大阪大学工学部/大学院工学研究科 環境エネルギー工学専攻 量子線生体材料工学領域

School/ Graduate School of Engineering Osaka University Division of Sustainable Energy and Environmental Engineering Quantum Beam and Biomaterials Engineering

トップ > 業績 > 研究活動

研究活動

研究者総覧にて最新の研究活動が逐一更新されるようになったため、今後はそちらを参照して頂ければと思います。

【佐藤文信 教授】 論文  著書  特許・実用新案・意匠  受賞  報道

【秋山庸子 准教授】 論文  著書  特許・実用新案・意匠  受賞  報道

【真鍋勇一郎 兼任助教 】 論文  著書  特許・実用新案・意匠  受賞  報道

原著・論文(2018year)

原著, 論文【査読有】
  • "Removal of Iron Oxide Scale from Feed-water in Thermal Power Plant by Using Magnetic Separation", M.Nakanishi, S.Shibatani, F.Mishima, Y.Akiyama and S.Nishijima, Journal of Physics: Conference Series, Volume 897, conference 1, 012020, (2017).
  • "Irradiation effect of the insulating materials for fusion superconducting magnets at cryogenic temperature", K.Kobayashi, Y.Akiyama and S.Nishijima, Journal of Physics: Conference Series,Volume 897, conference 1, 012007, (2017).
  • "Removal of Iron Scale from Feed-water in Thermal Power Plant by Magnetic Separation - Introduction to Chemical Cleaning Line -", J.Yamamoto, T.Mori, M.Hiramatsu, Y.Akiyama, H.Okada, N.Hirota, H.Matsuura, S.Namba, T.Sekine, F.Mishima, S.Nishijima, Progress in Superconductivity and Cryogenics vol.20, issue 2, pp.6-10, (2018).
  • "Fundamental study on cancer therapy by blocking newborn blood vessels by magnetic force control", M.Kirimura, Y.Akiyama, and S.Nishijima, Progress in Superconductivity and Cryogenics, vol.20, issue 2, pp.11-15 (2018).
  • "Effect of sodium chloride on precipitation and adsorption behavior of polymer-surfactant complex particles in aqueous solution", Y.Akiyama, Y.Matsue, T.Mori, S.Nishijima, Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects, Vol. 559, No.1, pp.1-7, (2018).
  • "Removal of Iron Scale from Boiler Feed-water in Thermal Power Plant by Magnetic Separation - Large-scale Experiment -", J.Yamamoto, T.Mori, Y.Akiyama, H.Okada, N.Hirota, H.Matsuura, S.Namba, T.Sekine, F.Mishima, S.Nishijima, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, in press.
解説・総説【査読無】
  • 「超電導磁石を用いた磁気アルキメデス法による物質選別」、秋山庸子、環境資源工学、 第65巻、 第2号、 pp.37-40、2018.6.28発行、ISSN1348-6012

学会発表(2018year)

国際会議
Material Analysis and Processing in Magnetic Fields (MAP8), June. 29, 2018 (Grenoble, France)
  • "Removal of Iron Scale from Boiler Feed-water in Thermal Power Plant by Magnetic Separation", H.Okada, N.Hirota, J.Yamamoto, M.Hiramatsu, Y.Akiyama, F.Mishima, S.Nishijima, H.Matsuura, S.Namba, T.Sekine, Oral Presentation
The 9th International Forum on Magnetic Force Control, Sep. 3-5, 2018 (Busan,Korea)
  • "Study on Separation of Nonferrous Metal Utilizing Magneto-Archimedes Method", Y.Ito, Y.Akiyama, Oral Session II
  • "Fundamental Study on Sustainable Treatment System of Mine Water", C.Mukuta, Y.Akiyama, Oral Session II
27th International Cryogenic Engineering Conference International Cryogenic Materials Conference 2018, Sep. 4, 2018 (Oxford, England)
  • "Study on Irradiation Effect of Insulating Materials for Fusion Superconducting Magnet -Change in Electric Insulation Performance by Irradiation-", S.Kito, Y.Akiyama, S.Nishijima, Oral Session II M-10:016
2018 Applied Superconductivity Conference, Oct. 28-Nov. 2, 2018 (Seattle, USA)
  • "Removal of Iron Scale from Boiler Feed-water in Thermal Power Plant by Magnetic Separation - Large-scale Experiment -", J.Yamamoto, T.Mori, Y.Akiyama, H.Okada, N.Hirota, H.Matsuura, S.Namba, T.Sekine, F.Mishima, S.Nishijima, Poster Session, 2LPo2M-07[L109]
The 31st International Symposium on Superconductivity (ISS2018), Dec.14, 2018(Tsukuba, Japan)
  • "Fundamental Study on a Cancer Therapy by Blocking Newborn Blood Vessels Using a Rotating Magnetic Field", M.Kirimura, Y.Akiyama, Poster Session, APP6-5
  • "Removal of Scale from Feed-water in Thermal Power Plant by Magnetic Separation -Analysis of Oxygenated Treatment Scale-", M.Hiramatsu, J.Yamamoto, Y.Akiyama, F.Mishima, S.Nishijima, H.Okada, N.Hirota, T.Yamaji, H.Matsuura, S.Namba, T.Sekine,Oral Session, AP5-4
  • "Remediation of groundwater contaminated by heavy metals using magnetic separation technique", A.J.Amosse, Y.Akiyama, Oral Session, AP5-5
国内会議
    第96回 2018年度春季低温工学・超電導学会 2018年5月28日(タワーホール船堀)
    • 「磁気分離法による火力発電所ボイラー給水中の酸化鉄スケール除去 ~大規模実験~」、山本隼也、森達也、平松まみ、秋山庸子(阪大);西嶋茂宏、三島史人(福井工大);岡田秀彦、廣田憲之(NIMS);松浦英樹、難波正徳(四国総研);関根智一(荏原工業洗浄)、第96回2018年度春季低温工学・超電導学会 講演概要集、p.58,1D-p03、2017.5.28発行、ISSN0919-5998、磁気分離
    • 「磁気分離法による火力発電所ボイラー給水中の酸化鉄スケール除去 ~研究計画~」、西嶋茂宏、三島史人(福井工大);山本隼也、森達也、平松まみ、秋山庸子(阪大);岡田秀彦、廣田憲之 (NIMS);松浦英樹、難波正徳(四国総研);関根智一 (荏原工業洗浄)、第96回2018年度春季低温工学・超電導学会 講演概要集、p.56, 1D-p01、2016.5.28発行、ISSN0919-5998、磁気分離
    • 「磁気分離法による火力発電所ボイラー給水中の酸化鉄スケール除去 ~フィルター設計~」、岡田秀彦、廣田憲之(NIMS);山本隼也、平松まみ、秋山庸子(阪大);三島史人、西嶋茂宏 (福井工大);松浦英樹、難波正徳 (四国総研);関根智一(荏原工業洗浄)、第96回2018年度春季低温工学・超電導学会 講演概要集、p.57、1D-p02、2017.5.28発行、ISSN0919-5998、磁気分離
    第7回 環境放射能除染研究発表会 2018年7月3日(タワーホール船堀)
    • 「磁気分離を用いた放射性Cs含有細粒分の 分離による減容技術の検証(その1)~大量 処理に向けた基礎的検討~」、秋山庸子、堀江裕貴(大阪大学)、西嶋茂宏(福井工業大学)、小澤一喜(鹿島建設株式会社)、辻本宏(鹿島建設株式会社)、井関泰文(鹿島建設株式会社)、第7回 環境放射能除染研究発表会 要旨集、セッション1.減容技術(1)、p.2、S1-2
    • 「磁気分離を用いた放射性Cs含有細粒分の 分離による減容技術の検証(その2)~福島県内の農地土壌への適用実験~」、辻本宏、小澤一喜、井関泰文(鹿島建設株式会社)、秋山庸子(大阪大学)、西嶋茂宏(福井工業大学)、第7回 環境放射能除染研究発表会 要旨集、セッション1.減容技術(1)、p.3、S1-3
    第36回 関西界面科学セミナー 2018年7月14日(関西大学千里山キャンパス)
    • 「磁気力制御による新生血管閉塞療法に関する基礎的研究」、桐村誠、秋山庸子、ポスター発表 6
    • 「Remediation of Mine Water Contaminated by Heavy Metals Using Magnetic Separation Technique」、 Amosse Albino Jose、秋山庸子、ポスター発表 8
    2018 磁気力制御・磁場応用 夏の学校 2018年9月15日(宇都宮大学)
    • 「核融合炉用超電導磁石用絶縁材料の照射効果 -せん断応力下での絶縁破壊電圧-」、赤澤展人、鬼頭駿介、秋山庸子 (大阪大学)、西嶋茂宏(福井工業大学)、ポスターセッション B-1、pp.31-33、放射線
    • 「磁気分離法による火力発電所給水中の酸化鉄スケール除去に関する研究」、秋山巧士郎、山本隼也、平松まみ、秋山庸子(大阪大学)、三島史人、西嶋茂宏(福井工業大学)、岡田秀彦、廣田憲之(NIMS)、ポスターセッション B-2、pp.34-35、磁気分離
    • 「持続可能な坑廃水処理システムの基礎的検討」、小西佑典、椋田千聖、秋山庸子、ポスターセッション B-3、pp.36-38、磁気分離
    • 「磁気アルキメデス法による非鉄金属の選別に関する研究」、須藤稜平、伊藤祐介、秋山庸子、ポスターセッション B-4、pp.39-41、アルキメデス
    • 「セシウム汚染土壌の減容・再生利用に関する研究-淘汰管を用いた高度分級」、西村諒成、橋本陽介、西本湧希、秋山庸子、ポスターセッション B-5、pp. 42-43 、除染
    第17回 低温工学・超電導若手合同講演会 2018年11月30日(関西学院大学大阪梅田キャンパス)
    • 「超磁気力制御による新生血管閉塞療法に関する基礎的研究 -回転磁場の検討-」、桐村誠、秋山庸子、口頭発表、pp.15-16、DDS
    • 「磁気分離法によるセシウム含有土壌の減容化に関する研究」、西本湧希、秋山庸子、口頭発表、pp.17-18、除染

    招待講演・依頼講演(2018year)

    【秋山庸子】
    2018年4月13日 於:触感の知覚メカニズムと 数値化及び材料開発への応用、技術情報協会主催
    • 題目‐「風合い・肌触りの数値化」
    2018年6月28日 於:環境資源工学会第137回学術講演会、環境資源工学会主催
    • 題目‐「超電導磁石を用いた磁気アルキメデス法による物質選別」
    2018年7月14日 於:第36回 関西界面科学セミナー:ソフトコロイドの界面構造および機能制御-基礎から応用まで、日本化学会コロイドおよび界面化学部会関西支部主催
    • 題目‐「身近なソフトコロイドの機能設計~高分子と界面活性剤の相互作用~」
    2018年8月6日 於:ORIST技術セミナー【第12回 応用福祉工学シンポジウム】、(地独)大阪産業技術研究所・応用福祉工学研究会主催
    • 題目‐「感性の解析:触感の快・不快の解析」
    2018年9月4日 於:The 9th International Forum on Magnetic Force Control in Seoul、Korea Electrotechnology Research Institute主催
    • 題目‐「Superconducting Magnetic Separation System for Volume Reduction and Recycle of Removed Soil」
    2018年9月14日 於:第17回 2018年度 磁気力制御・磁場応用 夏の学校、電気学会「除染技術への超電導磁気力制御法の適用」調査専門委員会主催
    • 題目‐「磁石につかない様々な汚濁物質の磁気分離を体験しよう」
    2018年10月12日 於:化粧品の触感・使用感の評価と感性価値の向上、化粧品の触感・使用感の評価と感性価値の向上主催
    • 題目‐「スキンケア化粧品の触感・使用感の評価と設計指針」
    2018年10月22日 於:第14回 講演会「除染・減容化のための物理的分離法」、一般社団法人環境放射能除染学会主催
    • 題目‐「磁気力制御による除去土壌の減容化/再生利用法の開発とその課題」
    2018年12月13日 於:第2回 放射能廃棄物処理研究会、株式会社 菊池製作所主催
    • 題目‐「除去土壌減容化手法としての淘汰管利用の検討」
    2019年2月27日 於:触感の知覚メカニズムと数値化、快適性評価への応用、技術情報協会主催
    • 題目‐「風合い・肌触りの数値化」

    その他(2018year)

    報告書・発表
    • 秋山庸子、共同利用実験室における研究成果「高勾配超伝導磁気分離の研究」pp.3-6、平成29年度 共同利用研究成果報告書、大阪大学低温センター吹田分室 発行
    • 秋山庸子、酒井保藏、材料研究会/関西支部だより、低温工学、53巻、5号、pp.323-325、2018年9月20日発行
    • 秋山庸子、学術賞 受賞のことば、学会からのお知らせ、環境放射能除染学会誌、第6巻、第3号、p.208、2018年9月25日
    著書
    • 「感覚重視型技術の最前線 ~心地良さと意外性を生み出す技術~」初めに、第4章 快・不快をはかる~触覚の官能評価と物理量の関係~、pp.35-45、分担共著、監修:秋山庸子(株)シーエムシー出版、2018年3月発行(ISBN 978-4-7813-1322-1)
    発明、特許
    【特許確定,特許原簿登録済】
    • 「毛髪の評価方法」 特願2015-162891 公開番号 特開2017-40578 出願人 大阪大学長 発明者 秋山庸子、 他3名 
    • 「磁気分離装置」 特願2018-043523 出願人 大阪大学長 発明者 秋山庸子、他7名
    受賞歴
    【秋山庸子】
    • 2018年 一般社団法人環境放射能とその除染・中間貯蔵および環境再生のための学会(環境放射能除染学会) 第1回学術賞
    【学生】
    • 平成30年 第36回 関西界面科学セミナー 優秀ポスター賞(受賞者:桐村誠)
  • 平成30年度 日本原子力学会フェロー賞受賞(受賞者:鬼頭駿介)
報道・取材など
  • 磁気と健康、-会報第30号-2018年6月発行
  • 環境放射能除染学会誌、Vol.6、No.3、2018年9月発行
  • 環境放射能除染学会誌、Vol.6、No.4、2018年12月発行
研究室見学
  • 2018年8月5日 市民研究室見学
  • 2018年8月7-8日 若狭高校研究室体験
  • 2018年8月9日 オープンキャンパス
  • 2018年8月28日、大阪大学 SEEDS プログラム、SEEDS2018 体感科学研究(ファーストステップ体感コース)

原著・論文(2017year)

原著, 論文【査読有】
  • “Present Situation of Fukushima and Possibility of Decontamination Technology by Superconducting Magnetic Separation System”, S.Nishijima and Y.Akiyama, Electrical Engineering in Japan, Vol. 199, No. 2, Jan.2017 (Translated from Denki Gakkai Ronbunshi, Vol. 135-B, No. 10, October 2015, pp.579-582)
  • 「超電導磁石を用いた回転磁場による薬剤配送システムのための研究」、森達也、竹内一将、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、低温工学、第52巻、2号、pp.98-104 (2017.3)
  • 「磁気アルキメデス法を用いた構造異性体分離」、森達也、小林剛之、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、低温工学、第52巻、2号、pp.105-109 (2017.3)
  • 「ポルトランドセメントにおけるセシウムの吸着状態の解析と汚染コンクリート廃材の減容化手法への応用」、森達也、岡田俊介、橋本陽介、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、環境放射能除染学会誌、5巻、1号、pp.17-26 (2017.3)
  • “Fundamental study on gene transfer utilizing magnetic force and jet injector”, T. Hasegawa, H. Nakagami, Y. Akiyama and S. Nishijima, Progress in Superconductivity and Cryogenics”, Vol.19, No.1, pp.9~12, March.2017
  • “Volume reduction of cesium contaminated soil by magnetic separation - Pretreatment of organic matters -”, H. Horie, K. Yukumatsu, F. Mishima, Y. Akiyama, S. Nishijima, T. Sekiyama, S. Mitsui and M. Kato, Journal of Physics, Volume 871, conference 1, 012102, July.2017
  • “Separation of Flame and Nonflame-retardant Plastics Utilizing Magneto-Archimedes Method”, K. Misawa, T. Kobayashi, T. Mori, F. Mishima, Y. Akiyama and S. Nishijima, Journal of Physics: Conf. Series, 897, Sep.2017
  • “Study on Separation of Structural Isomer with Magneto-Archimedes method”, T Kobayashi, T Mori, Y Akiyama, F Mishima and S Nishijima, Journal of Physics: Conf. Series, 897, Sep.2017
解説・総説【査読無】

学会発表(2017year)

国際会議
The 8th International Forum on Magnetic Force Control in Beijing, September. 5, 2017 (Beijing, China)
  • “Superconducting Magnetic Separation System for Volume Reduction and Recycle of Removed Soil”, ・ Y. Akiyama, H. Horie(Osaka University), Y. Ito (Osaka University; Currently Kyoto University), S. Nishijima (Fukui University of Technology),
  • “Removal of Iron Scale from Feed-water in Thermal Power Plant by Magnetic Separation”, J. Yamamoto, M. Hiramatsu, Y. Akiyama(Osaka University), F. Mishima, S. Nishijima(Fukui University of Technology), H. Okada, N. Hirota, H. Matsuura, S. Namba, T. Sekine, Poster
  • “Fundamental Study on Cancer Therapy by Blocking Newborn Blood Vessels with Magnetite Particles”, ・ M. Kirimura, Y. Akiyama(Osaka University), S. Nishijima(Fukui University of Technology), Poster
国内会議
第94回 2017年度春季低温工学・超電導学会 2017年5月23日-24日 (タワーホール船堀)
  • 「磁気アルキメデス法による非鉄金属の選別に関する研究」、伊藤祐介、三澤弘平、秋山庸子(大阪大学)、西嶋茂宏(福井工業大学)、第94回2017年度春季低温工学・超電導学会 講演概要集、p.156,3C-a05、2017.5.22発行、ISSN0919-5998、磁気分離
  • 「磁気分離法による火力発電所給水中のスケール除去に関する研究-スケールの物理・化学的性質の検討-」、平松まみ、山本隼也、秋山庸子(大阪大学)、三島史人、西嶋茂宏(福井工業大学)、岡田秀彦、廣田憲之(NIMS)、松浦英樹、難波正徳(四国総研)、関根智一(荏原工業洗浄株式会社)、第94回2017年度春季低温工学・超電導学会 講演概要集、p.157,3C-a06、2016.5.22発行、ISSN0919-5998、磁気分離
  • 「磁気分離法による火力発電所給水中のスケール除去に関する研究-フィルターシステムの設計-」、山本隼也、平松まみ、秋山庸子(大阪大学)、三島史人、西嶋茂宏(福井工業大学)、岡田秀彦、廣田憲之(NIMS)、第94回2017年度春季低温工学・超電導学会 講演概要集、p.158,3C-a07、2017.5.22発行、ISSN0919-5998、磁気分離
  • 「核融合炉用超電導磁石絶縁材料の照射効果に関する研究-放射線照射による電気絶縁性能の変化-」、鬼頭駿介、秋山庸子(大阪大学)、西嶋茂宏(福井工業大学)、第94回2017年度春季低温工学・超電導学会 講演概要集、p.176、3D-a06、2017.5.22発行、ISSN0919-5998、構造材料
第6回 環境放射能除染研究発表会 2017年7月19日 (とうほう・みんなの文化センター)
  • 「汚染土壌微粒子懸濁液の固液分離法に関する研究」、秋山庸子(大阪大学)、伊藤裕介(大阪大学(現:京都大学))、西嶋茂宏(福井工業大学)、第6回 環境放射能除染研究発表会 要旨集、セッション6.減容技術3、p.24、S6-3
  • 「磁気力制御を用いた除去土壌の減容化・再生利用に関する基礎的研究 ~有機物処理の検討~」、堀江裕貴、秋山庸子(大阪大学)、三島史人、西嶋茂宏(福井工業大学)、三ツ井誠一郎、梅澤克洋、加藤貢、岡田尚(JAEA)、関山富男(検査開発株式会社)、第6回 環境放射能除染研究発表会 要旨集、セッション11.減容技術4、p.22、S6-1
日本原子力学会「2017年秋の大会」 2017年9月14日-15日(北海道大学)
  • 「除去土壌の減容・再生利用を目指した超電導磁気分離システムの検討」、秋山庸子、堀江裕貴、伊藤裕介(大阪大学)、西嶋茂宏(福井工業大学)、日本原子力学会「2017年秋の大会」プログラム、一般セッションⅥ.保健物理と環境科学[3P05-08]廃棄物と環境安全評価、p.56、[3P06]
  • 「持続可能な坑廃水処理システムの検討」、椋田千聖、秋山庸子(大阪大学)、西嶋茂宏(福井工業大学)、日本原子力学会「2017年秋の大会」プログラム、一般セッションⅥ.保健物理と環境科学[2Q10-14]環境修復、p.58、[2Q14]
2017 磁気力制御・磁場応用 夏の学校 2017年9月28日 (国立オリンピック記念青少年総合センター)
  • 「磁気分離法による火力発電所給水中のスケール除去に関する研究」、山本隼也、平松まみ、秋山庸子(大阪大学)、三島史人、西嶋茂宏(福井工業大学)、岡田秀彦、廣田憲之(NIMS)、松浦英樹、難波正徳(四国総研)、関根智一(荏原工業洗浄株式会社)、ポスターセッション B-1
  • 「磁気分離によるセシウム含有土壌の減容化の研究 -有機物処理の検討-」、西本湧希、堀江裕貴、秋山庸子(大阪大学)、西嶋茂宏(福井工業大学)、三ツ井誠一郎、梅澤克洋、加藤貢、岡田尚、関山富男、ポスターセッション B-2
第12回日本磁気科学会年会 2017年11月15日 (京都大学・百周年時計台記念館)
  • 「磁気アルキメデス法による非鉄金属の選別に関する研究」、伊藤祐介、三澤弘平、秋山庸子(大阪大学)、西嶋茂宏(福井工業大学)、ポスターセッション P-40
  • 「高勾配磁気分離法による火力発電所給水中のスケール除去に関する研究-スケールの凝集状態の検討-」、平松まみ、山本隼也、秋山庸子(大阪大学)、三島史人、西嶋茂宏(福井工業大学)、岡田秀彦、廣田憲之(NIMS)、松浦英樹、難波正徳(四国総研)、関根智一(荏原工業洗浄株式会社)、ポスターセッション P-42
  • "Remediation of Mining Groundwater Contaminated by Heavy Metals using Magnetic Separation Technique," Albino Amosse and Yoko Akiyama, ポスターセッション P-45
第95回 2017年度秋季 低温工学・超電導学会 2017年11月21日 (高知市文化プラザかるぽーと)
  • 「磁気分離を用いた除去土壌の減容・再生利用に関する研究~前処理としての土壌分散と高度分級~」、橋本陽介、秋山庸子(大阪大学)、西嶋茂宏(福井工業大学)、磁場応用、口頭発表、p.27,1B-a08,ISSN0919-5998
第16回低温工学・超電導若手合同講演会 2017年12月1日 (大阪市立大学文化交流センター)
  • 「超電導磁石を用いた磁気アルキメデス法によるプラスチック選別に関する研究」、三澤弘平、秋山庸子(大阪大学)、三島史人、西嶋茂宏(福井工業大学)、磁気分離、口頭発表、p.21

招待講演・依頼講演(2017year)

【秋山庸子】
2017年3月21日 於:触り心地の定量評価と製品開発への応用~触感と物理量の関係性~、技術情報協会主催
  • 題目‐「材料の触感設計のための手法と課題」
2017年5月26日 於:㈱林原研究開発本部講演会、㈱林原主催
  • 題目‐「触感をはかる~触感の物理モデル構築と快・不快の定量化~」
2018年1月26日 於:低温工学・超電導学会関西支部 2017年度第4回講演会、公益社団法人低温工学・超電導学会関西支部主催
  • 題目‐「超電導高勾配磁気分離を用いたCs汚染土壌減容化の試み」
2018年2月21日 於:関西発仕事コンソーシアム~“夢”やってみなはれ勉強会~、関西発仕事コンソーシアム 事務局主催
  • 題目‐「心地よさを科学する」

その他(2017year)

著書
  • 「各種事例から学ぶ官能評価~実施計画・実施時の留意点からパネル管理の実際、データ解釈・取扱いまで~」、分担共著、西嶋茂宏、秋山庸子他、第9章 第5節 化粧品使用感設計に用いる官能評価とオロジー・トライボロジー、pp.216-226、㈱情報機構、2008年7月29日第一刷発行(ISBN 978-7-904080-07-8)
  • 「化粧品の使用感評価法と製品展開」、監修:秋山庸子、西嶋茂宏、株式会社シーエムシー出版、2008年12月25日発行(ISBN 978-4-7813-0072-6)
  • 「レオロジーの測定とコントロール一問一答集」、分担共著、「第18節スキンケア製品の塗り心地を評価するには?」、秋山庸子、西嶋茂宏、pp.219-226、㈱技術情報協会、2010年9月発行
  • 「動的粘弾性の測定とデータ解釈 事例集」、分担共著、「第3節 粘弾性の観点から見たスキンケア製品の塗り心地と使用感」、秋山庸子、西嶋茂宏、pp.289-298、㈱技術情報協会、2012年6月発行
  • 「新商品開発における【高級・上質・本物】感を付与、演出する技術」、分担共著、第2章【高級感/上質感/本物感】の各調査、評価、測定方法、「材料の触感設計のための手法と課題~いかにして触感を測るか?~」、秋山庸子、西嶋茂宏、pp.55-60、㈱技術情報協会、2012年8月発行
  • 「化粧品、医薬品、健康食品、美容、生活用品における皮膚の測定・評価法バイブル」、分担共著、第2部 各種製品の評価編、 第5章 使用感評価を行いたい、第1節 化粧品と医薬品(さっぱり感,しっとり感,べたつきなど)、秋山庸子、西嶋茂宏、pp.535-541、㈱技術情報協会、2013年5月発刊
  • 「官能評価活用ノウハウ・感覚の定量化・数値化手法」、分担共著、第6章 官能評価でよく起こる問題、トラブル第1節 機器測定と官能評価のデータ相関、秋山庸子、pp.153-155、㈱技術情報協会、2014年6月発刊
  • 「化粧品に求められる使用感の共有と感性価値の数量化・定量化」、分担共著、第3章 触感・肌触りの発現メカニズムと数値化・定量化~使用感を科学する~、第1節 使用感に影響を与えるさまざまな物理的因子と人の感性との相関、秋山庸子、pp.27-37、サイエンス&テクノロジー、2014年10月発行
  • 「エマルションの特性評価と新製品開発、品質管理への活用」、分担共著、第5章 香粧品分野におけるエマルションの分析、製品評価、第3節 スキンケアエマルジョンのレオロジー測定と使用感評価、秋山庸子、pp.289-292、㈱技術情報協会、2014年10月発行
  • 「表面・界面技術ハンドブック~材料創製・分析・評価の最新技術から先端産業への適用、環境配慮まで~」、分担共著、 第3編 表面・界面技術から見た日本の先端技術、第9章 スキンケア、第2節 皮膚の触感とトライボロジー、秋山庸子、㈱エヌ・ティー・エス、2016年4月発行
  • 「電気学会技術報告第1372号 福島の現状と超電導磁気分離システムを利用した除染技術の動向」超電導磁気分離システムを利用した除染技術調査専門委員会編、分担共著、西嶋茂宏、秋山庸子、三島史人、社団法人電気学会 電力・エネルギー部門 超電導機器技術委員会、2016年5月発行(ISSN0919-9195)
  • 「衛生製品とその材料開発 事例集-紙オムツ、生理用品、マスク-」第6章 繊維製品の肌触り、快適性評価・2節 触感の定量評価とその繊維製品開発への応用、pp.210-214、秋山庸子、㈱技術情報協会、2016年12月発行(ISBN978-4-86104-637-7)
  • 「触り心地の制御、評価技術と 新材料・新製品開発への応用」第2章 触り心地の見える化と定量評価・第8説 「なめらかさ」の解釈・解析とその評価、pp.97-102 、秋山庸子、㈱技術情報協会、2016年2月発行(ISBN 978-4-86104-642-1)
その他報告書・発表 発明、特許
【特許確定,特許原簿登録済】
  • 「毛髪の評価方法」 特願2015-162891 公開番号 特開2017-40578 出願人 大阪大学長 発明者 秋山庸子、 他3名 
【公開広報通知済】
【出願提出】
  • 「磁気分離装置」 特許出願中 出願人 大阪大学長 発明者 秋山庸子、他7名

原著・論文(2016year)

原著, 論文【査読有】
  • “Development of Superconducting High Gradient Magnetic Separation System for Scale Removal from Feed-water in Thermal Power Plant”, S. Shibatani, M. Nakanishi, N. Mizuno, F. Mishima, Y. Akiyama, H. Okada, N. Hirota, H. Matsuura, T. Maeda, N. Shigemoto, S. Nishijima, Progress in Superconductivity and Cryogenics, Vol.18, No.1, pp.19-22, March.2016 (DOI:10.9714/psac.2016.18.1.019)
  • “Development of volume reduction method of cesium contaminated soil with magnetic separation”, K. Yukumatsu, N. Nomura, F. Mishima, Y. Akiyama, S. Nishijima, Progress in Superconductivity and Cryogenics, Vol.18, No.1, pp.10-13, March.2016 (DOI:10.9714/psac.2016.18.1.010)
  • “Study of the separation method of structural isomer using Magneto-Archimedes method”, T. Mori, T. Kobayashi, F. Mishima, Y. Akiyama, S. Nishijima, Progress in Superconductivity and Cryogenic, Vol.18, No.1,pp.14-18, March.2016 (DOI:10.9714/psac.2016.18.1.014)
  • “Past and ongoing researches for magnetic force control technology”, T. Mori, S. Nishijima, Progress in Superconductivity and Cryogenics, Vol.18, No.1, pp.23-27, March.2016 (DOI:10.9714/psac.2016.18.1.023)
  • “Development of a magnetic separation system of boiler feed water scale in thermal power plants”, H. Okada, K. Imamura, N. Hirota, T. Ando, S. Shibatani, N. Mizuno, M. Nakanishi, F. Mishima, Y. Akiyama, S. Nishijima, H. Matsuura, T. Maeda, N. Shigemoto, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, VOL.26, NO.3, Page(s)3701505, April.2016 (DOI: 10.1109/TASC.2016.2541682)
  • ]
  • “Study on Magnetic Separation Device for Scale Removal From Feed-Water in Thermal Power Plant”, S. Shibatani, M. Nakanishi, N. Mizuno, F. Mishima, Y. Akiyama, H. Okada, N. Hirota, H. Matsuura, T. Maeda, N. Shigemoto, S. Nishijima, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, VOL.26, NO.4, Page(s)3700304, June.2016 (DOI: 10.1109/TASC.2016.2523433.)
  • “Study on Volume Reduction of Cesium Contaminated Soil by Magnetic Separation”, K. Yukumatsu, N. Nomura, F. Mishima, Y. Akiyama, S. Nishijima, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, VOL.26, NO.4, Page(s)3700604, June.2016 (DOI: 10.1109/TASC.2016.2526030)
  • 「Csの物理的・化学的移行による土壌の減容化に関する研究」、野村直希、関谷一輝、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、環境放射能除染学会誌、4巻、4号、pp.337-346(2016.12)
解説・総説【査読無】
  • 「特別レポート:震災から4年半、除染の現場をたどる -福島復興ツアー参加者からの報告-、寄稿① 福島復興支援ツアー その狙いと成果」、西嶋茂宏、環境施設、No.141、pp.2-9、2015.9.1発行、ISSN 0389-1232
  • 「新シリーズ:福島問題の考え方-放射線を正しく理解する【第1章】汚染食品を食した場合の被ばく-放射線の単位と許容被ばく限度-」、西嶋茂宏、環境施設、No.142、pp. 25-35、2015.12.1発行,ISSN0389-1232
  • 「シリーズ:福島問題の考え方-放射線を正しく理解する【第2章】放射線の種類と生体影響」、西嶋茂宏、環境施設、No.143、pp.22-35、2016.3.1発行、ISSN0389-1232
  • 「シリーズ:福島問題の考え方-放射線を正しく理解する【第3章】被ばくの影響」、西嶋茂宏、環境施設、No.144、pp. 22-33 、2016.6.1発行、ISSN0389-1232
  • 「除染の現場へ再び 1年間の変化と現状をみる」、西嶋茂宏、環境施設、No.145、pp.2-7、2016.9.1発行、ISSN0389-1232

学会発表(2016year)

国際会議
International Workshop On Construction of Low-Carbon Society Using Superconducting and Cryogenics Technology, March. 8, 2016 (Osaka, JAPAN)
  • “Iron Oxide Scale Removal from Boiler Feed-Water in Thermal Power Plant by Magnetic Separation”, S. Nishijima, Session III: Magnetic Field Application,⑨
1st Asian ICMC - CSSJ 50th Anniversary Conference, November. 9-10, 2016 (Kanazawa, JAPAN)
  • “Removal of Iron Oxide Scale from Feed-water in Thermal Power Plant by Using Magnetic Separation”, M. Nakanishi, S. Shibatani, Y. Akiyama, S. Nishijima (Osaka University), F. Mishima (Fukui University of Technology), Poster Session, Magnetic Separation,p.147,2P-p53, Nov.9.2016
  • “Irradiation Effect of the Insulating Materials for Fusion Superconducting Magnets at Cryogenic Temperature”, K. Kobayashi, Y. Akiyama, S. Nishijima, Poster Session, Cryogenic Structual and Insulation Materials 1, p.128,2P-p34, Nov.10.2016
  • “Study on Separation of Structural Isomer with Magneto-Archimedes Method”, T. Kobayashi, T. Mori, Y. Akiyama(Osaka University), F. Mishima(Fukui University of Technology), S. Nishijima (Osaka University), Oral Session, Evaluation and Analysis, p.254,3C-a04, Nov.10.2016
The 7th International Forum on Magnetic Force Control in Kanazawa, November. 11, 2016 (Kanazawa, JAPAN)
  • “Fundamental Study on Gene Transfer Utilizing Magnetic Force and Jet Injector”, T. Hasegawa, H. Nakagami, Y. Akiyama, S. Nishijima, Oral SessionⅡ,⑦
  • “Irradiation Effect of the Insulating Materials for Fusion Superconducting Magnets at Cryogenic Temperature”, K. Kobayashi, Y. Akiyama, S. Nishijima, Poster Session, P-2
  • “Removal of Iron Oxide Scale from Feed-water in Thermal Power Plant by Using Magnetic Separation”, M. Nakanishi, S. Shibatani, Y. Akiyama, S. Nishijima(Osaka University), F. Mishima(Fukui University of Technology), Poster Session, P-4
  • “Study on Separation of Structural Isomer with Magneto-Archimedes Method”, T. Kobayashi, T. Mori, Y. Akiyama(Osaka University), F. Mishima(Fukui University of Technology), S. Nishijima(Osaka University), Poster Session, P-5
29th International Symposium On Superconductivity, December. 14, 2016 (Tokyo, JAPAN)
  • “Volume Reduction of Cesium Contaminated Soil by High Gradient Magnetic Separation Using Superconducting Magnet”, S. Nishijima, K. Yukumatsu, H. Horie, N. Nomura, Y. Akiyama, F. Mishima, T. Sekiyama, S. Mitsui, M. Kato, Oral Session, p.119, AP4-2
  • “The separation of structural isomer using Magneto-Archimedes method”, T. Mori, T. Kobayashi, F. Mishima, Y. Akiyama, S. Nishijima, Oral Session, p.121, AP4-5
  • “Study on Volume Reduction of Cesium Contaminated Soil by Magnetic Separation~Pretreatment of Organic Matter~”, H. Horie, K. Yukumatsu, F. Mishima, Y. Akiyama, S. Nishijima, Oral Session, p.120, AP4-3
  • “Separation of Flame and Nonflame-retardant Plastics Utilizing Magneto-Archimedes Method”, K. Misawa, T. Kobayashi, T. Mori, F. Mishima, Y. Akiyama, S. Nishijima, Oral Session, p.120, AP4-4
国内会議
第93回 2016年度春季(学会50周年記念)低温工学・超電導学会 2016年6月1日 (タワーホール船堀)
  • 「磁気分離を用いた火力発電所給水中の酸化鉄スケール除去」、西嶋茂宏、水野信洋、柴谷沙織、中西基裕、三島史人、秋山庸子、岡田秀彦(NIMS)、廣田憲之(NIMS)、難波正徳(四国総研)、前田龍己(四国総研)、松浦英樹(四国総研)、第93回2016年度春季(学会50周年記念)低温工学・超電導学会 講演概要集、p.151、3C-a04、2016.5.30発行、ISSN0919-5998、タワーホール船堀、登壇者:秋山庸子、磁気分離(2)
  • 「磁気アルキメデス法による難燃性/非難燃性プラスチックの分離に関する研究」、三澤弘平、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、第93回2016年度春季(学会50周年記念)低温工学・超電導学会 講演概要集、p.152、3C-a05、2016.5.30発行、ISSN0919-5998、磁気分離(2)
  • 「磁気力制御を用いたセシウム汚染土壌の減容化に関する研究-有機物処理の検討-」、堀江裕貴、行松和輝、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、第93回2016年度春季(学会50周年記念)低温工学・超電導学会 講演概要集、p.153、3C-a06、2016.5.30発行、ISSN0919-5998、磁気分離(2)
  • 「超電導高勾配磁気分離法を用いたセシウム汚染土壌の減容化」、行松和輝、堀江裕貴、秋山庸子、三島史人、西嶋茂宏、第93回2016年度春季(学会50周年記念)低温工学・超電導学会 講演概要集、p.154、3C-a07、2016.5.30発行、ISSN0919-5998、登壇者・秋山庸子、磁気分離(2)
金属・セラミックス 超電導機器 合同研究会 「超電導応用ならびに材料関連技術」 2016年6月29日 (大阪大学吹田キャンパス)
  • 「磁気分離を用いた火力発電所給水中の酸化鉄スケール除去」、西嶋茂宏、水野信洋、柴谷沙織、中西基裕、秋山庸子(大阪大学)、三島史人(福井工業大学)、岡田秀彦、廣田憲之(NIMS)、難波正徳、松浦英樹(四国総研)、前田龍己(元四国総研)、電気学会研究会資料、pp.85-89、MC-16-030、ASC-16-030
  • 「磁気力制御によるセシウム汚染土壌の減容化」、行松和輝、秋山庸子、西嶋茂宏(大阪大学)、三島史人(福井工業大学)、電気学会研究会資料、pp.91-95、MC-16-031、ASC-16-031、登壇者・秋山庸子
  • 「超電導磁石を用いた磁気アルキメデス法による難燃性/非難燃性プラスチックの分離」、三澤弘平、秋山庸子、西嶋茂宏(大阪大学)、三島史人(福井工業大学)、電気学会研究会資料、pp.97-102、MC-16-032、ASC-16-032
  • 「磁気アルキメデス法を用いた構造異性体の分離」、森達也、小林剛之、秋山庸子、西嶋茂宏(大阪大学)、三島史人(福井工業大学)、電気学会研究会資料、pp.103-106、MC-16-033、ASC-16-033
第5回 環境放射能除染研究発表会 2016年7月7日 (とうほう・みんなの文化センター)
  • 「磁気分離技術を用いた除染土壌の減容化」、行松和輝、堀江裕貴、秋山庸子、西嶋茂宏(大阪大学)、三島史人(福井工業大学)、第5回 環境放射能除染研究発表会 要旨集、セッション11.減容技術4、p.46、S11-3
  • 「磁気力制御を用いた除去土壌の減容化に関する研究~有機物除去の検討~」、堀江裕貴、行松和輝、秋山庸子、西嶋茂宏(大阪大学)、三島史人(福井工業大学)、第5回 環境放射能除染研究発表会 要旨集、セッション11.減容技術4、p.47、S11-4
日本老年看護学会 第21回学術集会 2016年7月24日 (大宮ソニックシティ)
  • 「車椅子の普通座りと仙骨座りにおける座圧分布と行動の経時的変化」、白井みどり、秋山庸子、清水彩香、西田優子、三好彩佳、佐々木八千代、P-98
日本原子力学会「2016年秋の大会」 2016年9月9日 (久留米シティプラザ)
  • 「超電導磁気分離技術を用いたセシウム汚染土壌の減容化」、秋山庸子、行松和輝、堀江裕貴、西嶋茂宏(阪大)、三島史人(福井工大)、関山富男、三ツ井誠一郎、加藤貢(JAEA)、日本原子力学会「2016年秋の大会」日程表、一般セッションⅥ.保健物理と環境科学、p.38.[3J03]
第67回 コロイドおよび界面化学討論会 2016年9月22日 (北海道教育大学旭川校)
  • 「シャンプー剤中の塩が毛髪すべり性に与える影響」、秋山庸子(阪大)、松江由香子(クラシエホームプロダクツ株式会社)、森達也、西嶋茂宏(阪大)、第67回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集、p.65、1A21
第15回 磁気力制御・磁場応用 夏の学校 2016年9月16日 (横浜市技能文化会館)
  • 「磁気アルキメデス法による難燃性/非難燃性プラスチックの分離」、伊藤祐介、三澤弘平、小林剛之、三島史人(福井工大)、秋山庸子、西嶋茂宏、ポスターセッション B-1
  • 「磁気力と無針注射を用いた遺伝子導入に関する基礎的研究」、伊藤裕介、長谷川崇志、中神啓徳、三島史人(福井工大),秋山庸子、西嶋茂宏、ポスターセッション B-2
  • 「超電導磁石用絶縁材料の照射効果 -圧縮応力下でのせん断強度-」、鬼頭駿介、小林浩二、高橋知寛、秋山庸子、西嶋茂宏、ポスターセッション B-3
  • 「磁気分離による火力発電所給水中のスケール除去に関する研究-スケールの化学形態-」、平松まみ、中西基裕、柴谷沙織、三島史人(福井工大)、岡田秀彦、廣田憲之(NIMS)、松浦英樹、難波正徳(四国総研)、ポスターセッション B-4
  • 「磁気力制御を用いたセシウム汚染土壌の減容化に関する研究~有機物の検討~」、椋田千聖、堀江裕貴、行松和輝、三島史人(福井工大)、秋山庸子、西嶋茂宏、ポスターセッション B-5
  • 「高勾配磁気分離法による火力発電所給水中の 酸化鉄スケール除去に関する研究 -磁気フィルターの検討-」、山本隼也、柴谷 沙織、中西 基裕、水野 信洋、岡田秀彦、廣田憲之(NIMS)、松浦英樹、難波正徳(四国総研)、三島史人(福井工業大学)、ポスターセッション B-6
第11回 日本磁気科学会年会 2016年11月16日 (国立研究開発法人 物質・材料研究機構)
  • 「磁気力制御による Cs汚染土壌の減容化」、西嶋茂宏、秋山庸子、行松和輝、堀江裕貴(大阪大学)、三島史人(福井工業大学)、岡田秀彦、廣田 憲之(物材機構)、関山富男、三ツ井誠一郎、加藤貢(JAEA)、p.42-43、O-21
  • 「超電導磁気分離法を用いた火力発電所給水中のスケール除去」、岡田秀彦、廣田憲之(物材機構)、水野信洋、柴谷沙織、中西基裕、秋山庸子、西嶋茂宏(阪大)、三島史人(福井工大)、松浦英樹、難波正徳(四国総合研究所)、第92回 2015 年度 秋季低温工学・超電導学会、p.40-41、O-20
先端的低炭素化技術開発(ALCA) 戦略的イノベーション創出推進プログラム(S-イノベ) 超伝導関連研究開発テーマ 合同公開シンポジウム 2016年12月19日 (科学技術振興機構 東京本部)
  • 「磁気分離法による発電所ボイラー給水中の酸化鉄除去」、西嶋茂宏 、13:40-14:10

招待講演・依頼講演(2016year)

【西嶋茂宏】
2016年4月21日 於:第42回シンポジウム/第20回超伝導科学技術賞授賞式、一般社団法人未踏科学技術協会 超伝導科学技術研究会主催
  • 題目‐「超伝導磁気力制御技術の開発-実用化を目指して-」-西嶋茂宏
2016年5月20日 於:第53期支部報告会 記念講演会、公益社団法人空気調和・衛生工学会 近畿支部主催
  • 題目‐「磁場技術によるエネルギー・環境問題への挑戦-福島汚染土壌減容化、火力発電スケール除去、プラスチックのリサイクル-」-西嶋茂宏
2016年9月14日 於:電気学会 超伝導機器技術委員会、電気学会 超伝導機器技術委員会主催
  • 題目‐「超電導のニーズの考え方」-西嶋茂宏
2016年9月15日 於:第15回 磁気力制御・磁場応用 夏の学校、電気学会 超伝導機器技術委員会主催
  • 題目‐「超電導磁気分離装置の開発」-西嶋茂宏
2016年9月21日 於:第19回「関西発仕事コンソーシアム~”夢”やってみなはれ勉強会~」、「関西発仕事コンソーシアム」事務局主催
  • 題目‐「福島原発から学ぶこと ~原子力の光と影~」-西嶋茂宏
2016年10月24日 於:2016年度低温工学・超電導学会 第2回「高温超電導バルク体の磁気的挙動に関する応用調査研究会」、低温工学・バルク磁気的挙動委員会主催
  • 題目‐「高温超電導体バルクマグネットを用いた磁気力制御技術-MDDS,構造異性体分離、プラスチックリサイクル-」-西嶋茂宏
2016年11月10日 於:1st Asian ICMC - CSSJ 50th Anniversary Conference、Cryogenics and Superconductivity Society of Japan主催
  • 題目‐「Iron Oxide Scale Removal from Boiler Feed-Water in Thermal Power Plant by Magnetic Separation」-西嶋茂宏
【秋山庸子】
2016年6月17日 於:2016年度 材料研究会/超電導応用研究会 合同シンポジウム テーマ:福島の現状と除染に向けた取り組み、公益社団法人低温工学・超電導学会 材料研究会・超電導応用研究会主催
  • 題目‐「超電導磁気分離を用いた汚染土壌減容化」-秋山庸子
2016年7月27日 於:触り心地の測定・評価・解析技術、技術情報協会主催
  • 題目‐「材料の触感設計のための手法と課題~いかにして触感を測るか?~」-秋山庸子

