia 2017 (RPHA17).
  • 能勢昂尚, 北田孝典, 竹田敏, 中村隆夫, 釜谷昌幸(INSS), 316ステンレス鋼の炉水環境中での疲労き裂進展におけるひずみ速度の影響, 日本保全学会 第14回学術講演会.
  • 山口光, 竹田敏, 北田孝典, 核分裂収率に着目した核分裂生成物の発熱量低減に関する研究, 第49回炉物理夏期セミナー 若手研究発表会.
  • Kazumasa Kobayashi, Satoshi Takeda, Takanori Kitada, Impact of Thorium-Enrichment on the PWR Core-Characteristics of Plutonium-Thorium Mixed Oxide Fuels and Uranium Oxide Fuels, 2017 International Congress on Advances in Nuclear Power Plants(ICAPP2017).
  • Satoshi Takeda, Takanori Kitada, Evaluation of neutron spectrum for pin-by-pin MA transmutation analysis by reconstruction of neutron flux distribution, M&C 2017 (Jeju, Korea).

    2016(平成28)年以前はこちら

    • 小林千将, 竹田敏, 北田孝典, Cheuk Wah Lau(Thor Energy), トリウム燃料装荷によるPWR炉心特性への影響評価, 日本原子力学会 2016年春の大会.
    • 仲井翔平, 竹田敏, 北田孝典, 時間進展不確かさを考慮した内部溢水シナリオ評価手法に関する研究, 日本原子力学会 2016年春の大会.
    • 嶋田簾, 竹田敏, 北田孝典, 軽水炉及び高速炉を用いたTRU閉サイクルに関する検討, 日本原子力学会 2016年春の大会.
    • 北田孝典, 竹田敏, 竹田敏一(福井大), 藤村幸治(日立GE), 大木繁夫(JAEA), 「もんじゅ」データを活用したマイナーアクチニド核変換の研究, 日本原子力学会 2016年春の大会.
    • 小林千将, 竹田敏, 北田孝典, トリウム燃料装荷によるPWR炉心特性への影響評価, 第4回 炉物理専門研究会.
    • 石澤輝士, 北田孝典, 中村隆夫, 釜谷昌幸(INSS), 316ステンレス鋼の大気中疲労き裂発生モデルの検討, 日本保全学会 第13回学術講演会.
    • Terushi Ishizawa, Takanori Kitada, Takao Nakamura, Fatigue Crack Initiation Model of Type 316 Stainless Steel, Pressure Vessels and Piping Conference (2016).
    • 伊藤耕史, 北田孝典, 散乱先のインポータンスを考慮した縮約法の検討, 第3回 炉物理専門研究会.
    • 土淵昇, 北田孝典, ドップラー効果による断面積変化に関する検討, 第3回 炉物理専門研究会.
    • 飯田智, 北田孝典, 中村隆夫, 釜谷昌幸(INSS),等二軸繰り返し荷重下におけるステンレス鋼のき裂進展加速要因の検討, 日本機械学会M&M材料力学カンファレンス.
    • 藤川亮祐, 北田孝典, 中村隆夫, 釜谷昌幸(INSS), 316ステンレス鋼の低サイクル疲労き裂発生・成長おける環境効果, 日本機械学会M&M材料力学カンファレンス.
    • 石川耕平, 北田孝典, 日本の未臨界判断基準の検討, 第11回 若手研究者による研究発表会.
    • Satoshi Ino, Ren Shimada, Kazuhiro Wada, Takanori Kitada, Spectrum Dependence of Doppler Reactivity Coefficient Considering Thermal Agitation Effect, Reactor Physics Asia2015(RPHA2015).
    • 井野聖, 嶋田廉, 和田憲拓, 北田孝典, 共鳴散乱反応を考慮したドップラー反応度への影響の検討-1~燃料組成が及ぼす影響, 日本原子力学会 2015年秋の大会.
    • 嶋田廉, 井野聖, 竹市航大, 北田孝典, 共鳴散乱反応を考慮した際のドップラー反応度への影響の検討-2~熱振動および燃料内温度分布が及ぼす影響~, 日本原子力学会 2015年秋の大会.
    • Satoshi Iida, Shigeki Abe, Takao Nakamura, Masayuki Kamaya, Fatigue Crack Initiation and Growth Observation for 316 Stainless Steel Subjected to Equi-Biaxial Cyclic Loading, Pressure Vessels and Piping Conference(2015).
