大阪大学工学部/大学院工学研究科 環境エネルギー工学専攻 量子線生体材料工学領域

School/ Graduate School of Engineering Osaka University Division of Sustainable Energy and Environmental Engineering Quantum Beam and Biomaterials Engineering

トップ > 研究内容

研究内容

DDSグループ…………………………新生血管の閉塞によるがん治療を目指した、磁気力による粒子の体内動態制御技術の開発を行っている。

重金属除去グループ…………………水中や土壌中に含まれる重金属を、物理化学的処理により除去する技術の開発を行っている。

除染グループ…………………………物理化学的処理を用いた、環境中放射性物質の除去技術の開発を行っている。

スケール除去グループ………………磁気力を用いた、火力発電所給水中のスケール除去技術の開発を行っている。

福祉工学グループ……………………安全且つ簡便な高齢者の身体能力の測定手法の開発や、感性の定量化を行っている。

放射線化学グループ…………………放射線による高分子の劣化過程を解明し、将来のエネルギーを担う新材料の開発を行っている。

放射線生物学グループ………………バイオ実験手法・線量評価法・数理モデル解析を用いて、生体への放射線影響の研究を行っている。

マテリアルリサイクル………………磁気力を用いた資源の再利用や再資源化、また水中の有害物の分離・再利用を目指した研究を行っている。



ページのトップへ戻る