その他(2016year)

著書
  • 「表面・界面技術ハンドブック~材料創製・分析・評価の最新技術から先端産業への適用、環境配慮まで~」、分担共著、第3編 表面・界面技術から見た日本の先端技術、第9章 スキンケア、第2節 皮膚の触感とトライボロジー、秋山庸子、㈱エヌ・ティー・エス、2016年4月発行
  • 「電気学会技術報告第1372号 福島の現状と超電導磁気分離システムを利用した除染技術の動向」、超電導磁気分離システムを利用した除染技術調査専門委員会編、分担共著、西嶋茂宏、秋山庸子、三島史人、社団法人電気学会 電力・エネルギー部門 超電導機器技術委員会、2016年5月発行(ISSN0919-9195)
  • 「衛生製品とその材料開発 事例集-紙オムツ、生理用品、マスク-」第6章 繊維製品の肌触り、快適性評価・2節 触感の定量評価とその繊維製品開発への応用、pp.210-214、秋山庸子、㈱技術情報協会、2016年12月発行(ISBN978-4-86104-637-7)
その他報告書・発表
  • 2015年度調査研究会活動報告「多次元拘束磁場の発生と物質応答に関する調査研究会」、西嶋茂宏、低温工学、第51巻、第5号、pp.221-225、2016年5月20日発行
  • 「汚染水処理について」発表・報告、秋山庸子、H28年度 第2回 電気学会「除染技術への超電導磁気力制御法の適用」調査専門委員会、2016年7月28日
  • 材料研究会/超電導応用研究会だより、西嶋茂宏、低温工学、51巻、8号、pp.431-433、2016年11月25日発行
  • 関西支部だより、川上巌、秋山庸子、低温工学、51巻、8号、pp.435-437、2016年11月25日発行
発明、特許
【特許確定,特許原簿登録済】
  • 「磁気分離方法及び磁気分離装置」 特許第3479690号 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏, 他2名 
  • 「磁気分離方法及び磁気分離装置」 特許第3538640号 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏, 他2名
  • 「磁気分離方法及び磁気分離装置」 特許第3513597号 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏, 他2名
  • 「被磁気分離体の製造方法及び被磁気分離体」 特許第3513594号 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏、武田真一、他1名
  • 「磁性体の製造方法, 磁性体及び砥粒」 特許第3541219号 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏、武田真一、他1名
  • 「温熱治療装置, マイクロカプセル及び注射剤」 特願2004-30729号 公開番号2006-116083 〈公開日H18年5月11日〉出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏、武田真一、他2名
  • 「磁性粒子を用いた遺伝子導入法およびDDS(Drug Delivery System)の確立」 特願2004-107897 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏、武田真一、他1名
  • 「三次元誘導装置及び方法、並びに薬剤配送システム」 国際出願番号PCT/JP2005/014480国際公開番号WO2006/03550 A1 (公開日2006年4月6日)出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏、武田真一
【公開広報通知済】
  • 「新規な5-アルコキシ-2-(2-ピリジルアゾ)フェノール化合物及び前記化合物を含む新規な光応答性LB膜並びにその用途」 出願人 理化学研究所 発明者 泉 佳伸 他4名  公開特許公報 特開平11-158148,1999.6/15
【出願提出】


原著・論文(2015year)

原著, 論文【査読有】
  • “Study on magnetic separation for decontamination of cesium contaminated soil by using superconducting magnet”, S.Igarashi, N.Nomura, F.Mishima, Y.Akiyama, S.Nishijima, Physica C: Superconductivity and Its Application, Vol.504, pp.144-147 (2014.2)
  • “Irradiation Effect on the Interface of the Composites Used as the Insulation Materials in the Nuclear FusionReactor ”, M.Hayashi, Y.Nakata, F.Mishima, Y.Akiyama, S.Nishijima, Physics Procedia, Volume 58, pp. 236?239 (2014.10)
  • “The Development of the Separation Apparatus of Phosphor by Controlling the Magnetic Force”, K.Wada, F.Mishima, Y.Akiyama, S.Nishijima, Physics Procedia, Volume 58, pp.252?255 (2014.10)
  • 「空気揚土撹拌式洗浄装置を用いた放射性セシウム汚染土壌の減容化―飯舘村と川内村における実証試験―」、惣田訓;舟橋彌典、森本成樹(サンエイ)、大槻宗司、堀出文男;橋本卓典(石垣)、池道彦;山下学(石垣)、東利保(サンエイ)、西嶋茂宏、環境技術、第43巻、12号、pp.729-738 (2014.12)
    • “Study on Volume Reduction of Contaminated Soil by Radioactive Cesium Using Magnetic Separation”, Y.Yoshida, K.Sekiya, N.Nomura, F.Mishima, Y.Akiyama, S.Nishijima, IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY, VOL. 25, NO. 3, Page(s)3700505 (2015.6)
    • “Removal of Iron Oxide With Superconducting Magnet High Gradient Magnetic Separation From Feed-Water in Thermal Plant”, N.Mizuno, F.Mishima, Y.Akiyama, H.Okada, N.Hirota, H.Matsuura, T.Maeda, N.Shigemoto, S.Nishijima, IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY, VOL.25, NO. 3, Page(s)3700804 (2015.6)
    • 「土壌におけるセシウムの微視的動態に関する研究」、吉田有輝、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、環境放射能除染学会誌、3巻、2号、pp.65-72 (2015.6)
    • “Characterization of the melting process of PTFE using positron annihilation spectroscopy”, Y.Honda, S.Nishijima, Journal of Physics,Conference Series 618 (2015) 012024, doi:10.1088/1742-6596/618/1/012024
    • “Feasibility of classification of clay minerals by using PAS”, Y.Honda, Y.Yoshida, Y.Akiyama, S.Nishijima, Journal of Physics,Conference Series 618 (2015) 012037, doi:10.1088/1742-6596/618/1/012037
    • 「磁気分離を用いたセシウム汚染土壌の減容化 」、秋山庸子 三島史人 西嶋茂宏、環境放射能除染学会誌、Vol.3 No.4 p.243-252 (2015年12月)
    • 「磁気分離技術の最新展開 」、西嶋茂宏、工業材料 、Vol.64 No.1 p.58-61 (2015年12月 )
    解説・総説【査読無】
    • 「磁気力を利用したプラスチック分別に関する研究」、西嶋茂宏、平成25年度共同利用研究成果報告書、pp. 21-25 (2014.9) 
    • “Study on the Irradiation Effect of Organic Insulation Materials for the Superconducting Magnet”, S.Nishijima, Y.Akiyama, F.Mishima, Y.Nakata, M.Hayashi, S.Imagawa, ANNUAL REPORT OF NATIONAL INSTITUTE FOR FUSION SCIENCE, April2013-March2014, p.278, 2-1, 11 (2014.11)

    学会発表(2015year)

    国際会議
    International Symposium on Rheology , Sep.23-25,2015 (Kobe,JAPAN)
    • “Study on the Mechanism of Change in Frictional Property of Human Hair by Shampoo”, Y.Akiyama, Y.Matsue, T.Mori, S.Nishijima, pp.308-309,3A10
    The 6th International Forum on Magnetic Force Control IFMFC SEOUL、2015年10月
    • “Study of Structutural Isomer Separation with Magneto-Archimedes Technoiogy”、 Shigehiro Nishijima
    • “Study on magnetic separation device for scale removal from feed-water in thermal power plant”、 Saori Shibatani, Motohiro Nakanishi, Nobumi Mizuno, Fumihito Mishima, Yoko Akiyama, Hidehiko Okada, Noriyuki Hirota, Hideki Matsuura, Tatsumi Maeda, Naoya Shigemoto, Shigehiro Nishijima
    • “Study on volume reduction of cesium contaminated soil by magnetic separation” 、Kazuki Yukumatsu, Naoki Nomura, Fumihito Mishima, Yoko Akiyama, Shigehiro Nishijima
    International Conference on Magnet Technology 24 、2015年10月
    • Study on volume reduction of cesium contaminated soil by magnetic separation 、Kazuki Yukumatsu, Naoki Nomura, Fumihito Mishima, Yoko Akiyama, Shigehiro Nishijima
    • Study on magnetic separation device for scale removal from feed-water in thermal power plant 、Saori Shibatani, Motohiro Nakanishi, Nobumi Mizuno, Fumihito Mishima, Yoko Akiyama, Hidehiko Okada, Noriyuki Hirota, Hideki Matsuura, Tatsumi Maeda, Naoya
    国内会議
    第54回日本生体医工学会大会  2015年5月8日 (名古屋国際会議場)
    • 「磁気誘導薬剤配送システムの開発」、西嶋茂宏、日本生体医工学会誌生体医工学 第53巻特別号プログラム・抄録集、Vol.53, Suppl.1, 2015, p.40, OS16-4
    第91回2015年度春季低温工学・超電導学会  2015年5月27-29日 (産業技術総合研究所つくばセンター共用講堂)
    • 「磁気力制御を用いたセシウム汚染土壌の減容化に関する研究~磁気分離のための前処理方法~」、秋山庸子、 関谷一輝、行松和輝、野村直希、三島史人、西嶋茂宏、第91回2015年度春季低温工学・超電導学会 講演概要集、p.51, 1D-p02
    • 「低温域の地熱資源有効活用のためのシリカスケール除去用磁気分離装置の開発」、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏; 阪口圭一、佐々木宗建(産総研);高木史昭、奥村嘉賀男(超電導機構)、第91回2015年度春季低温工学・超電導学会 講演概要集、p.66, 1P-p14
    • 「磁気アルキメデス法を用いた構造異性体の分離」、小林剛之、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、第91回2015年度春季低温工学・超電導学会 講演概要集、p.44, 1D-a01
    • 「磁気分離法による火力発電給水中のスケール除去に関する研究~酸化鉄スケールの化学形態と磁気分離効率~」、中西基裕、水野信洋、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏;岡田秀彦、廣田憲之(物材機構);松浦英樹、前田龍己、重本直也(四国総研)、第91回2015年度春季低温工学・超電導学会 講演概要集、p.48, 1D-a05
    • 「磁気分離法による火力発電給水中のスケール除去に関する研究―磁気フィルターの設計―」、柴谷沙織、水野信洋、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏;岡田秀彦、廣田憲之(NIMS);松浦英樹、前田龍己、重本直也(四国総研)、第91回2015年度春季低温工学・超電導学会 講演概要集、p.49, 1D-a06
    • 「磁気力制御を用いたセシウム汚染土壌の減容化に関する研究~磁気分離条件の検討~」、行松和輝、野村直希、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、第91回2015年度春季低温工学・超電導学会 講演概要集、p.50, 1D-p01
    • 「核融合炉用超電導磁石絶縁材料の照射効果に関する研究」、小林浩二、高橋知寛、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、第91回2015年度春季低温工学・超電導学会 講演概要集、p.95, 2C-a07
    • 「無針注射器と磁気力を用いた遺伝子導入に関する基礎的研究」、長谷川崇志、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、中神啓徳、第91回2015年度春季低温工学・超電導学会 講演概要集、p.136, 3A-p01
    第4回 環境放射能除染研究発表会 2015年7月8-9日 (タワーホール船堀)
    • 「セシウム移行処理による汚染土壌減容化手法の検討」、秋山庸子、関谷一輝、野村直希、三島史人、西嶋茂宏、第4回環境放射能除染研究発表会要旨集、p.28, S6-4
    • 「磁気分離法を用いた汚染土壌減容化に関する研究」、行松和輝、野村直希、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、第4回環境放射能除染研究発表会要旨集、p.29, S6-5
    第14回 磁気力制御・磁場応用 夏の学校 2015年9月3-4日 (石川県勤労者福祉文化会館)
    • 「超電導磁石を用いた高勾配磁気分離法による火力発電所給水中のスケール除去に関する研究-磁気フィルターの設計- 」、柴谷沙織、中西基裕、水野信洋、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、第14回 磁気力制御・磁場応用 夏の学校、P-1
    • 「無針注射と磁気力を併用した遺伝子導入に関する基礎的研究 」、桐村誠、長谷川崇志、中神啓徳、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、第14回 磁気力制御・磁場応用 夏の学校、P-2
    • 「磁気分離法を用いたCs汚染土壌の減容化技術に関する研究 ~磁気分離条件の検討~ 」、橋本陽介、行松和輝、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、 第14回 磁気力制御・磁場応用 夏の学校、P-3
    • 「磁気力制御を用いたCs汚染土壌の減容化に関する研究~磁気分離のための前処理方法~」、堀江裕貴、野村直希、行松和輝、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、 第14回 磁気力制御・磁場応用 夏の学校、P-4
    • 「磁気アルキメデス法を利用した構造異性体の分離」、三澤弘平、小林剛之、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、第14回 磁気力制御・磁場応用 夏の学校、P-5 
    • 「超電導磁石を用いた高勾配磁気分離法による火力発電所給水中のスケール除去に関する研究-磁気フィルターの設計- 」、柴谷沙織、中西基裕、水野信洋、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、第14回 磁気力制御・磁場応用 夏の学校 、P-1
    第92回 2015年度秋季 低温工学・超電導学会  2015年12月2日~3日(姫路商工会議所)
    • 「磁気分離法を用いた汚染土壌減容化技術に関する研究」、行松 和輝,三島 史人,秋山 庸子,西嶋 茂宏、第92回 2015年度秋季 低温工学・超電導学会
    • 「磁気分離法による火力発電給水中のスケール除去に関する研究 ~酸化鉄スケールの化学形態と磁気分離効率~ 」、:中西 基裕,水野 信洋,三島 史人,秋山 庸子,西嶋 茂宏(大阪大学);岡田 秀彦,廣田 憲之(物材機構);松浦 英樹, 前田 龍己(四国総研);重本 直也(元四国総研) 、第92回 2015 年度 秋季低温工学・超電導学会
    • 「核融合炉用超電導磁石絶縁材料の放射線照射効果に関する研究‐組み合わせ応力下での破壊‐ 」、髙橋 知寛,小林浩二,三島 史人,秋山 庸子,西嶋 茂宏 、第92回 2015 年度 秋季低温工学・超電導学会
    • 「セシウム動態に基づく汚染コンクリート瓦礫の除染・減容化技術に関する研究 」、岡田 俊介, 三島 史人,秋山 庸子,西嶋 茂宏 、2015度 秋季低温工学・超電導学会
    • 「無針注射器と磁気力を用いた遺伝子導入に関する基礎的研究 」、長谷川崇志,三島 史人,秋山 庸子,西嶋 茂宏,中神 啓徳 、第92回 2015年度 秋季低温工学・超電導学会
    • 「核融合炉用超電導磁石絶縁材料の照射効果に関する研究-マトリックスと界面の照射効果の検討- 」、小林浩二  高橋知寛 三島史人 秋山庸子 西嶋茂宏 、第92回 2015年度 秋季 低温工学・超電導学会
    • 「磁気分離法による火力発電給水中のスケール除去に関する研究―磁気フィルターの設計― 」、柴谷沙織,中西基裕,水野信洋,三島史人,秋山庸子,西嶋茂宏,岡田秀彦,廣田憲之,松浦英樹,前田龍己,重本直也 、第92回 2015年度 秋季低温工学・超電導学会
    • 「超電導磁石を用いた磁気分離による 火力発電所給水中のスケール除去」、水野 信洋,柴谷 沙織, 中西 基裕, 三島 史人,秋山 庸子,西嶋 茂宏,松浦 英樹,前田 龍己,重本 直也, 第92回 2015年度秋季 低温工学・超電導学会
    • 「磁気アルキメデス法による構造異性体の分離 」、小林 剛之、三島 史人、秋山 庸子、西嶋 茂宏、第92回 2015年度 秋季低温工学・超電導学会
    第14回 低温工学・超伝導若手合同講演会  2015年12月11日(大阪市立大学文化交流センター)
    • 「核融合炉用超電導磁石絶縁材料の照射効果に関する研究-マトリックスと界面の照射効果の検討- 」、小林浩二、高橋知寛,三島史人,秋山庸子,西嶋茂宏 、第14回 低温工学・超伝導若手合同講演会
    • 「無針注射器と磁気力を用いた遺伝子導入に関する基礎的研究 」、三島 史人,秋山 庸子,西嶋 茂宏,中神 啓徳 、第14回低温工学若手合同講演会
    • 「磁気分離法による火力発電給水中のスケール除去に関する研究」、中西 基裕,水野 信洋,三島 史人,秋山 庸子,西嶋 茂宏(大阪大学);岡田 秀彦,廣田 憲之(物材機構);松浦 英樹, 前田 龍己(四国総研);重本 直也(元四国総研) 、第14回低温工学・超伝導若手合同講演会
    • 「磁気アルキメデス法による構造異性体の分離 」、小林 剛之、三島 史人、秋山 庸子、西嶋 茂宏、第14回 低温工学・超電導若手合同講演会

    招待講演・依頼講演(2015year)

    【西嶋茂宏】
    2014年12月15日 於:日本における『環境問題』に対する取り組み方とは?-「放射能汚染」の現状と今後のあり方-、一般社団法人 日本リスクマネジャネットワーク(JRMN)主催
    • 題目‐「土壌汚染に関する「除染」についての現況」-西嶋茂宏
    2015年3月24日 於:平成 27 年電気学会全国大会 シンポジウム講演 S8:高温超電導マグネットの実用化に向けて、一般社団法人 電気学会主催
    • 題目‐「中国など海外における超電導マグネットの商用化の拡大」-西嶋茂宏
    2014年6月28日 於:市民公開講座、研究室ツアー、西嶋研究室主催
    • 題目‐「そうだ、福島へ行こう!~今、福島に何ができるのか~」-西嶋茂宏
    2015年9月3日 於:第14回 磁気力制御・磁場応用 夏の学校、電気学会「除染技術への超電導磁気力制御法の適用」調査専門委員会主催
    • 題目‐「講義Ⅱ:磁気分離の基礎Ⅰ」-西嶋茂宏
    2015年9月29日 於:環境放射能除染学会 第10回講演会、一般社団法人環境放射能除染学会主催
    • 題目‐「土壌減容化のためのバーミキュライトの磁気分離」-西嶋茂宏
    2015年11月13日 於:低温工学・超電導学会 2015 年度第 3 回関西支部講演会、(社)低温工学・超電導学会関西支部主催
    • 題目‐「超電導機器実用化に向けての考察」-西嶋茂宏

    【秋山庸子】
    2015年4月29日 於:市民公開講座、研究室ツアー、西嶋研究室主催
    • 題目‐「シャンプー・化粧品のひみつ~いかにして若返るか~」-秋山庸子
    2015年5月29日 於:化粧品開発における使用感・感触の定量化技術と触感デザイン、株式会社テックデザイン主催
    • 題目‐「化粧品開発における使用感・感触評価~機器分析と官能評価の相関性~」-秋山庸子
    2015年7月30日 於:第1回「除染技術への超電導磁気力制御法の適用」調査専門委員会、社団法人電気学会「超電導磁気分離システムを利用した除染技術」調査専門委員会主催
    • 題目‐「福島の現状と超電導磁気分離システムを利用した除染技術の動向」-秋山庸子
    2015年10月6日 株式会社R&D支援センター主催
    • 題目‐「製品開発に活かす触感の定量化、使用感の測定と評価~スキンケア製品、ヘアケア製品、繊維製品の事例をもとに~」-秋山庸子
    2015年10月21日 於:第47回 洗浄に関するシンポジウム、日本油化学会主催
    • 題目‐「界面相互作用に着目した触感のメカニズムの検討」-秋山庸子
    2015年11月13日 於:低温工学・超電導学会 2015年度第3回関西支部講演会、(社)低温工学・超電導学会関西支部
    • 題目‐「磁気分離法を用いたセシウム汚染土壌の減容化」-秋山庸子
    2015年11月20日 於:高大連携活動「高校生出前授業」講師、大阪府立春日丘高等学校 、公益財団法人 千里ライフサイエンス振興財団主催
    • 題目‐「五感で楽しむ物理学 ~感覚のメカニズムとものづくりへの応用~」-秋山庸子
    2016年2月26日 株式会社テックデザイン主催
    • 題目‐「化粧品開発における使用感・感触評価 ~機器分析と官能評価の相関性から物理メカニズムの解釈へ~」-秋山庸子

    【三島史人】
    2015年11月13日 於:低温工学・超電導学会 2015年度第3回関西支部講演会、(社)低温工学・超電導学会関西支部主催
    • 題目‐「磁気分離法による地熱発電地熱水中からのシリカ除去の試み」-三島史人

    その他(2015year)

    著書

    その他報告書・発表
    • 「材料研究会だより」、西嶋茂宏、低温工学、Vol.50, No.1, 2015, pp.43-44、2015年1月
    • 2014 年度調査研究会活動報告「多次元拘束磁場の発生と物質応答に関する調査研究会」、西嶋茂宏、三島史人、低温工学、第50巻、第5号、pp.270-273、2015年5月
    • 男女共同参画活動、大谷中学校、中3医進コース(女子中学生)講義、「シャンプーと化粧品のものづくりの秘密~工学的に見る毛髪と皮膚~」、秋山庸子、コンベンションセンター、2015年7月
    • サロン「福島は今?」、西嶋茂宏、低温工学、第50巻、7号、pp.382-384、2015年8月
    • 特別レポート:震災から 4 年半、除染の現場をたどる -福島復興ツアー参加者からの報告-、「寄稿① 福島復興支援ツアー その狙いと成果」、環境施設、No.141、p.2-9、2015年9月
    • 口頭発表に関する座長のセッション報告、セッション5「減容技術 1」、環境放射能除染学会誌、Vol.3,No.3,pp.124-125、ISSN2187-8382 、2015年9月
    発明、特許
    【特許確定,特許原簿登録済】
    • 「磁気分離方法及び磁気分離装置」 特許第3479690号 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏, 他2名 
    • 「磁気分離方法及び磁気分離装置」 特許第3538640号 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏, 他2名
    • 「磁気分離方法及び磁気分離装置」 特許第3513597号 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏, 他2名
    • 「被磁気分離体の製造方法及び被磁気分離体」 特許第3513594号 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏、武田真一、他1名
    • 「磁性体の製造方法, 磁性体及び砥粒」 特許第3541219号 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏、武田真一、他1名
    • 「温熱治療装置, マイクロカプセル及び注射剤」 特願2004-30729号 公開番号2006-116083 〈公開日H18年5月11日〉出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏、武田真一、他2名
    • 「磁性粒子を用いた遺伝子導入法およびDDS(Drug Delivery System)の確立」 特願2004-107897 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏、武田真一、他1名
    • 「三次元誘導装置及び方法、並びに薬剤配送システム」 国際出願番号PCT/JP2005/014480国際公開番号WO2006/03550 A1 (公開日2006年4月6日)出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏、武田真一
    【公開広報通知済】
    • 「新規な5-アルコキシ-2-(2-ピリジルアゾ)フェノール化合物及び前記化合物を含む新規な光応答性LB膜並びにその用途」 出願人 理化学研究所 発明者 泉 佳伸 他4名  公開特許公報 特開平11-158148,1999.6/15
    【出願提出】


    原著・論文(2014year)

    原著, 論文【査読有】
    • “Magnetic separation of magnetic activated carbons for water treatment and reuse”, CC.Borghi, Y.Akiyama, M.Fabbri, S.Nishijima, PL.Ribani, COMPEL - The international journal for computation and mathematics in electrical and electronic engineering, Vol.33, No.1/2, pp.445-462 (2014.2)
    • “Research for Localized High-Efficient Gene Transfer by the Magnetic Force Control Using HighTemperature Superconducting Bulk Magnet”, J.Tamada, Y.Oaku, F.Mishima, Y.Akiyama, M.K.Osako, M.Shimamura, H.Nakagami, S.Nishijima, IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY, VOL.24, NO.3, Page(s) 0503105 (2014.6)
    • “Fundamental Study on Magnetic Separator Using Oxygen Dissolved Perfluorocarbon”, F.Mishima, Y.Akiyama, S.Nishijima, IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY, VOL.24, NO.3, Page(s)3700705 (2014.6)
    • “Fundamental Study of Plastic Separation Utilizing Magnetic Force”, Y.Ueda, F.Mishima, Y.Akiyama, S.Nishijima, IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY, VOL.24, NO.3, Page(s)3700805 (2014.6)
    • “Study on Decontamination of Contaminated Soils by Magnetic Separation”, K.Sekiya, H.Kuwahara, Y.Yoshida, S.Igarashi, N.Nomura, F.Mishima, Y.Akiyama, S.Nishijima, IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY, VOL.24, NO.3, Page(s)3700205 (2014.6)
    解説・総説【査読無】
    • 「触感の物理モデルに基づく材料設計」、秋山庸子、オレオサイエンス、第15号巻、第1号、pp.11-16(2015.1)
    • 「肌や頭皮における触感のトライボロジー -化粧品・医薬品の触感の物理的解釈-」、秋山庸子、西嶋茂宏、トライボロジスト、Vol.59, No.8, pp.465-470(2014.8)
    • 「磁気力制御薬剤搬送システム」、三島史人、超電導 Web21、特集:超電導応用 磁気分離、pp.1-2(2014.5)
    • 「磁気分離による汚染土壌の減容化の試み」、西嶋茂宏、Isotope News、展望、No.719、2014年3月号、pp.14-20(2014.3)

    学会発表(2014year)

    国際会議
    6th International Workshop on Materials Analysis and Processing in Magnetic Fields, July.8-11(Okinawa,JAPAN)
    • “Study on Removing Silica from Geothermal Water by High Gradient Magnetic Separation”, H.Kuwahara, K.Hashiguchi, F.Mishima, Y.Akiyama, S.Nishijima, MAP6, p.91
    2014 Applied Superconductivity Conference, Aug.10-15(Charlotte,USA)
    • “Fundamental Study on Magnetic Drug Delivery System”, K.Takeuchi, F.Mishima, Y.Akiyama, S.Nishijima, 2014 Applied Superconductivity Conference Program Book, p.73, 1LOr2A-04
    • “Removal of iron oxide with superconducting magnet high gradient magnetic separation from feed-water in thermal plant”, N.Mizuno, F.Mishima, Y.Akiyama, H.Okada, N.Hirota, H.Matsuura, T.Maeda, N.Shigemoto, S.Nishijima, 2014 Applied Superconductivity Conference Program Book, p.227, 4LPo2I03:169
    • Study on volume reduction of contaminated soil by radioactive cesium using the magnetic separation ”, Y.Yoshida, K.Sekiya, N.Nomura, F.Mishima, Y.Akiyama, S.Nishijima, 2014 Applied Superconductivity Conference ProgramBook, p.227, 4LPo2I04:170
    The 59th Annual Magnetism and Magnetic Materials (MMM) Conference, Nov.3-7(Honolulu,USA)
    • “Impact of surface coated magnetite used in magnetic drug delivery system on immune response ”, Y.Oaku, J.Tamada, F.Mishima, Y.Akiyama, M.K. Osako, H.Koriyama, H.Nakagami, S.Nishijima, 59th annual conference on Magnetism and Magnetic Materials PROGRAM, p.189,Session EU HYPERTHERMIA,EU-09(Poster Session)
    27th International Symposium on Superconductivity (ISS2014), Nov.25-27(Tokyo,Japan)
    • “My research and prospect of future energy; Study on decontamination of contaminated soil by radioactive substances using magnetic separation”, Y.Yoshida, 27th International Symposium on Superconductivity Program Book, p.29, IEA-3(Oral Session)
    • “Removal of iron scale with superconducting magnet High Gradient Magnetic Separation from feed-water in thermal power plant ‘Future energy society and my research work’ ”, S.Shibatani, 27th International Symposium on Superconductivity Program Book, p.30, IEA-5(Oral Session)
    国内会議
    第89回 2014年度 春季低温工学・超電導学会 2014年5月26日-28日 (タワーホール船堀)
    • 「超電導磁石を用いた火力発電所給水中の酸化鉄スケール除去に関する研究 」、水野信洋、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、松浦英樹、前田龍己、重本直也、岡田秀彦、廣田憲之、第89回 2014年度 春季低温工学・超電導学会講演概要集、p48、1D-p02
    • 「磁気分離法を用いた地熱水中からのシリカ除去システムの検討」、桑原裕紀、橋口幸司、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、第89回 2014年度 春季低温工学・超電導学会講演概要集、p.49、1D-p03
    • 「磁場回転型ドラッグデリバリーシステムに関する基礎的研究」、竹内一将、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、第89回 2014年度 春季低温工学・超電導学会講演概要集、p.101、2C-a08
    第37回日本バイオレオロジー学会年会 2014年6月5日-6日 (大宮ソニックシティ)
    • 「皮膚表面における添付製剤のレオロジーと触感」、秋山庸子、森達也、西嶋茂宏、第37回日本バイオレオロジー学会年会、p.44、OS7-9
    第1回「超電導磁気分離システムを利用した除染技術」調査専門委員会 2014年6月23日 (大阪大学吹田キャンパス)
    • 土壌除染研究紹介-「土壌中のセシウムの分布と吸着状態」、野村直希、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏
    • 建材除染研究紹介-「建材の除染に関する調査報告」、岡田俊介、秋山庸子、西嶋茂宏
    第3回 環境放射能除染研究発表会 2014年7月3日-4日 (郡山市民文化センター)
    • 「汚染土壌減容化のためのセシウム移行処理に関する研究」、関谷一輝、吉田有輝、野村直希、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、第3回環境放射能除染学会要旨集、p.12、S4-1
    • 「土壌におけるセシウムの動態に関する研究」、田有輝、関谷一輝、野村直希、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、第3回環境放射能除染学会要旨集、p.46、S12-2
    第13回 2014年度 磁気力制御・磁場応用夏の学校 2014年9月5日-6日 (宇都宮大学工学部)
    • 「核融合炉用超電導磁石絶縁材料における照射効果に関する研究」、小林浩二、高橋知寛、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、2014年度 磁気力制御・磁場応用夏の学校、P-1
    • 「磁気力を用いたプラスチック分離に関する研究」、小林剛之、植田雄輝、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、2014年度 磁気力制御・磁場応用夏の学校、P-2
    • 「超電導磁石を用いた高勾配磁気分離による火力発電所給水中の酸化鉄除去」、中西基裕、柴谷沙織、水野信洋、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、岡田秀彦、廣田憲之、松浦英樹、前田龍己、重本直也、2014年度 磁気力制御・磁場応用夏の学校、P-3
    • 「磁場回転型ドラッグデリバリーシステムに関する基礎的研究」、長谷川崇志、竹内一将、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、2014年度 磁気力制御・磁場応用夏の学校、P-4
    • 「磁気分離法を用いた汚染土壌減容化技術に関する研究」、行松和輝、関谷一輝、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、2014年度 磁気力制御・磁場応用夏の学校、P-5
    日本地熱学会 平成26年学術講演会 2014年10月29日-31日 (弘前大学創立50周年記念会館)
    • 「低温域の地熱資源有効活用のためのスケール除去技術の開発」、三島史人、秋山庸子、奥村嘉賀男、佐々木宗建、坂口圭一、西嶋茂宏、日本地熱学会平成26年学術講演会講演要旨集、OS2-8
    第90回 2014年度 秋季低温工学・超電導学会 2014年11月5日-7日 (コラッセふくしま)
    • 「超電導磁気分離法による火力発電所給水中の酸化鉄スケール除去に関する研究」、水野信洋、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、松浦英樹、前田龍己、重本直也、岡田秀彦、廣田憲之、第90回2014年度秋季低温工学・超電導学会 講演概要集、p.178、3B-a03
    • 「セシウム動態に基づいた除染技術の研究 その1. 住宅建材におけるセシウムイオンの動態に関する研究」、岡田俊介、野村直希、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、第90回2014年度秋季低温工学・超電導学会 講演概要集、p.180、3B-a05
    • 「セシウム動態に基づいた除染技術の研究 その2.磁気力制御による汚染土壌の減容化 」、野村直希、吉田有輝、関谷一輝、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、第90回 2014年度秋季低温工学・超電導学会 講演概要集、p.181、3B-a06
    • 「磁場回転型ドラッグデリバリーシステムに関する基礎的研究」、竹内一将、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、第90回2014年度秋季低温工学・超電導学会 講演概要集、p.185、3B-a10
    • 「核融合炉用超電導磁石絶縁材料の照射効果に関する研究」、髙橋知寛、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、第90回2014年度秋季低温工学・超電導学会 講演概要集、p.206、3C-a11
    日本放射線安全管理学会 第13回学術大会 2014年12月3日-5日 (徳島大学 大塚講堂)
    • 「建材におけるセシウムの動態に関する研究」、岡田俊介、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、日本放射線安全管理学会 第13回学術大会 講演予稿集、p.118、2B3-5
    超電導機器研究会 2015年1月21日 (産業技術総合研究所 臨海副都心センター別館)
    • 「磁気力制御を用いた除染土壌の減容化に関する研究」、野村直希、田有輝、関谷一輝、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、超電導機器研究会資料、pp.17-21、ASC-15-005

    招待講演・依頼講演(2014year)

    【西嶋茂宏】
    2013年11月21日 於:The 4th International Forum on Magnetic Force Control、IEEJ Investigating Research Committees for Magnetic Force Control主催
    • 題目‐「The Superconducting Magnetic Force Control Technologies for Industrial Applications」-西嶋茂宏
    2014年6月14日 於:新鳥飼公民館講座、公摂津市立新鳥飼公民館主催
    • 題目‐「福島震災と環境問題 ~汚染食品の影響とは(1回目)」-西嶋茂宏
    2014年6月28日 於: 新鳥飼公民館講座、公摂津市立新鳥飼公民館主催
    • 題目‐「福島震災と環境問題 ~子どもと放射線(2回目)」-西嶋茂宏
    2014年7月12日 於:新鳥飼公民館講座、公摂津市立新鳥飼公民館主催
    • 題目‐「福島震災と環境問題」-西嶋茂宏
    2014年9月5日 於:第13回 2014年度 磁気力制御・磁場応用夏の学校、電気学会「超電導磁気分離システムを利用した除染技術」調査専門委員会主催
    • 題目‐「講義Ⅱ:磁気分離の基礎Ⅰ」-西嶋茂宏
    2014年9月26日 於:第 2 回「超電導磁気分離システムを利用した除染技術」調査専門委員会、社団法人電気学会調査専門委員会主催
  • 題目‐「減容化の意味と磁気分離技術」-西嶋茂宏
  • 2014年10月30-31日 於:The 5th International Forum on Magnetic Force Control in Beijing、IFMFC Chinese local committee, Institute of High Energy Physics主催
    • 題目‐「Application of Superconducting Magnetic Separation for Decontamination Soil in Fukusima」-西嶋茂宏
    2014年10月31日 於:School of Metallurgical and Ecological Engineering University of Science and Technology Beijing、University of Science and Technology Beijing主催
    • 題目‐「Magnetic Force Control Technology for Practical Application」-西嶋茂宏
    2014年11月26日 於: 27th International Symposium on Superconductivity(ISS2014)、IEA-HTS-IA (International Energy Agency - High Temperature Superconductivity - Implementing Agreement) session主催
    • 題目‐「Application of Superconducting Magnetic Separation」-西嶋茂宏
    2014年11月29日 於:第20回西日本技術士研究・業績発表年次大会(堺)、公益社団法人日本技術士会近畿本部主催
    • 題目‐「福島汚染土壌の減容化の試み」-西嶋茂宏

    【秋山庸子】
    2013年11月22日 於:The 4th International Forum on Magnetic Force Control、IEEJ Investigating Research Committees for Magnetic Force Control主催
    • 題目‐「The Possibility of Volume Reduction of Cesium Contaminated Soil by Magnetic Separation」-秋山庸子
    2014年2月28日 於:第11回サイコレオロジー研究会、日本レオロジー学会サイコレオロジー研究会
    • 題目‐「界面相互作用に着目した触感の物理モデル」-秋山庸子
    2014年3月14日 於:応用福祉工学研究会 感性重視型技術分科会 第 3 回研究会、応用福祉工学研究会 感性重視型技術分科会主催
    • 題目‐「界面相互作用から見る触感のメカニズム」-秋山庸子
    2014年3月26日 平成 25 年度 第 4 回 低温工学・超電導学会材料研究会シンポジウム/平成 25 年度 第 3 回 電気学会「超電導磁気分離システムを利用した除染技術」調査専門委員会、低温工学・超電導学会 材料研究会/電気学会調査専門委員会主催
    • 題目‐「磁気分画法を利用した土壌中の Cs の微視的動態の解析」-秋山庸子
    2014年6月20日 於:高大連携活動 大阪府立山田高等学校 出張講義、第2部、2 年次理科選択(物理基礎)選択者説明会
    • 題目‐「「さわる」は物理だ~五感で楽しむ物理学~」-秋山庸子
    2014年6月23日 於:第1 回「超電導磁気分離システムを利用した除染技術」調査専門委員会、社団法人電気学会調査専門委員会主催
    • 題目‐「環境省プロジェクト進捗状況」-秋山庸子
    2014年7月15日 於:「セシウムの動態解析に基づく除染シナリオの構築と磁気力制御型除染法の開発」H26 年度アドバイザリーボード会議 、環境省総合推進費 5Z-1301 研究代表者 秋山庸子
    • 題目‐「環境省プロジェクト進捗状況」-秋山庸子
    2014年8月22日 株式会社R&D支援センター主催
    • 題目‐「製品開発に活かす触感の定量化、使用感の測定と評価~スキンケア製品、ヘアケア製品、繊維製品の事例をもとに~」-秋山庸子
    2014年9月4日 於:第30回 低温工学基礎技術講習会「磁気分離技術の基礎実験」、低温工学関西支部主催
    • 題目‐「磁気分離の理論」-秋山庸子
    2014年11月4日 於:、第 3 回「超電導磁気分離システムを利用した除染技術」調査専門委員会、社団法人 電気学会調査専門委員会主催
    • 題目‐「建材、土壌中のCsの微視的動態と問題点」-秋山庸子
    2014年12月15日 於:低温工学・超電導学会 2014 年度第1回多次元拘束磁場の発生と物質応答に関する調査研究会、低温工学・超電導学会多次元拘束磁場の発生と物質応答に関する調査研究会,応用物理学会,磁気科学研究会主催
    • 題目‐「磁気力制御を用いた福島汚染土壌の減容化」-秋山庸子
    2014年12月26日 於:化粧品の使用感・感触評価と感性価値の開発、株式会社テックデザイン主催
    • 題目‐「化粧品開発における使用感・感触評価~機器分析と官能評価の相関性~」-秋山庸子

    【三島史人】
    2014年3月20日 於:平成 26 年電気学会全国大会シンポジウム S12 医療・バイオ・環境分野における磁気力制御技術、一般社団法人電気学会主催
    • 題目‐「ドラッグデリバリーシステムへの磁気力制御技術の応用」-三島史人

    その他(2014year)

    著書
    • 「官能評価活用ノウハウ・感覚の定量化・数値化手法」、分担共著、第6章 官能評価でよく起こる問題、トラブル 第1節 機器測定と官能評価のデータ相関、秋山庸子、pp.153-155、株式会社技術情報協会、2014年6月発刊
    • 「化粧品に求められる使用感の共有と感性価値の数量化・定量化」分担共著、第3章 触感・肌触りの発現メカニズムと数値化・定量化~使用感を科学する~、第1節 使用感に影響を与えるさまざまな物理的因子と人の感性との相関、秋山庸子、pp.27-37、サイエンス&テクノロジー、2014年10月発行
    • 「エマルションの特性評価と新製品開発、品質管理への活用」、分担共著、第5章 香粧品分野におけるエマルションの分析、製品評価、第3節 スキンケアエマルジョンのレオロジー測定と使用感評価、秋山庸子、pp.289-292、㈱技術情報協会、2014年10月発行
    • 「放射性物質対策技術~除去、モニタリング、装置・システム開発~」、分担共著、第1編 除去技術、第4章 その他注目される技術、第1節 高勾配磁気分離法を用いた汚染土壌の減容化技術 、野村直希、西嶋茂宏 、pp.121-129 、㈱エヌ・ティー・エス、2015年2月発行
    その他報告書・発表
    • 「磁気分離特集号の掲載にあたって」、西嶋茂宏、超電導コミュニケーションズ、特集:超電導応用 磁気分離、pp.1-2、2014年5月
    • 「研究室紹介」、西嶋茂宏、FEET NEWS N0.141、pp.22-23、2014年4月
    • 「福島に何ができますか?」、西嶋茂宏、低温工学、サロン、第49巻、第5号、pp.224-226、2014年5月
    • 「強磁場を利用した除染の可能性 _大阪大学_」、超電導コミュニケーションズ、Vol.23、No.3、通巻128号、p.1,pp.7-9、2014年6月
    • 「研究室紹介」、西嶋茂宏、超電導 Web21、2014年8月号、pp.35-36、2014年8月
    • 「低温域の地熱資源有効活用のためのスケール除去技術の開発」、三島史人、平成26年度NEDO新エネルギー成果報告会、平成26年度NEDO新エネルギー成果報告会 海洋エネルギー分野.熱利用分野-予稿集-、pp.203-213、2014年9月
    • 「大阪大学における SSH 宿泊研修」、金光学園中学・高等学校 Super High School 通信、探究開発部、平成26年度9月号 増刊号①
    • 研究/事業グループ紹介 「大阪大学大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻 量子線生体材料工学領域の紹介」 、西嶋茂宏、低温工学、第49巻、第10号、pp.556-558、2014年10月
    発明、特許
    【特許確定,特許原簿登録済】
    • 「磁気分離方法及び磁気分離装置」 特許第3479690号 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏, 他2名 
    • 「磁気分離方法及び磁気分離装置」 特許第3538640号 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏, 他2名
    • 「磁気分離方法及び磁気分離装置」 特許第3513597号 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏, 他2名
    • 「被磁気分離体の製造方法及び被磁気分離体」 特許第3513594号 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏、武田真一、他1名
    • 「磁性体の製造方法, 磁性体及び砥粒」 特許第3541219号 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏、武田真一、他1名
    • 「温熱治療装置, マイクロカプセル及び注射剤」 特願2004-30729号 公開番号2006-116083 〈公開日H18年5月11日〉出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏、武田真一、他2名
    • 「磁性粒子を用いた遺伝子導入法およびDDS(Drug Delivery System)の確立」 特願2004-107897 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏、武田真一、他1名
    • 「三次元誘導装置及び方法、並びに薬剤配送システム」 国際出願番号PCT/JP2005/014480国際公開番号WO2006/03550 A1 (公開日2006年4月6日)出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏、武田真一
    【公開広報通知済】
    • 「新規な5-アルコキシ-2-(2-ピリジルアゾ)フェノール化合物及び前記化合物を含む新規な光応答性LB膜並びにその用途」 出願人 理化学研究所 発明者 泉 佳伸 他4名  公開特許公報 特開平11-158148,1999.6/15
    【出願提出】


    原著・論文(2013year)