    • Ryosuke Fujikawa, Shigeki Abe, Takao Nakamura, Masayuki Kamaya, Influence of PWR Environment on Fatigue Crack Initiation and Growth of Type 316 Stainless Steel, Pressure Vessels and Piping Conference(2015).
    • 藤川亮祐, 阿部茂樹, 中村隆夫, 釜谷昌幸(INSS), 試験片表面観察に基づく微小き裂の発生・成長に与える環境効果の影響評価, 日本保全学会 第12回学術講演会.
    • 飯田智, 中村隆夫, 北田孝典, 釜谷昌幸(INSS), オーステナイト系ステンレス鋼の等二軸応力下における疲労き裂進展挙動に関する検討, 日本保全学会 第12回学術講演会.
    • 石澤輝士, 中村隆夫, 北田孝典, 釜谷昌幸(INSS), 試験片表面観察による機械構造用炭素鋼の疲労き裂成長予測モデルの検討, 日本保全学会 第12回学術講演会.
    • 伊藤耕史, 北田孝典, 竹田敏(NFI), 牛尾直史(NFI), 炉心体系におけるスペクトル干渉効果を低減するエネルギー群構造に関する検討, 第3回 炉物理専門研究会.
    • 土淵昇, 北田孝典, トリウム燃料とウラン燃料のドップラー反応度係数の差異に関する検討, 第3回 炉物理専門研究会.
    • Noboru Dobuchi, Takuji Mishiro, Takanori Kitada, Copmarison of Doppler Reactivity between Thorium and Uranium Fuels in PWR, ANS Winter Meeting and Nuclear Technology Expo(2014).
    • Shigeki Abe, Ryousuke Fujikawa, Satoshi Iida, Takao Nakamura, Masayuki Kamaya(INSS), Statistical Model of Micro Crack Growth for the Evaluation of Accumulated Fatigue in NPPs, The 2nd International Conference on Maintenance Science and Technology(2014).
    • Mikiya Matsushita, Kei Yamamoto, Takao Nakamura, Shun Watanabe(CRIEPI), Kimitoshi Yoneda(CRIEPI), Evaluaions of Mass Transfer Coefficient under Swirl Flow Generated by the Combination of Pipe Elements - Part2, The 2nd International Conference on Maintenance Science and Technology(2014).
    • Ryosuke Fujikawa, Shigeki Abe, Takao Nakamura, Masayuki Kamaya(INSS), Evaluations of environmental effect on micro crack initiation and propagation by surface observations of fatigue specimens, The 2nd International Conference on Maintenance Science and Technology(2014).
    • Satoshi Iida, Shigeki Abe, Takao Nakamura, Masayuki Kamaya(INSS), Evaluation of Micro Fatigue Crack Growth under Equi-biaxial Stress by Membranous Pressure Fatigue Test, The 2nd International Conference on Maintenance Science and Technology(2014).
    • Satoshi Wada, Takanori Kitada, Study on Robust Energy Group Structure to Spectral Interference for PWR pin-by-pin Core Analysis, Physics of Reactors Topical Meeting (PHYSOR2014).
    • 伊藤耕史, 和田怜志, 北田孝典, 竹田敏(NFI), 牛尾直史(NFI), 不連続エネルギー群構造に基づいた縮約方法の検討, 日本原子力学会 2014年秋の大会.
    • 土淵昇, 三代卓司, 北田孝典, 石川耕平, トリウム燃料のドップラー反応度係数に関する検討, 日本原子力学会 2014年秋の大会.

     

    受賞実績

    ・Taichi takeishi, Satoshi Takeda, Takanori Kitada, Best Video Presentation - Japan/Asia Award,The 28th International Conference on Nuclear Engineering(ICONE28)
    ・竹田 敏, リスク部会賞(奨励賞), 日本原子力学会 (2021)
    ・Takeshi Suminaga, The Best Presenter Awards (Silver), Asian Symposium on Risk Assessment and Management (ASRAM2020)
    ・竹田 敏, 炉物理部会賞(奨励賞), 日本原子力学会 (2020)
    ・竹田 敏, 新型炉部会優秀講演賞, 日本原子力学会 (2019)

     

     

博士論文

2018(平成30)年度

  • 核特性予測値の不確かさの低減と信頼性向上のための拡張炉定数調整法に関する研究-横山賢治-

2015(平成27)年度

  • 軽水炉核計算手法の高度化による炉心設計への影響評価 - 竹田敏 -

修士論文

2021(令和3)年度

  • ランダムサンプリング法を用いたPIE解析における核分裂収率の不確かさの検討- 芝野良介 -
  • 異なる炉心体系に対する断面積調整法のロバスト性の検討 - 杉原英幸 -
  • 事故進展不確かさを考慮した安全性評価手法の開発- 住永健志-
  • 転換比向上を目指した遺伝的アルゴリズムを用いる軽水炉用トリウム燃料集合体の最適化-竹石太一 -
  • シビアアクシデントに対する原子力発電所への有効な外部支援について -森山稜太-

2020(令和2)年度

  • 軽水炉体系におけるPIE解析による新たに評価された核分裂収率データの妥当性評価 - 磯敦也 -
  • 異なるPuスポットを考慮することによるMOCコードの高度化 - 小川晃史 -
  • 隣接燃料変化を考慮した反射体定数作成モデルの開発 - 川野達也 -
  • 炉水環境中に置ける疲労き裂の発生・成長挙動に及ぼす温度の影響 - 三澤樹 -

2019(平成31/令和元)年度

  • 高速炉におけるSP3法を用いたナトリウムボイド反応度の計算精度の向上 - 牛原将太 -
  • 縮約断面積の角度依存性を考慮した補正方法 - 谷口飛翔 -
  • 原子力プラントにおける内部溢水に伴う水蒸気がリスクに及ぼす影響 - 西嶋悠介 -
  • き裂進展速度に与える応力比の影響についての考察 - 原田祥五 -
  • 臨界実験不確かさ解析に用いる核データ共分散に関する研究 - 山中祐弥 -

2018(平成30)年度

  • 日本の運転経験に基づくマルチユニットPRAにおけるユニット間相互影響パラメータ推定手法 - 中野勇輝 -
  • PWR環境中におけるSUS316に対するひずみ速度のき裂発生・進展への影響に関する研究 - 能勢昂尚 -
  • 効率的なプルトニウム削減のためのトリウムを使用したBWR燃料集合体の検討 - 牟田幹彦 -
  • MOCを用いたPuスポットが臨界性に与える影響評価に関する検討 - 山口光 -

2017(平成29)年度

  • トリウム燃料装荷による第3⁺世代PWR炉心核特性への影響に関する検討 - 小林千将 -
  • 時間進展不確かさを考慮した内部溢水シナリオ解析手法に関する研究 - 仲井翔平 -

2016(平成28)年度

  • 沪水環境中における疲労亀裂成長予測モデルの検討 - 石澤輝士 -
  • 日本における未臨界判断基準の設定方法の検討 - 井野聖 -
  • 軽水炉及び高速炉を用いたTRU閉サイクルに関する検討 - 嶋田簾 -
  • 原子力発電所における受動安全システムの構造最適化に関する研究 - 張宸欣 -

2015(平成27)年度

  • オーステナイト系ステンレス鋼の等二軸応力下におけるき裂進展挙動に関する検討 - 飯田智 -
  • 計算精度に基づいた未臨海判断基準の検討 - 石川耕平 -
  • 適切なエネルギー縮約法の検討 - 伊藤耕史 -
  • トリウム燃料とウラン燃料のドップラー反応度に関する研究 - 土淵昇 -
  • 316ステンレス鋼の低サイクル疲労き裂の発生・成長における環境効果 - 藤川亮祐 -