    原著, 論文【査読有】
    • “Fundamental Study on the Quantification of Tactile Sensation”, Y.Akiyama, F.Mishima, S.Nishijima, Electronics and Communications in Japan, Vol. 95, No. 12, pp.29 36 (2012.12)
    • “Precise control of the drug kinetics by means of non-invasive magnetic drug delivery system”, M.Chuzawa, F.Mishima,Y.Akiyama,S.Nishijima , Physica C: Superconductivity, Volume 484, Pages 120 124 (2013.1)
    • “Research on high gradient magnetic separation of pneumatic conveyed powder products: Investigation from the viewpoint of interparticle interactions”, K.Senkawa,Y.Nakai,F.Mishima,Y.Akiyama,S.Nishijima, Physica C: Superconductivity, Volume 484, Pages 329 332 (2013.1)
    • “Study on Decontamination of Radioactive Cesium From Soil by HTS Magnetic Separation System”, S.Nishijima,Y.Akiyama,F.Mishima,T.Watanabe,T.Yamasaki,S.Nagaya, S.Fukui, IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY, VOL. 23, NO. 3, Page(s) 3700405 (2013.6)
    • “Precise control of the drug kinetics by non-invasive magnetic drug delivery system”, F.Mishima, K.Nakagawa, M.Chuzawa, T.Mori, Y.Akiyama, S.Nishijima, IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY, VOL. 23, NO. 3, Page(s) 4400704 (2013.6)
    • “Magnetic Separation System for Recovery of Glass Polishing Agent”,K.Hashiguchi, F. Mishima, Y.Akiyama,E.Maeda, S.Nishijima , IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY, VOL. 23, NO. 3, Page(s)3700204 (2013.6)
    • 「磁気アルキメデス法による希土類の分離」、西嶋茂宏、環境資源工学 2013夏季号 、第60巻、第2号、pp.102-107(2013.6)
    • “Degradation process of fuel cell membrane observed by positron”, Y.Honda, Y.Aoyagi, S.Tojo, G.Watanabe,Y.Akiyama, S.Nishijima, Journal of Physics: Conference Series,Vol.443,012052,IOP Publishing (2013.6)
    • “Fundamental Study on Formulation Design of Skin Care Products by Modeling of Tactile Sensation”, Yoko Akiyama, Fumihito Mishima and Shigehiro Nishijima, 35th Annual International Conference of the IEEE EMBS, Osaka, Japan, pp. 4577  4580 (3 - 7 July, 2013), Digital Object Identifier : 10.1109/EMBC.2013.6610566
    • “Fundamental Study on Tactile Sensation of the Towel During Wiping”, T.Mori,Y.Akiyama,S.Nishijima, 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 2013 Program Book, IEEECatalog Number: CFP13EMB-DVD, ,p.101,SaB11.26
    • 「磁気分離による環境浄化 超電導磁気分離による汚染土壌減容化の試み」、西嶋茂宏、応用物理、第82巻,第7号 、pp.575-578 (2013.7)
    • “Study on magnetic gene transfer using HTS bulk magnet”, K.Nakagawa, Y.Ohaku, J.Tamada, F.Mishima,Y.Akiyama, M.K.Osako, H.Nakagami, S.Nishijima, Physica C: Superconductivity, Vol.494, pp.262 264(2013.11)
    • “Fundamental Study of Phosphor Separation by Controlling Magnetic Force”, K.Wada, F.Mishima, Y.Akiyama, S.Nishijima , Physica C: Superconductivity, Vol.494,pp.217 220(2013.11)
    • “Fundamental study of cesium decontamination from soil by superconducting magnet”, S.Igarashi, N.Nomura, F.Mishima,Y.Akiyama,S.Nishijima, Physica C: Superconductivity, Vol.494,pp.221 224(2013.11)
    • “Fundamental Study of Plastic Separation Utilizing Magnetic Force” , Y.Ueda, F.Mishima, Y.Akiyama, S.Nishijima, IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY, Volume:PP,Issue:99(2013.11)
    解説・総説【査読無】
    • 「磁気力制御技術とその産業応用」、西嶋茂宏、化学工業、特集/磁場を利用した新しい応用技術、VOL.64,NO.3,pp. 61-66(2013.3)
    • 「触感を引き起こす巨視的・微視的メカニズムの検討」、秋山庸子、C&I Commun コロイドおよび界面化学部会ニュースレター2013年夏号02 、Vo.38,No.2,pp.28-31(2013.5)
    • 「磁気力制御技術とその産業応用」、西嶋茂宏、JOURNAL OF THE MAGNETICS SOCIETY OF JAPAN 、Vol.37, No.5, pp.333-337(2013.9)【査読有】
    • 「超電導磁石を用いた土壌からのセシウム除去に関する基礎的研究」、西嶋茂宏、平成24年度 共同利用研究成果報告書、pp.7-11(2013.9)

    学会発表(2013year)

    国際会議
    ICEC24-ICMC2012, MAY.14-18, 2012 (Fukuoka,Japan)
    • “Magnetic force control technology for recycling materials”, S.Nishijima, ICEC24-ICMC2012 Proceedings of theTwenty-Fourth International Cryogenic Engineering Conference and International Cryogenic Materials Conference 2012, pp.697-702
    Cryogenic Engineering Conference and International Cryogenic Materials Conference , JUNE.17-21, 2013 (Anchorage,USA)
    • “Fundamental Study of Irradiation Effect on Organic Insulation Material for Superconducting Fusion Magnet”,Y.Nakata, M.Hayashi, F.Mishima, Y.Akiyama, S.Nishijima , CEC/ICMC ANCHORAGE 2013 CONFERENCE PROGRAM BOOK , p.30,1MPoB7-06
    35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 2013, JULY.3-7, 2013 (Osaka,Japan)
    • “Fundamental Study on Formulation Design of Skin Care Products by Modeling of Tactile Sensation”,Y.Akiyama,F.Mishima,S.Nishijima, 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 2013 Program Book, IEEE Catalog Number:CFP13EMB-DVD, p.74,FrD10.4(PDFs,Papers, 12730208,pp.4577-4580)
    • “ Fundamental Study on Tactile Sensation of the Towel During Wiping”, T.Mori,Y.Akiyama,S.Nishijima, 35th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society 2013 Program Book, IEEECatalog Number: CFP13EMB-DVD, ,p.101,SaB11.26
    23rd International Conference on Magnetic Technology, JULY.18-20, 2013 (Boston,USA)
    • “Fundamental Study on Magnetic Separator Using the Oxygen Dissolved in the Perfulorocarbon”, F.Mishima, Y.Akiyama,S.Nishijima ,23rd International Conference on Magnetic Technology, p.150,2PoCH-10
    • “Research for Localized High-efficient Gene Transfer by the Magnetic Force Control ”, J.Tamada,Y.Oaku, F.Mishima,Y.Akiyama,M.K.Osako,M.Shimamura,H.Nakagami,S.Nishijima,23rd International Conference on Magnetic Technology,p.147,2PoCG-07
    • “Study on Decontamination of Contaminated Soils by Magnetic Separation”, K.Sekiya,Y.Yoshida,H.Kuwahara, S.Igarashi,N.Nomura,F.Mishima,Y.Akiyama,S.Nishijima,23rd International Conference on Magnetic Technology,p.149,2PoCH-05
    • “Fundamental Study of Plastic Separation Utilizing Magnetic Force ”, Y.Ueda, F.Mishima, Y.Akiyama, S.Nishijima,23rd International Conference on Magnetic Technology, p.150,2PoCH-06
    26th International Symposium on Superconductivity, NOV.14-19, 2013 (Tokyo,JAPAN)
    • “Study on magnetic separation for decontamination of cesium contaminated soil by using superconductingmagnet ”,S.Igarashi,N.Nomura,F.Mishima,Y.Akiyama,S.Nishijima,PROGRAM&ABSTRACTS 26th InternationalSymposium on Superconductivity , p.249,SAP-71
    • “Irradiation Effect on the Interface of the Composites Used as the Insulation Materials in the Nuclear FusionReactor”, M.Hayashi, Y.Nakata, F.Mishima, Y.Akiyama, S.Nishijima, PROGRAM&ABSTRACTS 26th INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON SUPERCONDUCTIVITY, p.214,SAP-1
    • “The Development of the Separation Apparatus of Phosphor by Controlling the Magnetic Force”,K.Wada,F.Mishima,Y.Akiyama,S.Nishijima , PROGRAM&ABSTRACTS 26th INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON SUPERCONDUCTIVITY, p.248,SAP-69
    The 4th International Forum on Magnetic Force Control (Osaka,JAPAN)
    • “The Superconducting Magnetic Force Control Technologies”, S.Nishijima , The 4th International Forum on Magnetic Force Control in Osaka, November 21 (thu), 2013 ,Oral Presentation (A-Zone),14:50~15:10
    • “The Possibility of Volume Reduction of Cesium Contaminated Soil by Magnetic Separation”,Y.Akiyama, N.Nomura, F.Mishima, S.Nishijima,The 4th International Forum on Magnetic Force Control in Osaka, November 22 (Fri), 2013 ,Oral Presentation (A-Zone),10:00~10:20
    • “Study on decontamination of contaminated soil by Magnetic separation”, N.Nomura, F.Mishima, Y.Akiyama, S.Nishijima, The 4th International Forum on Magnetic Force Control in Osaka, P-6
    • “The Development of the Separation Apparatus of Phosphor by Controlling the Magnetic Force”, K.Wada, F.Mishima, Y.Akiyama, S.Nishijima, P-7
    • “Study on Magnetic Separation System for Recovery of Glass Polishing Agent ”, K.Hashiguchi, F.Mishima, Y.Akiyama,S.Nishijima,E.Maeda(Maeda Material Co., Ltd) , The 4th International Forum on Magnetic Force Control in Osaka, P-8
    • “Study of Plastic Separation Utilizing Magnrtic Force”, Y.Ueda,F.Mishima,Y.Akiyama,S.Nishijima, The 4th International Forum on Magnetic Force Control in Osaka, P-9
    The 7th Asian Conference on Electrochemical Power Sources (Osaka,JAPAN)
    • “The effect of radicals on perfomance of Polymer Electrolyte Fuel Cell”,Y.Ida,G.Watanabe,Y.Akiyama,Y.Honda, S.Nishijima,Book of Abstracts ACEPS-7,p.102,1P-48
    • “Study of Radical-Induced Degradation of Polymer Electrolyte Membrane”,G.Watanabe,Y.Ida,Y.Akiyama,Y.Honda, S.Nishijima,Book of Abstracts ACEPS-7,p.103,1P-49
    国内会議
    電気学会全国大会 2013年3月20日- 22日 (名古屋大学)
    • 「超電導磁気分離を用いた除染の可能性」、西嶋茂宏、平成25年(創立125周年記念)電気学会全国大会プログラム、S7 (19)(第6分冊)、6-S7-6(CD)
    • 「超電導磁気力制御を用いたレアアースの回収」、三島史人、西嶋茂宏、前田悦弘平成25年(創立125周年記念)電気学会全国大会プログラム 、S7(20)(第6分冊)、6-S7-4(CD)
    第87回 2013年度春季低温工学・超電導学会 2013年5月13日- 15日(タワーホール船堀)
    • 「溶存酸素パーフルオロカーボンを用いた磁気分離装置の検討」、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏 、第87回2013年度春季低温工学・超電導学会講演概要集 、 p193 、3D-a02
    • 「磁気力制御を用いた土壌の除染に関する研究」、野村直希、五十嵐亨、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、第87回2013年度春季低温工学・超電導学会講演概要集 、p194 、3D-a03
    第2回 環境放射能除染研究発表会 2013年6月5日- 7日(タワーホール船堀)
    • 「磁気力制御を用いた土壌の除染に関する研究」、野村直希、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、第2回環境放射能除染研究発表会要旨集、p12,S3-6
    • 「磁気分離法による除染のための土壌からのセシウムイオンの脱離特性に関する研究」、関谷一輝、桑原裕紀、吉田有輝、五十嵐亨、野村直希、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、第2回 環境放射能除染学会要旨集、p.9,S3-3
    第7回 応用福祉工学シンポジウム 2013年7月26日 (大阪富国生命ビル)
    • 「触感のモデル化に関する基礎的研究~化粧水のしっとり感とべたつきの検討」、秋山庸子、森達也、西嶋茂宏、第8回 応用福祉工学シンポジウム 講演・発表要旨集
    • 「タオルの使用感に関する基礎的研究 」、森達也、秋山庸子、西嶋茂宏、第8回 応用福祉工学シンポジウム 講演・発表 要旨集
    第12回 2013年度磁気力制御・磁場応用夏の学校 2013年9月6日- 7日(しあわせの村)
    • 「溶存酵素パープルオロカーボンを用いた磁気分離装置の検討」、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、2013年度磁気力制御・磁場応用夏の学校、P-8
    • 「超電導バルク磁石を用いた粘土鉱物の分離に関する研究」、岡田俊介、関谷一輝、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、2013年度磁気力制御・磁場応用夏の学校、P-9
    • 「超伝導磁石用絶縁材料の照射効果」、高橋 知寛、林 雅洋、仲田 有希、三島 史人、秋山 庸子、西嶋 茂宏、2013年度磁気力制御・磁場応用夏の学校、P-10
    • 「磁気力を利用したプラスチック分離に関する基礎的研究」、水野信洋、植田雄輝、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、2013年度磁気力制御・磁場応用夏の学校、P-11
    • 「超伝導バルク磁石を用いた高効率遺伝子導入法の研究」、竹内一将、玉田順也、大阿久佳宏、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、島村宗尚、中神啓徳、2013年度磁気力制御・磁場応用夏の学校、P-12
    • 「磁気分離法による汚染土壌の線量低減に向けた研究」、野村直希、桑原裕紀、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、2013年度磁気力制御・磁場応用夏の学校、P-13
    第64回コロイドおよび界面化学討論会 第4回日豪シンポジウム 2013年9月18日- 20日(名古屋工業大学)
    • 「コアセルベートによる毛髪すべり性向上の微視的機構の検討」、秋山庸子、森達也、西嶋茂宏、第64回コロイドおよび界面化学討論会 第4回日豪シンポジウム講演要旨集、p.82,IC02
    第88回2013年度秋季低温工学・超電導学会 2013年12月4日- 6日(ウインクあいち)
    • 「溶存酵素パーフルオロカーボンを利用した磁気アルキメデス分離法に関する研究」、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、第88回2013年度秋季低温工学・超電導学会 講演概要集、p104,2B-a02
    • 「磁気力を利用したプラスチック分離に関する研究」、植田雄輝、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、第88回2013年度秋季低温工学・超電導学会 講演概要集、p.105,2B-a03
    • 「超電導磁石を用いたセシウム汚染土壌の除染に向けた土壌の磁気分離に関する研究」、五十嵐亨、野村直樹、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、第88回2013年度秋季低温工学・超電導学会 講演概要集、p.107、2B-a05
    超電導応用電力機器研究会 2014年1月30日 - 31日(成蹊大学)
    • 「超電導磁石を用いた高勾配磁気分離によるCs汚染土壌の減容化」、五十嵐亨、野村直希、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、電気学会研究会資料、ASC-14-012、p.51-55
    • 「磁気力を利用したプラスチック分別に関する研究」、植田雄輝、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、電気学会研究会資料、ASC-14-013,p.57-61

    招待講演・依頼講演(2013year)

    【西嶋茂宏】
    2013年1月30日 於:第10回智の木協会イヴニングトーク、智の木協会主催
    • 題目‐「東北大震災の爪痕-放射能汚染を考える-」-西嶋茂宏
    2013年2月27日 於:超伝導送電システム研究会 第7回研究会、公益財団法人 科学技術交流財団 、科学技術交流財団研究交流センター主催
    • 題目‐「磁気力制御技術による新展開-資源リサイクル、MDDS、除染-」-西嶋茂宏
    2013年3月13日 於: 応用福祉工学研究会 感性重視型技術分科会 第1回研究会、応用福祉工学研究会 感性重視型技術分科会主催
    • 題目‐「触感の物理モデルの構築」-西嶋茂宏
    2013年3月19日 於:第3回「超電導磁気分離システムを利用した除染技術」調査専門委員会、電気学会「超電導磁気分離システムを利用した除染技術」調査専門委員会主催
    • 題目‐「除染シナリオの考え方」-西嶋茂宏
    2013年4月17日 於:ICF11,17aA2-Ⅱ-1、The Japan Society of Powder and Powder Metallurgy主催
    • 題目‐「Purification of Waste Water by Means of Superconducting High Gradient Magnetic Separation」-西嶋茂宏
    2013年6月11日 於:第1回電気学会「超電導磁気分離システムを利用した除染技術」調査専門委員会、除染と磁気分離・超電導技術シンポジウム、電気学会調査専門委員会主催
    • 題目‐「超電導を利用した土壌除染の可能性」-西嶋茂宏
    2013年6月20日 於:環境資源工学会第130回例会 技術のブレークスルー -レアメタル分離とバイオ技術-、環境資源工学会主催
    • 題目‐「磁気アルキメデス法による希土類の分離」-西嶋茂宏
    2013年9月3日 於:低温工学・超電導学会 東北・北海道支部 第18回超電導・低温若手セミナー、低温工学・超電導学会 東北・北海道支部主催
    • 題目‐「超電導磁石を利用したDDSと除染の研究」-西嶋茂宏
    2013年9月6日 於:第12回2013年度 磁気力制御・磁場応用夏の学校、電気学会「超電導磁気分離システムを利用した除染技術」調査専門委員会主催
    • 題目‐「磁気分離の基礎Ⅰ」-西嶋茂宏
    2013年10月28日 於:KRIワークショップ‘13「R&Dの未来戦略」、株式会社KRI主催
    • 題目‐「未来を拓く超電導磁気力制御技術」-西嶋茂宏
    2013年11月23日 於:、日本技術士会 近畿本部主催講演会、公益社団法人 日本技術士会近畿本部主催
    • 題目‐「磁場を用いた福島汚染土壌の除染に関する研究」-西嶋茂宏
    2013年11月30日 於:2013 日中科学技術シンポジウム 、公益社団法人日本技術士会近畿本部 2013 日中科学技術交流実行委員会、公益社団法人日本技術士会近畿本部主催
    • 題目‐「磁気力制御技術の開発」-西嶋茂宏
    2013年12月15日 於:日本における『環境問題』に対する取り組み方とは?-「放射能汚染」の現状と今後のあり方-、一般社団法人日本リスクマネジャネットワーク主催
    • 題目‐「土壌汚染に関する「除染」についての現況」-西嶋茂宏

    【秋山庸子】
    2013年2月22日 於:化粧品開発における「触感の科学」、サイエンス&テクノロジー(株)主催
    • 題目‐「~“製品粘度”の視点から~ レオロジー手法を用いた使用感触評価とそのコントロール」-秋山庸子
    2013年3月8日 於:大正製薬総合研究所講演会、大正製薬㈱総合研究所主催
    • 題目‐「触感の物理モデルの構築」-秋山庸子
    2013年3月19日 於:第3回「超電導磁気分離システムを利用した除染技術」調査専門委員会、電気学会「超電導磁気分離システムを利用した除染技術」調査専門委員会主催
    • 題目‐「磁気分離法を用いた土壌除染の可能性」-秋山庸子
    2013年8月21日 日本テクノセンター主催
    • 題目‐「感性を重視した触感のメカニズムと定量評価および製品開発への応用」-秋山庸子
    2013年8月30日 於:化粧品開発と「脳科学・心理効果・感性工学」、第2部、サイエンス&テクノロジー株式会社主催
    • 題目‐「“使用触感”の心地よさをもたらす様々な物理的現象~ヒトの感性を読み解く~」-秋山庸子
    2013年9月6日 於:第12回 2013年度 磁気力制御・磁場応用夏の学校、電気学会「超電導磁気分離システムを利用した除染技術」調査専門委員会主催
    • 題目‐「私の見た福島の現在 ~磁気力制御を利用した土壌除染の可能性~」-秋山庸子
    2013年10月31日 於:第60回界面化学部会秋季セミナー -化粧品、医薬品、食品製剤の最前線-、日本油化学会 界面化学部会主催
    • 題目‐「触媒の物性モデル構築とそれに基づく材料設計」-秋山庸子
    2013年11月29日 於:平成25年度西播磨ブロック老人福祉施設連盟 第2回施設長研修会、西播磨ブロック老人福祉施設連盟事務局主催
    • 題目‐「人の感性を探る ~高齢者の心地よい生活のために~」-秋山庸子
    2013年12月19日 於:化粧品の使用感評価と感性価値の開発、株式会社テックデザイン主催
    • 題目‐「化粧品開発における使用感・感触評価 ~機器分析と官能評価の相関性~」-秋山庸子
    2014年1月24日 於:富士フィルム社内講演会、富士フイルム株式会社主催
    • 題目‐「触感のデザインのために ~スキンケア製品の触感の物理的解釈~」-秋山庸子
    2014年2月21日 於:大阪大学21世紀懐徳堂 i-spot講座2013年度後期、大阪大学21世紀懐徳堂・大阪市都市計画局主催
    • 題目‐「「さわる」を科学する~触感の心地よさのメカニズムと製品開発~」-秋山庸子

    【三島史人】
    2013年9月12-13日 於:第29回 低温工学基礎技術講習会「磁気分離技術の基礎実験」、低温工学協会関西支部主催
    • 題目‐「磁気分離法の概要」-三島史人
    2013年10月23日 於:The 16th Academic Exchange Seminar between Osaka University and Shanghai Jiao Tong University, SessionE:’Enviromental Innovation and Technologies for Sustainability'、大阪大学主催
    • 題目‐「Application of the superconducting magnetic force control technologies for recycling.」-三島史人

    その他(2013year)

    著書
    • 「これ1冊でわかる 超伝導実用技術」共著、55項、「超伝導磁気分離」、西嶋茂宏、pp.122-123、未踏科学技術協会 超伝導科学技術研究会 編著 、日刊工業新聞社、2013年2月発行
    • 「化粧品、医薬品、健康食品、美容、生活用品における皮膚の測定・評価法バイブル 」第2部 各種製品の評価編、 第5章 使用感評価を行いたい、第1節 化粧品と医薬品(さっぱり感,しっとり感,べたつきなど)、秋山庸子、西嶋茂宏 、pp.535-541、株式会社技術情報協会、2013年5月発刊
    • 「電気学会125年史」、第2部、B部門、1編、2章、3節3-3「超電導磁気分離装置」、西嶋茂宏、p.327 、一般社団法人電気学会、2013年10月 発行
    その他報告書・発表
    • 「低温・超電導技術は、除染に貢献できるか?-その2-」、西嶋茂宏、超電導コミュニケーションズ、Vol.22,No.1,通巻120号、pp.4-6、2013年2月
    • 「超電導磁気分離装置開発の進展」、西嶋茂宏、超電導Web21、特集:超電導産業機器技術の展開、pp.1-2、2013年3月
    • 「磁気アルキメデス法による材料分画の可能性」、西嶋茂宏、大阪大学工業会誌テクノネット、No.560(4月号)、pp.10-14、2013年4月
    • 読者の広場(Q&A)、回答者、西嶋茂宏、超電導Web21、2013年4月号 、p.23
    • “Enviromental preservation by using magnetic particles and superconducting magnets”,organized by S.Nishijima, ICF11 プログラム委員,2013年4月
    • “Study on Degradation Process of Organic Insulation Materials for Fusion Superconducting Magnet by Exposure to Radiation”, S.Nishijima, Y.Akiyama, F.Mishima, Y.Nakata, Y.Izumi, A.Nishimura, ANNUAL REPORT OF NATIONAL INSTITUTE FOR FUSION SCIENCE, April2012-March2013,p.273,2-1,11,2013年11月
    • “Advanced Evaluation of Radiation Effects on Fusion Materials” ,T.Shikama, H.Kurishita, M.Yamazaki, M.Hatakeyama, M.Narui, M.Watanabe, S.Nagata, M.Chou, Y.Nagai, A.Hasegawa, Y.Hatano, H.Atsumi, A.Kimura, I.Takagi, K.Sato, S.Ohnuki, H.Watanabe, Y.Ueda, S.Nishijima, T.Terai, T.Oda, Y.Oya, B.Tsuchiya, T.Nishitani, T.Muroga, A. Nishimura, ANNUAL REPORT OF NATIONAL INSTITUTE FOR FUSION SCIENCE, April2012-March2013, p.273, 2-1,11, 2013年11月
    発明、特許
    【特許確定,特許原簿登録済】
    • 「磁気分離方法及び磁気分離装置」 特許第3479690号 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏, 他2名 
    • 「磁気分離方法及び磁気分離装置」 特許第3538640号 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏, 他2名
    • 「磁気分離方法及び磁気分離装置」 特許第3513597号 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏, 他2名
    • 「被磁気分離体の製造方法及び被磁気分離体」 特許第3513594号 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏、武田真一、他1名
    • 「磁性体の製造方法, 磁性体及び砥粒」 特許第3541219号 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏、武田真一、他1名
    • 「温熱治療装置, マイクロカプセル及び注射剤」 特願2004-30729号 公開番号2006-116083 〈公開日H18年5月11日〉出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏、武田真一、他2名
    • 「磁性粒子を用いた遺伝子導入法およびDDS(Drug Delivery System)の確立」 特願2004-107897 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏、武田真一、他1名
    • 「三次元誘導装置及び方法、並びに薬剤配送システム」 国際出願番号PCT/JP2005/014480国際公開番号WO2006/03550 A1 (公開日2006年4月6日)出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏、武田真一
    【公開広報通知済】
    • 「新規な5-アルコキシ-2-(2-ピリジルアゾ)フェノール化合物及び前記化合物を含む新規な光応答性LB膜並びにその用途」 出願人 理化学研究所 発明者 泉 佳伸 他4名  公開特許公報 特開平11-158148,1999.6/15
    【出願提出】


    原著・論文(2012year)

    原著, 論文【査読有】
    • 「触感の定量評価に関する基礎的研究」、秋山庸子、三島史人、西嶋茂宏、電気学会論文誌C、Vol.132,No.1, pp.166-172.(2012.1)
    • “EFFECT OF OXIDATION STRESS ON THE MECHANICAL PROPERTY OF HUMAN HAIR”, Y.Akiyama, Y.Doi, Y.Matsue, F.Mishima, S.Nishijima, (210)International Journal of Computational Bioscience 2011, DOI: 10.2316/J.2011.210-1031(2012.2)
    • “Fundamental Study For Controlling Environment Using Biological Signal”, T.Mori, Y.Maekawa, Y.Akiyama, F.Mishima, K.Sutani, S.Iwaki, S.Nishijima, (210)Control and Intelligent Systems Vol.40,No.3,pp151-159(2012.5)
    • “Development of a Superconducting High Gradient Magnetic Separator for a Highly Viscous Fluid”, F.Mishima,Y.Akiyama, S.Hayashi, S.Nishijima, IEEE TRANS.APPL.SUPERCOND, VOL. 22, NO. 3, Page(s) 3700204(2012.6)
    • “Study of Irradiation Effect on Ellectrical Insulation Material for Superconducting Magnet of Nuclear Fusion Reactor”, Y.Tomi, F.Mishima, Y.Akiyama, Y.Izumi, A.Nishimura, S.Nishijima, IEEE TRANS.APPL. SUPERCOND, VOL. 22, NO. 3, Page(s) 7701104(2012.6)
    • “Study on Magnetic Drug Delivery System Using HTS Bulk Magnet”, K.Nakagawa, F.Mishima, Y.Akiyama,S.Nishijima, IEEE TRANS.APPL.SUPERCOND, VOL. 22, NO. 3, Page(s)4903804(2012.6)
    • “Fundamental Study on Removal of Arsenic by Magnetic Separation”, N.Nomura, F.Mishima, Y.Akiyama, S. Nishijima, IEEE TRANS.APPL.SUPERCOND, VOL. 22, NO. 3, Page(s)3700304 (2012.6)
    • 「高齢被験者の仙骨部接触圧と組織血流量に及ぼす褥瘡予防寝具の効果と身体的特徴との関係」、木村裕和、山本貴則、秋山庸子、西嶋茂宏、日本生理人類学会誌、17巻、3号、pp125-136(2012.8)
    • “Adsorption Behavior of Coacervates on the Human Hair Surface”, Y.Akiyama, Y.Matsue,A.Kasagawa,T.Mori,S.Nishijima, Chemistry Letters, Vol.41,No.10,pp1351-1353 (2012.10)
    • “Magnetic Force Control Technique for Recycling and Environmental Preservation”, S.Nishijima, Superconductivity and Cryogenics, Vol.14,No.4,pp1-4 (2012.11)
    解説・総説【査読無】
    • 「界面における物質の振る舞いと触感」、秋山庸子、西嶋茂宏、表面、第49巻、第8号、pp.9(265)-20(276)(2011.8)
    • 「環境浄化分野における「超伝導」の磁気分離への応用」、三島史人、環境浄化技術、第11巻、第1号、pp.68-73.(2012.1)
    • 「生体計測技術を利用した体性感覚・ストレスの評価」、前川義量、秋山庸子、西嶋茂宏、電子情報通信学会誌、Vol.95,No.5,pp.405-409(2012.5)
    • 「なめらかの定義解析とその評価」、秋山庸子、西嶋茂宏、COSMETIC STAGE 、Vol.6,No.8,pp11-16(2012.8)
    • 「衣服の「ちくちく感」を引き起こす物理現象とは」、秋山庸子、西嶋茂宏、日本機械学会誌、Vol.115,No.1129,pp.22-23(2012.12)
    • 「磁気アルキメデスを利用した新しい磁気分離技術の展開」、FEET NEWS,No.136<トピックス3>,pp.15-16 、一般社団法人 未踏科学技術協会 超伝導科学技術研究会、(2013.1)
    • 「特集にあたって 」、秋山庸子、西嶋茂宏、機能材料 、特集「心地良さ」を生み出す技術-感性重視型技術の最前線-、Vol.33,No.2,p.3 (2013.2)

    学会発表(2012year)

    国際会議
    (IACIS2012) 14th International Association of Colloid and Interface Scientists,Conference, May. 13-18, 2012 (Sendai,Japan)
    • “Microscopic Mechanism of the Frictional Property of Human Hair”, Y.Akiyama, Y.Matsue, F.Mishima, S.Nishijima, 第14回IACIS2012国際会議プログラム集,p.75
    IUMRS-ICEM2012, Sep.23-28, 2012 (Yokohama,Japan)
    • “Rare Earth Phosphor Recycling with Magneto-Archimedes Method ”, S.Nishijima, Program and Abstracts of Plenary,Forums,Somiya Award and Special Lecture, p.39, A-6-O25-008
    2012 Applied Superconductivity Conference, Oct.7-12, 2012 (Portland,U.S.A.)
    • “Study on decontamination of radioactive cesium from soil by magnetic separation system”, S.Nishijima, Y. Akiyama, F.Mishima, CONFERENCE PROGRAM BOOK,p.225,4LPA-03
    • “Precise control of the drug kinetics by non-invasive magnetic drug delivery system” , F. Mishima, M. Chuzawa, Y. Akiyama, S. Nishijima, CONFERENCE PROGRAM BOOK,p.180,2LPN-04
    • “Magnetic Separation System for Recovery of Glass Polishing Agent”, K.Hashiguchi, F.Mishima, Y.Akiyama, E.Maeda, S.Nishijima, CONFERENCE PROGRAM BOOK,p.226,4LPA-06
    IEEE Healthcare Innovation Conference, Nov.7-9, 2012 (Houston, U.S.A.)
    • “Study on the Automatic Monitoring System for the Elderly by Nonivasive Bioinstrumentation”, Y.Maekawa, N.Taku,Y.Akiyama,S.Nishijima, CD-ROM paper#36
    (ISS2012) 25th INTERNATONAL SYMPOSIUM ON SUPERCONDUCTIVITY, Dec.3-5, 2012(Tokyo,Japan)
    • “Study on Magnetic Gene Transfer By using HTS Bulk Magnet”, K.Nakagawa, Y.Ohaku, J.Tamada, F.Mishima, Y.Akiyama, M.K.Osako, H.Nakagami, S.Nishijima, PROGRAM&ABSTRACTS,p.289,SAP-78
    • “Fundamental Study of Phosphor Separation by Controlling Magnetic Force”, K.Wada, F.Mishima, Y.Akiyama, S.Nishijima, PROGRAM&ABSTRACTS,p.293,SAP-86
    • “Fundamental study on cesium decontamination from soil by using superconducting magnet”, S.Igarashi, N.Nomura,F.Mishima,Y.Akiyama,S.Nishijima, PROGRAM&ABSTRACTS,p.294,SAP-87
    国内会議
    第51回日本生体医工学会大会  2012年 5月12日 (福岡国際会議場)
    • 「触感のモデル化に基づく材料設計」、秋山庸子、三島史人、西嶋茂宏、日本生体医工学会誌 生体医工学 プログラム・抄録集 、第50巻特別号、p.198
    • 「座圧分布と頭部画像解析による姿勢計測システム構築のための基礎的研究」、多久直輝、前川義量、秋山庸子、三島史人、西嶋茂宏 、日本生体医工学会誌 生体医工学 プログラム・抄録集、第50巻特別号、p.218
    第11回 磁気力制御・磁場応用 夏の学校 2012年 8月31日 (国立オリンピック記念青少年総合センター)
    • 「磁気力制御を用いた遺伝子治療のための基礎的研究」、大阿久佳宏、玉田順也、中川公太、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、大窄マリアナ今日美、中神啓徳、第11回 2012 磁気力制御・磁場応用 夏の学校、P-7
    • 「磁気力制御による蛍光体分離のための基礎的研究」、植田雄輝、和田康平、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、第11回 2012 磁気力制御・磁場応用 夏の学校、P-8
    • 「磁気分離法を用いた土壌中のセシウム除染に関する研究」、関谷 一輝、吉田 有輝、桑原 裕紀、五十嵐 亨、野村直希、三島 史人、秋山 庸子、西嶋 茂宏、第11回 2012 磁気力制御・磁場応用 夏の学校、P-9
    第86回 秋季低温工学・超電導学会 2012 年 11月 7日- 9日 (いわて県民情報交流センター)
    • 「磁気分離法を用いた放射性物質の土壌からの除去に関する研究」、西嶋茂宏、秋山庸子、三島史人、第86回2012年度秋季低温工学・超電導学会講演概要集、p.192、3A-a01
    • 「溶存酵素を用いた磁気アルキメデス分離装置の検討」、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、第86回2012年度秋季低温工学・超電導学会講演概要集、p.193、3A-a02
    • 「超電導バルク磁石を用いた磁気力制御遺伝子導入のための研究」、中川公太、大阿久佳宏、玉田順也、三島史人、秋山庸子、大窄マリアナ今日美、中神啓徳、西嶋茂宏、第86回2012年度秋季低温工学・超電導学会講演概要集、 p.196、3A-a05
    日本放射線安全管理学会 第11回 学術大会 2012 年 12月 4日- 6日 (大阪大学吹田キャンパス)
    • 「土壌中のセシウムの挙動に関する研究 -その1:セシウムの脱離-」、桑原 裕紀、関谷 一輝、吉田 有輝、五十嵐 亨、野村直希、三島 史人、秋山 庸子、原田 和生、平田収正、西嶋 茂宏、日本放射線安全管理学会 第11回 学術大会 講演予稿集、p.53、2B1-1
    • 「土壌中のセシウムの挙動に関する研究 -その2:セシウムの吸着-」、吉田 有輝、桑原 裕紀、関谷 一輝、五十嵐 亨、野村 直希、三島 史人、秋山 庸子、原田 和生、平田 収正、西嶋 茂宏、日本放射線安全管理学会 第11回 学術大会 講演予稿集、p.54、2B1-2
    第7回 応用福祉工学シンポジウム 2012 年 12月 14日 (大阪富国生命ビル)
    • 「触感の物理モデルの構築」、西嶋茂宏、秋山庸子、第7回 応用福祉工学シンポジウム 講演・発表 要旨集
    • 「毛髪すべり性評価方法の開発」、森達也、秋山庸子、西嶋茂宏、松江由香子、第7回 応用福祉工学シンポジウム 講演・発表 要旨集
    • 「触感のモデル化に基づく材料設計~物理モデル構築のために~」、秋山庸子、三島史人、西嶋茂宏、第7回 応用福祉工学シンポジウム 講演・発表 要旨集
    超電導応用電力機器研究会 2013 年 1月15日- 16日 (産業技術総合研究所つくば中央第1事業所)
    • 「磁気力制御を用いた土壌の除染に関する研究」、野村直希,西嶋茂宏,秋山庸子,三島史人,五十嵐亨,桑原祐紀,関谷一輝,吉田有輝、ASC-13-014
    • 「ガラス研磨剤回収のための磁気分離システムの研究 」、橋口幸司,三島史人,秋山庸子,前田悦弘,西嶋茂宏、ASC-13-015

    招待講演・依頼講演(2012year)

    【西嶋茂宏】
    2012年1月30日 於:低温工学・超電導学会関西支部 2011年度第4回講演会、低温工学・超電導学会関西支部主催
    • 題目‐「大阪大学工学研究科の研究紹介」-西嶋茂宏
    2012年3月16日 於:JASTEC・神戸製鋼 社内講演、ジャパン スーパーコンダクタ テクノロジー株式会社主催
    • 題目‐「超電導磁石を用いた磁気力制御による環境保全・資源回収技術」-西嶋茂宏
    2012年3月20日 於: ニッセイ財団 高齢社会先駆的事業 シンポジウム、社会福祉法人 円融会共催
    • 題目‐「地域生活の相談からサービス提供まで~高齢者同士の新しいつながりを探る~」-西嶋茂宏
    2012年5月17日 於:ICEC24-ICMC2012、公益社団法人低温工学・超電導学会主催
    • 題目‐「Magnetic Force Control Technology for Recycling Materials 」-西嶋茂宏
    2012年5月25日 於:強磁場を利用した物質分離技術、公益社団法人 日本磁気学会主催
    • 題目‐「磁気力制御技術とその産業応用」-西嶋茂宏
    2012年5月29日 於:全国市町村土壌浄化法連絡協議会 第13回全国大会、全国市町村土壌浄化法連絡協議会主催
    • 題目‐「下水道の放射能汚染の考え方-下水道の役割-」-西嶋茂宏
    2012年6月21日 於:2012日中科学技術シンポジウム、上海市科学技術協会、上海市工程師学会、公益社団法人日本技術士会近畿本部主催
    • 題目‐「環境保全を目指した機器開発の考え方 複合社会に適応した新生活スタイルの社会提言」-西嶋茂宏
    2012年6月27日 於:第4回 レアメタル資源再生技術研究会、レアメタル資源再生技術研究会主催
    • 題目‐「磁気力制御によるレアアースリサイクル技術の実用化」-西嶋茂宏
    2012年7月20日 於:テラプロジェクト一周年記念シンポジウム、一般社団法人テラプロジェクト主催
    • 題目‐「21世紀複合社会に適応する新ライフスタイルの提言」-西嶋茂宏
    2012年8月19日 於:第11回高温超伝導バルク材「夏の学校」in平泉、岩手大学工学部藤代博之主催
    • 題目‐「超電導バルク磁石を用いた磁気力制御技術の実用化の可能性」-西嶋茂宏
    2012年8月28日 於:、International Forum on Magnetic Force Control 2012(IFMFC)、The Korea Institute of Applied Superconductivity and Cryogenics主催
    • 題目‐「Magnetic Force Control Technology for Industrial Application and Decontamination of Cesium from Soil」-西嶋茂宏
    2012年8月31日 於:第11回2012年度磁気力制御・磁場応用夏の学校、電気学会「超電導磁気分離システムを利用した除染技術」調査専門委員会主催
    • 題目‐「磁気分離の基礎Ⅰ」-西嶋茂宏
    2012年9月22日 於:第39回 技術士全国大会(大阪)科学技術で社会を繋ぐ~繋がりから生まれる新しい未来~、公益社団法人日本技術士会主催
    • 題目‐「複合社会に適応した新生活スタイルの社会提言」-西嶋茂宏
    2012年9月25日 於:IUMRS-ICEM 2012、 The Materials Research Society of Japan(MRS-J)主催
    • 題目‐「Superconducting Magnetic Force Control Technology and The Application」-西嶋茂宏
    2012年10月1日 於:レアメタル-リサイクル国際協力シンポジウム「眠る都市鉱山」 第2分科会 リサイクル技術の現状及び先端技術分科会、レアメタル-リサイクル国際協力シンポジウム実行委員会
    • 題目‐「磁気力制御によるレアアースリサイクル技術の実用的成果」-西嶋茂宏
    2012年10月3日 於:ICAUMS 2012、主催:The Asian Union of Magnetics Societies、日本磁気学会
    • 題目‐「Fractionation of Mixed Particles by Magneto-Archimedes Method」-西嶋茂宏
    2013年1月22-23日 於:The 16th SANKEN International /The11th SANKEN Nanotechnology Symposium 2013、The Institute of Scientific Industrial Research (ISIR)Osaka University,Nanoscience and Nanotechnology Center主催
    • 題目‐「 Study of Volume Reduction for Cesium Contaminated Soil」-西嶋茂宏

    【秋山庸子】
    2012年7月10日 於:工学院大学エクステンションセンター連携講座、株式会社日本テクノセンター主催
    • 題目‐「触感のメカニズムと定量評価および製品開発への応用」-秋山庸子
    2012年10月26日 於:毛髪のダメージ・手触り質感の消費者実感ポイントとヘアケア製品との物理的相互作用、サイエンス&テクノロジー株式会社主催
    • 題目‐「ヘアケア製品の使用感評価・毛髪との相互作用解析と感性重視型技術」-秋山庸子

    その他(2012year)

    著書
    • 「動的粘弾性の測定とデータ解釈 事例集」共著、「第3節粘弾性の観点から見たスキンケア製品の塗り心地と使用感」、秋山庸子、西嶋茂宏、pp.289-298、㈱技術情報協会、2012年6月発行
    • 「新商品開発における【高級・上質・本物】感を付与、演出する技術」共著、第2章【高級感/上質感/本物感】の各調査、評価、測定方法、「材料の触感設計のための手法と課題~いかにして触感を測るか?~」、秋山庸子、西嶋茂宏 、pp.55-60、㈱技術情報協会、2012年8月発行
    その他報告書・発表
    • 「放射線照射による超伝導磁石用有機絶縁材料の劣化過程に関する研究」、秋山庸子、一般共同研究成果報告書 平成23年度,p.120,2012年06月.
    • “Study on Degradation Process of Organic Insulation Materials for Fusion Superconducting Magnet by Exposure to Radiation”、Y.Akiyama,Y.Tomi,F.Mishima,S.Nishijima,Y.Izumi,A.Nishimura、ANNUAL REPORT OF NATIONAL INSTITUTE FOR FUSION SCIENCE、p.244、April 2011-March 2012
    • “Newtron and Gamma Ray Irradiation Effect on Interlaminar Shear Strength of Electric Insulation Composite for Fusion Device”、A.Nishimura,S.Nishijima,Y.Izumi,T.Hemmi,N.Koizumi,M.Yamasaki,T.Shikama、ANNUAL REPORT OF NATIONAL INSTITUTE FOR FUSION SCIENCE、p.281、April 2011-March 2012
    • “Advanced Evaluation of Radiation Effects on Fusion Materials”,T.Shikama, H.Kurishita, M.Yamazaki, M.Hatakeyama, M.Narui, M.Watanabe, S.Nagata, M.Chou, Y.Nagai, A.Hasegawa, Y.Hatano, H.Atsumi, A.Kimura, I.Takagi, K.Sato, S.Ohnuki, H.Watanabe, Y.Ueda, S.Nishijima, T.Terai, T.Oda, Y.Oya, B.Tsuchiya, T.Nishitani, T.Muroga, A.Nishimura、ANNUAL REPORT OF NATIONAL INSTITUTE FOR FUSION SCIENCE、p.541、April 2011-March 2012
    • “Study of Radiation Damage of Organic Electric Insulation Material for Fusion Superconducting Magnet”、S.Nishijima,Y.Tomi,Y.Akiyama,F.Mishima,Y.Izumi,H.Kurishita,M.Yamazaki,M.Narui,A.Nishimura、ANNUAL REPORT OF NATIONAL INSTITUTE FOR FUSION SCIENCE、p.545、April 2011-March 2012
    発明、特許
    【特許確定,特許原簿登録済】
    • 「磁気分離方法及び磁気分離装置」 特許第3479690号 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏, 他2名 
    • 「磁気分離方法及び磁気分離装置」 特許第3538640号 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏, 他2名
    • 「磁気分離方法及び磁気分離装置」 特許第3513597号 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏, 他2名
    • 「被磁気分離体の製造方法及び被磁気分離体」 特許第3513594号 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏、武田真一、他1名
    • 「磁性体の製造方法, 磁性体及び砥粒」 特許第3541219号 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏、武田真一、他1名
    • 「温熱治療装置, マイクロカプセル及び注射剤」 特願2004-30729号 公開番号2006-116083 〈公開日H18年5月11日〉出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏、武田真一、他2名
    • 「磁性粒子を用いた遺伝子導入法およびDDS(Drug Delivery System)の確立」 特願2004-107897 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏、武田真一、他1名
    • 「三次元誘導装置及び方法、並びに薬剤配送システム」 国際出願番号PCT/JP2005/014480国際公開番号WO2006/03550 A1 (公開日2006年4月6日)出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏、武田真一
    【公開広報通知済】
    • 「新規な5-アルコキシ-2-(2-ピリジルアゾ)フェノール化合物及び前記化合物を含む新規な光応答性LB膜並びにその用途」 出願人 理化学研究所 発明者 泉 佳伸 他4名  公開特許公報 特開平11-158148,1999.6/15
    【出願提出】


    原著・論文(2011year)

    原著, 論文【査読有】
    • Effect of Oxidation Stress on the Mechanical Property of Human Hair, Y.Akiyama,Y.Doi,Y.Matsue,F.Mishima,S.Nishijima, (2011.1)
    • “High Gradient Superconducting Magnetic Separation for Iron Removal From the Glass Polishing Waste”, F.Mishima, T.Terada, Y.Akiyama, S.Nishijima, IEEE TRANS.APPL.SUPERCOND., VOL. 21, NO. 3, pp.2059-2062. (2011.6)
    • “Study on High Gradient Magnetic Separation for Selective Removal of Impurity From Highly Viscous Fluid”, S.Hayashi, F.Mishima, Y.Akiyama, S.Nishijima, IEEE TRANS.APPL.SUPERCOND., VOL. 21, NO. 3, pp.2055-2058. (2011.6)
    • “High Gradient Magnetic Separation of Pneumatic Conveyed Powder Products”Y.Nakai, K.Senkawa, F.Mishima, Y.Akiyama, S.Nishijima, IEEE TRANS.APPL.SUPERCOND., VOL. 21, NO. 3, pp.2063-2067. (2011.6)
    • “Drug accumulation by means of noninvasive magnetic drug delivery system”, M.Chuzawa,F.Mishima,Y.Akiyama,S.Nishijima,Physica C: Superconductivity, Vol.471, Issue 21-22, pp.1538-1542. (2011.11)
    • “Measurement of the adhesion force between particles for high gradient magnetic separation of pneumatic conveyed powder products”, K.Senkawa,Y.Nakai,F.Mishima,Y.Akiyama,S.Nishijima, Physica C: Superconductivity, Vol.471, Issue 21-22, pp.1525-1529. (2011.11)
    • “Fundamental study on recovery of resources by magnetic separation using superconducting bulk magnet”, S.Okada,F.Mishima,Y.Akiyama,S.Nishijima, Physica C: Superconductivity, Vol.471, Issue 21-22,pp. 1520-1524. (2011.11)
    • “Development of Superconducting High Gradient Magnetic Separation System for Highly Viscous Fluid for Practical Use”, S.Hayashi,F.Mishima,Y.Akiyama,S.Nishijima, Physica C: Superconductivity,Vol.471, Issue 21-22,pp.1511-1515.(2011.11)
    • “Study on Interparticle Interaction for Dry HGMS System Using Pneumatic Conveyance”, Y.Nakai,K.Senkawa,F.Mishima,Y.Akiyama,S.Nishijima, Physica C: Superconductivity, Vol.471, Issue 21-22,pp.1533-1537. (2011.11)
    • “Radical-induced degradation mechanism of perfluorinated polymer electrolyte membrane”, R.Uegaki,Y.Akiyama,S.Tojo,Y.Honda,S.Nishijima, Journal of Power Sources, vol.196,issue23,9856-9861. (2011.12)
    • 「表情の画像解析による疼痛評価システムの開発」、前川義量,阿部武史,白井みどり,秋山庸子,西嶋茂宏、生体医工学49巻,6号(2011.12)
    • 「触感の定量評価に関する基礎的研究」、秋山庸子、三島史人、西嶋茂宏、電気学会論文誌Vol.132,No.1, Sec. C. (2012.2)
    解説・総説【査読無】
    • 「環境・浄化分野における最新動向」、三島史人、西嶋茂宏、工業材料vol.59特集新たな百年に臨む「超電導」 pp.51-54.(2011.1)
    • 「バルク材料の研究開発の現状」に寄せて、西嶋茂宏、低温工学46巻3号p.72、特集「バルク材料の研究開発の現状」.(2011.3)

    学会発表(2011year)

    国際会議
    (Biomed 2011) The Eighth IASTED International Conference on Biomedical Engineering, 2011年2月16日- 18日(Innsbruck, Austria)
    • “Effect Of Oxidation Stress On The Mechanical Property Of Human Hair”, Y.Akiyama, Y.Doi, Y.Matsue, F.Mishima,S.Nishijima,723-139 
    • “Fundamental Study for Control of Living Environment Using Biological Signal” T.Mori, Y.Maekawa, Y.Akiyama, F.Mishima, K.Sutani,S.Iwaki,S.Nishijima,723-138
    • “Development Of Pain Evaluation System By Image Analysis Of Facial Expression” Y.Maekawa, Y.Akiyama, S.Nishijima,723-147 
    (MT-22) 22nd International Conference on Magnet Technology, 2011年9月12日- 16日(Marseille, France)
    • “Study of Irradiation Effect on Ellectrical Insulation Material for Superconducting Magnet of Nuclear Fusion”, Y.Tomi, F.Mishima, Y.Akiyama, Y.Izumi, A.Nishimura, S.Nishijima, p 57
    • “Study on Magnetic Drug Delivery System Using HTS Bulk Magnet”, K.Nakagawa,F.Mishima,Y.Akiyama,S.Nishijima
    • “Fundamental Study on Removal of Arsenic by Magnetic Separation” N.Nomura, F.Mishima, Y.Akiyama, S.Nishijima,
    IEEE SMC 2011, 2011年10月9日- 12日(Anchorage, Alaska USA)
    • “Development of an Evaluation Method of the Frictional Property of Human Hair - Microscopic mechanism of lowering effect of “squeaky” sensation by shampoo -”, Y.Akiyama,F.Mishima,S.Nishijima, IEEE SMC 2011 CONFERENCE DIGEST, D-37
    • “Development of an accident detection system for care service users by image and motion analysis Detecting an accident using image analysis of facial expression and head motion analysis”, Y.Maekawa,Y.Akiyama, S.Nishijima, IEEE SMC 2011 CONFERENCE DIGEST, D-36
    国内会議
    電気学会全国大会 2011年3月16日―18日(大阪大学)
    • 「温度感受性リポソームを用いた磁気力制御薬剤配送システムの基礎的研究」、中川公太、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、平成23年電気学会全国大会 講演論文集、Vol.5, P.158
    • 「超電導バルク磁石を用いた磁気分離法によるヒ素除去のための基礎的研究」、野村直希、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、平成23年電気学会全国大会講演論文集、Vol.5 P.156
    日本原子力学会 2011年春の年会 2010年3月28-30日 (福井大学)
    • 「固体高分子形燃料電池電解質膜の劣化におけるラジカルの関与に関する研究」、秋山庸子、上柿亮真、西嶋茂宏、青栁嘉一,藤乗幸子,誉田義英、日本原子力学会2011年春の年会予稿集、P.53
    • 「核融合炉用超電導磁石絶縁材料の照射効果に関する研究」、富雄一、三島史人、秋山庸子、泉佳伸、西村新、西嶋茂宏、日本原子力学会2011年春の年会予稿集、P.774
    第50回日本生体医工学会大会 2011年4月29日-5月1日(東京電機大学)
    • 「毛髪すべり性評価方法の開発-すべり性の微視的機構の検討-」、秋山庸子,松江由香子,三島史人,西嶋茂宏、生体医工学第49巻特別号,P96,O1-10-6,4月29日(2011)
    • 「姿勢計測システムのための基礎的研究」、多久直輝,前川義量,秋山庸子,三島史人,西嶋茂宏、生体医工学第49巻特別号,p109,P1-3-10,4月29日(2011)
    第84回2011年度春季低温工学・超電導学会 2011年5月18日-5月20日(筑波NIMS)
    • 「高粘性流体用の超電導高勾配磁気分離装置の設計」、三島史人,林信吾,秋山庸子,西嶋茂宏、第84回 2011年度春季 低温工学・超電導学会 講演概要集、P.20
    • 「温度感受性リポソームを用いた磁気力制御薬剤配送システムの基礎的研究」、中川公太,三島史人,秋山庸子,西嶋茂宏, 第84回2011年度春季低温工学・超電導学会講演概要集、P.26
    • 「超電導バルク磁石を用いた磁気分離法によるヒ素除去のための基礎的研究」、野村直希,三島史人,秋山庸子,西嶋茂宏、第84回2011年度春季低温工学・超電導学会講演概要集
    第10回 2011 磁気力制御・磁場応用夏の学校 2011年8月30日-31日(大阪市立長居ユースホステル)
    • 「非侵襲磁気力制御薬剤配送システムのための基礎的研究」、忠澤 充高、三島 史人,秋山 庸子,西嶋 茂宏,第10回2011磁気力制御・磁場応用夏の学校プログラム、P-1
    • 「粉粒体の気層搬送を利用した磁気分離に関する研究―粒子間相互作用を考慮した処理条件の検討―」、千川 浩平,中井 裕樹,三島 史人,秋山 庸子,西嶋 茂宏、第10回2011磁気力制御・磁場応用夏の学校プログラム、P-2
    • 「非侵襲磁気力制御薬剤配送システムのための基礎的研究」、忠澤充高,三島史人,秋山庸子,西嶋茂宏、第10回2011磁気力制御・磁場応用夏の学校プログラム、P-3
    • 「磁気分離法によるヒ素除去のための基礎的研究」、野村直希,三島史人,秋山庸子,西嶋茂宏、第10回2011磁気力制御・磁場応用夏の学校プログラム、P-4
    第63回コロイドおよび界面化学討論会 2011年9月7日-9月9日(京都大学)
    • 「毛髪すべり性の微視的機構の検討」、秋山庸子、三島史人、西嶋茂宏、第63回コロイドおよび界面化学討論会講演要旨集、p235,1F15、9月7日(2011) 2011年電気化学秋季大会、第52回化学センサ研究発表会 2011年9月9日-9月11日(新潟コンベンションセンター)
    2011年電気化学秋季大会、第52回化学センサ研究発表会 2011年9月9日-9月11日(新潟コンベンションセンター)
    • 「ラジカル種の違いによる高分子電解質膜の劣化に関する解析」、秋山庸子、青栁嘉一、藤乗幸子、誉田義英、西嶋茂宏、2011年電気化学秋季大会講演要旨集、p44,1B03、9月9日(2011) 日本原子力学会 2011年秋の大会 2011年9月20日-9月22日(北九州国際会議場)
    日本原子力学会 2011年秋の大会 2011年9月20日-9月22日(北九州国際会議場)
    • 「核融合炉用超電導磁石絶縁材料の照射効果に関する研究」、富雄一、三島史人、秋山庸子、泉佳伸、西村新、西嶋茂宏、予稿集G09 「産技研技術フォーラム」 第6回応用福祉工学シンポジウム 2011年9月30日(大阪府立産業技術総合研究所)
    「産技研技術フォーラム」第6回応用福祉工学シンポジウム 2011年9月30日 (大阪府立産業技術総合研究所)
    • 「毛髪すべり性評価方法の開発-すべり性の微視的機構の検討-」、秋山庸子、松江由香子、三島史人、西嶋茂宏、第6回応用福祉工学シンポジウム要旨集
    • 「表情解析と頭部動作解析による高齢者見守りシステムの構築」、前川義量、秋山庸子、西嶋茂宏、第6回応用福祉工学シンポジウム要旨集 第27回ライフサポート学会 2011年11月3日-5日(芝浦工業大学)
    第27回ライフサポート学会 2011年11月3日 - 5日 (芝浦工業大学)
    • 「触感の定量評価に関する基礎的研究」、秋山庸子、三島史人、西嶋茂宏、生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会2011講演要旨集、p.67、11月4日(2011)
    • 「表情解析と頭部動作解析による高齢者見守りシステムの構築」、前川義量、秋山庸子、西嶋茂宏、生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会2011講演要旨集、p.37、11月3日(2011)
    低温工学会 「磁場を用いた物質挙動制御技術に関する調査研究会」 2010―2012年度 年間3回開催

    招待講演・依頼講演(2011year)

    招待講演 依頼講演
    2011年8月29日 於:第2回磁気力制御国際フォーラム、電気学会「磁気力制御を利用した超電導技術の実用化と新たな展開」調査専門委員会主催
    • 題目‐“Separation of Impurity in Molten Metals by Using Superconducting Magnet”-西嶋茂宏
    2011年8月30日 於:磁気力制御・磁場応用 夏の学校、電気学会「磁気力制御を利用した超電導技術の実用化と新たな展開」調査専門委員会主催
    • 題目‐「磁気分離の基礎I-単位の話-」-西嶋茂宏
    2011年9月30日 於:「産技研技術フォーラム」第6回応用福祉工学シンポジウム、大阪府立産業技術総合研究所主催、応用福祉工学研究会、大阪府立産業技術総合研究所共催
    • 題目‐「日本文化に適応した新生活スタイルの提言」-西嶋茂宏
    2011年10月29日 於:アジア太平洋貿易センター(ATC)、2011 日中科学技術シンポジウム、主催:日本技術士会近畿支部、上海市科学技術協会、上海工程師学会、共催:大阪大学大学院工学研究科、同済大学環境科学与工程学院、上海留日同学会 他
    • 題目‐「複合社会に適応した新生活スタイルの提言」-西嶋茂宏
    2011年10月8日 於:金光学園ほつま近畿人事交流部会、金光学園ほつま同窓会近畿支部主催
    • 題目‐「放射線被ばくをどう考えるか」-西嶋茂宏
    2011年11月13日 於:SSH教育研究大会、金光学園中学高等学校主催
    • 題目‐「基礎力と人間力」-西嶋茂宏
    2011年11月16日 於:東京・千代田区 アルカディア市ヶ谷、AAA第23回技術部会・大型プロジェクト研究部会 合同部会、先端加速器科学技術推進協議会主催
    • 題目‐「超伝導磁気分離技術と環境応用について」-西嶋茂宏
    2011年4月25日 於:東京・大井町 きゅりあん、官能特性評価の実践的手技・手法、株式会社技術情報協会主催
    • 題目‐「機器測定の最新動向と機器測定/官能データのマッチング」-秋山庸子
    2011年9月13日 於:東京・大井町 きゅりあん、ヘアケア製品の使用感評価手法と製品開発、サイエンス&テクノロジー株式会社主催
    • 題目‐「毛髪とヘアケア製品の巨視的・微視的相互作用」-秋山庸子

    その他(2011year)

    著書
    • 「共創・協奏 -産学連携成功のキーワード-」、共著、【第一章 医療・創薬を支える新しい技術の展開】「磁場で遠隔のものを動かす-体内の薬を磁場で動かす試み-」、西嶋茂宏、pp.111-119、独立行政法人科学技術振興機構 JSTイノベーションプラザ大阪、株式会社アズトリー、2011年7月発行
    その他報告書・発表
    • 「触動作の特徴抽出による化粧品の使用感評価」、秋山庸子、COSMETOLOGY.Vol.18,p.95-103,2010.
    • 「超電導磁気分離装置の進展」、西嶋茂宏、超電導Web21、2011年3月号、特集:超電導産業機器技術の展開、p.2-3
    発明、特許
    【特許確定,特許原簿登録済】

    【公開広報通知済】

    【出願提出】


    原著・論文(2010year)

    原著, 論文【査読有】
    • “Development of Magnetic Separation System for Powder Separation” ,Y.Nakai, F. Mishima, Y. Akiyama, S.Nishijima, IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY, VOL. 20, NO. 3, pp.941-944. (2010.6)
    • “Development of High Gradient Magnetic Separation System for a Highly Viscous Fluid”,S. Hayashi, F. Mishima, Y. Akiyama, and S. Nishijima, IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY, VOL. 20, NO. 3,pp. 945-948. (2010.6)
    • “Drug Delivery Using an Embedded Ferromagnetic Needle and External Magnets”,Y. Hirota, F. Mishima, Y. Akiyama, and S. Nishijima, IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY, VOL. 20, NO. 3, pp.826-828. (2010.6)
    • “Research and Development of Magnetic Purification System for Used Wash Water of Drum”,F. Mishima, Y. Akiyama, and S. Nishijima, IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY, VOL. 20, NO. 3, pp.937-940. (2010.6)
    • “Fundamental Study on Magnetic Separation of Aquatic Organisms Using a Superconducting Magnet”, F. Sakaguchi, F. Mishima, Y. Akiyama, and S. Nishijima, IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY, VOL. 20, NO. 3, pp969-972. (2010.6)
    • “Study on degradation process of polymer electrolyte by solution analysis ”, Y.Akiyama, H.Sodaye, Y.Shibahara, Y.Honda, S Tagawa, S.Nishijima, Journal of Power Sources, 195 (18), p.5915-5921. (2010.9)
    • “Effect of humidity and temperature on polymer electrolyte membrane (Nafion 117) studied by positron annihilation”, Y. Shibahara, H.S.Sodaye, Y.Akiyama, S. Nishijima, Y.Honda, G.Isoyama, S.Tagawa, , Journal of Power Sources, 195 (18), p.5934-5937. (2010.9)
    • 「超電導バルク磁石を用いた磁気薬剤配送システムに関する研究」、廣田友佳、忠澤充高、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、低温工学Vo.l45,No6,pp.298-303.(2010.6)
    • 「超電導バルク磁石を用いた染料排水処理に関する基礎的研究」、方美娜、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、低温工学Vol.45,No6,pp.290-297.(2010.6)
    • 「磁気力薬剤配送システムの開発」、三島史人、西嶋茂宏、日本AEM学会誌Vol.18,No.1,pp.21-28.(2010.6)
    • "Development of high gradient magnetic separation system under dry condition", Y. Nakai, F. Mishima, Y. Akiyama, S. Nishijima, Physica C: Superconductivity, Volume 470, Issue 20,pp1812-1817. (2010.11)
    • "Magnetic force control technique in industrial application ", S. Nishijima, Physica C: Superconductivity, Volume 470, Issue 20, pp 1795-1798. (2010.11)
    • "Development of high gradient magnetic separation system for removing the metallic wear debris to be present in highly viscous fluid" S. Hayashi, F. Mishima, Y. Akiyama, S. Nishijima,Physica C: Superconductivity, Volume 470, Issue 20, pp1822-1826. (2010.11)
    • "A study on accumulation of magnetic drug in the capillary vessel of target organ using superconducting MDDS", F. Mishima, Y. Akiyama, S. Nishijima,Physica C: Superconductivity, Volume 470, Issue 20, , pp.1837-1840. (2010.11)
    • "Fundamental study on magnetic separation of organic dyes in wastewater" M. Fang, F. Mishima, Y. Akiyama, S. Nishijima,Physica C: Superconductivity, Volume 470, Issue 20, 1827-1830,. (2010.11)
    解説・総説【査読無】
    • 「材料の触感設計の手法と課題-触感をはかる-」、秋山庸子、西嶋茂宏、塗装工学Vol.45,No.8,pp315-321.2010.8
    • 「スキンケア化粧品における官能評価と物性評価のリンクの仕方」、秋山庸子、COSMETIC STAGE Vol5.No2,pp23-29.(2010.12)

    学会発表(2010year)

    国際会議
    (ASC2010)Applied Superconductivity Conference, 2010年8月1日- 6日(Washington, D.C.USA)
    • "Study on High Gradient Magnetic Separation for Selective Removal of Impurity from Highly Viscous Fluid" S. Hayashi, F. Mishima, Y. Akiyama, S. Nishijima、ASC 2010 ABSTRACTS、p.283,4LPB-03.
    • "High Gradient Superconducting Magnetic Separation For Iron Removal From the Glass Polishing Waste" F. Mishima, Y. Akiyama, S. Nishijima, ASC 2010 ABSTRACTS, p.283,4LPB-04
    • "High Gradient Magnetic Separation of Pneumatic Conveyed Powder Products" Y. Nakai, F. Mishima, Y. Akiyama, S. Nishijima ASC 2010 ABSTRACTSp.283, 4LPB-05
    World Automation Congress WAC 2010 2010年9月19日―22日(神戸国際会議場)
    • “Fundamental Study for Control of Living Environment Using Biological Signal”, T.Mori, T.Abe, Y. Maekawa, Y. Akiyama,F. Mishima,K. Sutani, S Iwaki, S.Nishijima, WAC CD-Rom Proceedings IFMIP 471,2010.
    • “Study of Measurement of Water Content in Human Body by Impedance Method” K.Hisamori, T. Abe, Y.Akiyama, F.Mishima, Y.Maekawa, S.Nishijima WAC CD-Rom Proceedings, IFMIP 504,2010.
    • “Development of evaluation method of tactile sensation of human hair.”,Y. Akiyama, Y. Matsue, S. Nishijima ,WAC CD-Rom Proceedings, ISSCI 214,2010
    (ISS2010)23rd Interantioanl Symoposium on Superconductivity Nov.1-3(Tsukuba, Japan)
    • "Development of Superconducting High Gradient Magnetic Separation System for Highly Viscous Fluid for Practical Uses", S.Hayashi, F. Mishima, Y. Akiyama, S. Nishijima, Program and Abstracts 23rd Interantioanl Symoposium on Superconductivity, p.342
    • "Study on Interparticle Interaction for Dry HGMS System Using Pneumatic Conveyance", Y. Nakai, K. Senkawa, F. Mishima, Y. Akiyama, S.Nishijima, Program and Abstracts 23rd Interantioanl Symoposium on Superconductivity, p.346
    • "Fundamendal Study On Recovery Of Resources By Magnetic Separation Using Super Conducting Magnet", S. Okada, F. Mishima, Y. Akiyama, S. Nishijima, Program and Abstract s 23rd Interactional Symposiums on Superconductivity, p. 344 
    • "Drug Accumulation by Means of Noninvasive Magnet Drug Delivery System", M.Chuzawa, F.Mishima, Y.Akiyama, S.Nishijima, Program and Abstract s 23rd Interactional Symposiums on Superconductivity, p. 352
    • "Measurement of the Adhesion Force between Particles for High Gradient Magnetic Separation of Pneumatic" ,K. Senkawa, Y. Nakai, F. Mishima, Y. Akiyama, S. Nishijima, Program and Abstract s 23rd Interactional Symposiums on Superconductivity, , p. 344
    (Biomed 2011) The Eighth IASTED International Conference on Biomedical Engineering, 2011年2月16日- 18日(Innsbruck,Austria)
    • "Effect Of Oxidation Stress On The Mechanical Property Of Human Hair" Y.Akiyama, Y.Doi, Y.Matsue, F.Mishima,S.Nishijima,723-139 
    • "Fundamental Study for Control of Living Environment Using Biological Signal" T.Mori, Y.Maekawa, Y.Akiyama, F.Mishima, K.Sutani,S.Iwaki,S.Nishijima,723-138
    • "Development Of Pain Evaluation System By Image Analysis Of Facial Expression" Y.Maekawa,Y.Akiyama, S.Nishijima,723-147 
    国内会議
    第82回2010年度低温工学・超伝導学会 2010年5月12日―14日(川崎市産業振興会館)
    • 「核融合炉用超電導磁石絶縁材料の照射効果に関する研究-」、富 雄一、三島 史人、秋山 庸子、西嶋 茂宏、泉 佳伸、西村 新、第82回2010年度低温工学・超伝導学会講演概要集、p.21.
    • 「高勾配磁気分離を用いた高粘性流体中の不純物除去のための研究」、林 信吾、三島 史人、秋山 庸子、西嶋 茂宏、第82回2010年度低温工学・超伝導学会講演概要集、p.35
    • 「粉粒体搬送を利用した高勾配磁気分離システムの開発--」、中井 裕樹、千川浩平、三島 史人、秋山 庸子、西嶋 茂宏、第82回2010年度低温工学・超伝導学会講演概要集、p37
    • 「超電導バルク磁石を用いた湿式磁気分離法による資源回収の基礎的研究-」、岡田 晋吉、西嶋 茂宏、秋山 庸子、三島 史人、第82回2010年度低温工学・超伝導学会講演概要集、p38.
    • 「磁気力制御薬剤配送システムによる精密集積制御の検討 (1) ? モデル系での検討 ?」、忠澤 充高、廣田 友佳、三島 史人、秋山 庸子、西嶋 茂宏、第82回2010年度低温工学・超伝導学会講演概要集、p139.
    • 「磁気力制御薬剤配送システムによる精密集積制御の検討 (2) ? 生体内での検討 ?」、三島 史人、忠澤 充高、廣田 友佳、秋山 庸子、西嶋 茂宏、第82回2010年度低温工学・超伝導学会講演概要集、p140.
    • 「中性子照射したNb3Sn 線材の超伝導特性変化」、西村 新、竹内 孝夫、西嶋 茂宏、西島 元、渡辺 和雄、四竃 樹男、落合 謙太、第82回2010年度低温工学・超伝導学会講演概要集、p194.
    • 「15.5 T 超伝導磁石用温度可変インサートの熱伝導,熱伝達試験」、奥井 良夫、広瀬 量一、伊藤 聡、宮田 斉、西村 新、 竹内 孝夫、西嶋 茂宏、渡辺 和雄、四竃 樹男、第82回2010年度低温工学・超伝導学会講演概要集、p195.
    電気学会 超電導応用電力機器研究会 2010年6月10日―11日(九州電力総合研究所)
    • 「粉粒体の気層搬送を利用した高勾配磁気分離システムの開発」、千川浩平、中井祐樹,三島 史人,秋山 庸子、西嶋 茂宏、電気学会研究会資料、pp.75-78
    • 「超電導バルク磁石を用いた湿式分離法による資源回収の基礎的研究」、岡田晋吉、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、電気学会研究会資料、pp.79-82
    (ME学会)第49回日本生体医工学会大会 2010年6月25-27日 (大阪国際交流センター)
    • "Study of material design based on modeling of tactile sensation"、秋山庸子、三島史人、西嶋茂宏、第48巻特別号第49回日本生体医工学会大会プログラム・抄録集、p.20.
    • "Study of Measurement of Water Content in Human Body by Impedance Method"、久森康平、阿部武志、秋山庸子、三島史人、前川義量、山田憲嗣、西嶋茂宏、第48巻特別号第49回日本生体医工学会大会プログラム・抄録集、p.65.
    • "Fundamental Study for Controlling Living Environment Using Bioinstrumentation"、森 達也、阿部武志、前川義量、秋山庸子、三島史人、須谷康一、岩木 直、西嶋茂宏、第48巻特別号第49回日本生体医工学会大会プログラム・抄録集、p.69
    第5回応用福祉工学シンポジウム 2010年7月23日(摂南大学寝屋川キャンパス)
    • 「生体信号を用いた生活環境制御システム構築のための基礎的研究」、森達也、前川義量、秋山庸子、三島史人、須谷康一、岩木直、西嶋茂宏、応用福祉工学シンポジウム要旨集
    第9回2010磁気力制御・磁場夏の学校 2010年9月3日―4日(国立オリンピック記念青少年総合センター)
    • 「粉粒体搬送を利用した高勾配磁気分離システムの開発」、中井祐樹、千川浩平、三島 史人、秋山 庸子、西嶋 茂宏、第9回2010磁気力制御・磁場夏の学校、P-11
    • 「高粘性流体からの不純物の選択的分離のための高勾配磁気分離の研究」、林信吾、三島 史人、秋山 庸子、西嶋 茂宏、第9回2010磁気力制御・磁場夏の学校、P-12
    • 「粉粒体搬送を利用した磁気分離のための粒子凝集性の検討」、千川浩平、中井祐樹、三島 史人、秋山 庸子、西嶋 茂宏、第9回2010磁気力制御・磁場夏の学校、P-13
    • 「非侵襲の磁気分離薬剤配送システムの研究」、忠澤充高、三島 史人、秋山 庸子、西嶋 茂宏、第9回2010磁気力制御・磁場夏の学校、P-14
    • 「強磁性ナノ粒子を用いた膜輸送小胞の磁気分離に関する研究」、中川公太、青柳嘉一、三島 史人、秋山 庸子、西嶋 茂宏、第9回2010磁気力制御・磁場夏の学校、P-32
    • 「超電導バルク磁石を用いた磁気分離法による資源回収の基礎的研究」、野村直希、三島 史人、秋山 庸子、西嶋 茂宏、第9回2010磁気力制御・磁場夏の学校、P-33
    生体医工学シンポジウム 2010年9月10日―11日(北海道大学)
    • 「多周波数インピーダンス法を用いた体内組成の測定」、久森康平、阿部武志、秋山庸子、三島史人、西嶋茂宏、前川義量、山田憲嗣、生体医工学シンポジウム2010講演予稿集、2-1-5
    • 「生体信号を用いた生活環境制御システム構築のための基礎的研究」、森達也、前川義量、秋山庸子、三島史人、岩木直、須谷康一、西嶋茂宏、生体医工学シンポジウム2010講演予稿集、2-2-4.
    • 「表情の画像解析による高齢者見守りシステムのための基礎的研究」、前川義量、秋山庸子、西嶋茂宏、生体医工学シンポジウム2010講演予稿集、2-8-7.
    • 「触感の定量評価に関する基礎的研究」、秋山庸子、三島史人、西嶋茂宏、 生体医工学シンポジウム2010講演予稿集、2-2-1、電気学会研究会資料 医用・生体工学研究会、pp.13-18.
    日本原子力学会  2010年9月15日―17日(北海道大学)
    • 「核融合炉用超電導磁石絶縁材料の照射効果に関する研究」、富雄一、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、日本原子力学会2010年秋の大会予稿集、G57、pp.419
    • 「ラジカル反応による固体高分子形燃料電池電解質膜の劣化機構の検討」、上柿亮真、 秋山庸子、 西嶋茂宏、 誉田義英、藤乗幸子、田川精一、日本原子力学会2010年秋の大会予稿集、B39、p.102
    第83回2010年度秋季低温工学・超電導学会 2010年12月
    • 「粉粒体の気層搬送を利用した高勾配磁気分離システムにおける粒子間相互作用評価」、千川浩平、中井裕樹、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、Vol.83, p.115
    低温工学会 「磁場を用いた物質挙動制御技術に関する調査研究会」 2010―2012年度 年間3回開催
    日本原子力学会 2011年春の年会 2010年3月28-30日 (福井大学)
    • 「固体高分子形燃料電池電解質膜の劣化におけるラジカルの関与に関する研究」、秋山庸子、上柿亮真、西嶋茂宏、青栁嘉一,藤乗幸子,誉田義英、日本原子力学会2011年春の年会予稿集、P.53
    • 「核融合炉用超電導磁石絶縁材料の照射効果に関する研究」、富雄一、三島史人、秋山庸子、泉佳伸、西村新、西嶋茂宏、日本原子力学会2011年春の年会予稿集、P.774

    招待講演・依頼講演(2010year)

    招待講演
    2010年6月 於:上海、2010年日科技研討会、上海市科学技術委員会他 主催
    • 題目「都市に影響を及ぼす社会構造変化と技術革新」-西嶋茂宏.
    依頼講演
    2010年9月29日 於:東京・王子 北とぴあ、触感の評価法と材料設計への活かし方~「手触り」をどう客観的に評価するか?~、株式会社技術情報協会主催
    • 題目「材料の触感設計のための手法と課題~いかにして触感を測るか?~」‐秋山庸子.

    その他(2010year)

    著書
    • 「レオロジーの測定とコントロール一問一答集」共著、「第18節スキンケア製品の塗り心地を評価するには?」、秋山庸子、西嶋茂宏、pp.219-226、㈱技術情報協会、2010年9月発行
    発明、特許
    【特許確定,特許原簿登録済】

    【公開広報通知済】

    【出願提出】


    原著・論文(2009year)

    原著, 論文【査読無】
    • 「電磁力を利用した低融点金属内介在物分離に関する基礎的研究」、寺田隆哉、秋山庸子、泉佳伸、西嶋茂宏、TEION KOGAKU(J.Cryo.Soc.Jpn)Vol.44 No.1,pp.32-37(2009).
    • 「認識がつまずき動作にお呼びす影響に関する基礎的研究」、上田雄義、秋山庸子、泉佳伸、西嶋茂宏、ライフサポートVol.21, No.1,pp.31-35,(2009)
    • 「超伝導磁石を利用した電磁分離装置開発の検討」、寺田隆哉、秋山庸子、泉佳伸、西嶋茂宏、低温工学44.4、pp.159-163、(2009)
    • “触動作の特徴抽出による化粧品の使用感評価 -毛髪ブラッシング動作の解析―“、秋山庸子、松江由香子、土井佑介、泉佳伸、西嶋茂宏、Nihon Reoroji Gakkaishi Vol.37,No.3,pp.129-134,(2009).
    • “High-Speed Magnetic Filtration System Using HTS Bulk Magnet for Used Wash Water of Drum”, F.Mishima, T.Terada, T.Ohnishi, K.Iino, H.Ueda, S.Nsihijima, IEEE Transactions on applied Superconductivity Vol.19,No.3pp.2165-2168,(2009).
    • “Research and Development of Magnetic Drug Delivery System Using Bulk High Temperature Superconducting Magnet”, S.Nishijima, F.Mishima, Y.Tabata, H.Iseki, Y.Muragaki, A.Sasaki, N.Saho, IEEE Transactions on applied Superconductivity Vol.19,No.3pp.2257-2260, (2009).
    • "Fundamental study on magnetic separation of aquatic organisms for preservation of marine ecosystem", F. Sakaguchi, Y. Akiyama, Y. Izumi, S. Nishijima, Physica C: Superconductivity, Vol. 469, 15-20, pp.1835-1839, (2009).
    • "Development of magnetic separation system of magnetoliposomes ", R.Nakao,Y. Matuo, F.Mishima, T.Taguchi, S.Maenosono, S.Nishijima, Physica C: Superconductivity and its applications, 469 (15), pp.1840-1844,(2009).
    • “Fundamental study for development magnetic drug delivery system “, Y. Hirota, Y. Akiyamaa, Y. Izumi, S. Nishijima, Physica C: Superconductivity Vol. 469, 15-20, pp.1853-1856 ,(2009).
    • “Study on magnetic separation of nanosized ferromagnetic particles”, R Nakao, Y Matuo, F Mishima, T Taguchi and S Nishijima,J. Phys.: Conf. Ser. 156.012032 (5pp)2009.
    • “Separation of impurity in molten metals by using superconducting magnet”, T. Terada, Y. Akiyama, Y. Izumi, S. Nishijima, Physica C: Superconductivity, Volume 469, Issues 15-20, pp. 1845-1848,(2009).
    • ”Neutron irradiation effects on superconducting wires and insulating materials ”,A.Nishimura, T.Takeuchi, S.Nishijima, G.Nishijima, T.Shikama, K.Ochiai, N.Koizumi, Fusion Engineering and Design, 84 (7), p.1425-1428, (2009).
    • 「視線計測を用いた二重課題条件下での歩行検討」、上田雄義、秋山庸子、泉佳伸、西嶋茂宏、ライフサポートNol.21No.4、pp.149-157,(2009)
    • “Study on gamma-ray-induced degradation of polymer electrolyte by pH titration and solution analysis”, Y.Akiyama, H.Sodaye, Y.Shibahara, Y.Honda, S.Tagawa, S.Nishijima, Polymer Degradation and Stability 95 ,pp.1-5.(2010).
    解説・総説【査読無】
    • "磁気力誘導薬剤配送システム",西嶋茂宏、三島史人、まぐね/Magnetics Jpan.Vol.4.No.11,pp.535-543.
    • 「機器測定による触感評価の最新知見」、秋山庸子,COMETIC STAGE Vol.4,no.3,pp.37-41,2010.
    • "陽電子消滅法を利用したPEFC電解質膜の精密解析法の研究開発"、西嶋茂宏、秋山庸子、芝原雄司、H.S.Sodaye, 誉田義英、田川精一、燃料電池Vol.9No.2pp.78-81,Autumn2009.
    • 「材料の触感設計のための手法と課題~いかにして触感を測るか?~」秋山庸子、MATERIAL STAGE Vol.9No.11,pp.12-14,2010.2

    学会発表(2009year)

    国際会議
    (ICPA-15) The XVth International Conference on Positron Annihilation Jan.18-23, 2009
    • "Application of coincidence Doppler broadening technique for polymer electrolyte membrane", Y.Shibahara, H.S.Soaye, H. MIyauchi, A. Akiyama, Y.Izumi, S.Nishijima ,Y.Honda, N,Kimura, G.Isoyama,S.Tagawa, ICPA-15,SVII-P42,p.146,2008
    • "Effect of Radiation in Pretreated and Aged Nafion-117 Probed by Positron Annihilation Spectroscopy", H.S.Sodaye, Y.Shibahara, H.Miyauchi, Y.Akiyama, Y.Izumi, S. Nishijima, Y.Honda, N.Kimura, G.Isoyama,S.Tagawa, , ICPA-15,SVII-P43,p.147,2008
    (MT-21) 21st International Conference on Magnet Technology Oct.18-23,2009 (Heifei, China)
    • "Development of Magnetic Drug Delivery System", Y.Hirota, F.Mishima, Y.Akiyama, S.Nishijima, 21st Int'l Conf on Magnet Technology Conference Program Book, p.59
    • "Research and Development of Purification System for Wash Water of Drum", F.Mishima, Y.Akiyama ,S.Nishijima, 21st Int'l Conf on Magnet Technology Conference Program Book, p.23.
    • "Development of Magnetic Separation System for Powder Separation", Y.Nakai, F.Mishima, Y.Akiyama, S.Nishijima, 21st Int'l Conf on Magnet Technology Conference Program Book, p.23.
    • "Development of High Gradient Magnetic Separation System fr Highly Viscous Fluid", S.Hayashi, F.Mishima, Y.akiyama ,S.Nishijima, 21st Int'l Conf on Magnet Technology Conference Program Book, p.23.
    • "Fundamental study on magnetic separation of aquatic organisms using superconducting magnet", F.Sakaguchi, F.Mishima, Y.Akiyama, S.Nishijima, 21st Int'l Conf on Magnet Technology Conference Program Book, p.23.
    (ISS2009)22nd International Symposium on Superconductivity Nov.2-4,2009 (Tsukuba, Japan)
    • "MAGNETIC FORCE CONTROL TECHNIQUE IN INDUSTRIAL APPLICATION ", S.Nishijima, Program & Abstracts 22nd International Symposium on Superconductivity,p.154.
    • "A STUDY ON ACCUMULATION OF MAGNETIC DRUG IN THE CAPILLARY VESSEL OF TARGET ORGAN USING SUPERCONDUCTING MDDS", F. Mishima1, Y. Akiyama1, K. Shirasuna, A. Miyamoto, S. Nishijima, Program & Abstracts 22nd International Symposium on Superconductivity,p.137
    • "DEVELOPMENT OF HIGH GRADIENT MAGNETIC SEPARATION SYSTEM UNDER DRY CONDITION",Y. Nakai, F. Mishima, Y. Akiyama, S. Nishijima, Program & Abstracts 22nd International Symposium on Superconductivity,p.137.
    • "DEVELOPMENT OF HIGH GRADIENT MAGNETIC SEPARATION SYSTEM FOR REMOVING THE METALLIC WEAR DEBRIS TO BE PRESENT IN HIGHLY VISCOUS FLUID", S. Hayashi, F. Mishima, Y. Akiyama, S. Nishijima, Program & Abstracts 22nd International Symposium on Superconductivity,p.318.
    • "FUNDAMENTAL STUDY ON MAGNETIC SEPARATION OF ORGANIC DYES" M. Fang, F. Mishima, Y. Akiyama, S. Nishijima, Program & Abstracts 22nd International Symposium on Superconductivity,p.319.
    国内会議
    超伝導応用電力機器研究会  成蹊大学(東京) 2009.2.20
    • 「超伝導磁石を用いた非金属介在物分離装置の開発」、西嶋茂宏、寺田隆哉、秋山庸子、超伝導応用電気機器研究会、電気学会研究会資料、pp.35-40、(2009)2.
    2009年春の原子力学会 2009年3月23日―25日 (東京工業大学)
    • 「量子線によって生体組織に誘起される酸化損傷の電気化学測定法に関する基礎的研究」横山和也, 松尾陽一郎, 秋山庸子, 泉 佳伸,西嶋茂宏
    第48回日本生体医工学会大会 2009年4月23日~4月25日(タワーホール船堀)
    • "表情を利用した心理評価の基礎的研究",阿部武志,秋山庸子,泉佳伸,西嶋茂宏,生体医工学Vol47特別号,P245, 23amP4-3-6, 4月23日, (2009)
    • 「触における力覚と動作の関係に関する研究-毛髪ブラッシング動作における検討-」、秋山庸子、西嶋茂宏、生体医工学 第47巻特別号 p.330
    第80回2009年度低温工学・超伝導学会 2009年5月13日―15日(早稲田大学国際会議場)
    • 「粉体分離のための磁気分離システムの開発」、中井裕樹、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、第80回2009年度低温工学・超伝導学会講演概要集、p.199
    • 「HTSバルク磁石を用いたドラム缶戦場廃液磁気ろ過システムー開発状況と試験結果報告―」、三島史人、秋山庸子、飯野勝彦、小竹祥雅、大西徹造、小林豊、大西豊、西嶋茂宏、第80回2009年度低温工学・超伝導学会講演概要集、p.200
    • 「高粘性流体のための高勾配分離システム開発」、林信吾、三島史人、秋山庸子、第80回2009年度低温工学・超伝導学会講演概要集、p.201.
    • 「超伝導磁石を用いた水生生物の磁気分離に関する基礎的研究」、坂口芙美、三島史人、秋山庸子、西嶋茂宏、第80回2009年度低温工学・超伝導学会講演概要集、p.205
    第11回 化学電池材料研究会ミーティング2009年6月9日 (日本化学会会・東京)
    • 「陽電子消滅法を用いた高分子電解質膜の劣化過程の解析」、秋山庸子・芝原雄司・H. S. Sodaye・泉 佳伸・西嶋茂宏・誉田義英・磯山悟朗・田川精一
    電気学会 超伝導応用電力機器研究会 2009年6月11日―12日 (京都大学)
    • 「強磁性ナノ粒子を用いた膜輸送小胞の磁気分離に関する研究」、西嶋茂宏、中尾良輔、三島史人、前之園信也、田口友彦、 電気学会研究会資料 超伝導応用電力機器研究会 ASC-09-20~30、pp.39-42,2009.
    第46回アイソトープ・放射線研究発表会 2009年7月1日~3日 (日本科学未来館)
    • "Study of Degradation of Nafion Using Positron Annihilation Spectroscopy", Hemant S. Sodaye, 芝原雄司、秋山庸子、泉佳伸、西嶋茂宏、譽田義英、磯山悟郎、田川精一
    第7 回生活支援工学系学会連合大会 2009年9 月24 日-26日 (高知工科大学)
    • 「表情を利用した痛み評価の基礎的研究」、阿部 武志,秋山 庸子,三島 史人,西嶋 茂宏,白井 みどり
    • 「生体計測と力学計測による触感の定量化」、秋山 庸子,三島 史人,西嶋 茂宏
    第4回 日本磁気科学会年会 (材料電磁プロセッシング夏の学校)2009年11月13日~14日 (信州大学)
    • 「膜輸送小胞の磁気分離の検討」、西嶋茂宏、第4回日本磁気科学会年会 材料電磁プロセッシング夏の学校プログラム・要旨集 pp.36-41.
    第81回2009年度低温工学・超伝導学会 2009年11月18日―19日(岡山大学)
    • 「粉体磁気分離のための粒子間相互作用の基礎的検討 」三島 史人, 中井 裕樹, 秋山 庸子, 西嶋 茂宏、第81回2009年度秋季低温工学・超伝導学会 講演概要集、pp.197.
    • 「磁気分離による染料排水の処理についての基礎的研究 」、方 美娜, 三島 史人, 秋山 庸子, 西嶋 茂宏、第81回2009年度秋季低温工学・超伝導学会 講演概要集、pp.199.
    • 「高粘性流体のための高勾配磁気分離システムの開発」、林 信吾, 三島 史人, 秋山 庸子, 西嶋 茂宏、第81回2009年度秋季低温工学・超伝導学会 講演概要集、p.200.
    • 「Nb3Sn線材の超伝導特性に及ぼす中性子照射効果」、西村 新、竹内 孝夫、西嶋 茂宏、西島 元, 渡辺 和雄, 四竃 樹男、落合 謙太郎、第81回2009年度秋季低温工学・超伝導学会 講演概要集、p47.
    • 「電気絶縁材料の層間せん断強度に及ぼす中性子照射効果」 西村 新、竹内 孝夫、 泉 佳伸、西嶋 茂宏、渡辺 和雄, 四竃 樹男、辺見 務, 小泉 徳潔、第81回2009年度秋季低温工学・超伝導学会 講演概要集、p.48.
    • 「磁気薬剤配送システム(MDDS)に関する基礎的研究 」、廣田 友佳, 三島 史人, 秋山 庸子, 西嶋 茂宏、第81回2009年度秋季低温工学・超伝導学会 講演概要集、p.133.
    第33回人間一生活環境系シンポジウム 2009年11月28日―29日(福岡女子大学)
    • 「インピーダンス法による生体内水分量計測に関する基礎的研究」、久森康平、阿部武志、秋山庸子、三島史人、西嶋茂宏、前川義量、第33回人間一生活環境系シンポジウム報告書、pp.17-18・
    • 「表情の解析による疼痛評価」、阿部武志、秋山庸子、三島史人、西嶋茂宏、石井みどり、第33回人間一生活環境系シンポジウム報告書、pp.87-88・
    • 「毛髪すべり性評価方法の開発」、秋山庸子、松江由香子、西嶋茂宏、第33回人間一生活環境系シンポジウム報告書、pp.273-274.
    超電導応用電力機器研究会 2010年1月26日(名古屋大学)
    • 「高粘性流体用高勾配超電導磁気分離システムの開発」、西嶋茂宏、林信吾、三島史人、秋山庸子、電気学会研究会資料、pp.7-15,2010
    日本原子力学会 2010年3月
    • 「ラジカルによる高分子電解質膜の劣化機構の検討」、上柿亮真、秋山庸子、H.S.SODAYE、西嶋茂宏、誉田義英、藤乗幸子、田川精一

    招待講演・依頼講演(2009year)

    2009年2月 弟9回加速器量子ビーム実験室研究会プログラム「加速器量子ビ-ム実験室とビーム科学の新展開」
    • 題目「陽電子消滅法による機能性高分子材料の評価」-西嶋茂宏.
    2009年2月 世界ものづくりサミット グローバル アライアンス フォーラム、世界ものづくりサミット実行委員会(大阪市、大阪大学、(社)関西経済連合会、(社)精算技術振興協会)主催
    • 題目「強磁場を用いた廃水処理・資源回収への可能性」-西嶋茂宏.
    2009年3月 磁気分離法による水処理技術、株式会社技術情報センター主催
    • 題目「磁気分離法による水処理技術」-西嶋茂宏.
    2009年3月 化粧品開発における官能評価と物性値・評価の相関、サイエンス&テクノロジー主催
    • 題目「官能評価研究・感性工学研究と機器測定の関係付け」-秋山庸子.
    2009年4月 皮膚保湿のメカニズムと保湿化粧品の使用感評価、株式会社技術情報協会主催
    • 題目「スキンケア化粧品の使用感評価」-秋山庸子.
    2009年6月 第一回「磁気力制御を利用した超伝導技術の実用化と新たな展開」調査専門委員会、社団法人 電気学会主催
    • 題目「細胞小器官の磁気分離の可能性」-西嶋茂宏.
    2009年6月 NEDO 燃料電池・水素技術開発平成20年度成果報告シンポジウム、NEDO主催
    • 題目「磁気分離(環境への期待)」-西嶋茂宏.
    2009年6月 「超伝導システム」ワークショップ、JST主催
    • 題目「陽電子消滅法を利用した固体高分子形燃料電池電解質膜の精密解析法の研究開発」-西嶋茂宏.
    2009年6月 第41回UV/EB研究会、(社)大阪ニュ-クリアサイエンス協会主催
    • 題目「陽電子消滅法を利用した機能性高分子材料の評価」-西嶋茂宏.
    2009年6月 使用感の官能特性別にみる客観的評価のポイント
    • 題目「使用感の官能特性別にみる客観的評価のポイント」-秋山庸子.
    2009年8月 第8回高温超電導バルク材「夏の学校」in 岩手、岩手大学主催
    • 題目「HTSバルク磁石を用いたドラム缶洗浄廃水磁気ろ過システムの開発」-西嶋茂宏.
    2009年9月 低温工学協会・磁気遠隔力の発生と利用に関する調査研究会 第2回調査研究会、低温工学協会主催
    • 題目「磁気分離応用の新展開」-西嶋茂宏.
    2009年9月 環境ビジネスシーズ発表会、おおさかATCグリーンエコプラザ実行委員会主催
    • 題目「磁気分離を用いた水浄化技術およびリサイクル技術」-西嶋茂宏.
    2009年9月 表面・界面の分子化学 ~近くて遠い異分野間の交流を目指して~、岡山大学次世代研究者・異分野研究連携育成支援事業 「革新的ナノ材料の開発とその応用利用連携」グループ主催
    • 題目「陽電子消滅法を用いたソフトマテリアルのナノ構造評価」-秋山庸子.
    2009年10月 東大阪境ビジネス開発プロジェクト推進会、東大阪商工会議所主催
    • 題目「磁気制御による廃水浄化と医療への応用」-西嶋茂宏.
    2009年10月 敏感肌用化粧品のための皮膚と化粧品の相互作用評価~肌質に応じた使用感設計のために~
    • 題目「敏感肌用化粧品のための皮膚と化粧品の相互作用評価~肌質に応じた使用感設計のために~」-秋山庸子.
    2009年12月 生体計測と力学計測による触感の定量化、花王株式会社すみだ事業所共催
    • 題目「生体計測と力学計測による触感の定量化」-秋山庸子.
    2009年12月 第40回超伝導分科会研究会・未踏科学技術協会 超伝導科学技術研究会第73回ワークショップ『最先端医療で活躍する超伝導技術のその未来展開』、応用物理学会超伝導分科会・未踏化学技術協会超伝導科学技術研究会共催
    • 題目「磁気力制御の医療・創薬への応用の可能性 -DDSと細胞内輸送小胞の分離の可能性―」-秋山庸子.