2014(平成26)年度

  • 原子力発電所における疲労評価のための確率的き裂成長予測モデルの開発 - 阿部茂樹 -
  • 熱外エネルギーにおける重核種の熱振動効果および燃料内温度分布を考慮したドップラー反応度への影響の検討 - 竹市航大 -
  • 旋回流がオリフィス下流の配管減肉に与える影響の検討 - 松下幹弥 -
  • トリウムサンプルワース実験の感度解析によるJENDL-4.0のトリウム232断面積の正確さの評価 - 三代卓司 -
  • PWR炉心解析における中性子スペクトル干渉の影響を低減したエネルギー群構造の開発 - 和田怜志 -

卒業論文

2020(令和3)年度

  • 高濃縮ウラン燃料体系における増倍率誤差に寄与する断面積データの考察 -小谷壮平 -
  • 研究炉における次世代炉開発のためのスペクトルシフト炉の検討- 島本湧成 -
  • 行動形成因子の相関が人的過誤確率に与える影響の評価- 高尾悠介 -
  • フォールトツリー解析における効率的なサンプリング手法の検討 - 塚本健人 -
  • Pu 消費量に着目した遺伝的アルゴリズムに基づく MOX 燃料集合体の最適化- 山本祐真 -

2020(令和2)年度

  • UTR-KINKIにおける中性子束空間分布解析モデルの構築 - 後川裕宣 -
  • トリウム燃料原子炉における滞在的放射性毒性の評価および低減に向けた検討 - 尾原正人 -
  • 小型高速炉での核変換を用いたMAの軽減 - 田中宏周 -
  • ナトリウム冷却高速炉におけるSP3法の適応評価 - 松田拓朗 -

2019(平成31/令和元)年度

  • 広域リスク評価モデルにおけるSA対策設備の有効性に対する感度解析 - 住永健志 -
  • トリウム燃料軽水炉における転換比の向上 - 竹石太一 -
  • シビアアクシデント時におけるサイト外緊急時支援の有効性向上 - 森山稜太 -
  • 高速炉における潜在的放射性毒性の評価および低減に向けた検討 - 山崎裕也 -

2018(平成30)年度

  • 照射後試験解析による核分裂収率の高度化の確認 - 磯敦也 -
  • 人間信頼性解析における組織過誤に関する検討 - 上村拓也 -
  • Pu238、Pu241生成量抑制に有効な核種に関する検討 - 大内浩生 -
  • MOX燃料におけるPuスポットの実効断面積に関する検討 - 川野達也 -
  • PWR炉水環境中におけるき裂の発生・進展に及ぼす温度の影響評価 - 三澤樹 -

2017(平成29)年度

  • SP3法を用いた炉心解析コードの開発 - 牛原将太 -
  • PWRの燃料装荷時における固有値・固定源計算の集約断面積の比較評価 - 谷口飛翔 -
  • 二軸応力下における配管部疲労き裂進展評価 - 原田祥五 -

2016(平成28)年度

  • 複数ユニット立地サイトを対象とした確率論的リスク評価手法に関する研究 - 中野勇輝 -
  • 沪水環境中におけるき裂の発生・進展に及ぼすひずみ速度の影響評価 - 能勢昂尚 -
  • Th燃料を用いたBWR燃料集合体の獲得性の検討 - 牟田幹彦 -
  • 核分裂収率に着目した核分裂生成物の発熱量低減に関する研究 - 山口光 -

2015(平成27)年度

  • 集合体詳細スペクトル再構築法の検討 - 小野木麻人 -
  • トリウム添加燃料を用いた高温ガス炉実用化に向けた検討 - 小林千将 -
  • 事故時の不確かさを考慮した燃料デブリの位置・状態に関する検討 - 繁本貴志 -

2014(平成26)年度

  • 疲労損傷評価のための実験に基づくき裂成長予測モデルの開発 - 石澤輝士 -
  • 燃焼度クレジットを考慮した燃料デブリの臨界性評価 - 井野聖 -
  • SP3法を用いた炉心解析コードの開発 - 小林智之 -
  • 核変換を利用したマイナーアクチニド処理の検討 - 嶋田廉 -