    その他(2009year)

    特別講演主催

    その他報告書・発表
    • 「メンター制① メンタリング活動の概要報告」阿部武志、実践力向上のメンター制とPBリーダー養成プログラム 平成二十年度活動成果報告書、pp.8-9,2009.3
    • 「メンター制⑨ メンタリング活動の概要報告」中尾良輔、実践力向上のメンター制とPBリーダー養成プログラム 平成二十年度活動成果報告書、pp.24-25,2009.3.
    • 「高LET重粒子照射における出芽酵母の突然変異誘発効果」、西嶋茂宏、松尾陽一郎、2008年大阪大学ラジオアオソトープ総合センター 利用年報、pp7-8.
    • 「陽電子消滅法によるソフトマテリアルの評価」、西嶋茂宏、泉佳伸、秋山庸子、芝原雄司、松尾陽一郎、Sodaye Hemant Shivram, 譽田義英、2008年大阪大学ラジオアオソトープ総合センター 利用年報、pp.9-10.
    • 「超伝導磁気分離技術による環境改善」、西嶋茂宏、社団法人応用物理学会 超伝導ニュース74号、2009年5月号pp.48-51.
    • 「電気絶縁材料の物性測定」、核融合科学研究所 「中性子照射による超伝導マグネット材料の特性変化」研究会、平成21年12月18日
    • 「高勾配超電導磁場を用いた磁気制御~超電導磁石を利用した電磁力分離装置開発のための検討~」、西嶋茂宏、平成20年度共同利用実験室・共同利用実験装置 研究成果報告書、 大阪大学低温センター吹田分室、pp.8-11.
    • 「γ線照射による高分子電解質の劣化過程の溶液分析による検討」、西嶋茂宏、泉佳伸、秋山庸子、ソダイ・ヘマント・シブラム、芝原雄司、朴明珠、松尾陽一郎、中尾良輔、横山和也、大阪大学・産業科学研究所 産業科学ナノテクノロジーセンター、加速器量子ビーム実験室 平成二十年度報告書 pp.89-90、2009.3.
    学位論文審査 (西嶋茂宏)

    学位論文審査 (泉佳伸)

    論文審査 (西嶋茂宏)

    座長 (西嶋茂宏)

    座長 (泉佳伸)

    発明、特許
    【特許確定,特許原簿登録済】

    【公開広報通知済】

    【出願提出】


    原著・論文(2008year)

    原著, 論文【査読有】
    • 「生体軟組織の弾性率分布イメ-ジング」、山本洋志郎、秋山庸子、武田真一、泉佳伸、西嶋茂宏、生体医工学45(3):201-207,(2007).
    • 「深部治療に対応したナノ磁性体を応用した次世代DDS型治療システム 」城 潤一郎, 三島 史人, 武田 真一, 山本 雅哉, 村垣 善浩, 伊関 洋, 佐保 典英, 窪田 純, 佐々木 明, 西嶋 茂宏, 田畑 泰彦、Drug Delivery System, Vol. 22 No. 5, pp.558-568.(2007).
    • “Analysis of Thermal Degradation Process of Nafion-117 with Age-Momentum Correlation Method”, Y.Shibahara,,Y.Akiyama,Y.Izumi,S.Nishijima,Y.Honda,N.Kimura,S.Tagawa,G.Isoyama,Journal of Polymer Science: Part B: Polymer Physics, Vol.46,1-7(2008).
    • "Direct evidence of positronium trapping in the cavity of crown ether", Y. Shibahara, Y. Honda, Y. Akiyama, Y. Izumi, S. Tagawa, and S. Nishijima, Chem. Phys. Lett., , 450[4-6], 350-354.(2008).
    • “Analysis of Viscoelasticity of Human Skin for Prevention of Pressure Ulcers”, Y.Akiyama, Y.Yamamoto, Y.Doi, Y.Izumi, S.Nishijima, H.Kimura, Journal of Mechanics in Medicine and Biology, Vol.8No.1.pp.33-43,(2008).
    • 「釘打ち動作改善支援のための3次元解析・定量評価法の基礎的検討」上田雄義、佐野祥一、寺田隆哉、泉佳伸、西嶋茂宏、ライフサポートVol.20,No.1pp.3-8,(2008).
    • “Effect of Gamma Ray Irradiation on Interlaminar Shear Strength of Glass Fiber Reinforced Plastics at 77 K”,A. Nishimura, S. Nishijima, and Y. Izumi, Advances in Cryogenic Engineering, 54, 219-226 (2008).
    • “The Development of BCI using Alpha Waves for Controlling the Robot Arm”、 S.Inoue,Y. Akiyama , Y. Izumi, S. Nishijima、IEICE TRANS.COMMUN.,Vol.E91-B,No.07,pp. 2125-2132,(2008).
    • “Research and Development of Superconducting Magnetic Separation System for Powdered Products”, F.Mishima, T.Terada, Y.Akiyama, Y.Izumi, H.Okazaki ,S.Nishijima, IEEE Transaction on Applied Superconductivity Vol18.No.2,pp.824-827,(2008).
    • “A Study of Magnetic Drug Delivery System Using Bulk High Temperature Superconducting Magnet”, S.Nishijima , S.Takeda, F.Mishima, Y.Tabata, M.Yamamoto, J.Joh, H. Iseki, Y.Muragaki, A.Sakai, K.Jun, N.Saho, IEEE Transaction on Applied Superconductivity Vol18.No.2, pp.874-877,(2008).
    • “Study on hydrocarbon based electrolyte membrane by using positron annihilation spectroscopy”, H.Miyauchi , Y.Shibahara,Y.Akiyama, Y.Izumi, S.Nishijima, Y.Honda, N.Kimura, G.Isoyama, S.Tagawa, Transactions of the Materials Research Society of Japan 33[2]283-285(2008).
    • “Structural analysis of macrocyclic polyethres using positron annihilation measurements”, Y.Shibahara, Y.Akiyama, H. Miyauchi, Y.Izumi ,Y.Honda S.Tagawa, S. NIshijima, Transaction of the Materials Research of Japan, 33[2]279-282(2008).
    • 「超電導磁石を利用した溶融金属中不純物分離の基礎的研究」、寺田隆哉、三島史人、秋山庸子、泉佳伸、西嶋茂宏、低温工学43巻7号、pp.296-299,(2008)
    • “Application of superconductivity for magnetic force control in medical and industrial fields”, S. Nishijima、Physica C: Superconductivity, Volume 468, Issues 15-20, 15, pp. 1115-1119,(2008).
    • “Development of magnetic drug delivery system using HTS bulk magnet”, T. Terada, S. Fukui, F. Mishima, Y. Akiyama, Y. Izumi, S. Nishijima、Physica C: Superconductivity, Volume 468, Issues 15-20, 15, pp. 2133-2136(2008).
    • 「超電導バルク磁石を用いたエマルションの磁気分離のための基礎的研究 」,方美娜,寺田隆哉,三島史人,秋山庸子,泉佳伸,西嶋茂宏,低温工学,43(11),pp.476-481(2008).
    • “Radical Scavenging Effect of Naturally-occurring Epigallocatechin Gallate Against Oxidative Damage Caused by Gamma-ray Radiation”, Y.Matuo, S.Nishijima, T.Ikeda,K.Shimizu, Radioisotopes, Vol.57,No.12,pp.723-731(2008).
    • 「褥瘡発生メカニズム解明のための生体シュミレーション(その1有限要素法による検討)、山本洋志郎、土井佑介、秋山庸子、泉佳伸、木村裕和、西嶋茂宏、生体医工学Vol.46,No.5,pp.489-494、(2008).
    • “Shrinkage of Vitreous Body Casued by Hydroxyl Radical”, M.Park, T.Shimada, Y.Matuo, Y.Akiyama, Y.Izumi ,S.Nishijima, J.of Radiation Protection, Vol.33,No.4,pp.143-150,(2008).
    解説・総説【査読無】
    • 「高温超電導バルク磁石を用いた磁気誘導型薬剤配送システムの開発」、西嶋茂宏、日本工業出版「検査技術」第13巻3号、日工No.2008.2.08.05.pp.42-46.(2008).
    • 「スキンケア、ヘアケア製品の事例を中心とした化粧品の使用感評価」、秋山庸子、Cosmetic Stage Vol.3,No.1,pp.7-10,(2008).
    プロシーディング
    • “Study on hydrocarbon based electrolyte membrane by using positron annihilation spectroscopy”, H.Miyauchi , Y.Shibahara,Y.Akiyama, Y.Izumi, S.Nishijima, Y.Honda, N.Kimura, G.Isoyama, S.Tagawa, Proceedeings of the Doyama Symposium on Advanced Materials,p.292-294,7,(2008).
    • “Structural analysis of macrocyclic polyethres using positron annihilation measurements”, Y.Shibahara, Y.Akiyama, H. Miyauchi, Y.Izumi ,Y.Honda S.Tagawa, S. NIshijima, Proceedeings of the Doyama Symposium on Advanced Materials,p.288-291,7(2008).
    • “Effect of Gamma Ray Irradiation on Interlaminar Shear Strength of Glass Fiber Reinforced Plastics at 77K”, A.Nishimura, S.Nishijima ,Y.Izumi, AIP Conference Proceedings, (2008) (doi:10.1063/1.2900349).

    学会発表(2008year)

    国際会議
    (MAP3) 3rd International Workshop on Materials Analysis and Processing in Magnetic Fields, May 14?16,2008 Tokyo
    • “Study on magnetic separation of nanosized ferromagnetic particles”, R.Nakao, Y.Matuo, F.Mishima, T.Taguchi, S.Nishijima, MAP3Tokyo 2008,(2008).
    2008 Applied superconductivity Conference Aug.17-22,2008 Chicago
    • “High-speed magnetic filtration system using HTS bulk magnet for used wash water of drum” ,T Terada, F, Mishima, S Nishijima,2LPF04,p.31.
    • “Research and Development of Magnetic Drug Delivery System using Bulk High Temperature Superconducting Magnet “,S Nishijima, F, Mishima, Y Tabata, H Iseki, Y Muragaki, A Sasaki, N Saho,3LX03,p.156.
    (ICSST08)The 8th International Conference on Separation Science and Technology Oct.2-4、2008 Karuizawa
    • “Superconducting High Gradient Magnetic Separation for Purification of Waste Water”, S. Nishijima, The 8th International Conference on Separation Science and Technology Program & Abstracts, HO-08,pp.262.2008.
    ISS2008( 21st International Symposium on Superconductivity) Oct.27-29,2008 Tsukuba
    • Separation of Impurity in Molten Metals by Using Superconducting Magnet, T. Terada, Y. Akiyama, Y. Izumi, S. Nishijima, Program and Abstract 21st International Symposium on Superconductivity, pp.345,2008
    • Study on Magnetic Separation of Nanosized Ferromagnetic Particles, R. Nakao, Y. Matuo, F. Mishima, T. Taguchi, S. Maenosono, S. Nishijima, Program and Abstract 21st International Symposium on Superconductivity, pp.344,2008
    • Fundamental Study on Magnetic Separation of Aquatic Organisms for Preservation of Marine Ecosystem, F. Sakaguchi, Y. Akiyama, Y. Izumi, S. Nishijima Program and Abstract 21st International Symposium on Superconductivity, pp.344,2008
    • Fundamental Study for Development Magnetic Drug Delivery System, Y. Hirota, F. Mishima, Y. Akiyama, Y. Izumi, S. Nishijima, Program and Abstract 21st International Symposium on Superconductivity, pp.343,2008
    中日節能減排科技研討会 Nov.3,2008 Shanghai
    • “Development of Superconducting Magnetic Separation System for Powdered Products”, S.Nishijima,pp.167-169.
    国内会議
    平成20年電気学会全国大会(2008.3.19-21)福岡工業大学
    • 「第四部 磁気分離実用化のキーワード 今後の実用化に向けた展望と期待」、西嶋茂宏、平成20年電気学会全国大会講演論文集、pp.5-S10(17)-(20),2008.3.19.(福岡工業大学)
    平成19年度 HIMAC研究報告会(2008.4.15)千葉県 放射線医学総合研究所
    • "重粒子線による突然変異生成の分子機構の解析”,松尾陽一郎、西嶋茂宏、細田洋史、横山和也、古澤佳也、清水喜久雄,平成19年度 HIMAC研究報告会,pp147-149,(2008).
    第47回日本生体医工学学会大会(2008.5.8-10)兵庫県 神戸国際会議場
    • 「生体シミュレーションによる褥瘡発生・進展メカニズムの検討」、秋山庸子、山本洋志郎、土井佑介、泉佳伸、木村裕和、西嶋茂宏、生体医工学第46巻特別号、プログラム・抄録集、p.203(2008).
    • 「紫外線および酸化損傷による毛髪の触感変化に関する研究」、土井佑介、松江由香子、秋山庸子、泉佳伸、西嶋茂宏、生体医工学第46巻特別号、プログラム・抄録集、p.245(2008).
    • 「認識が転倒に及ぼす影響に関する基礎的研究~せぎられた視覚が障害物回避に及ぼす影響~」、上田雄義、秋山庸子、泉佳伸、西嶋茂宏、生体医工学第46巻特別号、プログラム・抄録集、p.210(2008).
    • 「表情を利用した心理評価の基礎的研究」、阿部武志、秋山庸子、泉佳伸、西嶋茂宏、生体医工学第46巻特別号、プログラム・抄録集、p.211(2008).
    • 「心理療法の客観的評価指標構築のための基礎的研究」、石崎彩、阿部武志、猪上慎介、秋山庸子、片桐真子、泉佳伸、西嶋茂宏、生体医工学第46巻特別号、プログラム・抄録集、p.214(2008).
    • 「磁気標的ドラッグ・デリバリー・システムの開発」、寺田隆哉、三島史人、秋山庸子、泉佳伸、西嶋茂宏、生体医工学第46巻特別号、プログラム・抄録集、p.329(2008).
    第5回イオンビーム育種研究会(2008.5.22)福井県 若狭湾エネルギー研究センター
    • "重粒子線照射における出芽酵母の突然変異誘発メカニズム”,松尾陽一郎、西嶋茂宏、長谷純宏、横田裕一郎、坂本綾子、鳴海一成、清水喜久雄,第5回イオンビーム育種研究会,pp17-18,(2008).
    第78回2008年度春季低温工学・超電導学会(2008.5.26-28) 東京 明星大学
    • 「超電導マグネット材料の中性子照射効果」、西村新、竹内孝夫、西嶋茂宏、四竃樹男、西島元、落合謙太郎、小泉徳潔、第78回2008年度春季低温工学・超電導学会講演概要集、Vol.78,p.30,(2008)
    • 「海洋生態系保全のための水生生物の磁気分離に関する基礎的研究」,坂口 芙美, 秋山 庸子, 泉 佳伸, 西嶋 茂宏, 第78回2008年度春季低温工学・超電導学会講演概要集, Vol.78,p.118,(2008).
    • 「エマルションの磁気分離に関する基礎的研究」、方 美娜, 寺田 隆哉, 三島 史人, 秋山 庸子, 泉 佳伸, 西嶋 茂宏, 第78回2008年度春季低温工学・超電導学会講演概要集、Vol.78、p.119,(2008).
    • 「電磁力を利用した溶融金属内不純物分離に関する基礎的研究」,寺田 隆哉, 三島 史人, 秋山 庸子, 泉 佳伸, 西嶋 茂宏,第78回2008年春季低温工学・超電導学会講演概要集,Vol.78、p.120,(2008)
    • 「HTSバルク磁石を用いたドラム缶洗浄廃液磁気ろ過システムの開発」、三島史人、寺田隆哉、秋山庸子、飯野勝彦、植田博行、大西徹造、小林豊、大西豊、西嶋茂宏、第78回2008年春季低温工学・超電導学会講演概要集,Vol.78、p.121,(2008)
    超電導材料の中性子照射研究会(2008.6.9)岐阜県 核融合科学研究所
    • 「{シアネートエステル+エポキシ}GFRPの試作」、泉佳伸、秋山庸子、西村新、西嶋茂宏
    超電導応用電力機器研究会(2008.6.13)沖縄 琉球大学
    • 「バルク超電導体を用いた排水処理システムの検討」 西嶋茂宏、寺田隆哉、三島史人、超電導応用電力機器研究会、ASC-08-26
    NEDO平成19年度研究成果報告シンポジウム(2008.6.23-26)東京 明治大学
    • 「陽電子消滅法を利用した固体高分子形燃料電池電解質膜の精密解析法の研究開発」 西嶋茂宏、譽田義英、~地球温暖化防止のための革新的技術~燃料電池自動車の将来的な普及及び家庭用燃料電池システムの実用化にむけて2008 NEDO平成19年度研究成果報告シンポジウム ポスターのみ発表要旨集pp.155-158.
    第3回 応用福祉工学シンポジウム(2008.7.18)大阪府 綿業会館
    • 「MDDS/BCIの福祉医療機器への応用の可能性」、西嶋茂宏
    • 「蝕動作の特微抽出による触感評価」、秋山庸子、土井佑介、泉佳伸、西嶋茂宏、松江由香子
    • 「毛髪の酸化損傷に関する基礎的研究」、土井佑介、秋山庸子、泉佳伸、西嶋茂宏、松江由香子
    • 「認識が動作に及ぼす影響に関する研究―さえぎられた視覚が障害物回避に及ぼす影響―」、上田雄義、秋山庸子、泉佳伸、西嶋茂宏
    • 「ストレス評価指標構築のための基礎的研究」、石崎彩、秋山庸子、泉佳伸、西嶋茂宏、片桐真子
    • 「表情を利用した心理評価の基礎的研究」、阿部武志、秋山庸子、泉佳伸、西嶋茂宏
    • 「量子線による機能性ゲルの創製と医療への応用」、上柿亮真、秋山庸子、泉佳伸、西嶋茂宏、木村裕和
    • 「α波による外部機器制御の為の基礎的研究」、岡田晋吉、石崎彩、秋山庸子、泉佳伸、西嶋茂宏
    第7回 2008 磁気力制御・磁場応用 夏の学校(2008.9.5-6)栃木 宇都宮大学
    • 「海洋生体系保全のための水生生物の磁気分離に関する基礎的研究」 坂口芙美、秋山庸子、泉佳伸、西嶋茂宏、P-1
    • 「粉体分離のための磁気分離システムの開発」 中井裕樹、秋山庸子、泉佳伸、西嶋茂宏、P-2
    • 「強磁性ナノサイズ粒子を用いた磁気分離に関する研究」 中尾良輔、西嶋茂宏、田口友彦、前之園信也、P-3
    • 「電磁力による金属中在物の分離に関する研究」林信吾、寺田隆哉、秋山庸子、泉佳伸、西嶋茂宏、P-4
    • 「磁場誘導配送システム開発の為の基礎的研究」廣田友佳、秋山庸子、泉佳伸、西嶋茂宏、P-5
    • 「新規磁気シーディング剤を用いた排水処理に関する基礎的研究」方美娜、寺田隆哉、秋山庸子、泉佳伸、西嶋茂宏,P-6
    第32回 日本磁気学会学術講演(2008.9.12-13)宮城県 東北学院大学
    • “Application of superconducting magnetic force control system to medicine and environmental preservation”, S.Nishijima.、第32回日本磁気学会学術講演概要集2008、pp.178-179.
    第24回 ライフサポート学会大会(2008.9.17-19)山口県 山口大学
    • 「表情を利用した心理評価の基礎的研究」、阿部 武志,秋山 庸子,泉 佳伸,西嶋 茂宏、第6回生活支援工学系学会連合大会講演予稿集、p.72.
    • 「毛髪の酸化損傷に関する基礎的研究」、土井 佑介,秋山 庸子,泉 佳伸,松江 由香子,西嶋 茂宏、第6回生活支援工学系学会連合大会講演予稿集、p107.
    • 「転倒予防を目的とした二重課題に関する基礎的研究」、上田 雄義,秋山 庸子,泉 佳伸,西嶋 茂宏、第6回生活支援工学系学会連合大会講演予稿集、p.129.
    • 「心理療法の客観的評価指標構築のための基礎的研究」、石崎 彩,秋山 庸子,片桐 真子,泉 佳伸,西嶋 茂宏、第6回生活支援工学系学会連合大会講演予稿集、p.161
    第3回日本磁気科学会年次大会(2008.10.2)弘前大学
    • 「磁気力制御薬剤配送システムの検討」、西嶋茂宏
    第79回2008年度秋季 低温工学・超電導学会(2008.11.12-14)高知市文化プラザ かるぼーと
    • 「磁場誘導薬剤配送システム開発のための基礎的研究」、廣田 友佳,秋山 庸子,泉 佳伸,西嶋 茂宏、第79回2008年度秋季低温工学・超電導学会講演概要集、p.42.
    • 「超電導マグネット材料の中性子照射効果(その2)」、西村新、竹内孝夫、西嶋茂宏、四竃樹男、西島元、落合謙太郎、小泉徳潔、第79回2008年度秋季低温工学・超電導学会講演概要集、p.38.
    • 「HTSバルク磁石を用いたドラム缶洗浄廃液磁気ろ過システムの検討」、三島史人、寺田隆哉、秋山庸子、泉佳伸、飯野勝彦、植田博行、大西徹造、小林豊、大西豊、西嶋茂宏、第79回2008年度秋季低温工学・超電導学会講演概要集、p.220.
    • 「超電導磁石を用いた水生生物の磁気分離に関する基礎的研究」、坂口芙美、秋山庸子、泉佳伸、西嶋茂宏、第79回2008年度秋季低温工学・超電導学会講演概要集、p.221.

    招待講演・依頼講演(2008year)

    招待講演
    2008年6月27日 於:東京・大井町きゅりあん、「化粧品における使用感・感触の評価/測定および改善例」、技術情報協会主催
    • 題目「化粧品の使用感評価」-秋山庸子.
    2008年9月22日 於:信州大学「信州大学ナノテク高機能ファイバー イノベーション連携センター拠点 セミナー」、信州大学ナノテク高機能ファイバー イノベーション連携センター主催
    • 題目「繊維素材への期待」-西嶋茂宏.
    2008年9月25日 於:東北大学、化学工学会 第40回秋季大会 シンポジウム <水処理における分離プロセスの展開>、化学工学会主催
    • 題目「超電導磁気分離システムによる廃水処理」-西嶋茂宏.
    依頼講演
    2008年7月31日 於:摂陵中学校・高等学校、「原子力と地域の関わりに関する調査研究活動」、財団法人日本原子力文化振興財団主催
    • 題目「高レベル放射性廃棄物の処理」-泉佳伸.
    2008年12月8日 於:辻クッキング阪急校、関西原子力懇談会「クックエネの会」セミナー
    • 題目「原子力発電で使い終わった燃料はリサイクルできるの?」-泉佳伸.
    2008年6月30日 於:東京大学、超電導の将来ビジョン~30年後までを語る~
    • 題目「30年後の超電導医療・環境応用」-西嶋茂宏.
    2008年8月27日 於:河合塾
    • 題目「大阪大学工学部 環境・エネルギー工学科のご紹介」-西嶋茂宏.
    2008年9月5日 於:宇都宮大学、第7回 2008 磁気力制御・磁場応用 夏の学校、電気学会主催
    • 題目「磁気分離の実際 -磁気分離フィルタの考え方― 」-西嶋茂宏.
    2009年3月18日 於:東京・お茶の水 総評会館、、株式会社技術情報センター主催
    • 題目「磁気分離法による水処理技術」-西嶋茂宏.

    その他(2008year)

    主査・副査(西嶋茂宏)
    • 論文審査副査担当:“Quantitative Treatments of Biological Tissues by Mid-infrared Photon induced Molecular Vibrations”, 石井克典.
    • 論文審査副査担当:“光造形法による電磁波制御用フォtニック結晶の開発と「応用に関する研究」 中川卓二.
    • 論文審査主査担当:“陽電子消滅法を用いた大環状ポリールと高分子電解質膜のナノ構造解析”、芝原雄司
    • 論文審査主査担当:“磁場誘導薬剤配送システム開発のための基礎的研究”、三島史人〈主査〉.
    公開広報通知済
    • 「新規な5-アルコキシ-2-(2-ピリジルアゾ)フェノール化合物及び前記化合物を含む新規な光応答性LB膜並びにその用途」 出願人 理化学研究所 発明者 泉 佳伸 他4名  公開特許公報 特開平11-158148,1999.6/15出願提出
    • 「研磨材を使った研磨, 切断加工廃液の磁気分離システム」 出願人 仁木工芸㈱ 発明者 西嶋茂宏, 武田真一,他1名
    • 「断熱性セルロース繊維」 平成17年2月22日 出願提出 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏, 泉佳伸, 武田真一,寺田隆哉, 山中淳彦他5名
    • 「磁気誘導型ドラッグデリバリーシステムにおける分岐部での磁石配置法」 平成18年4月6日 出願提出 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏, 武田真一
    発明、特許
    【特許確定,特許原簿登録済】
    • 「磁気分離方法及び磁気分離装置」 特許第3479690号 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏, 他2名
    • 「磁気分離方法及び磁気分離装置」 特許第3538640号 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏, 他2名
    • 「磁気分離方法及び磁気分離装置」 特許第3513597号 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏, 他2名
    • 「被磁気分離体の製造方法及び被磁気分離体」 特許第3513594号 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏, 武田真一, 他1名
    • 「磁性体の製造方法, 磁性体及び砥粒」 特許第3541219号 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏, 武田真一, 他1名
    • 「温熱治療装置, マイクロカプセル及び注射剤」 特願2004-30729号 公開番号2006-116083 〈公開日H18年5月11日〉出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏, 武田真一, 他2名
    • 「磁性粒子を用いた遺伝子導入法およびDDS(Drug Delivery System)の確立」 特願2004-107897 出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏, 武田真一, 他1名
    • 「三次元誘導装置及び方法、並びに薬剤配送システム」 国際出願番号PCT/JP2005/014480国際公開番号WO2006/03550 A1 (公開日2006年4月6日)出願人 大阪大学長 発明者 西嶋茂宏, 武田真一
    受賞暦
    【西嶋茂宏】
    • Int. Cryog. Mater. Conf., 1987 Best Paper Award
    • 平成2年 低温工学協会大島海外渡航賞
    • 平成9年 大阪ニュークリアサイエンス協会賞
    • 平成11年 低温工学協会大島記念優良発表賞
    • 平成17年 2005年春季低温工学・超電導学会, 優良発表賞
    • 平成19年 未踏科学技術協会 超伝導科学技術賞

    【泉佳伸】
    • 平成13年 第34 回日本原子力学会賞貢献賞
    • 2003年度 RADIOISOTOPES 誌論文奨励賞

    【秋山庸子】
    • 2007年 RADIOISOTOPES誌 論文奨励賞

    【学生】
    • 2004年 ⑳日本機械学会機素潤滑設計部門 福祉工学シンポジウム2004 優秀講演(受賞:大塚廉太郎)
    • 平成17年 第4 回磁気分離夏の学校ベストポスター賞受賞(受賞者:三島史人)
    • 平成17年 第53 回レオロジー討論会ポスター賞(受賞者: 山本洋志郎)
    • 平成18年 日本放射線安全管理学会第5回学術大会 優秀ポスター賞(受賞者:松尾陽一郎)
    • XVth ICMMB (Singapore), Young Investigator Award(受賞者:山本洋志郎)
    • 平成19年 第11回RADIOISOTOPES誌論文奨励賞受賞(受賞者:三町博子)
    著書
    【西嶋茂宏】
    • 「超電導の応用最新技術」 監修:塚本修己 第16章 磁気分離 pp.191-200.株式会社シーエムシー出版、2008年5月29日第1刷発行( ISBN978-4-7813-0016-0c3058)
    • 「各種事例から学ぶ官能評価~実施計画・実施時の留意点からパネル管理の実際、データ解釈・取扱いまで~」 共著 第9章第5節 化粧品使用感設計に用いる観桜評価とレオロジー・トライボロジー、pp.216-226、 株式会社情報機構、2008年7月29日第一刷発行(ISBN978-7-904080-07-8)

    【秋山庸子】
    • 「各種事例から学ぶ官能評価~実施計画・実施時の留意点からパネル管理の実際、データ解釈・取扱いまで~」 共著 第9章第5節 化粧品使用感設計に用いる観桜評価とレオロジー・トライボロジー、pp.216-226、 株式会社情報機構、2008年7月29日第一刷発行(ISBN978-7-904080-07-8)

    原著・論文(2007year)

    原著, 論文【査読有】
    • 「皮膚表面特性によるスキンケア製品の塗り心地の変化」、秋山庸子、霍田安弘、武田真一、泉佳伸、西嶋茂宏、日本レオロジー学会誌, Vol.34, No.4, pp.241-244, (2006).
    • 「陽電子消滅寿命測定法及び熱分析を用いた生体高分子ゲルの膨潤課程の解析」、三町博子、秋山庸子、武田真一、泉佳伸、誉田義英、西嶋茂宏、Radioisotopes, Vol.55, No.9, pp.525-531, (2006.9).
    • “Preparation of stimuli-responsive protein nanogel by quantum-ray irradiation”, Y.Akiyama, T.Fujiwara, S.Takeda, Y.Izumi, S.Nishijima, Colloid Polym Sci, 285:pp.801-807, (2007.1).
    • 「皮膚の光老化およびそのカテキンによる制御に関する研究」、朴明珠、松尾陽一郎、芝原雄司、泉佳伸、武田真一、西嶋茂宏、Radioisotopes, Vol.56, No.2, pp.13-19, (2007.2).
    • “Specificity of mutations induced by carbon ions in budding yeast Saccharomyces cerevisiae”, Y.Matsuo, S.Nishijima, Y.Hase, A.Sakamoto, A.Tanaka, K.Shimizu, Mutation Research602, pp.7-13, (2006.12).
    • “Thermal Expansion Coefficient of Unidirectional High-Strength Polyethylene fiber Reinforced Plastics at low Temperature”, Y.Yamanaka, T.Kashima, M.Tsutsumi, K.Ema, Y.Izumi, S.Nishijima, Journal of Composite Materials, Vol.41, No.2, pp.165-174, (2007.1).
    • “EX vivo investigation of magnetically targeted drug delivery system”, Y.Yoshida, S.Fukui, S.Fujimoto, F.Mishima, S.Takeda, Y.Izumi, S.Ohtani, Y.Fujitani, S.Nishijima, Journal of Magnetism and Magnetic Materials 310, pp.2880-2882, (2007.3).
    • “Development of control system for magnetically targeted drug delivery”, F.Mishima, S.Fujimoto, S.Takeda, Y.Izumi, S.Nishijima, Journal of Magnetism and Magnetic Materials 310, pp.2223-2885, (2007.3).
    • 「ストレス度に着目した作業環境評価」、尾崎剛、寺田隆哉、武田真一、泉佳伸、西嶋茂宏、ライフサポートVol.19, No.1, 2007,pp.3-8, (2007.3).
    • “Analysis of Swelling Process of Protein by Positron Annihilation Lifetime Spectroscopy and Differential Scanning Calorimetry”, Y.Akiyama, Y.Shibahara, S.Takeda, Y.Izumi, Y.Honda, S.Tagawa, S.Nishijima, Journal of Polymer Science: Part B: Polymer Physics, Vol.45, pp.2031-2037, (2007.6).
    • “Influence of diluent on radiolysis of amides in organic solution”, Y.Sugo, Y.Izumi, Y.Yoshida, S.Nishijima, Y.Sasaki, T.Kimura, T.Sekine, H.Kudo, Radiation Physics and Chemistry, Vol.76, Issue 5, pp.794-800, (2007.5).
    • 「超伝導の応用―磁石を用いた水浄化―」、西嶋茂宏、武田真一、工業素材、Vol.55, No.1, pp.68-73, (2007).
    • “Superconducting separation system of ferromagnetic fine particle from viscous fluid”, Physica C: Superconductivity, In Press, Accepted Manuscript, Available online 2 June 2007, F.Mishima, S.Takeda, M.Fukushima and S.Nishijima
    • “A study on magnetically targeted drug delivery system using superconducting magnet”, Physica C: Superconductivity, In Press, Accepted Manuscript, Available online 2 June 2007, S.Nishijima, F.Mishima, T.Terada and S.Takeda
    • “Change in properties of superconducting magnet materials by fusion neutron irradiation”, Fusion Engineering and Design, In Press, Corrected Proof, Available online 10 May 2007, A.Nishimura, S.Nishijima, T.Takeuchi and T.Nishitani
    解説・総説
    • 小特集「磁場閉じ込め濃く融合路に向けた超伝導マグネット材料工学」 3. 電気絶縁材料、西嶋茂宏、西村新、Journal of Plasma and Fusion Research, Vol.83, No.1(2007) pp.39-43.
    • 小特集「磁場閉じ込め濃く融合路に向けた超伝導マグネット材料工学」 5. 中性子環境下における課題、西嶋茂宏、西村新、Journal of Plasma and Fusion Research, Vol.83, No.1(2007) pp.50-54.
    • 「高勾配超伝導磁気分離を用いた廃水浄化装置―強磁性微粒子の利用-」、西嶋茂宏、武田真一、J. Jpn. Soc. Powder Powder Metallurgy, 54, pp.169-174, (2007.3)
    • 「使用感設計に用いる官能評価」、西嶋茂宏、秋山庸子、Cosmetic Stage Vol.1, No.2, pp.15-20, (2006.12)
    • 「陽電子消滅法を利用した固体高分子形燃料電池電解質膜の精密解析法」、西嶋茂宏、芝原雄司、Chemical Engineering Vol.52, No.4, pp.43-48, (2007.4)
    • 「超電導高勾配磁気分離システムを用いた2000トン級製紙廃水処理システムの開発」、西嶋茂宏、生産と技術 Vol.59, No.3, pp.59-62, (2007.7)
    プロシーディング
    • “The Investigation of Swollen Process in Gelatin Gel by Using Positron Annihilation Spectroscopy”, Y.Akiyama, Y.Shibahara, S.Takeda, Y.Izumi, Y.Honda, S.Nishijima、ICPA-14,2006
    • “Study on Polymer Electrolyte Membrane for Fuel Cell by using AMOC technique”, Y.Honda, Y.Shibahara, Y.Akiyama, N.Kimura, G.Isoyama, S.Tagawa, S.Takeda, Y.Izumi, S.Nishijima, ICPA-14,2006.
    • “Recent Development in Environmental and Medical Applications Magnetic Control System”, S.Nishijima, p.149.
    • “Preparation of Polymer Nanogel Using Quantum-ray and Its Swelling-shrinking Process”, H.Miyauchi, Y.Akiyama, Y.Shiahara, S.Takeda Y.Izumi, Y.Honda, S.Nishijima, Abstracts of 5th 21st Century COE “Towards Creating New Industries Based on Inter-Nanoscience International Symposium”, p.150. Y.Akiyama,Y.Shibahara, N.Kimura, S.Tagawa, S.Takeda, Y.Izumi, Y.Honda, S.Nishijima, Abstracts of 5th 21st Century COE “Towards Creating New Industries Based on Inter-Nanoscience International Symposium”, p.151.
    • “Analysis of effects on cell cycle with oxidative stress induced by quantum-ray”, Y.Matuo, T.Kitabatake, M.J.Park, Y.Izumi, S.Takeda, K.Shimizu, S.Nishijima, Abstracts of 5th 21st Century COE “Towards Creating New Industries Based on Inter-Nanoscience International Symposium”, p.152.
    • “Study of structural analysis of macrocyclic polyethers using positron annihilation measurements”, Y.Shibahara, Y.Akiyama, S.Takeda, Y.Izumi, Y.Honda, S.Nishijima, Abstracts of 5th 21st Century COE “Towards Creating New Industries Based on Inter-Nanoscience International Symposiumk”, p.153.
    • “A Novel Magnetic Separation Tool using Ferromagnetic Nanoparticles”, S.Takeda, F.Mishima, Y.Izumi, S.Nishijima, Abstracts of 5th 21st Century COE “Towards Creating New Industries Based on Inter-Nanoscience International Symposium”, p.154.
    • “Study on the Magnetically Targeted Drug Delivery System in Blood Stream”, F.Mishima, T.Terada, S.Takeda, Y.Izumi, S.Nishijima, Abstracts of 5th 21st Century COE “Towards Creating New Industries Based on Inter-Nanoscience International Symposium”, p.155.
    • “Study on Magnetic Accumulation for Drug Delivery System of Magnetic Nanomeicine”, T.Terada, F.Mishima, S.Takeda, S.Nishijima, Abstracts of 5th 21st Century COE “Towards Creating New Industries Based on Inter-Nanoscience International Symposium”, p.156.

    学会発表(2007year)

    国際会議
    The XIVth International Conference on Positron Annihilation (IPCA-14), 2006.7.23-28, (McMaster University, Hamilton, Ontario, Canada)
    • “The Investigation of Swollen Process in Gelatin Gel by Using Positron Annihilation Spectroscopy”, Y.Akiyama, Y.Shibahara, S.Takeda, Y.Izumi, Y.Honda, S.Nishijima
    • “Study on Polymer Electrolyte Membrane for Fuel Cell by using AMOC technique”, Y.Honda, Y.Shibahara, Y.Akiyama, N.Kimura, G.Isoyama, S.Tagawa, S.Takeda, Y.Izumi, S.Nishijima
    International Conference on Magnetism (ICM2006), 2006.8.20-25, (Kyoto International Conference Center)
    • “EX VIVO INVESTIGATION OF MAGNETICALLY TARGETED DRUG DELIVERY SYSTEM”, Y.Yoshida, S.Fujimoto, F.Mishima, S.Takeda, S.Ohtani, Y.Fujitani, Y.Izumi, S.Nishijima, PSTu-L-496, p.367.
    • “DEVELOPMENT OF CONTROL SYSTEM FOR MAGNETICALLY TARGETED DRUG DELIVERY IN BLOOD VESSEL”, F.Mishima, Y.Yoshida, S.Fujimoto, S.Takeda, Y.Izumi, S.Nishijima, PSTu-L-497, p.367.
    2006 Applied Superconductivity Conference (ASC), 2006.8.28-9.1, (Washington State Convention & Trade Center)
    • “Development of Magnetic Separation of Water-Soluble Materials using Superconducting Magnet”, S.Takeda, S.Nishijima, 5LM01.
    • “Magnetically Targeted Drug Delivery System using Superconducting Magnets”, F.Mishima, S.Takeda, Y.Izumi, S.Nishijima, 2LC06.
    • “Research and Development of Superconducting High Gradient Magnetic Separation for Purification of Wastewater from Paper Factory”, S.Nishijima, S.Takeda, 2LC08.
    19th International Symposium on Superconductivity, 2006.10.30-11.1, (Nagoya Congress Center, Japan)
    • “A Study on Magnetically Targeted Drug Delivery System Using Superconducting Magnet”, S.Nishijima, F.Mishima, S.Takeda, p.31.
    • “Superconducting Seperation System of Ferromagnetic fine Particle From Viscous Fluid.”, F.Mishima, S.Takeda, M.Fukushima, S.Nishijima, p.71.
    XVth International Conference on Mechanics in Medicine and Biology, 2006.12.6-8, (Singapore)
    • “ANALYSIS OF WALKING MOTION FOR PREVENTING FALLING DOWN WITH ELECTROMYOGRAPH”, S.Sano, T.Terada, S.Takeda, Y.Izumi, S.Nishijima, Proceedings of the 15th International Conference on Mechanics in Medicine and Biology, P0220, 2006.
    • “STUDY OF FATIGUE USING BIOMEDICAL MEASUREMENT”, T.Ozaki, T.Terada, S.Takeda, Y.Izumi, S.Nishijima, Proceedings of the 15th International Conference on Mechanics in Medicine and Biology, P0221, 2006.
    • “MACHINE CONTROL IN REAL-TIME BY EEG ANALYSIS”, S.Inoue, T.Terada, S.Takeda, Y.Izumi, S.Nishijima, Proceedings of the 15th International Conference on Mechanics in Medicine and Biology, P0224, 2006.
    • “SIMULATION OF STRESS DISTRIBUTION FOR PREVENTION OF BEDSORE”, Y.Yamamoto, Y.Akiyama, Y.Doi, S.Takeda, Y.Izumi, H.Kimura, S.Nishijima, Proceedings of the 15th International Conference on Mechanics in Medicine and Biology, P0225, 2006.
    5th 21st Century COE “Towards Creating New Industries Based on Inter-Nanoscience International Symposium, 2006.12.8-9, (Awaji Yumebutai International Conference Center, Japan)
    • “Recent Development in Environmental and Medical Applications Magnetic Control System”, S.Nishijima, p.149.
    • “Preparation of Polymer Nanogel Using Quantum-ray and Its Swelling-shrinking Process”, H.Miyauchi, Y.Akiyama, Y.Shiahara, S.Takeda, Y.Izumi, Y.Honda, S.Nishijima, p.150.
    • “Structure Analysis of Polymer Electrolyte membrane for Fuel Cell Using Positron Annihilation Spectroscopy”, Y.Akiyama, Y.Shibahara, N.Kimura, S.Tagawa, S.Takeda, Y.Izumi, Y.Honda, S.Nishijima, p.151.
    • “Analysis of effects on cell cycle with oxidative stress induced by quantum-ray”, Y.Matuo, T.Kitabatake, M.J.Park, Y.Izumi, S.Takeda, K.Shimizu, S.Nishijima, p.152.
    • “Study of structural analysis of macrocyclic polyethers using positron annihilation measurements”, Y.Shibahara, Y.Akiyama, S.Takeda, Y.Izumi, Y.Honda, S.Nishijima, p.153.
    • “A Novel Magnetic Separation Tool using Ferromagnetic Nanoparticles”, S.Takeda, F.Mishima, Y.Izumi, S.Nishijima, p.154.
    • “Study on the Magnetically Targeted Drug Delivery System in Blood Stream”, F.Mishima, T.Terada, S.Takeda, Y.Izumi, S.Nishijima, p.155.
    • “Study on Magnetic Accumulation for Drug Delivery System of Magnetic Nanomeicine”, T.Terada, F.Mishima, S.Takeda, S.Nishijima, p.156.
    国内会議
    第4回生活支援工学系学会連合大会2006.9.11-13 (千葉、東京理科大学野田キャンパス)
    • 「褥瘡防止寝具のための生体内応力分布シミュレーション」、土井佑介、山本洋志郎、秋山庸子、武田真一、泉佳伸、木村裕和、西嶋茂宏、第4回生活支援工学系学会連合大会講演予稿集p.110.
    • 「高齢者の安全な歩行のための動作解析」、上田雄義、佐野祥一、寺田隆哉、武田真一、泉佳伸、西嶋茂宏、第4回生活支援工学系学会連合大会講演予稿集p.134.
    • 「生体測定に基づいたストレスの評価」、尾崎剛、寺田隆哉、武田真一、泉佳伸、片桐真子、西嶋茂宏、福祉工学シンポジウム2006講演論文集p.65.
    • 「生体計測による痛み定量評価の試み」、寺田隆哉、武田真一、泉佳伸、西嶋茂宏、福祉工学シンポジウム2006講演論文集p.69.
    • 転倒予防を目的とした歩行の研究」、佐野祥一、寺田隆哉、武田真一、泉佳伸、西嶋茂宏、福祉工学シンポジウム2006講演論文集p.171.
    • 「脳波計測とその機械制御への応用」、猪上慎介、寺田隆哉、武田真一、泉佳伸、西嶋茂宏、福祉工学シンポジウム2006講演論文集p.120.
    電気学会研究会2006.9.7 (東京、電気学会)
    • 「最近の磁気分離の技術と研究の動向について」、渡辺恒雄、渋谷和幸、武田真一、酒井保蔵、廣田憲之、電気学会研究会資料、pp.1-4.
    • 「磁気誘導型ドラッグ・デリバリー・システムの開発」、西嶋茂宏、武田真一、三島史人、電気学会研究会資料、pp.29-32.
    原子力学会2006年秋の大会2006.9.27-29 (北海道大学)
    • 「量子線により誘起された活性酸素による細胞の力学特性への影響」、朴 明珠,松尾 陽一郎,泉 佳伸,武田 真一,西嶋 茂宏、F27.
    • 「量子線に誘起された活性酸素による細胞マトリックス形成への影響」、北畠直司、 朴明珠、 松尾陽一郎、武田真一 泉佳伸 西嶋茂宏、F28.
    • 「細胞の活性酸素による酸化損傷の評価に関する研究」、安冨琢也、朴明珠、松尾陽一郎、武田真一、泉佳伸、西嶋茂宏、F29.
    • 「量子線を用いた高分子ナノゲルの創製とその膨潤・収縮過程」、宮内啓成 秋山庸子 武田真一 泉佳伸 西嶋茂宏、G33.
    • 「陽電子消滅寿命測定法を用いた生体高分子のナノ空間構造解析」、秋山庸子,芝原雄司,武田真一,泉佳伸,誉田義英,西嶋茂宏、G34.
    第一回日本磁気科学学会年次大会2006.11.15-17 (つくば)
    • 「磁気誘導型薬剤配送システムの検討」、西嶋茂宏、武田真一、pp.55-56.
    京都大学原子炉実験所専門研究会「陽電子科学とその理工学への応用」2006.11.17 (京都大学原子炉実験所)
    • 「陽電子消滅法を利用した固体高分子形燃料電池電解室膜の構造解析」、秋山庸子、芝原雄司、木村徳雄、田端精一、武田真一、泉佳伸、誉田義英、西嶋茂宏.
    • 「陽電子消滅方を用いた大環状ポリエーテルの構造解析に関する研究」、芝原雄司、秋山庸子、武田真一、泉佳伸、誉田義英、西嶋茂宏.
    第75回2006年秋季低温工学・超伝導学会2006.11.20-22 (熊本大学)
    • 「超伝導磁石を用いた血液中での強磁性中止の磁気制御に関する研究」、三島史人、福田真之、福井慎二,武田真一,西嶋茂宏、p.19.
    • 「MT-DDSのための強磁性粒子の集積に関する実験的検討」、福井慎二、福田真之、三島史人、武田真一、西嶋茂宏、p.20
    • 「高粘性液体中の強磁性粒子制御の検討」、福田真之、福井慎二、三島史人、武田真一、西嶋茂宏、p.269.
    • 「バルク超伝導磁石を用いた磁気分離法の開発」、武田真一、西嶋茂宏、p.270.
    • 「超伝導磁気分離技術の実用かの試み」、西嶋茂宏、武田真一、p.271.
    • 「γ線放射によるGFRPの層間せん断強度の変化」、西村新、泉佳伸、西嶋茂宏、p.278.
    • 「生体由来材料の凍結保存」、西嶋茂宏、秋山庸子、p.280.
    原子力学会2007年春の大会2007.3.27-29 (名古屋大学)
    • 「プラント作業員の誤操作回避のための生体情報の利用;(I) 集中の低下の監視」、泉佳伸,猪上慎介,尾崎剛,武田真一,西嶋茂宏
    • 「プラント作業員の誤操作回避のための生体情報の利用;(II) 意識の持続を促す脳波による情報活用」、猪上慎介,泉佳伸,尾崎剛,阿部武史,武田真一,西嶋茂宏
    • 「基質への機械的ストレス付加による細胞の形態変化に及ぼす影響」、中尾良輔,朴明珠,松尾陽一郎,武田真一,泉佳伸,西嶋茂宏
    • 「紫外線によって誘起された細胞の酸化損傷の調査に関する研究」、安冨琢也,朴明珠,松尾陽一郎,武田真一,泉佳伸,西嶋茂宏
    • 「重粒子線照射による突然変異誘発メカニズムの解析」、松尾陽一郎,清水喜久雄,武田真一,泉佳伸,西嶋茂宏
    • 「陽電子消滅法を利用した炭化水素系電解質膜の構造解析」、宮内啓成,秋山庸子,芝原雄司,木村徳雄,武田真一,泉佳伸,誉田義英,田川精一,西嶋茂宏
    • 「陽電子消滅法を利用した大環状ポリエーテルの構造解析」 、芝原雄司,秋山庸子,武田真一,泉佳伸,誉田義英,西嶋茂宏
    第46回 日本生体医工学会大会(ME学会)2006.4.25-27 (東北大学)
    • 「靴下・サポーターが歩行動作に及ぼす影響」、上田雄義,佐野祥一,泉佳伸,西嶋茂宏,PS3-7-3.
    • 「褥瘡防止を目的とした人体の有限要素シミュレーション」、土井佑介,山本洋志郎,秋山庸子,泉佳伸,木村裕和,西嶋茂宏,PS2-6-6
    • 「磁気誘導薬物配送システムの検討とその応用」、寺田隆哉,三島史人,武田真一,西嶋茂宏,PS3-1-4.
    • 「α波を用いた外部機器制御インターフェイスの開発」、猪上慎介,武田真一,泉佳伸,西嶋茂宏,PS3-7-2
    第76回2007年春季低温工学・超伝導学会2007.5.16-18 (千葉大学)
    • 「粉体分離のための超伝導磁気分離システム」、三島史人、寺田隆哉、秋山庸子、泉 佳伸、岡崎浩昭、西嶋茂宏、p.4.
    • 「MDDのための強磁性粒子の集積制御の評価」、福井慎二、三島史人、寺田隆哉、西嶋茂宏、p.42.
    • 「HTSバルク超伝導磁石を利用したMDDSの開発」、西嶋茂宏、武田真一、田畑泰彦、山本雅哉、城潤一郎、伊関洋、村垣義浩、佐々木明、佐保典英、p.43.
    • 「凍結融解が細胞に及ぼす影響」、朴明珠、寺田隆哉、秋山庸子、泉佳伸、西嶋茂宏、p.59.
    • 「γ線照射によるGFRPの層間せん断強度の変化(その2)-元板厚のまま試験片と厚板内部から切り出した試験片の試験結果の相違―」、西村新、泉佳伸、西嶋茂宏、p.194.
    第2回日本磁気科学学会年次大会2007.6.6-8 (大阪大学)
    • 「磁場誘導薬剤配送システムの開発」、西嶋茂宏、武田真一、田畑泰彦、山本雅哉、城潤一郎、伊関洋、村垣義浩、佐々木明、佐保典英、pp.27-28.
    • 「MDDSを用いた磁性薬剤の血管内集積に関する研究」、福井慎二、三島史人、寺田隆哉、西嶋茂宏、pp.29-30.
    • 「粉体分離のための超誘導磁気分離システムの開発」、三島史人、寺田隆哉、秋山庸子、泉佳伸、岡崎浩昭、西嶋茂宏、pp.56-60.
    第2回応用福祉工学シンポジウム2007.6.15 (大阪府立産業技術総合研究所)
    • 「応用福祉工学の展望」、西嶋茂宏.
    • 「α波を用いた外部機器制御インターフェイスの開発」、猪上慎介、秋山庸子、泉佳伸、西嶋茂宏.
    • 「音/言語によって誘起される生体信号の基礎的研究」、石崎彩、猪上慎介、秋山庸子、泉佳伸、西嶋茂宏.
    • 「作業時における生体信号の評価」、阿部武志、秋山庸子、泉佳伸、西嶋茂宏.
    • 「加齢に伴う皮膚粘弾性の変化に関する研究」、秋山庸子、山本洋志郎、土井佑介、泉佳伸、木村祐和、西嶋茂宏.
    • 「認識が動作に及ぼす影響に関する基礎的研究~つまずき予防のための動作解析~」、上田雄義、猪上慎介、秋山庸子、泉佳伸、西嶋茂宏.
    • 「褥瘡発生・進展メカニズムに関する基礎的研究」、土井佑介、山本洋志郎、秋山庸子、泉佳伸、木村祐和、西嶋茂宏.
    • 「カテキンによる皮膚の光老化の制御に関する研究」、朴明珠、松尾陽一郎、芝原雄司、秋山庸子、泉佳伸、西嶋茂宏.
    • 「触動作速度が触感に与える影響」、秋山庸子、土井佑介、上田雄義、泉佳伸、西嶋茂宏.
    第2回高崎量子応用研究シンポジウム2007.6.21-22 (東京、高崎シティーギャラリー)
    • 「重粒子線照射による変異誘発機序とヌクレオソーム構造の関係」、松尾陽一郎、西嶋茂宏、清水喜久雄、長谷純宏、坂本綾子、鳴海一成、p.165.
    第44回アイソトープ・放射線 研究発表会2007.7.4-6 (東京、日本青年館)
    • 「陽電子消滅法を利用した固体高分子形燃料電池電解質膜の構造解析」、芝原雄司、宮内啓成、秋山庸子、泉佳伸、西嶋茂宏、誉田義英、木村徳雄、田川精一、磯山悟朗.

    招待講演・依頼講演(2007year)

    招待講演
    CryoPrague 2006, 2006.7.17-21.
    • ”14MeVNeutron Irradiation Effect on Superconducting Magnet Materials for Fusion Reactor”, A.Nishimura, S.Nishijima, T.Takeuchi ,T.Nishitani
    依頼講演
    2006 年8 月16 日、於:NIFS、NIFS主催
    • 題目「核融合炉用超電導磁石の絶縁材料の照射効果」-西嶋茂宏.
    2006 年9 月20 日、於:未踏科学技術協会(虎ノ門)
    • 題目「新規強磁場応用技術の可能性に関する調査」第一回-西嶋茂宏.
    2006 年10 月2 日、於:大阪府立千里高等学校、大阪府立千里高等学校PTA主催
    • 題目「工学に必要な力」-西嶋茂宏.
    2006 年11 月2 日、於:上海科学会堂(中国・上海)、日本技術士会主催
    • 題目「磁気分離技術による排水処理」-西嶋茂宏.
    2006 年11 月2 日、於:上海科学会堂(中国・上海)、日本技術士会主催
    • 題目「科学技術の創意と普及-磁気分離装置を例にとって-」-西嶋茂宏.
    2006 年11 月3 日、於:同済大学 逸夫楼(中国・上海)、日本技術士会主催
    • 題目「磁気分離技術による排水処理」-西嶋茂宏
    2006 年11 月3 日、於:同済大学外国語学院日本学研究所(中国・上海)、日本技術士会共催
    • 題目「科学技術の創意と普及」-西嶋茂宏
    2006 年11 月15 日、於:大田区産業プラザ(東京・鎌田)、情報機構主催
    • 題目「スキンケア製品の塗り心地と物理化学的特性」-西嶋茂宏、秋山庸子.
    2007 年1 月25 日、芝浦工業大学豊洲キャンパス(東京)、電気学会共催
    • 題目「超伝導導体・バルク・薄膜とその応用および関連技術」-西嶋茂宏
    2007 年2 月27 日、H18年度高温超伝導実用化促進委員会、於:超伝導工学研究所(東京)
    • 「超伝導磁気分離システムによる排水処理-実用化のためのコンソーシャム設立と今後の展開-」-西嶋茂宏.
    2007 年3 月2 日、環境ビジネスマッチングフォーラム2007、於:おおさかATC グリーンエコプラザ(大阪)、大阪環境産業振興センター(おおさかATCグリーンエコプラザ)実行委員会・ビジネス交流会共催、
    • 「超伝導磁気分離法による水環境浄化技術の紹介」-三島史人
    2007 年7 月26 日、第1回 材料研究会「医療分野における超電導応用展開と超電導材料技術」、於:上智大学四谷キャンパス(東京)、低温工学学会 材料研究会主催
    • 「DDS技術からの材料への要請」―西嶋茂宏.
    2007 年7 月27 日、於:金光学園高等学校(岡山)、金光学園高等学校主催
    • 「大学で必要な能力~夢実現のために~」―西嶋茂宏

    その他(2007year)

    特別講演主催
    • 2007年1月16日 於:旧原子力工学本館(A1棟)5階セミナー室、Prof.Urs Hafeli, Ph.D., The University of British Columbia, Assistant Professor、"Scientific and Clinical Applications of Magnetic Nano-Carriers"
    • 2007年1月17日 於:旧原子力工学本館(A1棟)5階セミナー室、Prof.Urs Hafeli, Ph.D., The University of British Columbia, Assistant Professor、"Recent Progress and World Trend in Magnetic Nano-Carriers"
    その他の報告書
    • 「近大炉・中性子束分布詳細設定」、竹田敏一、山本敏久、宮本斉児、泉佳伸、北田孝則、大沢孝明、鶴田隆雄、橋本憲吾、近畿大学原子炉等利用共同研究経過報告書 平成17年度、pp.28-31.
    • 「超伝導高勾配磁気分離システムを用いた製紙廃水処理システムの開発」西嶋茂宏、武田真一、大阪大学低温センターだより、No.136, pp.1-6, (2006.10).
    • 「磁気分離」西嶋茂宏、低温工学 Vol.41, No.10 p.447, (2006.10)
    • 「出芽酵母への電離放射線照射による突然変異誘発効果の検討」、松尾陽一郎、西嶋茂宏、池田稔治、清水喜久雄、大阪大学産業科学研究所附属産業科学ナノテクノロジーセンター 加速器量子ビーム実験室平成18年度報告書、p.25, (2007.3).
    • 「陽電子消滅寿命測定法お用いた生体高分子のナノ空間構造解析」、秋山庸子、誉田義英、泉佳伸、武田真一、西嶋茂宏、大阪大学産業科学研究所附属産業科学ナノテクノロジーセンター 加速器量子ビーム実験室平成18年度報告書, p.40, (2007.3).
    • 「陽電子消滅寿命測定法を用いた電解質膜の劣化評価」、誉田義英、木村徳雄、田川精一、磯山悟郎、芝原雄司、秋山庸子、宮内啓成、泉佳伸、武田真一、西嶋茂宏、大阪大学産業科学研究所附属産業科学ナノテクノロジーセンター 加速器量子ビーム実験室平成18年度報告書, p.41, (2007.3).
    • 「放射線を利用したソフトマテリアルの機能化」、西嶋茂宏、泉佳伸、武田真一、秋山庸子、宮内啓成、寺田隆哉、朴明珠、松尾陽一郎、北畠直司、安富琢也、大阪大学産業科学研究所附属産業科学ナノテクノロジーセンター 加速器量子ビーム実験室平成18年度報告書, p.74,(2007.3).
    • 「陽電子消滅法によるソフトマテリアルの評価」、西嶋茂宏、泉佳伸、秋山庸子、芝原雄司、宮内啓成、誉田義英、大阪大学ライジオアイソトープ総合センター2006 利用年報, pp.11-12, (2007.6).
    • 「超電導磁気制御技術の応用」、西嶋茂宏、FSST NEWS, No.114, pp.11-12, (2007.7).
    学位論文審査 (西嶋茂宏)
    • 論文審査副査担当:"環境調和型傾斜機能材料の開発と応用"、谷畑公昭
    • 論文審査副査担当:"窒化アルミニウム合成における省エネルギープロセスの開発"、桜井刃利田隆
    • 論文審査副査担当:"六方晶フェライトの磁気特性と量子ビームを用いて決定した水晶・磁気構造との相関"、高田幸生
    • 論文審査副査担当:"バイオ応用を目指した金/酸化鉄磁性複合ナノ粒子"、木下卓也
    • 論文審査副査担当:"有機高分子繊維の熟膨張及び熱伝導性の制御に関する研究"、山中淳彦
    学位論文審査 (泉佳伸)
    • 論文審査副査担当:"Determination and Toxicity of the Degradation Products of Nonylphenol Polyethoxylates"、 Pham Manh Hoai
    • 論文審査副査担当:"有機高分子繊維の熟膨張及び熱伝導性の制御に関する研究"、山中淳彦
    論文審査(西嶋茂宏)
    • 2006Applied Superconductivty Conference ,2006.8/27-9/1、Seattle USA
    • XVth International Conference on Mechanics in Medicine and Biology(ICMMB-15),2006.12/6-8, Singapore
    座長 (西嶋茂宏)
    • 2006Applied Superconductivty Conference ,2006.8/27-9/1、Seattle USA
    • 5th 21st Century COE "Towards Creating new Industries Based on Inter-Nanoscience International Symposium" 2006.12.8-9、淡路夢舞台
    座長 (泉佳伸)
    • 第43回アイソトープ・放射線研究発表会、2006.7/5-7、東京・日本青年館
    • 第4回生活支援工学系学会連合大会、2006.9.11-13、千葉・東京理科大学
    • 2006年 原子力秋の大会、2006.9.27-29、北海道大学
    • The XVth International Conference on Mechanics in Medicine and Biology, 2006.12.6-8, シンガポール Furuma  River Front Hotel
    発明、特許
    【特許確定,特許原簿登録済】
    • 「磁気分離方法及び磁気分離装置」特許第3479690 号 出願人大阪大学長発明者西嶋茂宏, 他2 名
    • 「磁気分離方法及び磁気分離装置」特許第3538640 号 出願人大阪大学長発明者西嶋茂宏, 他2 名
    • 「磁気分離方法及び磁気分離装置」特許第3513597 号 出願人大阪大学長発明者西嶋茂宏, 他2 名
    • 「被磁気分離体の製造方法及び被磁気分離体」特許第3513594 号 出願人大阪大学長発明者西嶋茂宏, 武田真一, 他1 名
    • 「磁性体の製造方法, 磁性体及び砥粒」特許第3541219 号 出願人大阪大学長発明者西嶋茂宏, 武田真一, 他1 名
    • 「温熱治療装置, マイクロカプセル及び注射剤」特願2004-30729 号 出願人大阪大学長発明者西嶋茂宏, 武田真一, 他2 名
    • 「磁性粒子を用いた遺伝子導入法およびDDS(Drug Delivery System)の確立」特願2004-107897 出願人大阪大学長発明者西嶋茂宏, 武田真一, 他1 名
    • 「三次元誘導装置及び方法、並びに薬剤配送システム」国際出願番号PCT/JP2005/014480 国際公開番号WO2006/03550 A1 (公開日2006年4月6日)出願人大阪大学長発明者西嶋茂宏, 武田真一

    【公開広報通知済】
    • 「新規な5-アルコキシ-2-(2-ピリジルアゾ)フェノール化合物及び前記化合物を含む新規な光応答性LB 膜並びにその用途」出願人理化学研究所発明者泉佳伸他4 名公開特許公報特開平11-158148,1999.6/15

    【出願提出】
    • 「研磨材を使った研磨, 切断加工廃液の磁気分離システム」出願人仁木工芸⑭発明者西嶋茂宏, 武田真一, 他1 名
    • 「断熱性セルロース繊維」平成17 年2 月22 日出願提出 出願人大阪大学長発明者西嶋茂宏, 泉佳伸, 武田真一, 寺田隆哉, 山中淳彦他5 名,
    • 「磁気誘導型ドラッグデリバリーシステムにおける分岐部での磁石配置法」平成18 年4 月6 日出願提出 出願人大阪大学長発明者西嶋茂宏, 武田真一.
    受賞暦
    【西嶋茂宏】
    • Int. Cryog. Mater. Conf., 1987 Best Paper Award
    • 平成2年 低温工学協会大島海外渡航賞
    • 平成9年 大阪ニュークリアサイエンス協会賞
    • 平成11年 低温工学協会大島記念優良発表賞
    • 平成17年 2005年春季低温工学・超電導学会, 優良発表賞
    • 平成19年 未踏科学技術協会 超伝導科学技術賞

    【泉佳伸】
    • 平成13年 第34 回日本原子力学会賞貢献賞
    • 2003年度 RADIOISOTOPES 誌論文奨励賞

    【秋山庸子】
    • 2007年 RADIOISOTOPES誌 論文奨励賞

    【学生】
    • 2004年 ⑳日本機械学会機素潤滑設計部門 福祉工学シンポジウム2004 優秀講演(受賞:大塚廉太郎)
    • >平成17年 第4 回磁気分離夏の学校ベストポスター賞受賞(受賞者:三島史人)
    • 平成17年 第53 回レオロジー討論会ポスター賞(受賞者: 山本洋志郎)
    • 平成18年 日本放射線安全管理学会第5回学術大会 優秀ポスター賞(受賞者:松尾陽一郎)
    • XVth ICMMB (Singapore), Young Investigator Award(受賞者:山本洋志郎)
    • 平成19年 第11回RADIOISOTOPES誌論文奨励賞受賞(受賞者:三町博子)
    著書 (西嶋茂宏)
    • 「排水・汚水処理技術集成」 発行日: 2007年5月25日発行者:吉田隆 発行所: 株式会社エヌ・ティー・エス、ISBN978-4-86043-145-7 4.4.1~5. 「超伝導高勾配磁気分離法による排水処理システム」pp.553-559.
    海外からの来訪者
    • 2007年1月16,17日 (Canada) British Columbia University Prof.Urs Haefeli
    • 2007年1月19日 (中国) Institute of Plasma Physics Chinese Academy of Science, Prof. Liangbin W
    取材
    • 「MT-DDS(磁気標的ドラッグ・デリバリー・システム)技術の展望」、西嶋茂宏、超伝導Web21 2006年8月号掲載
    • 2006年11月1日 上海科技
    • 「携帯型で手術にも 高温超伝導磁石 -日立・阪大など開発10キロ以下に がん治療応用進める」日経産業新聞2007年2月28日
    • 「特集:超電導産業・輸送機器技術 「バルク超電導磁石を用いた多目的磁気分離技術」」 超電導Web21 2007年3月1日号
    • 「高温超伝導 産業化迫る 技術力、日本企業がリード 船用モーターなど有望」日経産業新聞2007年3月5日
    • 「磁力で薬を誘導 患部に集中、副作用制御」,日本経済新聞2007年6月22日
    • 「磁気分離技術で産学連携 7社参加、明日設立総会 排水処理・金属回収など開拓」 日刊工業新聞2007年6月25日
    • 「RADIOISOTOPES誌論文奨励賞受賞者決定」 ISOTOPE NEWS 2007年8月号p.30

    原著・論文(2006year)

    原著, 論文【査読有】
    • “14MEV Neutron Irradiation Effect on superconductiong Magnet materials for fusion Device”, A.Nishimura, Y.Hishinuma, K.Seo, T.Tanaka,T.Muroga, S.Nishijima, K.Katagiri,T.Takeuchi, Y.Shindo, K.Ochiai, T.Nishitani, K. Okuno, ICMC, Vo.52,pp.208-215,2006.
    • “Effects of Vapor-Phase-Formaldehyde Treatments on Thermal Conductivity and Diffusivity of Ramie Fibers in the Range of Low Temperature”, A.Yamanaka, M.Yoshikawa, S.Abe, M.Tsutsumi, T.Oohzama, T.Kitagawa, H.Fujishiro, K.Ema,Y.Izumi, S.Nishijima, J. Poym. Sci., Part B Polym. Phys. Ed., Vol.43 , pp.2754-2766、27 June (2005).
    • “Design, fabrication and installation of cryogenic target system for 14MeV neutron irradiation on superconducting magnet materials”, A.Nishimura, T.Tanaka, T.Muroga, S.Nishijima, Y.Shindo, T.Takeuchi, K.Ochiai, T. Nishitani, K.Okuno, Fusion Engineering and Design 75-79(2005)173-177.
    • "The Effect of gamma-Irradiation on Thermal Strain of High Strength Polyethylene Fiber at Low Temperature"、A. Yamanaka, Y. Izumi, T. Kitagawa, T. Terada, H. Sugihara, H. Hirahata, K. Ema, H. Fujishiro, S. Nishijima Journal of Applied Polymer Science, Vol. 102,pp. 204-209 (2006).
    • "Radiation Effect on Thermal Conductivity and Diffusivity of Ramie Fibers in a Range of Low Temperatures by gamma-Rays", A. Yamanaka, Y. Izumi, T. Terada, K. Ema, M. Tsutsumi, M. Nakamura, T. Oohazama,T. Kitagawa, H. Fujishiro, S. Abe, S. Nishijima,J. Appl.Polym. Sci., Vol.100,5007-5018(2006).
    • “Thermal Conductivity of Ramie Fiber Drawn in Water in Low Temperature” A. Yamanaka, S. Abe, M. Tsutsumi, T. Kitagawa, H. Fujishiro, K. Ema, Y. Izumi, S. Nishijima, J. Appl Polym. Sci., Vol.100, pp.2196-2202 (2006.2).
    • “Magnetic Nanoparticle with Surface Modification Enhanced Gene Delivery of HVJ-E Vector”, N.Morishita, H.Nakagami, R.Morishita, S.Takeda, F.Mishima, B.Terazono, S.Nishijima、Y.Kaneda, N.Tanaka, Biochemical and Biophysical Research Communication, 334,, 1121-1126, (2005)
    • “Irradiation Effect of 14MEV Neutron on Interlaminar Shear Strength of Glass Fiber Reinforced Plastics”, A.Nishimura, Y.Hishinuma, K.Seo, T.Tananka, T.Muroga, S.Nishijima ,K.Katagiri, T.Takeuchi, Y.Shindo, K.Ochiai, T.Nishitani, K.Okuno, ICMC,Vol.52 ,pp.241-248,(2006)
    • “The Radiation Effect on Thermal Conductivity of High Strength Ultra-High-Molecular-Weight Polyethylene Fiber by γ-ray” A. Yamanaka, Y. Izumi, T. Kitagawa, T. Terada, H. Sugihara, H. Hirahata, K. Ema, H. Fujishiro, S. Nishijima, J. Appl. Polym. Sci.,Vol. 101, pp.2629-2626, (2006.8) .
    • “Thermal Expansion Coefficients of Unidirectional High Strength Polyethylene Fiber Reinforced Plastics in the Low Temperature“ A. Yamanaka, T. Kashima, M. Tsutsumi, K. Ema, Y. Izumi, S. Nishijima, J. Composite Materials, (2006.5) in publish.
    • 「スキンケア製品の塗り心地とそのレオロジー特性」秋山庸子、霍田安弘、武田真一、泉佳伸、西嶋茂宏、日本レオロジー学会誌Vol.34,No.3,pp.171-175,(2006.6).
    • “Superconducting High Gradient Magnetic Seperation for Purification of Wastewater From Paper Factory”, S.Nishijima, S.Takeda, IEEETransactions on Applied Superconductivity, Vol.16, No.2, pp.1142-1145, (2006.6).
    • “Three Dimensional Motion Control System of Ferromagnetic Particles for Magnetically Targeted Drug Delivery systems”,F.Mishima, S.Takeda,Y.Izumi,S.Nishijima, IEEE Transactions on Applied Superconductivity, Vol.16, No.2, pp.1539-1542, (2006.6).
    • “Development of Magnetic Force-Assisted New Gene Transfer System Using Biopolymer-Coated Ferromagnetic Nanoparticles”, S.Takeda, F.Mishima, B.Terazono, Y.Izumi, S.Nishijima, IEEETransactions on Applied Superconductivity, Vol.16, No.2, pp.1543-1546, (2006.6).
    • “Development of magnetic force-assisted gene transfer system using biopolymer-coated ferromagnetic nanoparticles”, S.Takeda, F.Mishima, B.Terazono ,Y.Izumi,S.Nishijima, Science and Technology of Advanced Materials 7,pp.308-314,(2006.5).
    • 「磁気標的型薬剤送達システムの磁石配置の検討 -分岐部近傍の磁石の配置とその効率-」、三島史人、藤本祐孝、武田真一、泉佳伸、西嶋茂宏、低温工学41巻8号、pp.365-369、(2006.8)
    プロシーデイング
    • ““Application of Positron to the Polymer Electrolyte Membrane Fuel Cell” , Y.honda, N.Kimura, G.Isoyama, S.Tagawa,S.Nishijima, S.Takeda, Abstract Book of 4fth Int. Sympo. of 21st Century COE ”Towards Creating New Industries Based on Inter-Nanoscience”2005, p.114
    • ““Preparation of Natural Polymer Nanogel Induced by Quantum-ray and Its Biomedical Application” , Y.Akiyama, T.Fujiwara, S.Takeda ,Y.Izumi, S.Nishijima, ,Abstract Book of 4fth Int. Sympo. of 21st Century COE ”Towards Creating New Industries Based on Inter-Nanoscience”2005, p.119
    • ““Development of Magnetic Force-Assisted New Gene Transfer System using Biopolymer-Coated Ferromagnetic Nanoparticles”, S.Takeda, F.Mishima, Y.Akiyama, Y.Izumi, S.Nishijima, ,Abstract Book of 4fth Int. Sympo. of 21st Century COE ”Towards Creating New Industries Based on Inter-Nanoscience”2005, p.120
    • ““Estimation of Magnetic Force Required for MT-DDS”, F.Mishima, S.Fujimoto, B.Terazono, S.Takeda, Y.Izumi, S.Nishijima, Proceedings of the 1st International Symposium on Human Friendly Magnetic Science & Engineering,pp.32-33,(2005).
    • ““Development of Novel Gene Transfer Method using Magnetic Force”, B.Terazono, F.Mishima, Y.Izumi, S.Nishijima, Proceedings of the 1st International Symposium on Human Friendly Magnetic Science & Engineering,p.24,(2005).
    • ““Research on the architecture of magnetphoresis and magnetic drug for MT-DDS”, S.Fujimoto, F.Mishima, S.Takeda, Y.Izumi, S.Nishijima, Proceedings of the 1st International Symposium on Human Friendly Magnetic Science & Engineering,pp.34-36,(2005).
    • ““Measurement and modeling of accumulating magnetic particle using a modeling system of human blood”, Y.Yoshida, F.Mishima, S.Takeda, Y.Izumi,S.Nishijima, Proceedings of the 1st International Symposium on Human Friendly Magnetic Science & Engineering,pp30-31、(2005).

    学会発表(2006year)

    国際会議
    4th 21st Century COE "Towards Creating New Industries Based on Inter - Nanoscience" International Symposium, 2005.11.18-19, (Toba Hotel International, Mie, JAPAN)
    • “Application of Positron to the Polymer Electrolyte Membrane Fuel Cell"、Y.Honda, N. Kimura, G.Isoyama, S.Tagawa, S. Nishijima, S.Takeda, p.114.
    • “Preparation of Natural Polymer Nanogel Induced by Quantum-ray and Its Biomedical Application”, Y.Akiyama, T. Fujiwara, S. Takeda, Y.Izumi, p.119.
    • “Development of Magnetic Force-Assisted New Gene Transfer System using Biopolymer-Coated Ferromagnetic Nanoparticles”, S.Takeda, F. Mishima, Y.Akiyama, Y.Izumi, S.Nishijima, p.120.
    Asian Conference 2005 on Applied Superconductivity and Cryogenics 2005.12.12-14, (Busan, KOREA)
    • “Superconducting High Gradient Magnetic Separation for Purification of Wastewater”, S.Nishijima,S.Takeda,p.35.
    The 12th International Conference on Biomedical Engineering 2005.12.7-10 (SINGAPORE)
    • “Preparation of Natural Polymer Nanogel Induced by Quantum-Ray and its BiomedicalApplication”,Y.Akiyama, T.Fujiwara, S.Takeda, Y.Izumi, S.Nishijima, p.132.
    19th International Conference on Magnet Technology, 2005.9.18-23, (Genova, Italy)
    • “Three-Dimensional Motion Control System of Ferromagnetic Particle for Magnetically Targeted Drug Delivery System”, F.Mishima, T.Hamajima, S-I Takeda, Y.Izumi, S.Nishijima.
    • “Development of Magnetic Force-Assisted New Gene Transfer system using Biopolymer-Coated Ferromagnetic Nanoparticles”, S.Takeda, F.Mishima, B.Terazono, Y.Izumi, S.Nishijima.
    • “Superconducting High Gradient Magnetic Separation for Purification of Wastewater from Paper Factory”, S. Nishijima, S.Takeda.
    1st International Symposium on Human Friendly Magnetic Science & Engineering 2005.10-21-22 (大阪大学)
    • “Estimation of Magnetic Force Required for MT-DDS”, F.Mishima, S.Fujimoto, B.Terazono, S.Takeda, Y.Izumi, S.Nishijima, pp.32-33.
    • “Development of Novel Gene Transfer Method using Magnetic Force”, B.Terazono, F.Mishima, Y.Izumi, S.Nishijima, p.24.
    • “Research on the architecture of magnetphoresis and magnetic drug for MT-DDS”, S.Fujimoto, F.Mishima, S.Takeda, Y.Izumi, S.Nishijima, pp.34-36.
    • “Measurement and modeling of accumulating magnetic particle using a modeling system of human blood”, Y.Yoshida, F.Mishima, S.Takeda, Y.Izumi,S.Nishijima, pp30-31.
    国内会議
    第14 回TIARA 研究報告会(日本原子力研究所)2005.6.23-24, (群馬県、高崎シティギャラリー)
    • 「イオンビーム照射で誘発された出芽酵母の突然変異の解析」, 松尾陽一郎・西嶋茂宏・清水喜久雄・長谷純宏・坂本綾子・田中淳1P-15,pp.61-62.
    第42 回アイソトープ・放射線研究発表会2005.7.6-8 (東京、日本青年館)
    • 「ポリスチレンへの14MeV中性子照射効果」、泉佳伸、西嶋茂宏、武田真一、西村新、菱沼良光、西谷健夫、落合謙太郎、p.57.
    第6回磁気分離夏の学校2005.9.1-2 (栃木県、宇都宮大学)
    • MT-DDS に関する基礎的研究- 生体内での強磁性微粒子の集積度評価-」,三島史人、藤本祐孝、武田真一、泉佳伸、西嶋茂宏.
    • 「磁気牽引力を用いた新規遺伝子導入法の開発」, 寺園文吾,嶋田聖,朴明珠,芝原雄司,江間喜美子,武田真一,泉佳伸,西嶋茂宏
    • 「活性酸素による硝子体ゲルの崩壊に関する研究」北畠直司,朴明珠,芝原雄司,武田真一,泉佳伸,西嶋茂宏
    • 「放射線を用いた水晶体の老化に関する基礎的研究」,朴明珠,芝原雄司,大塚廉太郎,泉佳伸,武田真一,西嶋茂宏
    • 「天然物質による皮膚の光老化の抑制に関する研究」朴明珠,芝原雄司,泉佳伸,武田真一,西嶋茂宏
    第73回2005年度秋季低温工学・超伝導学会2005.11.21-23、〈新潟市朱鷺メッセ〉
    • 「MT-DDS の為の超伝導誘導装置」、西嶋茂宏、武田真一、p.155.
    • 「MT-DDS 実用化のための坦磁法の開発」、武田真一、西嶋茂宏、p.156.
    • 「2000 トン級口高勾配超伝導磁気分離装置」、西嶋茂宏、武田真一、p.160.
    • 「磁気分離実用化のための担時磁法の開発」、武田真一、西嶋茂宏、p.161.
    • 「GFRPの層間せん断強度に及ぼす14MeV 中性子とγ線の影響」、西村新、妹尾和威、菱沼良光、田中照也、室賀健夫、西嶋茂宏、片桐一宗、進藤裕英、竹内孝夫、奥野清、落合謙太郎、西谷健夫、p.59.
    • 「高強度ポリエチレン繊維の弾性率測定」、片桐政憲、泰佳一郎、藤井佳子、山中淳彦、p.61.
    • 「伝導冷却型マグネット用新機能構造材料の冷却性能評価(その2)」、渡邊暁洋、中村一也、高尾智明、西村新、山中淳彦、p.77.
    • 「負熱拡張系数材料を用いたHTSコイルの機械的損失特性」、美野輪成利、古瀬充穂、深澤雄太、岩村力、佐藤栄徳、浅野高史、高尾智明、梅田政一、山中淳彦、p.272.
    第53回レオロジー討論会2005.11.28-30 (豊橋)
    • 生体高分子と水の相互作用とそのレオロジー特性」、三町博子、秋山庸子、武田真一、泉佳伸、西嶋茂宏、pp.188-189.
    • 「生体軟組織の弾性率分布イメージング」、山本洋志郎、秋山庸子、武田真一、泉佳伸、西嶋茂宏、pp.286-287.
    第3 回生活支援工学系学会連合大会(第21 回ライフサポート学会大会) 2005.12.8-9 〈三重県津市〉
    • 「脳活動の変化からみるストレス評価」、尾崎剛、寺田隆哉、武田真一、泉佳伸、西嶋茂宏、p.69.
    • 「ストレス環境下での動作解析」、島孝之、寺田隆哉、泉佳伸、武田真一、西嶋茂宏、p.92.
    • 「顔表情変化による伊丹感覚の定量評価」、巽浩二、寺田隆哉、泉佳伸、西嶋茂宏、p.93.
    日本放射線影響学会第48 回大会2005.11.15-17(広島市国際会議場)
    • 「重粒子線照射による酵母DNAにおける突然変異誘発の解析」、松尾陽一郎、西嶋茂宏、長谷純宏、坂本綾子、田中淳、清水喜久雄.
    日本放射線安全管理学会第4回学術大会2005.12.23-25 (京都大学)
    • 「重粒子線およびγ線照射による突然変異誘発効果の比較検討」、松尾陽一郎,清水喜久雄、長谷純宏,坂本綾子,田中淳,西嶋茂宏..
    人と福祉を支える技術フォーラム2006 2006.3.4 (東京、お茶の水大学)
    • 「褥瘡防止寝具のための生体内応力分布シミュレーション」, 山本洋志郎,秋山庸子,武田真一,泉佳伸,、木村裕和、西嶋茂宏,p.12.
    • 「褥瘡予防を目的とした皮膚の粘弾性測定」、秋山庸子、武田真一、泉佳伸、木村裕和、西嶋茂宏、.p.13.
    • 「脳波解析とその機械制御への応用」、猪上慎介、寺田隆哉、武田真一、泉佳伸、西嶋茂宏、p.38.
    • 動作解析と筋電計測による転倒解析」、寺田隆哉、佐野祥一、武田真一、泉佳伸、西嶋茂宏、p.17.
    • 「細胞間コミュニケーションに及ぼす活性酸素の影響」、泉佳伸、朴明珠、松尾陽一郎、武田真一、西嶋茂宏、p.3.
    • 「マイクロアレイ法による活性酸素の酵母細胞への影響の解析」、松尾陽一郎、泉佳伸、西嶋茂宏、清水喜久雄、p.22.
    • 「量子線によって誘起される細胞の老化(酸化)に関する研究」、安冨琢也、武田真一、泉佳伸、西嶋茂宏、p.21.
    • 「活性酸素による水晶体の老化に関する基礎的研究」、朴明珠、北畠直司、芝原雄司、武田真一、泉佳伸、西嶋茂宏、p.20.
    • 「活性酸素による硝子体収縮に関する研究」、嶋田聖、朴明珠、芝原雄司、武田真一、泉佳伸、西嶋茂宏、p.19.
    第74 回2006 年度春季低温工学・超伝導学会2006.5.15-17、〈大阪大学コンベンションセンター〉
    • 「実用磁気分離システムの性能解析」、西嶋茂宏、武田真一、p.29.
    • 「磁気分離システム普及のための試み」、西嶋茂宏、武田真一、p.30.
    • 「可溶性物質に対する担磁法の開発」、武田真一、西嶋茂宏、p.31.
    • 「磁気牽引力による強磁性微粒子の磁気泳動制御」、三島史人、藤本祐孝、武田真一、泉佳伸、西嶋茂宏、p.91.
    • 「磁気ターゲティング・ドラッグ・デリバリ・システム(MT-DDS)のための磁石の設計」、三島史人、藤本祐孝、武田真一、泉佳伸、西嶋茂宏、p.92.
    • 「磁気ターゲティング・ドラッグ・デリバリ・システムに最適な磁石配置の検討」、三島史人、藤本祐孝、武田真一、泉佳伸、西嶋茂宏、p.93.
    第45 回日本生体医工学大会2006.5.15-17、〈福岡国際会議場〉
    • 「動作解析と筋電測定による転倒機構の研究」、佐野祥一、寺田隆哉、泉佳伸、武田真一、西嶋茂宏、p.579.
    • 「脳波計測による外部機器制御」、猪上慎介、寺田隆哉、武田真一、泉佳伸、西嶋茂宏、p.576.
    • 「遠隔治療のための痛みの感覚評価」、寺田隆哉、巽浩二、武田真一、泉佳伸、西嶋茂宏、p.564.
    • 「生体組織の低温保存のための基礎的研究」、秋山庸子、三町博子、武田真一、泉佳伸、西嶋茂宏、p.722.
    • 「生体軟組織の弾性率分布イメージング」、山本洋志郎、秋山庸子、武田真一、泉佳伸、西嶋茂宏、p.670.
    • 「脳磁界解析を用いた疲労の研究」、尾崎剛、寺田隆哉、武田真一、泉佳伸、西嶋茂宏、p.692.
    産技研フォーラム第1 回応用福祉工学シンポジウム2006.6.23、〈大阪府立産業技術総合研究所〉
    • 「動作解析と筋電測定による転倒機構の研究」、佐野祥一,寺田隆哉,泉佳伸,武田真一,西嶋茂宏、p.19.
    • 「脳波計測による外部機器制御」、猪上慎介,寺田隆哉,武田真一,泉佳伸,西嶋茂宏、p.21.
    • 「脳磁界解析を用いた疲労の研究」、尾崎剛,寺田隆哉,武田真一,泉佳伸,西嶋茂宏、p.23.
    • 「生体軟組織の弾性率分布イメージング」、山本洋志郎,秋山庸子,泉佳伸,武田真一,西嶋茂宏、p.27.
    • 「褥瘡防止寝具のための生体内応力分布シミュレーション」、土井佑介,山本洋志郎,秋山庸子,武田真一,泉佳伸,西嶋茂宏、pp.41-42.
    • 「褥瘡予防を目的とした皮膚の粘弾性測定」、秋山庸子,武田真一,泉佳伸,西嶋茂宏、pp.43-44.
    • 「凍結融解壊死療法のための生体組織中の水の束縛状態の解析」、秋山庸子,武田真一,泉佳伸,西嶋茂宏,p.29.
    • 「生体計測による痛みの定量評価~顔表情変化による分布~」、寺田隆哉,巽浩二,武田真一,泉佳伸,西嶋茂宏p.25.
    • 「高齢者の安全のための動作解析」、上田雄義,佐野祥一,寺田隆哉,武田真一,泉佳伸,西嶋茂宏, p.45.
    第43 回アイソトープ・放射線研究発表会2006.6.23、〈日本青年館〉
    • 量子線によって誘起される細胞の老化に関する電気化学研究」安冨琢也、西嶋茂宏、泉佳伸、武田真一、朴明珠、松尾陽一郎、p.131.
    • 「カテキンによる皮膚の光老化の制御に関する研究」、朴明珠、芝原雄司、泉佳伸、武田真一、西嶋茂宏、p.132.
    • 「放射線を用いた水晶体の老化に関する基礎的研究」、北畠直司、朴明珠、松尾陽一郎、芝原雄司、武田真一、泉佳伸、西嶋茂宏、p.133.

    招待講演・依頼講演(2006year)

    招待講演
    Pacifichem 2005 (2005.12).
    • ”Development of a Three-Dimensional Magnetic Navigation System for Targeted Drug Delivery”, S.Takeda,
      • Pacific Polymer Federation IX Meeting, (2005.12)
        • Development of A Three-Dimensional Magnetic Navigation and Magnetically Targeted Drug Delivery System”, S.Takeda,
          • 2005年度春季低温工学・超電導学会, (2005.05).
            • 「超伝導高勾配磁気分離システムを用いた2000トン級製紙廃水処理システムの開発」, 武田真一,西嶋茂宏,
              • 平成18年度 春季大会⑳粉体粉末冶金協会(2006.5)
                • 「高勾配超伝導磁気分離を用いた排水浄化装置―強磁性微粒子の利用―」、西嶋茂宏、武田真一
                  • 依頼講演
                    2005 年7 月29 日、第23 回関西界面科学セミナー、於:KKR ホテルびわこ 日本化学会コロイドおよび界面化学部会関西支部主催
                    • 題目「磁性コロイドによる次世代ドラッグ・デリバリー・システムの開発」-武田真一.
                      • 2005 年10 月4 日、2005 年第3 回コーティング技術研究会、於:大阪塗料会館 ⑳色材協会関西支部コーティング技術研究会主催
                        • 題目「酸化物粒子の分散・凝集の制御と評価」-武田真一.
                          • 2005 年10 月18 日、第13 回ナノバイオ磁気工学専門研究会、於:東京工業大学大岡山キャンパス ナノバイオ磁気工学専門研究会主催、
                            • 題目「磁気誘導型DDSシステムの開発」-西嶋茂宏.
                              • 2005 年11 月8 日、第2 回ナノテクノロジーセンター研究会、於:大阪大学産業科学研究所 ナノテクノロジーセンター研究会主催
                                • 題目「量子によるナノゲルの創製と評価」-西嶋茂宏.
                                  • 2006 年2月7日、「新エネルギー技術開発プログラム」固体高分子形燃料電池「次世代技術開発の研究計画発表会」、於:横浜シンポジア(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)燃料電池・水素技術開発部主催
                                    • 題目「陽電子消滅法を利用した固体高分子形燃料電池電解質膜の精密解析法の研究開発」-西嶋茂宏.
                                      • 2006 年2月17日、低温工学平成17 年度第4 回材料研究会、於:核融合科学研究所低温工学主催、
                                        • 題目「核融合炉材料の照射効果」-西嶋茂宏.
                                          • 2006 年3 月10 日、ナノ粒子研究会第34 回講演会、於:(独)物質・材料研究機構未踏科学技術協会ナノ粒子研究会主催
                                            • 題目「ナノ粒子の分散・凝集とその評価法― 超音波で見るナノ粒子の大きさとは? ―」-武田真一
                                              • 2006 年3月13日、岩手県地域結集型共同研究事業第フェーズ「第2回磁場活用研究会」、於:岩手大学工学部INS磁場活用研究会、岩手大学地域連体推進センター、(財)いわて産業復興センター、岩手県共催
                                                • 題目「磁気流動制御への超伝導磁石技術の応用―磁気分離からDDSへー」-西嶋茂宏
                                                  • 2006 年3 月14 日、第53 回顔料工学講座於:大阪科学技術センター日本顔料技術協会関西支部、顔料技術委員会共催
                                                    • 題目「微粒子の分散と表面特性の評価」-武田真一
                                                      • 2006 年4 月13 日、第1 回FC関連高度解析研究部会セミナー第91 回燃料電池研究会セミナー、於:タワーホール船堀、FC関連高度解析研究部会主催、
                                                        • 「電解質解析における話題:陽電子消滅法によるナノ構造解析」、-西嶋茂宏.
                                                          • 2006 年5 月8 日、産技研「月刊セミナー」『感性と福祉技術・福祉工学』、於:たかつガーデン大阪府立産業技術総合研究所、⑳大阪府技術協会共催、
                                                            • 触感に訴える材料の設計とモデル化」-西嶋茂宏
                                                            • 「介護や遠隔診断の応用をめざした痛みの表情解析」― 泉佳伸
                                                            2006 年6 月2 日、分離技術会年会2006、於:早稲田大学理工学部大久保キャンパス、分離技術会主催
                                                            • 「超伝導高勾配磁気分離による廃水処理」―西嶋茂宏.
                                                              • 2006 年6 月22 日、第32 回シンポジウム「超伝導科学技術の“いま”と“これから”」、於:つくば国際会議場(独)物質・材料研究機構超伝導材料センター、⑳未踏科学技術協会超伝導科学技術研究会主催
                                                                • 「産業応用まで進展した超伝導磁気分離」―西嶋茂宏
                                                                  • 2006 年6 月23 日、第1 回応用福祉工学シンポジウム、於:大阪府立産業技術総合研究所、大阪府立産業技術総合研究所主催
                                                                    • 「応用福祉工学の目指すところーミニマムQOLからオプティマムQOLへ」―西嶋茂宏
                                                                      • 2006 年6 月30 日、第1 回「物質の磁気特性を活用した精密磁気制御応用技術」調査専門委員会、於:自動車会館、低温工学協会磁気分離研究会共催
                                                                        • 「磁気誘導型ドラッグ・デリパリーシステムの開発と現状」―西嶋茂宏
                                                                          • その他(2006year)

                                                                            学位論文審査(西嶋茂宏)
                                                                            • 論文審査副査担当:“環境調和型傾斜機能材料の開発と応用”、谷畑公昭
                                                                            • 論文審査副査担当:“窒化アルミニウム合成における省エネルギープロセスの開発”、桜井刃利田隆
                                                                            • 論文審査副査担当:“六方晶フェライトの磁気特性と量子ビームを用いて決定した水晶・磁気構造との相関”、高田幸生」
                                                                            • 論文審査副査担当:“バイオ応用を目指した金/酸化鉄磁性複合ナノ粒子”、木下卓也
                                                                            • 論文審査主査担当:“有機高分子繊維の熟膨張及び熱伝導性の制御に関する研究”、山中淳彦
                                                                            学位論文審査(泉佳伸)
                                                                            • 論文審査副査担当:“Determination and Toxicity of the Degradation Products of Nonylphenol Polyethoxylates”、 pham Manh Hoai
                                                                            • 論文審査副査担当:“有機高分子繊維の熟膨張及び熱伝導性の制御に関する研究”、山中淳彦
                                                                            その他の報告書
                                                                            • 「高勾配超伝導磁気分離の研究」、西嶋茂宏、平成16 年度共同利用実験室・共同利用実験装置研究成果報告、大阪大学低温センター吹田分室、2005 年10 月、pp.7-10
                                                                            • 「放射線を利用した水晶体及び硝子体の老化に関する研究」、泉佳伸、朴明珠、北畠直司、嶋田聖、松尾陽一郎、秋山庸子、武田真一、西嶋茂宏、大阪大学産業科学研究所産業科学ナノテクノロジーセンター加速器量子ビーム実験室平成17年度研究成果報告会、大阪大学産業科学研究所講堂2006 年3 月.
                                                                            • 「γ線及び重粒子戦傷者による突然変異誘発効果の比較検討」松尾陽一郎、西嶋茂宏、池田稔治、清水喜久雄、大阪大学産業科学研究所産業科学ナノテクノロジーセンター加速器量子ビーム実験室平成17年度研究成果報告会、大阪大学産業科学研究所講堂2006 年3 月.
                                                                            • 「量子線を用いた蛋白質ナノゲルの刺激応答性制御」、西嶋茂宏、21 世紀COE プログラム新産業創造指向インターナノサイエンス2005 年度研究成果報告書,p.33.
                                                                            • 「イオンビーム照射における出芽酵母の突然変異誘発に関する基礎研究」、西嶋茂宏、松尾陽一郎、清水喜久雄、大阪大学ラジオアイソトープ総合センター2005 年度利用年報、p.9.
                                                                            • 「陽電子消滅法によるソフトマテリアルの評価」泉佳伸、三町博子、秋山庸子、武田真一、西嶋茂宏、大阪大学ラジオアイソトープ総合センター2005 年度利用年報、p.12-13.
                                                                            • 「極低温下での14MeV 中性子照射による超伝導マグネット材料の特性変化」、西嶋茂宏、LHD 計画共同研究成果報告書平成17 年度、核融合科学研究所(2006.6).
                                                                            発明、特許
                                                                            【特許確定,特許原簿登録済】
                                                                            • 「磁気分離方法及び磁気分離装置」特許第3479690 号 出願人大阪大学長発明者西嶋茂宏, 他2 名
                                                                            • 「磁気分離方法及び磁気分離装置」特許第3538640 号 出願人大阪大学長発明者西嶋茂宏, 他2 名
                                                                            • 「磁気分離方法及び磁気分離装置」特許第3513597 号 出願人大阪大学長発明者西嶋茂宏, 他2 名
                                                                            • 「被磁気分離体の製造方法及び被磁気分離体」特許第3513594 号 出願人大阪大学長発明者西嶋茂宏, 武田真一, 他1 名
                                                                            • 「磁性体の製造方法, 磁性体及び砥粒」特許第3541219 号 出願人大阪大学長発明者西嶋茂宏, 武田真一, 他1 名
                                                                            • 「温熱治療装置, マイクロカプセル及び注射剤」特願2004-30729 号 出願人大阪大学長発明者西嶋茂宏, 武田真一, 他2 名
                                                                            • 「磁性粒子を用いた遺伝子導入法およびDDS(Drug Delivery System)の確立」特願2004-107897 出願人大阪大学長発明者西嶋茂宏, 武田真一, 他1 名
                                                                            • 「三次元誘導装置及び方法、並びに薬剤配送システム」国際出願番号PCT/JP2005/014480 国際公開番号WO2006/03550 A1 (公開日2006年4月6日)出願人大阪大学長発明者西嶋茂宏, 武田真一

                                                                            【公開広報通知済】
                                                                            • 「新規な5-アルコキシ-2-(2-ピリジルアゾ)フェノール化合物及び前記化合物を含む新規な光応答性LB 膜並びにその用途」出願人理化学研究所発明者泉佳伸他4 名公開特許公報特開平11-158148,1999.6/15

                                                                            【出願提出】
                                                                            • 「研磨材を使った研磨, 切断加工廃液の磁気分離システム」出願人仁木工芸⑭発明者西嶋茂宏, 武田真一, 他1 名
                                                                            • 「断熱性セルロース繊維」平成17 年2 月22 日出願提出 出願人大阪大学長発明者西嶋茂宏, 泉佳伸, 武田真一, 寺田隆哉, 山中淳彦他5 名,
                                                                            • 「磁気誘導型ドラッグデリバリーシステムにおける分岐部での磁石配置法」平成18 年4 月6 日出願提出 出願人大阪大学長発明者西嶋茂宏, 武田真一.
                                                                            受賞暦
                                                                            【西嶋茂宏】
                                                                            • Int.Cryog.Mater.Conf.,1987 Best Paper Award
                                                                            • 平成2 年 低温工学協会大島海外渡航賞
                                                                            • 平成9 年大阪ニュークリアサイエンス協会賞
                                                                            • 平成11 年低温工学協会大島記念優良発表賞

                                                                            【泉佳伸】
                                                                            • 平成13 年第34 回日本原子力学会賞貢献賞
                                                                            • 2003 年度RADIOISOTOPES 誌論文奨励賞

                                                                            【学生】
                                                                            • 2004 年⑳日本機械学会機素潤滑設計部門 福祉工学シンポジウム2004 優秀講演 (受賞:大塚廉太郎)
                                                                            • 平成17年第4 回磁気分離夏の学校ベストポスター賞受賞(受賞者:三島史人)
                                                                            • 平成17 年第53 回レオロジー討論会ポスター賞(受賞者: 山本洋志郎)
                                                                            著書
                                                                            • 最新『顔料分散』実務ノウハウ・事例集-新しい用途展開/分散工程および安定化のコツ/トラブル対策/試験評価-、⑭技術情報協会出版、2005年10 月31 日発刊、武田真一他共著
                                                                            • “Materials Processing In Magnetic Fields”, World Scientific Publishing Co.Pte.Ltd.,2005.西嶋茂宏、泉佳伸、武田真一他共著
                                                                            • 磁性ビーズのバイオ・環境技術への応用展開、シーエムシー出版、2006 年4 月発行、西嶋茂宏他共著
                                                                            • 化粧品大全~各行程における留意点・ノウハウ集~ ⑭情報機構、2006年7月10日、西嶋茂宏他共著(第8章第11節化粧品使用感とレオロジーー特性―「なめらかと感じる化粧品の設計―」
                                                                            取材
                                                                              • “磁気誘導薬物送達システム開発へ表情解析し痛み定量化も", 日刊工業新聞2006 年1 月26 日掲載
                                                                              • “超伝導磁石で廃水浄化するシステムを実用化―鉄に限らず何でも吸着”, Handai NEWS LetterNo.31 2006 年Spring 記念号
                                                                              • “大阪府立産技研産学官で福祉機器開発体系的な取り組み研究会発足へ” 日刊工業新聞2006 年6 月14 日掲載.
                                                                              • 特集:超伝導電力・産業機器の発展「高勾配工伝導磁気分離を用いた製紙工場廃水処理」超伝導Web21、2005年11月1日

    原著・論文(2005year)

    原著・論文
    • "Studies on global gene response during extremely low frequency magnetic field exposure using yeast micro array analysis", Tomihiro Ishibasi,Youichirou Mat s uo, Kumano Uchida, Kikuo Shimizu , Radiation Safety Management Vol.3,accepted,(2005 ).
    • "Designing of epoxy resin systems for cryogenic use", T.Ueki, S.Nishijima, Y.Izumi, Cryogenics Vol.45, Issue 2, pp141-148, Feb.(2005 ).
    • "Thermal Strain of High Strength Polyethylene Fiber in Low Temperature", A. Yamanaka, T. Kitagawa, M. Tsutsumi, T. Kashima, H. Fujishiro, K. Ema, Y. Izumi, S. Nishijima, Journal of Applied Polymer Science, Vol.93, p.2918-2925, (2004).
    • "Thermal conductivity of high strength polyethylene fiber in low temperature"A. Yamanaka, H. Fujishiro, T. Kashima, T. Kitagawa, K. Ema, Y. Izumi, M. Ikebe,S. Nishijima,Journal of Polymer Science Part B: Polymer Physics, Vol. 43, Issue: 12, pp. 1495-1503,June (2005 ).
    • “MT‐ DDS のための磁性粒子の三次元空間制御”,浜島高将,武田真一,秋山庸子,泉佳伸,江間喜美子,西嶋茂宏,日本生体医工学(特別号II )第42 巻,p.197,(2004 ).
    • “MT‐ DDS のための強磁性粒子の磁気泳動に関する基礎的研究”,藤本祐孝,武田真一,秋山庸子,泉佳伸,江間喜美子,西嶋茂宏,日本生体医工学(特別号II )第42,p198,(2004 ).
    • “磁性高分子を用いた次世代Drug Delivery System(DDS)の開発”,中神啓徳,金田安史,三島史人,武田真一,西嶋茂宏,日本生体医工学(特別号II )第42 巻,p199,(2004 ).
    • “磁性高分子を用いた新規遺伝子導入法の開発”,寺園文吾,武田真一,泉佳伸,江間喜美子,西嶋茂宏,金田安史,中神啓徳,日本生体医工学(特別号II ),第42 巻,p202,(2004 ).
    • “細胞への遺伝子導入効率向上に最適な表面修飾法の検討”, 三島史人, 武田真一, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 中神啓徳, 金田安史, 日本生体医工学(特別号II ), 第42 巻, p213,(2004 ).
    • “磁性ハイブリッドナノ粒子による次世代ドラッグ, デリバリー, システムの開発“, 武 田真一, 西嶋茂宏,中神啓徳, 金田安史, 日本再生医療学会雑誌第4 巻p.99,(2005 ).
    • “MT-DDS を目指した強磁性粒子送達制御システムの開発”, 三島史人, 武田真一, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 日本再生医療学会雑誌第4 巻p.212, (2005).
    • “MT-DDS のための強磁性粒子の磁気泳動に関する基礎的研究”, 藤本祐孝, 武田真一, 秋山庸子, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 日本再生医療学会雑誌第4 巻p.213, (2005).
    • “介護初心者の介護動作習得を目的とする介護動作の解析”, 島孝之, 寺田隆哉, 泉佳伸, 武田真一, 江間喜美子, 西嶋茂宏, 日本生体医工学会誌第43 巻特別号,p.604,(2005 ).
    • “MT-DDS のための磁性粒子の三次元空間制御の基礎的研究″三島史人,浜島高将,秋山庸子,武田真一,江間喜美子,泉 佳伸,西嶋茂宏, 日本生体医工学会誌第43 巻特別号,p.295,(2005 ).・・"量子線を用いた天然高分子ゲルの創製と医用材料への応用”,秋山 庸子,藤原 敬博,武田 真一,泉 佳伸,江間 喜美子,西嶋 茂宏,日本生体医工学会誌,第43 巻特別号,p.284,(2005 )
    • “MT-DDS のための強磁性粒子の磁気集積に関する基礎的研究”, 藤本祐孝, 武田真一, 秋山庸子, 泉佳伸, 江間喜美子, 西嶋茂宏, 日本生体医工学会誌第43 巻特別号p.294, (2005 ).
    • "各種環境における皮膚の粘弾性挙動の解析”,秋山 庸子,武 田 真一,泉 佳伸,江間 喜美子,西 嶋 茂宏,日本生体医工学会誌第43 巻特別号p.304,(2005 ).
    • ”強磁性粒子を用いた新規遺伝子導入法の開発と評価”, 寺園文吾, 武田真一, 泉佳伸, 江間喜美子, 西嶋茂宏,金田安史, 中神啓徳, 生体医学工学会誌第43 巻特別号, p.283, (2005).
    • “要介護者のリスク回避のための動作解析”, 寺田隆哉, 秋山庸子, 泉佳伸, 武田真一, 江間喜美子, 西嶋茂宏,日本生体医工学会誌第4 3 巻特別号, p.603, (2005).
    • “痛みによる表情変化の視覚情報処理”巽浩二, 寺田隆哉, 泉佳伸, 江間喜美子, 西嶋茂宏, 日本生体医工学会誌第4 3 巻特別号, p.601, (2005).
    • ”かばう動作が誘起する 他の身体部位への負担に関する研究” 佐野祥一, 寺田隆哉, 泉佳伸, 武田真一, 江間喜美子, 西嶋茂宏日本生体医工学会誌第4 3 巻特別号, p.580, (2005).
    • “精神的緊張からおこる疲労の評価”, 尾崎剛, 寺田隆哉, 劉成珍, 泉佳伸, 武田真一, 江間喜美子, 西嶋茂宏,日本生体医工学会誌第4 3 巻特別号,p.602,(2005).
    • "Design, fabrication and installation of cryogenic target system for 14MeV neutron irradiation on superconduction magnet materials", A.Nishimura,Y.Hishinuma, T.Tanaka, T.Muroga, S.Nishijima ,Y.Shindo,T.Takeuchi,K.Ochiai,T/nisitani, K.Okuno, Fusion Engineering and Design, 78-79,pp.173-177,Jul(2005).
    • "Thermal Conductivity of High Strenght Polyethylene Fiber in Low Temperature",A.Yamanaka, H.Fujishiro,T.Kashima, T.Kitagawa, K.Ema,Y.Izumi, M.Ikebe, S.Nishijima, Journal of Applied Polymer Science, Vol.43,pp.1495-1503,Apr(2005)
    総説・解説
    • “ナノテクノロジーを用いた遺伝子導入ベクターの開発”, 中神啓徳, 武田真一, 森下紀夫, 森下竜一, 月刊「ケミカルエンジニアリング」5 月号(Vol.50,No.5 )pp39-43, (2005).
    プロシーディング
    • "Crosslinking in Lens and Vitreous Humor Caused by Reactive Oxygen Species ", T.Shimada, Y.Shibahara, Y.Izumi, S.Takeda, and S.Nishijima, IFMBE Proc.2004; 7: 29-32, (2004 ).
    • "Application Feelings of Skin Care Emulsions and Their Physical Properties", Y.Tsuruda, A.Akimaya, S.Takeda, K.Ema, Y.Izumi, and S.Nishijima, IFMBE Proc.2004; 7: 49-52, (2004 ).
    • "Penetration of Skin Care Products to Human Skin and Sensory Properties After Applications", Y.Akiyama, S.Takeda, K.Ema, Y.Izumi, and S.Nishijima, IFMBE Proc.2004; 7: 69-72, (2004 ).
    • >"Sensory Properties and Physical Properties of Human Surface Before and After Skin Treatment", R.Ohtsuka, Y.Akiyama, S.Takeda, K.Ema, Y.Izumi, and S.Nishijima, IFMBE Proc.2004; 7: 73-76, (2004 ).
    • "Fundamental Study on Gene/Cell Therapy Utilizing Ferromagnetic Nanoparticles", S.Takeda, S.J.Yu, Y.Izumi, K.Ema, Y.Kaneda, H.nakagami, and S.Nishijima, IFMBE Proc.2004; 7: 191-194, (2004 ).
    • "Interference Effect of the Coexistent-Ligand to the Membrane Transport of the Essential Element", Y.Shibahara,Y.Izumi, K.Ema,S.Nishijima, IFMBEProc.2004; 7: 297-300, (2004 ).
    • "Analysis of Action for the Reduction of Physical Burden of Care Workers", T.Terada, T.Shima, Y.Izumi, S.Takeda, K.Ema, S.Nishijima, IFMBE Proc.2004; 7: 319-322, (2004 ).
    • "Evaluation of Tiredness by Analysis of Expression Changes", Y.Izumi, S.J.Yu, K.Tatsumi, A.Akiyama, T.Terada, K.Ema, S.Nishijima, IFMBE Proc.2004; 7: 329-332, (2004 ).
    • "Evaluation of Pain by Analysis of Facial Expression", K.Tatsumi, Y.Izumi, T.Terada, S.J.Yu, S.Takeda, K.Ema, S.Nishijima, IFMBE Proc.2004; 7: 333-336, (2004 ).
    • "Evaluation of Emotions From Facial Expression", Y.Izumi, T.Terada,Y.Akiyama, S.Takeda, K.Ema, S.Nishijima, IFMBE Proc.2004; 7: 329-332 ,(2004 ).
    • "Fundamental Study on Radiation-Induced Gelation Process for Various Polymers", Y.Izumi, S.Takeda, K.Ema,T.Terada, H. Yamamoto, S.Nishijima, ISSP International Workshop 5th Gel Symposium Polymer Gels: Fundamentals and Nano-fabrications IPa 23: 84, (2004 ).
    • "Fundamental Study on Gene Therapy Utilizing Ferromagnetic Nanoparticles", Y.Akiyama, B.Terazono, F.Mishima, S.Takeda, Y.Izumi, K. Ema, H.Nakagami, Y.Kaneda, S.Nishijima, Abstract Book of 3rd Int. Sympo. of 21st Century COE "Towards Creating New Industries Based on Inter-Nanoscience"2005, pp.107-8.
    • "Fabrication and Photocatalytic activity of Calcium Fluoroapatite Modified with Ti", T.Hamaguchi, F.Mishima, M. Uno, S.Yamanaka, S.Takeda, Y.Izumi, S.Nishijima , Abstract Book of 3rd Int. Sympo. of 21st Century COE "Towards Creating New Industries Based on Inter-Nanoscience"2005, pp.109-110.
    • "Recent Development of Magnetically Targeted Drug Delivery System",S.Nishijima, S.Takeda, Abstract Book of 3rd Int. Sympo. of 21st Century COE "Towards Creating New Industries Based on Inter-Nanoscience"2005, pp.62-65,118-121.
    • "Synthesis and Characterization of Magnetic Nano-Gels Derived from Natural Products Using Quantum Beam and Their Application to DDS", Y.Izumi, S.Seino, Y.Akiyama, S.Nisijima, K.Niihara,. Abstract Book of 3rd Int. Sympo. of 21st Century COE "Towards Creating New Industries Based on Inter-Nanoscienceモ"p.139, (2005 ).
    • "Characterization of the Structure of Perfluorinated Ionomers Dispersed in Aqueous and Alcoholic Solutions Using Ultrasonic Attenuation Spectroscopy Method", M.Yoshitake, S.Terazono, Y.Kunisa, K.Yamada, H.Hayashi, S.Takeda, and I.Tari.Proceedings of the 207th Meeting of The Electrochemical Society,(2005).
    • "Superconducting High Gradient Magnetic Separation for Purification of Wastewater from Paper Factory", S.Takeda, Y.Kakihira, T.Fukunishi, S.Nishijima, A.,Nahakhira, 強磁場新機能ニュースレターNo.6, p.51 (2004).
    • "Development of New Gene Transfer Method using Biopolymer-Coated Ferromagnetic Nanoparticles", S.Takeda, F.Mishima, B.Terazono, Y.Izumi, S.Nishijima, H.Nakagami, Y.Kaneda, 強磁場新機能ニュースレターNo.6, p.72 (2004).
    • "Development of Methodology for Controlled Delivery of Ferromagnetic Particles as MT-DDS(Magnetically Targeted Drug Delivery Systems)", S.Takeda, T.Hamajima, S.Fujimoto, F.Mishima, Y.Izumi, S.Nishijima, 強磁場新機能ニュースレターNo.6, p.73 (2004).

    学会発表(2005year)

    国際会議
    5 th Scientific and Clinical Applications of Magnetic Carriers 2004.5.20-22 (Lyon, France)
    • "Fundamental Study on Gene/Cell Therapy utilizing Ferromagnetic Nanoparticles", Shin-ichi Takeda, Bungo Terazono, Yshinobu Izumi, Kimiko Ema, Yasufumi Kaneda, Hironori Nakagami, Shigehiro Nishijima, p152.
    78th ACS Colloid and Surface Science Symposium 2004.6.20-23 (YaleUnv.Con.USA)
    • "Development of a Colloid Chemical Process for Magnetic Seeding to Organic Molecules", S. Takeda, S.J. Yu, Y.Izumi, K.Ema, S.Nishijima, 240.
    Kuala Lumpur Int'l C onference on Biomedical Engineering 2004.9.2-4 (Hilton Petaying Jaya, Malaysia)
    • "Crosslinking in Lens and Vitreous Humor Caused by Reactive Oxygen Species", T.Shimada, Y.Shibahara, Y.Izumi, S.Takeda, and S.Nishijima, IFMBE Proc.2004;7:29-32, (2004 ).
    • "Application Feelings of Skin Care Emulsions and their Physical Properties", Y.Tsuruda, A.Akimaya, S.Takeda, K.Ema, Y.Izumi, and S.Nishijima, IFMBE Proc.2004;7:49-52, (2004 ).
    • "Penetration of Skin Care Products to Human Skin and Sensory Properties after Applications", Y.Akiyama, S.Takeda, K.Ema, Y.Izumi, and S.Nishijima, IFMBE Proc.2004;7:69-72, (2004 ).
    • "Sensory Properties and Physical Properties of Human Surface Before and After Skin Treatment", R.Ohtsuka, Y.Akiyama, S.Takeda, K.Ema, Y.Izumi, and S.Nishijima, IFMBE Proc.2004;7:73-76,(2004 ).
    • "Fundamental Study on Gene/Cell Therapy Utilizing Ferromagnetic Nanoparticles", S.Takeda, S.J.Yu, Y.Izumi, K.Ema, Y.Kaneda, H.Nakagami, and S.Nishijima, IFMBE Proc.2004;7:191-194, (2004 ).
    • "Interference Effect of the Coexistent-Ligand to the Membrane Transport of the Essential Element", Y.Shibahara, Y.Izumi , K .Ema ,S.Nis h ijima, IFMBEProc.2004;7:297-300, (2004 ).
    • "Analysis of Action for the Reduction of Physical Burden of Care Workers",T.Terada,T.Shima, Y.Izumi, S.Takeda,K.Ema,S.Nishijima, IFMBE Proc.2004;7:319-322, (2004 ).
    • "Evaluation of Tiredness by Analysis of Expression Changes", Y.Izumi,S.J.Yu,K.Tatsumi,A.Akiyama, T.Terada, K.Ema, S.Nishijima, IFMBE Proc.2004;7:329-332,(2004 ).
    • "Evaluation of Pain by Analysis of Facial Expression", K.Tatsumi,Y.Izumi, T.Terada,S.J.Yu, S.Takeda, K.Ema, S.Nishijima, IFMBE Proc.2004;7:333-336,(2004 ).
    • "Evaluation of Emotions From Facial Expression", Y.Izumi, T.Terada,Y.Akiyama, S.Takeda, K.Ema, S.Nishijima, IFMBE Proc.2004;7:329--332,(2004 ).
    The 1 st IMAGINE ィ International Forum on Venture-Business 2004.12.15-17 (Hankyu Hotel Expo Park, Japan)
    • "Development of a Colloid Chemical Process for Magnetic Seeding to Para/Dia -magnetic Materials", Y.Akiyama, S.Takeda, S.J.Yu, Y.Izumi, K.Ema, S.Nishijima, p.85.
    21st Century COE "Towards Creating New Industries Based on Inter-Nanoscience" Third International Symposium2005 2005.3.9-10 (Oku-Biwako Makino Prince Hotel, Japan)
    • "Fundamental Study on Gene Therapy Utilizing Ferromagnetic Nanoparticlesモ, Y.Akiyama, B.Terazono, F.Mishima, S.Takeda, Y.Izumi, K. Ema, H.Nakagami, Y.Kaneda, S.Nishijima, Abstract Book of 3rd Int. Sympo. of 21st Century COE "Towards Creating New Industries Based on Inter-Nanoscience" 2005, pp.107-8.
    • "Fabrication and Photocatalytic activity of Calcium fluoroapatite modified with Ti",T.Hamaguchi, F.Mishima, M.Uno, S.Yamanaka, S.Takeda, Y.Izumi, S.Nishijima, Abstract Book of 3rd Int. Sympo. of 21st Century COE "Towards Creating New Industries Based on Inter-Nanoscience" 2005, pp.109-110.
    • "Recent Development of Magnetically Targeted Drug Delivery System",S.Nishijima, S.Takeda, Abstract Book of 3rd Int. Sympo. of 21st Century COE "Towards Creating New Industries Based on Inter-Nanoscience" 2005, pp.62-65,118-121.
    • "Synthesis and Characterization of Magnetic Nano-Gels Derived from Natural Products Using Quantum Beam and Their Application to DDS", Y.Izumi, S.Seino, Y.Akiyama, S.Nisijima, K.Niihara,.Abstract Book of 3rd Int. Sympo. of 21st Century COE "Towards Creating New Industries Based on Inter-Nanoscience" p.139, (2005 ).
    The 207 th Meeting of The Electrochemical Society 2005.5.15-20 (Quebec City Convention Center, Canada)
    • "Characterization of the Structure of Perfluorinated Ionomers Dispersed in Aqueous and Alcoholic Solutions Using Ultrasonic Attenuation Spectroscopy Method", M.Yoshitake, S.Terazono, Y.Kunisa, K.Yamada, H.Hayashi, S.Takeda, and I.Tari.
    国内会議
    粉体工学会2004 年度春期研究発表会 2004.5.18‐ 19 (京都)
    • “超音波減衰法を用いた無機粉体スラリーの評価”,矢田絹江,細井和幸,武田真一,BP‐ 6,p12.
    • “超音波方式ζ‐ 電位測定法による粒子表面変化の高感度検出“,劉成珍,武田真一,泉佳伸,江間喜美子,西嶋茂宏,BP‐ 10,p20.
    • “超音波法を用いた静脈内注射用・鉄剤(フェジン○R )のキャラクタリゼーション法の開発”,武田真一,秋山庸子,西嶋茂宏,A‐ 17,p91.
    第70 回2004 年度春季低温工学・超電導学会 2004.5/24 ~26 (横浜国立大学)
    • “強磁性微粒子を用いた遺伝子,細胞治療制御に関する基礎的研究”,寺園文吾,武田真一,泉佳伸,江間喜美子,西嶋茂宏,金田安史,中神啓徳,3C‐ a03,p.227.
    • “強磁性微粒子の磁気泳動制御プロセスに関する基礎的研究”,藤本祐孝,武田真一,秋山庸子,泉佳伸,江間喜美子,西嶋茂宏,3C‐ a01,p.225.
    • “強磁性微粒子表面の改質によるポリフェノールの高効率磁気分離”,劉成珍,武田真一,朴明珠,泉佳伸,江間喜美子,西嶋茂宏,3C‐ a02,p.226.
    • “鉄球フィルタを用いた乾式磁気分離“,中根央,青沼毅,三島史人,山崎貞郎,武田真一,泉佳伸,西嶋茂宏,3C‐a04,p.228.
    • “14MeV 中性子の極低温照射装置の政策と性能評価”,西村新,菱沼良光,田中照也,室賀健夫,西嶋茂宏,進藤裕英,竹内孝夫,奥野清,落合謙太郎,西谷健夫,1E‐ p30,p78.
    • “磁気分離法における光誘起吸脱着プロセスの開発“,武田真一,秋山庸子,劉成珍,泉佳伸,江間喜美子,西嶋茂宏,2C‐ p02,p133.
    • “磁性付与粘土の評価と磁気分離応用”,中平敦,西田成樹,武田真一,西嶋茂宏,渡辺恒雄,福西興至,2C‐ p03,p.134.
    • “磁気分離によるクリプトスポリジウム・オーシスト分析法の開発”,矢坂裕太,川崎雅弘,江口正治,西嶋茂宏,田中稔,2C‐ p04,p.135.
    • “余剰汚泥を発生しない磁化活性汚泥法による各種排水の浄化処理”,酒井保蔵,渡辺恒雄,西嶋茂宏,3C‐ a08,p.232.
    第13 回TIARA 研究報告会 2004.6.28‐ 29 (群馬県 高崎シティギャラリー)
    • “イオンビーム照射における出芽酵母の突然変異誘発に関する基礎研究”,松尾陽一郎,西嶋茂宏,清水喜久雄,長谷純宏,坂本綾子,田中淳,石橋奉大.
    第3 回磁気分離夏の学校 2004.8.3‐ 4 (大阪大学)
    • “担磁プロセスの新展開-時期制御技術を用いた磁気医工学の創生―”, 武田真一.
    • “担磁タルサイトの合成と応用”, 西田成樹,小 西攻一,竹 添真一,中平敦,武 田真一,西 嶋茂宏,渡 辺恒雄,福西興至.
    • “MFI 型ゼオライトへの担磁と評価”,小西功一, 玉井将人, 大田光彦, 中平敦, 西嶋茂宏, 武田真一, 渡辺恒雄,竹添真一, 久保敬, 中平敦, 西嶋茂宏, 武田真一, 福西興至, 渡辺恒雄.
    • “電極反応を用いたアパタイト材料への坦磁と生体応用”, 小西功一, 玉井将人, 大田光彦, 中平敦, 西嶋茂宏,武田真一, 渡辺恒雄.
    • “鉄球を用いた振動形磁気分離装置の基礎研究”, 青沼毅, 山崎貞朗, 中根央, 三島史人, 武田真一, 泉佳伸,西嶋茂宏.
    • “磁気的に保持したマグネタイト固定床によるクリプトスポリジウム・オーシストの除去”, 松村佳澄, 矢坂裕太, 田中稔,西嶋茂宏.
    • “細胞への遺伝子導入効率向上に最適な表面修飾の検討”, 三島史人, 武田真一, 劉成珍, 泉佳伸, 江間喜美子,西嶋茂宏, 中神啓徳, 金田安史.
    • “新たな磁気分離のための計算機シミュレーション~サイクロンを用いた磁気分離~”, 濱島高将, 武田真一, 秋山庸子,泉佳伸, 江間喜美子, 西嶋茂宏.
    • “強磁性微粒子を用いた遺伝子治療制御に関する基礎的研究”, 寺園文吾, 武田真一, 泉佳伸, 江間喜美子, 西嶋茂宏, 金田安史, 中神啓徳.
    • “MT -DDS のための強磁性粒子の磁気泳動に関する基礎的研究”, 藤本祐孝, 武田真一,秋山庸子,泉佳伸, 江間喜美子, 西嶋茂宏.
    福祉工学シンポジウム2004 2004.9.13‐ 14 (東京都,東京大学本郷キャンパス)
    • “嚥下食品の冷凍保存に関する研究”,三町博子,秋山庸子,武田真一,西嶋茂宏,13‐ 141‐ 3,pp.9‐ 10.
    • “皮膚と布の相互作用と触感”,大塚廉太郎,秋山庸子,武田真一,西嶋茂宏,14 -141‐ 3,pp.135‐ 138.
    ライフサポート学会 2004.9.13 (東京都東京大学)
    • “介護者の力学的負担軽減のための動作解析”,島孝之,寺田隆哉,泉佳伸,武田真一,江間喜美子,西嶋茂宏,13‐ 82‐ 1,pp.39‐ 40.
    • “顔表情観測による恐怖・不安の感情評価”,泉佳伸,寺田隆哉,劉成珍,秋山庸子,巽浩二,武田真一,江間喜美子,西嶋茂宏,15 -84‐ 7,pp.309‐ 310.
    • “表情解析による痛みの評価”,巽浩二,泉佳伸,劉成珍,寺田隆哉,秋山庸子,武田真一,江間喜美子,西嶋茂宏,15‐ 84‐ 8,pp311‐ 312.
    • “表情分析による疲労感の評価”,劉成珍,泉佳伸,武田真一,西嶋茂宏,15‐ 84‐ 9.pp.313‐ 314.
    • “入浴動作の力学的解析”,寺田隆哉,島孝之,泉佳伸,武田真一,江間喜美子,西嶋茂宏,13‐ 84‐ 12,pp.91‐ 92.
    原子力学会2004 年秋の大会 2004.9.15 ~17 (京都大学)
    • “量子線を用いた天然物由来機能性ゲル創製のための基礎的研究”,藤原 敬博,秋山庸子,武田真一,泉 佳伸,江間喜美子,西嶋茂宏,F46,p.506.
    • “放射線を利用した緑茶抽出物の抗酸化作用機構に関する研究”,朴明珠,芝原雄司,武田真一,江間喜美子,泉佳伸,西嶋茂宏,F47,p.507.
    • “クリプタンド(2 B 、2 、2 )ポリマーを用いたクロマトグラフ法によるストロンチウム同位体分離への溶媒効果”,芝原雄司,泉佳伸,江間喜美子,武田真一,西嶋茂宏,矢坂裕太,藤井俊行,I6 ,p.656.
    第52 回レオロジー討論会 2004.9.22‐ 24 (弘前大学)
    • “スキンケアエマルジョンの塗り心地とそのレオロジー特性”,寉田安弘,秋山庸子,武田真一,江間喜美子、西嶋茂宏、1D12 ,pp.120‐ 121.
    バイオメディカルベンチャー創出を目指した若手交流会 2004.10.26‐ 27 (兵庫県、有馬)
    • “磁性粒子を用いた次世代DDS の開発”,中神啓徳,武田真一.
    第18 回日本エム・イー学会秋季大会 2004.11.4 ~6 (愛媛県道後県民文化会館・愛媛県総合社会福祉会館)
    • “細胞への遺伝子導入向上に最適な磁性高分子の表面修飾法の検討”,三島史人,武田真一,泉佳伸,西嶋茂宏,中神啓徳,金田安史,N1‐ 0404,p.213.
    • “磁性高分子を用いた新規遺伝子導入法の開発”,寺園文吾,武田真一,泉佳伸,江間喜美子,西嶋茂宏,金田安史,中神啓徳,N1‐ 0203,p.202.
    • “MT‐ DDS のための磁性粒子の三次元空間制御”,浜島高将,武田真一,秋山庸子,泉佳伸,江間喜美子,西嶋茂宏,N1‐ 0103,p.197.
    • “MT‐ DDS のための強磁性粒子の磁気泳動に関する基礎的研究”,藤本祐孝,武田真一,秋山庸子,泉佳伸,江間喜美子,西嶋茂宏,N1‐ 0104 ,p.198.
    • “磁性高分子を用いた次世代DDS (Drug Delivery System )の開発”,中神啓徳金田安史,三島史人,武田真一,西嶋茂宏,N1‐ 0105,p.199.
    第47 回日本放射線影響学会2004.11.25 ~27 (長崎県長崎ブリックホール・長崎新聞文化ホール)
    • “重イオンビームによる酵母DNA における突然変異誘発の解析”,松尾陽一郎,西嶋茂宏,清水喜久雄,長谷純宏,坂本綾子,田中淳,石橋奉大.
    磁気科学合同シンポジウム2004,新磁気科学研究会第8 回シンポジウムおよび特定領域研究『強磁場新機能』公開シンポジウム 2004.12.1 (横浜国立大学)
    • "Superconducting High Gradient Magnetic Separation for Purification of Wastewater from Paper Factory", S.Takeda, Y.Kakihira, T.Fukunishi, S.Nishijima, A.,Nahakhira, 強磁場新機能ニュースレターNo.6,p.51(2004).
    • "Development of New Gene Transfer Method using Biopolymer-Coated Ferromagnetic Nanoparticles", S .Takeda, F.Mishima, B.Terazono, Y.Izumi, S.Nishijima, H.Nakagami, Y.Kaneda, 強磁場新機能ニュースレター, No.6, p.72(2004).
    • "Development of Methodology for Controlled Delivery of Ferromagnetic Particles as Mt-DDS(Magnetically Targeted Drug Delivery Systems)", S.Takeda, T.Hamajima, S.Fujimoto, F.Mishima, Y.Izumi, S.Nishijima,強磁場新機能ニュースレター, No.6, p.73(2004).
    第39 回 京都大学原子炉実験所学術講演会2005.1.26 -27 (京都大学原子炉実験所)
    • “アクチニド元素の化学特性と核的特性の研究報告”,山名 元,小林捷平,中込良廣,柴田誠一,白井理,藤井,森山裕丈,山中伸介,泉佳伸,篠原厚,倉田正樹,明珍宗孝,原田秀朗,竹見弘勝,中村勅司,PJ3,pp.46‐ 56.
    第4 回日本再生医療学会総会 2005.3.1 ~2 (大阪国際会議場)
    • “磁性ハイブリッドナノ粒子を用いた新規遺伝子導入法の開発”,寺園文吾,武田真一,泉佳伸,西嶋茂宏,P2‐ 120.
    • “磁性ハイブリッドナノ粒子による次世代ドラッグ・デリバリー・システムの開発“, 武田真一, 西嶋茂宏, 中神啓徳, 金田安史, 日本再生医療学会雑誌第4 巻p.99,(2005 ).
    • “MT-DDS を目指した強磁性粒子送達制御システムの開発”, 三島史人, 武田真一, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 日本再生医療学会雑誌第4 巻p.212, (2005).
    • “MT-DDS のための強磁性粒子の磁気泳動に関する基礎的研究”, 藤本祐孝, 武田真一, 秋山庸子, 泉佳伸,西嶋茂宏, 日本再生医療学会雑誌第4 巻p.213,(2005).
    日本セラミックス協会2005 年年会 2005.3.22 ~24 (岡山大学)
    • “チタンフッ化アパタイトの作製とその光触媒活性”,濱口豪,三島史人,宇埜正美,山中伸介,武田真一,泉佳伸,西嶋茂宏,2P32.
    日本化学会第85 春季年会 2005 2005.3.26 ~29 (神奈川大学)
    • “高強度高分子繊維の熱物性を利用した光学材料への応用”,山中淳彦,野村幸弘,平畑裕嗣,尾江邦重,3K8‐ 05.
    第44 回日本生体医工学会大会 2005.4.25‐ 27 (つくば国際会議場)
    • “介護初心者の介護動作習得を目的とする介護動作の解析”, 島孝之, 寺田隆哉, 泉佳伸, 武田真一, 江間喜美子, 西嶋茂宏, 日本生体医工学会誌第43 巻特別号,p.604,(2005 ).
    • “MT-DDS のための磁性粒子の三次元空間制御の基礎的研究″三島史人,浜島高将,秋山庸子,武田真一,江間喜美子,泉 佳伸,西嶋茂宏, 日本生体医工学会誌第43 巻特別号,p.295,(2005 ).
    • “量子線を用いた天然高分子ゲルの創製と医用材料への応用”,秋山 庸子,藤原 敬博,武田 真一,泉 佳伸,江間 喜美子,西嶋 茂宏,日本生体医工学会誌,第43 巻特別号,p.284,(2005 )
    • “MT -DDS のための強磁性粒子の磁気集積に関する基礎的研究”, 藤本祐孝, 武田真一, 秋山庸子, 泉佳伸,江間喜美子, 西嶋茂宏, 日本生体医工学会誌第43 巻特別号p.294, (2005 ).
    • “各種環境における皮膚の粘弾性挙動の解析”,秋山 庸子,武田 真一,泉 佳伸,江間 喜美子,西嶋 茂宏,日本生体医工学会誌第43 巻特別号p.304,(2005 ).
    • “強磁性粒子を用いた新規遺伝子導入法の開発と評価”, 寺園文吾, 武田真一, 泉佳伸, 江間喜美子, 西嶋茂宏,金田安史, 中神啓徳, 生体医学工学会誌第43 巻特別号, p.283, (2005).
    • “要介護者のリスク回避のための動作解析”, 寺田隆哉, 秋山庸子, 泉佳伸, 武田真一, 江間喜美子, 西嶋茂宏,日本生体医工学会誌第4 3 巻特別号, p603, (2005).
    • “痛みによる表情変化の視覚情報処理”巽浩二, 寺田隆哉, 泉佳伸, 江間喜美子, 西嶋茂宏, 日本生体医工学会誌第4 3 巻特別号, p601, (2005).
    • “かばう動作が誘起する 他の身体部位への負担に関する研究”, 佐野祥一, 寺田隆哉, 泉佳伸, 武田真一, 江間喜美子, 西嶋茂宏, 日本生体医工学会誌第4 3 巻特別号, p.580, (2005).
    • “精神的緊張からおこる疲労の評価”, 尾崎剛, 寺田隆哉, 劉成珍, 泉佳伸, 武田真一, 江間喜美子, 西嶋茂宏,日本生体医工学会誌第4 3 巻特別号,p.602, (2005).
    第2 回イオンビーム育種技術研究大会 2005.5.20 (埼玉県 理化学研究所)
    • “イオンビーム照射における出芽酵母の突然変異誘発の解析”,松尾陽一郎,西嶋茂宏,長谷純宏,坂本綾子,田中淳,清水喜久雄.
    第72 回 2005 年春季低温工学,超電導学会 2005.5.31‐ 6‐ 2 (東京大学)
    • “磁気分離法を用いたエマルション廃液処理法の開発”,武田真一,劉成珍,泉佳伸,西嶋 茂宏,3C‐ a04 ,p.217.
    • “磁性ハイブリッドナノ粒子による次世代ドラッグ,デリバリー,システムの開発”,西嶋茂宏,武田真一,三島史人,寺園文吾,泉佳伸,3C‐ a05,p.218.
    • “磁気,電気泳動法を用いた磁気分離,磁気集積のための磁性フロック特性評価装置の開発”,武田真一,Urs Hafeli ,三島史人,寺園文吾,泉佳伸,西嶋茂宏,3C‐ a06,p.219.
    • “磁気ステントを用いた磁性粒子の血管内集積法の開発”武田真一,Axel Rosengart ,Michael Kaminski ,三島史人,泉佳伸,西嶋茂宏,3C‐ a07,p.220.
    • “磁気分離法を活用した血管内有害物質排出療法の開発”,武田 真一,Axel Rosengart ,Michael Kaminski ,三島 史人,泉佳伸,西嶋茂宏,3C‐ a08,p.221.
    • “MT‐ DDS のための磁性粒子誘導の基礎的研究”,三島史人,武田真一,泉佳伸,西嶋茂宏,3C‐ a09,p.222.
    • “磁気牽引力を用いた新規遺伝子導入法の開発と評価”,寺園文吾,三島史人,武田真一,泉佳伸,西嶋茂宏,3C‐ a10,p.223.
    • “超伝導マグネット材料の核融合中性子照射(その2 )”,西村 新,妹尾和威,菱沼良光,田中照也,室賀健夫,西嶋茂宏,片桐一宗,進藤裕英,竹内孝夫,奥野清,落合謙太郎,西谷健夫,2B‐ p09,p.98.
    • “余剰汚泥を発生しない磁化活性汚泥法の課題とその解決策”,酒井保蔵,西嶋茂宏,渡辺恒雄,2C‐ p06,p.114.
    • “伝導冷却超伝導マグネットを用いた開放勾配連続磁気分離”,福井聡,高橋洋平,山口 貢,小川純,佐藤 孝雄,今泉洋,大泉学,小原健司,渡邉恒雄,西嶋茂宏,3E‐ p27,p.273.
    • “磁気遺伝子導入法のための磁性プラスミドの作製とその導入効率への磁気牽引力の影響”,武田真一,Christian Plank ,三島史人,泉佳伸,西嶋茂宏,3E‐ p29,p.275.
    • “四極磁場中に配置した微小チャネルを用いた磁性粒子の選択磁気分離“,福井聡,高橋衛,山口貢,小川純,佐藤孝雄,今泉洋,大泉学,小原健司,渡邉恒雄,西嶋茂宏,2C‐ p03,p.111.

    招待講演・依頼講演(2005year)

    招待講演
    2004 年5 月24 日、2004 年度春季低温工学・超伝導学会、於:横浜国立大学、低温工学・超伝導学会主催、
    • 「超伝導磁気分離システムの検討」、武田真一
    2004年8月4日、第5 回磁気分離研究開発に関するワークショップ、於:大阪大学、磁気分離研究会主催
    • 「担磁プロセスの新展開-磁気制御技術を用いた磁気医工学の創生―」、武田真一
    2004年11月11日、第29 回顔料物性講座エンジニアのためのアドバンスセミナー、於:千葉工業大学、⑳色材協会他主催
    • 「超音波減衰スペクトロスコピーを用いた顔料の分散,擬集評価」、武田真一
    Apr.22 ,2005, Superconduction/Magnetic Substance workshop 2005,Chang-Wong, Korea,The Korean Institute of Electrical and Electronic Material Engineers
    • "HGMS for Environmental Preservation -Water Treatment from Paper Mill-" S.Nishijima, S.Takeda
    Apr.22 ,2005,Superconduction/Magnetic Substance workshop 2005, Chang-Wong, Korea,The Korean Institute of Electrical and Electronic Material Engineers
    • "Magnetic Seeding Process for HGMS"S.Takeda, S.Nishijima
    2005年5月31日、2005 年春季低温工学・超電導学会、低温工学・超伝導学会主催
    • 「伝導高勾配磁気分離システムを用いた2000 トン級製紙廃水処理システムの開発」、西嶋茂宏、武田真一
    依頼講演
    2004年8月11日、「リハビリテーションと福祉工学の接点に関する研究会」、於:岡山県川崎医療福祉大学
    • 西嶋茂宏、武田真一、泉佳伸
    2004年8月19日、微粒子の表面特性、改質技術と分散、擬集評価方法、於:京都府京都リサーチパーク、技術情報協会主催
    • 「微粒子の分散,擬集評価方法」、武田真一
    2004年12月2日、H16年度第1回高温超伝導市場開拓委員会、(財)国際超伝導産業技術研究センター超伝導工学研究所主催
    • 「超伝導磁気分離」、西嶋茂宏
    2005年2月25日、第9回テクテキスタイル研究会、日本繊維機械学会テクテキスタイル研究会主催
    • 「超強力PE 繊維ダイニーマの負膨張性と応用」、山中淳彦
    2005年3月18日(金)、香粧品のレオロジー特性と剤形コントロール、技術情報協会主催
    • 「スキンケア用エマルジョンの塗り心地とレオロジー特性」、西嶋茂宏

    その他(2005year)

    学位論文審査(西嶋茂宏)
    • 論文審査副査担当:“高濃度有機性廃物のメタン発酵処理とバイオガス発電に関する研究”,小川幸正.
    • 論文審査副査担当:”物質環境を志向する低環境負荷型社会システムの形成を支援する環境,経済統合評価フレームの構築と評価“,岡野雅通.
    • 論文審査副査担当:"レーザー同位体分離のためのウラン,ガドリニウム原子の多段階共鳴光イオン化分光研究“,部昌文.
    • 論文審査副査担当:“高圧含浸法によるセラミックス/金属複合材料の開発と評価”,中田昌幸.
    • 論文審査副査担当:“Development of New Environmentally Tolerant Sick Coating on Advanced Materials and Their Applications ”,Yoshiaki Morisada.
    その他の報告書
    • 「極低温下での14MeV 中性子照射による超伝導マグネット材料の特性変化」、西嶋茂宏、LHD 計画共同研究成果報告書平成16 年度、大学共同利用機関法人自然科学研究機構核融合科学研究所、2005 年3 月、pp.4‐ 9.
    • 「陽電子消滅法によるソフトマテリアルの評価」,泉佳伸、江間喜美子、寺田隆哉、藤原敬博、西嶋茂宏、大阪大学ラジオアイソトープ総合センター2004 年度利用年報、pp.12‐ 13 、2005 年5 月.
    • “Analysis of Helium Bubbles Motion in Liquid Helium for the Evaluation of Cryogenic Stability in Superconducting Magnet ”,Izumi,Y.,Tatsumi,Y.,Nishijima,S.,Iwamoto,A.,Takahata,K.,Annual Report of National Institute for Fusion Science Apr.2003‐ Mar.2004.,p.105,October 2004.
    • “Non‐ Uniform Current distributions and Large Time Constant Inter‐ Strand Coupling Losses in Cable‐ In‐ Conduit Conductors ”,Seo,K.,Takahata,K.,Mito,T.,Nishijima,S.,Annual Report of National Institute for Fusion Science Apr.2003‐ Mar.2004.,p.130,October 2004.
    発明、特許
    【特許確定,特許原簿登録済】
    • 「磁気分離方法及び磁気分離装置」特許第3479690 号 出願人大阪大学長 発明者 西嶋茂宏,他2 名
    • 「磁気分離方法及び磁気分離装置」特許第3538640 号 出願人大阪大学長 発明者 西嶋茂宏,他2 名
    • 「磁気分離方法及び磁気分離装置」特許第3513597 号 出願人大阪大学長 発明者 西嶋茂宏,他2 名
    • 「被磁気分離体の製造方法及び被磁気分離体」特許第3513594 号 出願人 大阪大学長 発明者西嶋茂宏,武田真一,他1 名
    • 「磁性体の製造方法,磁性体及び砥粒」特許第3541219 号 出願人大阪大学長 発明者 西嶋茂宏,武田真一,他1 名
    • 「温熱治療装置,マイクロカプセル及び注射剤」特願2004‐ 30729 号 出願人 大阪大学長 発明者西嶋茂宏,武田真一,他2 名
    • 「磁性粒子を用いた遺伝子導入法およびDDS(Drug Delivery System)の確立」 特願2004‐ 107897 出願人大阪大学長 発明者 西嶋茂宏,武田真一,他1 名

    【公開広報通知済】
    • 「新規な5 -アルコキシ‐ 2‐ (2‐ ピリジルアゾ)フェノール化合物及び前記化合物を含む新規な光応答性LB 膜並びにその用途」 出願人理化学研究所発明者 泉 佳伸 他4 名公開特許公報 特開平11‐ 158148,1999.6/15

    【出願提出】
    • 「研磨材を使った研磨,切断加工廃液の磁気分離システム」出願人 仁木工芸⑭ 発明者 西嶋茂宏,武田真一,他1 名
    • 「断熱性セルロース繊維」平成17 年2 月22 日 出願提出 出願人大阪大学長 発明者 西嶋茂宏,泉佳伸,武田真一,寺田隆哉,山中淳彦他5 名
    受賞暦
    【西嶋茂宏】
    • Int.Cryog.Mater.Conf.,1987 Best Paper Award
    • 平成2 年 低温工学協会大島海外渡航賞
    • 平成9 年大阪ニュークリアサイエンス協会賞
    • 平成11 年低温工学協会大島記念優良発表賞

    【泉佳伸】
    • 平成13 年第34 回日本原子力学会賞貢献賞
    • 2003 年度RADIOISOTOPES 誌論文奨励賞

    【学生】
    • 2004 年⑳日本機械学会機素潤滑設計部門 福祉工学シンポジウム2004 優秀講演(受賞:大塚廉太郎)
    研究会開催主催:NPO 法人大阪エクステンションセンター
    2004/12/17 (金)於:大阪大学産業科学研究所講堂
    • 「磁気分離技術とその可能性」講演者:西嶋茂宏, 武田真一大阪大学大学院工学研究科
    講演会企画開催
    2004/7/2 (金)於:大阪大学附属図書館吹田分館視聴覚ホール
    • 「磁気ドラッグ, デリバリー, システム(MDDS )工学」講演者:中神啓徳大阪大学大学院医学系研究科
    2005/1/20 (木)於:大阪大学附属図書館吹田分館視聴覚ホール
    • 「磁気力を用いた遺伝子治療, 磁気再生医療用生体高分子ゲルの開発」講演者:Dr. Christian Plank, Technical University of Munich, Institue of Experimental Oncology.
    2005/3/8 (火)於:大阪大学附属図書館吹田分館視聴覚ホール
    • 「磁性ナノ粒子を用いた血液中からの毒性物質の磁気分離法の開発」講演者:Dr. Axel Rosengart, The University of Chicago and Pritzker School of Medicine
    取材
    • “3 万ガウスで有害物除去",週刊循環経済新聞2004 年8 月23 日掲載>
    • “大学施設との連携を目指して<理科科の取り組み>”金光学園やつなみ創立110 年記念号掲載
    • “不純物は吸い付けろ 廃液浄化に超伝導磁石”日本産業新聞2005 年5 月24 日掲載
    • "Recent Development of Magnetically Targeted Drug Delivery System", 韓国ESE No.6 (Center for Applied Superconductivity Technology発行) 2005年5月号掲載.
    • “磁石で細胞に遺伝子”,山陽新聞2005 年2 月27 日掲載.
    • “磁石で細胞に遺伝子を導入” 京都新聞2005 年2 月27 日掲載.
    • “磁石で細胞に遺伝子導入” 宮崎日々新聞2005 年2 月27 日掲載.
    • “磁石使い細胞に遺伝子導入”福井新聞 2005 年2 月27 日掲載.
    • “磁石で細胞に遺伝子導入” 山陰中央新聞2005 年2 月27 日掲載.
    • “エネルギー・環境・福祉問題の解決を目指して”ONSA ニュース ⑳大阪ニュークリアサイエンス協会 No.12‐ 3,4(合併号)2005 年2 月掲載



    原著・論文(2004year)

    原著・論文
    • "流動層磁気アシスト比重分離法に関する基礎研究",三嶋史人、山崎貞郎、吉田和悦、中根央、武田真一、泉佳伸、西嶋茂宏,日本応用磁気学会誌,Vol.28,No.3,pp.393-396,(2004).
    • "Thermal Strain of High Strength Polyeshylene Fiber in Low Temperature",Atsuhiko Yamanaka, Tooru Kitagawa, Masayuki Tsutsumi, Toshihiro Kashima, Hiroyuki Fujishiro, Kimiko Ema, Yoshinobu Izumi, Shigehiro Nishijima, 2004Willey Periodicals, inc.,j Appl Polym Sci93,pp.2918-2925,(2004).
    • "Analytical Study on Open Gradient Magnetic Separation Using Quadrupole Magnetic Field",S.Fukui, M.Takahashi, T Fujita, M. Yamaguchi, T. Sato, H. Imaizumi, M. Oizumi, S.Nishijima ,T.Watanabe, IEEE Transactions On Applied Superonductivity,Vol.14,No.2, pp.1572-1575,June (2004).
    • "Study on Open Gradient Magnetic Separation Using Superconducting Solenoid Magnet", S.Fukui, M.Takahashi, M. Yamaguchi, T. Sato, H. Imaizumi, M. Oizumi, S.Nishijima ,T.Watanabe,IEEE Transactions On Applied Superonductivity,Vol.14,No.2, pp.1568-1571,June (2004).
    • "Superconducting High Gradient Magnetic Separation for Purification of Wastewater From Paper Factory",Yoshiyuki Kahkihara, Tatsuo Fukunishi, Shinichi Takeda, Shigehiro Nishijima , Atsusi Nahakhira, IEEE Transactions On Applied Superonductivity,Vol.14,No.2,pp.1565-1567, June (2004).
    • "A Study on the Development of an Open-Gradient Magnetic Separator Under Dry Condition",F. Mishima, S. Yamazaki, K. Yoshida, H. Nakane, S. Yshizawa, S. Takeda, Y.Izumi, S. Nishijima, IEEE Transactions On Applied Superonductivity,Vol.14,No.2, pp.1561-1564,June (2004).
    • "Lattice Boltzmann Method Analyzing Helium Bubbles Motion in Liquid Helium",Yoshinobu Izumi, Akifumi Iwamoto , Yuichiro Tatsumi, Shin-ichi Takeda, and Shigehiro Nishijima,IEEE Transactions On Applied Superonductivity, Vol.14,No.2, pp.1326-1329,June(2004).
    • "Numerical Analyses of Non-Uniform Current Distribution Within the Multi-Strand Superconducting Cable for Fusion Apparatus",Kazutaka Seo, Kazuya Takahata, Toshiyuki Mito, Shigehiro Nishijima ,IEEE Transactions On Applied Superonductivity,Vol.14,No.2, pp.1360-1364,June (2004).
    • "Induction of Mutations by Ion Beam Irradiation on the Saccharomyces cerevisiae", Y. Matuo, S. Nishijima,T. Ishibashi, Y. Hase, A. Sakamoto, A.Tanaka, K.Simizu, JAERI-Review 2004-025, pp.79-81, (2004).
    プロシーディング
    • "PHOTOCONTROLLED SELECTIVE ISOLATION OF URANYL CATION FROM AQUEOUS SOLUTION ONTO A PHOTO-RESPONSIVE LANGMUIR-BLODGETT FILM", Yoshinobu IZUMI, Takeshi YAMAMOTO, Tsuyoshi YAITA, Kiminori USHIDA, Shoichi TACHIMORI, Shigehiro NISHIJIMA, PROCEEDINGS OF THE 3rd INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MATERIAL CHEMISTRY IN NUCLEAR ENVIRONMENT (MARCH 13-15, 2002, TSUKUBA), 1.6.1 P165-170, (March 2003).
    • "Cryogenic property and microstructure of epoxy resin", Yoshizawa S., Nishijima S., Yamazaki S., Nakahe H., Proceedings of the Nineteenth International Cryogenic Engineering Conference (ICEC19),(July 22-26, 2002, Grenoble, France), p725-728.
    • "THERMAL PROPERTIES OF EPOXY RESINS AT CRYOGENIC TEMPERATURES", H. Yamane, S. Nishijima, H. Fujishiro, T. Yamaguchi, S. Yoshizawa and S. Yamazaki, Proceedings of the International Cryogenic Materials Conference, ICMC,Vol.48, p211-217.

    学会発表(2004year)

    国際会議
    The 18th International Conference on Magnet Technology 2003.10/20-24 (盛岡)
    • "Development of Magnetic Microshpere for Bioactive Compounds and Characterization Method of Their Magnetophoretic Mobility", TAKEDA Shin-ichi, NISHIJIMA Shigehiro, HAFELI Urs, TERAZONO Bungo, AKIYAMA Yoko, IZUMI Yoshinobu, EMA Kimiko, 3D-p28.
    • >"Superconducting High Gradient Magnetic Separation for Purification of Wastewater from Paper Factory", KAKIHARA Yoshiyuki, FUKUNISHI Tatsuo, TAKEDA Shin-ichi, NISHIJIMA Shigehiro, 3D-p36.
    • "Lattcie Boltzmann Method Analyzing Helium Bubble Motion in Liquied Helium", IZUMI Yoshinobu, IWAMOTO Akifumi, TATSUMI Yuichiro, TAKEDA Shin-ichi, NISHIJIMA Shigehiro, 1D-p78.
    • "Electromagnetic Characteristic Analyses of Multi-strand superconducting Cable Based on Traces of Strands", SEO Kazutaka, Takahata Kazuya, MITO Toshiyuki , NISHIJIMA shigehiro, 2C-p10.
    • "Open Gradient Magnetic Separation Using Superconducting solenoid Magnet", FUKUI Satoshi , FUJITA Takahiro, YAMAGUCHI Mitsugi , SATO Takao, NISHIJIMA Shigehiro, WATANABE Tsuneo , 3D-p37.
    • "A Study on the Development of a Magnetic Separator in dry Condition", MISHIMA Fumihito , AONUMA Tuyoshi, YAMAZAKI Sadao, YOSHIDA Kazuetsu, NAKAE Hiroshi , YOSHIZAWA Shuji, Nishijima Shigehiro, 3D-p34.
    • "Analytical Study on Open Gradient Magnetic Separation Using Quadrupole Magnetic Field", FUKUI Satoshi, YAMAGUCHI Mitsugi, IMAIZUMI Hiroshi, NISHIJIMA Shigehiro, WATANABE Tsuneo, 3D-p38.
    6th European Conference on Applied Superconductivity (EUCAS2003) 2003/9-15(Sorrento Napoli、 Italy)
    • "Coil Bobbin Composed of High-Strength Polyethylene Fiber Reinforced Plastics for a Stable High Field Magnet", A. Yamanaka, T. Kashima, H. Hirahata, M. M.Rahman, K. Nakanishi, K. Hosoyama, 6-15, p82.
    ゲルシンポ 2003.11/17-21 (千葉)
    • "Fundamental Study on Radiation-Induced Gelation Process for Various Polymers", IZUMI Yoshinobu, TAKEDA Shin-ichi, EMA Kimiko, TERADA Takaya, YAMAMOTO Hiroshi and NISHIJIMA Shigehiro, I Pa24, p.85.
    International Workshop on Materials Analysis & Processing in Magnetic Fields=2004.3/17-19 (Talahassee, Fl. USA)
    • "NEW APPLICATIONS OF MAGNETIC FIELD TO HUMAN FRIENDLY MATERIALS AND HUMAN SUPPORTING SYSTEMS", Shin-ichi Takeda, Urs Hafeli, Mitsuo Tonoike, Yoshinobu Izumi, Kimiko Ema, Shigehiro Nishijima, p27.
    5th Scientific and Clinical Applications of Magnetic Carriers 2004.5/20-22, (Lyon, France)
    • "Fundamental Study on Gene/Cell Therapy utilizing Ferromagnetic Nanoparticles", Shin-ichi Takeda, Bungo Terazono, Yshinobu Izumi, Kimiko Ema, Yasufumi Kaneda, Hironori Nakagami, Shigehiro Nishijima, p152.
    78th ACS Colloid and Surface Science Symposium 2004.6/20-23 (Yale Univ. Connecticut,USA)
    • "Development of a Colloid Chemical Process for Magnetic Seeding to Organic Molecules", S.Takeda, S.Yu, Y. Izumi, K.Ema, S.Nishijima, 240.
    国内会議
    日本原子力学会「2003年春の年会」  2003.3/29(佐世保)
    • "量子線加工による細胞培養マトリクスの構築", 山本宙, 寺田隆哉, 武田真一, 江間喜美子, 泉佳伸, 西嶋茂宏, M17, p756.
    • "量子線加工によるポリアクリル酸ハイドロゲルアクチュエーターの開発", 篁康夫, 泉佳伸, 江間喜美子, 西嶋茂宏, M16, p755.
    第68回2003年度春季低温工学・超電導学会 2003.5/22-23(つくば)
    • "反磁性粒子の磁気制御に関する計算機シミュレーション" 濱島高将,  武田真一, 西嶋茂宏, 1E-p39, p128.
    繊維学会年次大会  2003.6/5(京都)
    • "高強度有機高分子繊維の熱物性を利用した複合材料", 山中淳彦, 野村幸弘, 細山謙二, Mashiur Rahman, 静岡大 鹿島俊弘. 2C16(A-2), vol. 58, No. 1.
    第40回理工学における同位元素・放射線研究発表会  2003.7/9-11 (東京)
    • "放射線プロセスを利用した生体高分子アクチュエータの創生" 寺田隆哉, 江間喜美子, 武田真一, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 3p-Ⅱ-5, p126.
    磁気分離夏の学校  2003.8/11-12 (つくば)
    • "磁性を持ったイオン交換樹脂の合成とその利用", 伊藤聡, 今泉洋, 山口貢, 福井聡, 西嶋茂宏, 渡辺恒雄, A-1, p1-4.
    • "磁気分離のための坦磁多孔体吸着材料の作製", 西村文秀, 西田成樹, 小西功一, 中平敦, 西嶋茂宏, 武田真一, 渡辺恒雄, A-4, p10-12.
    • "磁気的に保持されたマグネタイト固定床によるクリプトスポリジウムオーシストの除去", 松村佳澄, 矢坂裕太, 田中稔, 西嶋茂宏, A-5, p13.
    • "ドラッグ・デリバリ・システム構築のための計算機シミュレーション", 浜島高将, 武田真一,  西嶋茂宏, A-9, p18-21.
    • "乾式磁気分離法に関する基礎研究", 三島史人, 青沼毅, 山崎貞郎, 中根央, 西嶋茂宏, 泉佳伸, 武田真一, B-2, p27.
    • >"乾式磁気分離装置の検討",  青沼毅, 三島史人, 山崎貞郎, 中根央, 西嶋茂宏, 泉佳伸, 武田真一, B-3, p28-29.
    • "コロイド化学的坦磁法よる高分子の回収に関する基礎的研究", 劉成珍, 武田真一, 泉佳伸, 江間喜美子, 西嶋茂宏, B-4, p30-31.
    • "磁気分離のための坦磁粘土合成と構造評価", 西田成樹, 西村文秀, 中平敦, 福西興至, 武田真一, 西嶋茂宏, B-9, p37-38.
    第56回コロイド及び界面化学討論会 2003.9/8-10 (徳島)
    • "磁気分離における分離効率に及ぼす強磁性参加鉄粒子表面特性の影響", 劉成珍, 武田真一, 秋山庸子, 西嶋茂宏, 1A03,p33.
    • "超音波減衰分光法を用いた高濃度ナノ粒子分散系における粒度分布測定", 武田真一, 霍田安弘, 秋山庸子,西嶋茂宏, 3A04, p58.
    • "超音波減衰分光法を用いた化粧品用酸化物粒子ーエマルジョン混合分散系における粒度分布測定", 武田真一, 霍田安弘, 秋山庸子, 末武照彦, 石森俊広, 江間喜美子, 西嶋茂宏, P004, p246.
    • "皮膚の力学的特性に及ぼす塗布エマルションの効果",秋山庸子,武田真一,泉佳伸,江間喜美子,西嶋茂宏, P005, p247.
    第51回レオロジー討論会  2003.9/17-19 (奈良)
    • "スキンケア化粧品のレオロジー特性と官能的特性", 武田真一, 西嶋茂宏, 泉佳伸, 江間喜美子, 1A03, p5-6.
    日本原子力学会 2003年秋の大会  2003.9/24-26 (静岡)
    • "高分子への放射線照射によるゲル化に関する基礎的研究", 泉佳伸, 藤原敬博, 武田真一, 寺田隆哉, 山本宙, 江間喜美子, 西嶋茂宏, L22, 第Ⅲ分冊p678.
    • "量子線を用いた生体高分子ゲル加工と その力学的評価", 寺田隆哉, 江間喜美子, 武田真一,泉佳伸, 西嶋茂宏, L23, 第Ⅲ分冊p679.
    • "超音波共鳴分光法にによるゼランチン/水界面構造の評価", 山本 宙,  寺田隆哉, 江間喜美子, 泉佳伸, 武田真一, 西嶋茂宏, L24, 第Ⅲ分冊p680.
    • "ゼラチンのガンマ線加工におけるラジカルの作用" 江間喜美子, 山本宙, 寺田隆哉, 泉佳伸, 武田真一, 西嶋茂宏, L25, 第Ⅲ分冊p681.
    第7回ESRフォーラム  2003.6/14 (京都)
    • "ゼラチンのガンマ線加工とラジカルスキャベンジャー",  江間喜美子, 山本宙, 寺田隆哉, 泉佳伸, 武田真一, 西嶋茂宏.
    第7回新磁気科学シンポジウム  2003.11/5-7 (つくば)
    • "強磁性粒子を用いたタンパク質分子の分離", 寺園文吾, 武田真一, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 渡辺恒雄,p55.
    • 新たな磁気分離のための計算機シミュレーション", 浜島高将, 武田真一, 西嶋茂宏, p54.
    第3回福祉工学シンポジウム(日本機会学会) 2003.11/8-9 (東京)
    • ゛皮膚の力学的特性に及ぼす各種環境の影響゛, 武田真一, 秋山庸子, 泉佳伸, 江間喜美子, 西嶋茂宏, 9B22, p63-64.
    • ゛皮膚の力学的特性に及ぼす塗布エマルションの効果゛ 秋山庸子, 武田真一, 泉佳伸, 江間喜美子,西嶋 茂宏, 9B21, p.217-218.
    • 人工皮膚の力学的特性に及ぼす環境の影響゛,大塚廉太郎,武田真一,秋山庸子,西嶋茂宏, 泉佳伸 ,江間喜美子, 8B11, p.219-220.
    高分子学会 第12回ポリマー材料フォーラム 2003.11/27-28 (大阪)
    • "ラジカル制御によるエポキシ樹脂の熱安定化", 植木 徹、泉 佳伸、西嶋 茂宏、武田 真一、江間 貴美子, 2PD34, p201.
    日本化学会第84回春季年会(2004)  2004.3/26-29 (兵庫)
    • "各種環境における高分子ゲルの力学的特性に関する基礎的研究", 秋山庸子, 武田真一, 泉佳伸, 江間喜美子, 西嶋茂宏, 3C2-41、I p287.
    • "量子線を用いた生体高分子ゲル加工と その力学的評価", 寺田隆哉, 江間喜美子, 武田真一,泉佳伸, 西嶋茂宏, L23, 第Ⅲ分冊p679.
    • "磁気分離のための生理活性物質と強磁性微粒子との相互作用に関する研究", 劉成珍, 武田真一, 西嶋茂宏, 2C1-43, I p258.
    • 高分子水溶液への放射線照射によるナノゲル生成に関する基礎的研究", 藤原隆弘, 武田真一, 泉佳伸, 江間喜美子, 西嶋茂宏, 3C2-42、I p287.
    • "磁気分離のための磁性粒子表面に関するカテキンの吸脱着特性評価", 朴明珠, 武田真一, 西嶋茂宏, 2C1-44, I p258.
    • 磁気分離のための生活性物質と強磁性微粒子との相互作用に関する研究",  朴明珠, 武田真一, 西嶋茂宏, 2C1-45, I p258.
    • 超音波減衰分光法を用いたシリカーPVA スラリーの分散機構に関する研究", 未武照彦, 石森俊広, 武田真一,  劉成珍, 西嶋茂宏, 1 PA-019, I p492.
    日本原子力学会2004年度春の年会  2004.3/29-31 (岡山)
    • "水素雰囲気中ポリスチレンのγ線照射による気体生成", 江間喜美子, 村上嘉一, 永富謙, 羽藤大輔, 泉佳伸, 武田真一, 西嶋茂宏, H62, I p86.
    • "陽電子消滅法を用いた生体高分子ゲルの構造評価", 寺田隆哉, 江間喜美子, 武田真一, 泉佳伸, 西嶋茂宏, E67, III p782.
    第70回2004年度春季 低温工学・超伝導学会 2004.5/24-26(横浜)
    • "超伝導磁気分離システムの検討", 西嶋茂宏, 武田真一, 2C-p01, p131-132.
    • 磁気分離法における光誘起吸脱着プロセスの開発", 武田真一, 秋山庸子, 劉成珍, 泉佳伸, 江間喜美子, 西嶋茂宏, 2C-p02, p133.
    • "磁性付与粘土の評価と磁気分離法", 中平敦, 西田成樹, 武田真一, 西嶋茂宏, 渡辺恒雄, 福西興至, 2C-p03, p134.
    • 磁気分離によるクリプトスポリジウム・オーシスト分析法の開発", 矢坂裕太, 川崎雅弘, 江口正治, 西嶋茂宏, 田中稔, 2C-p04, p135.
    粉体工学会 2004年度春期研究発表会  2004/5/18-19 (京都)
    • ゛超音波減衰法を用いた無機粉体スラリーの評価", 矢田絹江, 細井和幸, 武田真一, BP-6, p12.
    • ゛超音波方式ζ電位測定法による粒子表面変化の高感度検出", 劉成珍, 武田真一, 泉佳伸, 江間喜美子, 西嶋茂宏, BP-10, p20.
    • 超音波法を用いた静脈内注射用・鉄剤(フェジン○R)のキャラクタリゼーション法の開発", 武田真一, 秋山庸子, 西嶋茂宏, A-17, p91.

    招待講演・依頼講演(2004year)

    招待講演
    平成15年度「学問研究講座」、高松第一高等学校主催
    • 「QOLの向上を目指して ー(非)電離放射線の高度利用ー」、西嶋茂宏
    平成15年6月5日(水)、第8回 産学高分子研究会、於:大阪大学豊中キャンパス待兼山会館2階会議室、主催(財)高分子研究所
    • 「高強度ポリエチレン繊維の熱物性の情報・エネルギー分野への応用」、山中淳彦
    2003年7月4日(火)、平成15年度第1回環境再生技術交流研究会、於:東方2001(広島)、財団法人中国技術振興センター主催
    • 「高勾配伝導磁気分離を利用した排水(液)処理」、武田真一
    2003年7月31日(木)、粉体工学会第39回夏期シンポジウム、於:サンパレア瀬戸、粉体工学会主催
    • 「濃厚系スラリーにおける粒度分布およびゼータ電位測定」、武田真一
    2003年9月17日(水)、第51回レオロジー討論会、於:奈良女子大学、日本レオロジー学会 日本バイオレオロジー学会主催
    • 「アルミナ微粒子スラリーの粘性と粒度分布特性の相関性」、武田真一、西嶋茂宏、泉佳伸、江間喜美子
    2003年10月7日(火)、於:大阪大学産業科学研究所 第2研究棟 1階 共同プロジェクト室、大阪大学産業研究所主催
    • 「産業科学研究者育成への取り組み -21世紀COEプログラムからー」、西嶋茂宏
    2003年11月20日(木)、電気四学会関西支部 専門講習会、電気学会・電子情報通信学会・照明学会・映像情報メディア学会 各関西支部 主催
    • 「超電導技術の磁場応用」、西嶋茂宏
    2004年2月18日(水)、第4回大阪大学工学部と尼崎地域企業との技術交流会、於:尼崎商工会議所、尼崎商工会議所主催
    • 「高勾配伝導磁気分離の環境保全への応用」、西嶋茂宏
    2004年3月3日(水)、2003年度第4回材料研究会、於:大阪大学付属図書館吹田分館 視聴覚ホール、低温工学会 材料研究会主催
    • 「磁気分離法の最近のイノベイション」、西嶋茂宏
    2004年3月3日(水)、2003年度第4回材料研究会、於:大阪大学付属図書館吹田分館 視聴覚ホール、低温工学会 材料研究会主催
    • 「磁気分離のための前処理―磁石に吸収されないものも分離でできるか?」、武田真一
    依頼講演

    その他(2004year)

    その他の報告書
    • 「磁気分離法を用いた食品廃棄物からの生理活性物質分離プロセスの開発」, 秋山庸子, 武田真一, 劉成珍, 朴明珠, 寺園文吾, 泉佳伸, 西島茂宏, 21世紀COEプログラム新産業創造指向インターナノサイエンス2003年度研究成果報告書,p42.
    • 「放射線による磁性複合ナノ粒子の合成及び生理活性物質の選択的磁気分離への応用」,清野智史, 劉成珍,  21世紀COEプログラム新産業創造指向インターナノサイエンス2003年度研究成果報告書,p64.
    • 「磁気分離法における光誘起吸脱着スイッチングプロセスに関する研究」, 21世紀COEプログラム新産業創造指向インターナノサイエンス2003年度研究成果報告書,p83.
    • 「情報科学グループ学生主導国際ワークショップ報告 第1回日韓環境シンポジウム」, 21世紀COEプログラム新産業創造指向インターナノサイエンス2003年度研究成果報告書, p62.
    • 「電離及び非電離放射線の生体影響の解析」,西嶋茂宏, 江間喜美子, 松尾陽一郎, 清水喜久雄, 大阪大学ラジオアイソトープ総合センター2003年度利用年報p13.
    • [実用化を間近に控えた磁気分離法による廃液処理], 武田真一, 西嶋茂宏, シームシー出版「月刊 ECO INDUSTRY」, 2003年12月号Vol.8, ?.12, 35-43 (2003).
    • 「強磁場下の物質と生体の挙動~強磁場による磁気分離を用いた環境改善と資源循環利用~」,平成11年度~平成15年度 日本学術振興会 未来開拓学術研究推進事業 結果報告書, 西嶋茂宏, 泉佳伸, 矢坂裕太, 武田真一他, 平成16年3月.
    • 「超伝導磁気分離による環境保全」, 泉佳伸, 「低温工学の軌跡」関西支部発足30周年記念特集,社団法人低温工学協会関西支部, 2003年11月, p154-155.
    • 「放射線を利用したソフトマテリアルの機能化―放射線プロセスによる生体高分子アクチュエーターの創生―」, 寺田隆哉, 江間喜美子, 篁康夫, 山本宙, 泉佳伸, 武田真一, 西嶋茂宏, 大阪大学産業科学研究所 附属産業科学ナノテクノロジーセンター加速器量子ビーム実験室 平成14年度報告書, p.75-76.
    • 「放射線を利用したソフトマテリアルの機能化―量子線加工によるポリアクリル酸ハイドロゲルアクチュエーターの開発―」, 篁康夫, 泉佳伸, 寺田隆哉, 江間喜美子, 武田真一, 西嶋茂宏, 大阪大学産業科学研究所 附属産業科学ナノテクノロジーセンター加速器量子ビーム実験室 平成14年度報告書, p.77.
    • 「放射線を利用したソフトマテリアルの機能化―量子線加工による細胞培養マトリクスの構築―」, 山本宙, 江間喜美子, 寺田隆哉, 泉佳伸, 武田真一, 西嶋茂宏, 大阪大学産業科学研究所 附属産業科学ナノテクノロジーセンター加速器量子ビーム実験室 平成14年度報告書,
    • 「新規抽出剤の放射線損傷過程」, 須郷由美, 館盛勝一, 泉佳伸, 吉田陽一, 大阪大学産業科学研究所 附属産業科学ナノテクノロジーセンター加速器量子ビーム実験室 平成14年度報告書, p.103-104.
    • 「最新の磁気分離技術~環境保全, 資源循環への利用~ 坦磁プロセスの計算」, 泉佳伸, 電気学会技術報告 第932号, p7-10. 2003年7月.
    • 「最新の磁気分離技術~環境保全, 資源循環への利用~半導体工場の廃水処理 武田真一,電気学会技術報告 第932号 p44-48.2003年7月.
    特別講演主催
    • 2003/12/15 17:00~18:00 於:原子力本館5階 セミナー室 「安全な飲み水を手に入れない11億人のために・・・ユニセフと大学の役割」 講演者:古野喜政 日本ユニセフ協会大阪支部理事副会長,大阪ソウル会会長
    • 2003/1/22 14:00~15:00 於:原子力本館5階 セミナー室 「関西電力におけるバイオテクノロジーの研究」    講演者:宮崎 均 関西電力? 環境技術研究センター チーフリサーチャー
    • 2003/1/22 15:00~16:00 於:原子力本館5階 セミナー室 「炭酸ガス回収と有効利用」 講演者:八木 靖幸 関西電力? 環境技術研究センター 主任研究員
    • 2003/1/22 16:00~17:00 於:原子力本館5階 セミナー室 「タイ国におけるマングローブ植林技術開発研究」 講演者:畑山 克史, 関西電力? 環境技術研究センター
    • 2004/2/6 13:00~15:00 於:原子力本館5階 セミナー室 「ロボット工学からの環境改善技術へのアプローチ」 講演者: 小野 栄一 独立法人産業技術総合研究所 知能システム研究部門 主任研究員
    • 2004/2/6 15:00~17:00 於:原子力本館5階 セミナー室 「ナノファブリケーション技術における現状と将来像」 講演者: 岩波 君代 福祉技術研究所? 代表取締役
    • 2004/2/17 13:00~15:00  於:原子力本館5階 セミナー室 「超伝導磁気分離技術の変遷と未来」 講演者: Dr. James Henry Peter Watson, サザンプトン大学物理学天文学部物理学 教室教授
    • 2004/2/24 13:00-14:00 於:原子力本館5階 セミナー室 「生物的手法を用いた環境汚染物質の迅速測定法」  講演者:高島 征助, 日本歯科大学非常権講師, 岡山大学医学部 客員教授, 厚生労働省所管・中国ポリテクニックカレッジ 非常勤講師, 専門分野:分析化学,生体材料化学.
    • 2004/2/24 17:00-18:00 於:原子力本館5階 セミナー室 「環境の改善がもたらすQOLの向上」 講演者:井上 桂子, 川崎医療福祉大学医療技術学研究科 リハリビリテーション学専攻教授.
    • 2004/3/9 13:00~14:00  於:原子力本館5階 セミナー室 「食品廃棄物の処理法と熱的物性との相関性について」 講演者:長尾 慶子, 東京家政大学家政学部栄養学科教授
    取材、その他
    • 岡山県金光学園高等学校スーパーサイエンスハイスクール運営指導員, 西嶋茂宏.
    • "実用化を間近に控えた磁気分離応用―製紙排水処理への応用", 超電導コミュニケーションズ Vol.12 ?4 August 2003 通巻64号, 西嶋茂宏, 武田真一.
    • "持続的に発展できる環境型社会の構築を -環境をナノテクで回復―", 科学新聞 第2952号 2003/6/13, 西嶋茂宏.



    原著・論文(2003year)

    原著・論文
    • "Effect of Helium Convection on Cryogenic Stability of Superconducting Magnet",Yuichiro Tatsumi and Shigehiro Nishijima,IEEE Transactions On Applied Superonductivity,Vol.13,No.2,pp.1760-1763, June (2003).
    • "Recycling of Abrasives From Wasted Slurry by Superconducting Magnetic Seperation",Shigehiro Nishijima、Yoshinobu Izumi, Shin-Ichi Takeda、Hiroki Suemoto, Atsushi Nakahira, and Shin-Ichi Horie, IEEE Transactions On Applied Superonductivity,Vol.13,No.2, pp.1596-1599, June (2003).
    • "Monte Carlo Simulation of Strand Position in CIC Conductor",Kosuke Aoki, Yoshinobu Izumi, Shigehiro Nishijima, Kiyoshi Okuno、Norikiyo Koizumi, IEEE Transactions On Applied Superonductivity, Vol.13,No.2, pp.1744-1747,June (2003).
    • "流動層磁気アシスト比重分離法に関する基礎研究", 三嶋史人, 山崎貞郎, 吉田和悦, 中根央, 武田真一, 泉佳伸, 西嶋茂宏, 日本応用磁気学会誌, Vol.28,?3, 393-396, 2004.
    • "Development of a Colloid Chemical Process for Magnetic Seeding to Organic Dye", Shin-ichi Takeda, Sung-Jin Yu, Isao Tari, Shigehiro Nishijima, and Atsushi Nakahira, Bulletin of the Chemical Society of Japan, Vol.76 ?5 2003 p.1087-1091, May 15, 2003.
    • "ハイドロキシアパタイトのCd除去と磁気分離応用", 中平敦, 柄谷周子, 小西伸次, 西村文秀, 武田真一, 西嶋茂宏, 渡辺恒雄, J.Soc.Mat.Sci., Japan, Vol.52, ?6, p.566-570, June 2003.
    • "蛋白質への強磁性粒子の接着とその磁気移動制御", 武田真一,西嶋茂宏, ウルス ハフェリ, 寺園文吾, 秋山庸子, 泉佳伸, 江間喜美子, 日本生体磁気学会, Vol.16 No.1, p.84-85 (May 2003).
    • "PVCへの温度応用性ゲルの放射線グラフト重合",泉佳伸、木南雅利、江間喜美子、西嶋茂宏,RADIOISOTOPES 社団法人 日本アイソトープ協会,Vol.52,No.1, pp.10-14,Jan (2003).
    • "Green Fabrication of Porous Ceramics Using an Aqueous ElectorphoreticDeposition Process", Atushi Nakahira and Fumihide Nishimura、Shinji Kato, Misao Iwata、Shinichi Takeda, J.am.Ceram.Soc., 86 [7]1230-32 (2003).
    • "実用化を間近に控えた磁気分離法による廃液処理",武田真一、西嶋茂宏, シームシー出版刊「月刊 ECO INDUSTRY」,2003年12月号vol.8 No.12,pp. 35-43,(2003).
    プロシーディング
    • "PHOTOCONTROLLED SELECTIVE ISOLATION OF URANYL CATION FROM AQUEOUS SOLUTION ONTO A PHOTO-RESPONSIVE LANGMUIR-BLODGETT FILM", Yoshinobu IZUMI, Takeshi YAMAMOTO, Tsuyoshi YAITA, Kiminori USHIDA, Shoichi TACHIMORI, Shigehiro NISHIJIMA, PROCEEDINGS OF THE 3rd INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MATERIAL CHEMISTRY IN NUCLEAR ENVIRONMENT (MARCH 13-15, 2002, TSUKUBA), 1.6.1 P165-170, (March 2003).
    • "Cryogenic property and microstructure of epoxy resin", Yoshizawa S., Nishijima S., Yamazaki S., Nakahe H., Proceedings of the Nineteenth International Cryogenic Engineering Conference (ICEC19),(July 22-26, 2002, Grenoble, France), p725-728.
    • "THERMAL PROPERTIES OF EPOXY RESINS AT CRYOGENIC TEMPERATURES", H. Yamane, S. Nishijima, H. Fujishiro, T. Yamaguchi, S. Yoshizawa and S. Yamazaki, Proceedings of the International Cryogenic Materials Conference, ICMC,Vol.48, p211-217.







    ページのトップへ戻る